柴犬にはどんな毛色があるの?性格に違いはあるの?人気の毛色や珍しい毛色まで。

日本原産の犬種の中で最も人気の柴犬。飼い主に従順で賢く、人懐っこい愛くるしい表情の柴犬ですが、その人気は国内のみならず、最近では海外でも大人気。そういえば柴犬の毛色といえば、一般的には茶色に白と黒に白の2種類というイメージが強いのですが、意外にも柴犬の毛色は5種類あるのです。ここからは人気の毛色や珍しい毛色などランキング形式でご紹介していきます。

柴犬のスタンダードカラーは5種類。

柴犬の毛色は一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)のスタンダードカラーとして認められているのは5種類。赤・黒・胡麻・黒胡麻・赤胡麻。

どの色も裏白と呼ばれている首、胸、腹、足、尻尾の後ろが白くなければいけません。

しかしスタンダードカラーとしては認められていませんが、最近人気の白や背中などに他の色が混ざっている柴犬もいます。 どの色の柴犬も性格は、基本的には変わりはありません。

柴犬の性格は飼い主や家族等に対してはとても従順で犬で忠誠心も強い犬です。

一方で縄張り意識が強いため、相手が知らない人だと距離を置く事も。時には他の犬に対して攻撃的になる場合もあります。もちろん個体差はありますので、購入の際に気になる場合はペットショップのスタッフさんに性格を詳しく聞いてみましょう。

柴犬の毛色 人気ナンバー1「黒」

最近よく見かけるようになった「黒」の柴犬ですが、実は全体の1割程度しかいないという珍しい毛色なのです。

特に最近人気が高まっています。

全体的に黒毛で、お腹・胸・顔の一部が白いのが特徴。

柴犬の顔の両目の上に「四つ目」と呼ばれる白い斑点があります。

「まろ眉」とも呼ばれていて、表情豊かな顔立ちから黒の柴犬 黒柴を選ぶ方も増えています。

柴犬の毛色 人気ナンバー2 レアカラーの「胡麻」

柴犬のスタンダードカラーとして認められている「黒胡麻」と「赤胡麻」。

胡麻という色はあまり聞いたことがない毛色ではないでしょうか?

実は柴犬の胡麻はレアカラーのためほとんどペットショップではお目にかかれないのが実情です。

胡麻は赤毛・黒毛・白毛の3種類がきれいに混ざっているのが特徴で、赤の割合が多い柴犬は「赤胡麻」黒の割合が多い柴犬は「黒胡麻」と呼ばれています。

ドックショーなどではかなり評価が高い毛色です。

しかし繁殖が難しく、子犬の頃は胡麻であっても成長と共に黒毛が抜けて赤や黒に変化しまう事もあるようです。

頭数が少ないために、普通の毛色の柴犬よりも一般的には高い値段になることが多いようです。

柴犬の毛色 人気ナンバー3 「白」

柴犬の白はソフト〇ンクのCMお父さん犬が火付け役とも言われ、ここ数年人気が出てきているカラーです。

(ちなみにソフ〇バンクのお父さん犬は北海道犬です)

柴犬の白はスタンダードカラーとしては認められていませんが、最近では血統書にも体色の種類として書けるようになりました。

白は黒と同じく柴犬全体の1割と言われ頭数自体は少ないです。

ドックショーには参加はできませんが、ペットとして飼うには全く問題はありません。

赤と赤、黒と黒といった組み合わせで繁殖していると、遺伝子の関係で毛色の白い子犬が生まれる事があります。

全身が真っ白もあれば、耳の先や一部だけが赤柴が入ったり、全体的にクリーム色など様々な色合いがあるようです。

柴犬の毛色 人気ナンバー4 「赤」

赤の毛色は柴犬の中で最もメジャーな色で、日本で飼育されている柴犬の8割がこの毛色です。

ぱっと見は茶色ですが、登録上は赤となります。首、胸、腹、足、尻尾の後ろが白い「裏白」で背中はキツネ色です。

柴犬は成長過程で色が変化する?

実は柴犬は成長過程で色が変化する犬種です。

体毛の抜け替えによって徐々に白毛が混じることも。色素が濃い犬の方が、徐々に白の割合が増えて色の変化を楽しめるとも言われています。

 

柴犬の毛色について まとめ

柴犬の毛色についていかがでしたでしょうか?

日本人には馴染みのある犬種である柴犬ですが、柴犬の毛色は赤・黒・胡麻・黒胡麻・赤胡麻の5種類だけでなく、白や背中などに他の色が混ざっている柴犬もいます。

お散歩中の柴犬の毛色をチェックしてみるのも楽しいですね!