トイプードルの子犬への餌の与え方

トイプードルの子犬の成長に合わせた餌の与え方

トイプードルの子犬への餌の与え方~生後3か月~4か月

一般家庭にやってくるトイプードルの子犬は生後3か月ぐらいです。

始めは、できる限りブリーダーや販売店が与えていたのと同じドックフードを食べさせましょう。

店では数日分を分けてもらえる場合も多いですが、もらえない場合でも何を与えていたのかを確認しておきましょう。

成長期なので子犬用のドックフードを与えて、しっかり栄養を付けさせましょう。
最初はドライフードをお湯か犬用ミルクでふやかして与えます。

完全にドロドロにするのではなく、ドックフードの周りがふやけたぐらいで大丈夫です。

これを1日3~4回に分けて与えます。

トイプードルの子犬への餌の与え方~生後4か月~6か月

生後4か月頃になると、トイプードルの子犬の歯が生え変わります。

ドックフードはふやかすのを止めて、硬いままで食べれるようにしましょう。

ただし柔らかい方が好きな犬なら、少しふやかしてあげても問題はありません。

子犬の好みに合わせながら与えて下さい。
生後6か月を目途に、与える回数を1日2回にします。

生後6か月までは成長期なので量を減らす必要はありません。
回数だけを減らして下さい。

トイプードルの子犬への餌の与え方~生後6か月~8か月

トイプードルは生後8か月ぐらいで成犬のサイズになります。

体重をこまめにチェックし、体重上昇が緩やかになってきたら食事量を増やさないように気を付けましょう。

この頃から成犬用のドックフードに切り替えます。
回数は成犬になっても1日2回がベストです。

見た目が小さく可愛らしいのでまだまだ子犬のように感じますが、トイプードルのような小型犬は成犬になるのが早いです。
与え過ぎは肥満の元なので気を付けて下さい。

トイプードルの子犬の餌やりで困った時は?

トイプードルの子犬に餌を与えていく中で、どうすればいいのか悩むことも出てきます。

そこで、よくある困り事と解決方法をまとめました。

しかしどうしても解決できない時は、獣医や子犬の購入元に相談すれば安心できることもよくあります。
誰もが悩むことなので、あまり気に病まずに子犬育てをしていきましょう。

トイプードルの子犬の餌やりの注意点① 食べムラがある、食べない

それまでよく食べていたのに急に食べなくなったりすることもあります。

愛犬が元気そうにしているのなら、あまり心配しなくても大丈夫です。

時間をおいても食べなければ、餌を片付けてしまいましょう。

そしてまた次の餌の時間に新鮮なものを用意します。
ポイントは、餌を食べないからとオヤツを与えたりしないことです。

犬にも気分のムラがありますし、お腹が空けばまた餌を食べ始めますので、甘やかさずに様子をみるようにしましょう。

トイプードルの子犬の餌やりの注意点② 吐く

繰り返し吐き出してしまう時には、食事が合わない可能性があります。
獣医に相談しましょう。
黄色や白色の胃液や泡を吐く時は、空腹時間が長すぎることを示しています。
食事時間や回数を変えてみて下さい。

トイプードルの子犬の餌やりの注意点③ 餌皿をひっくり返す

餌皿で遊んでいる、飼い主さんの気を引きたい、イライラしている等いくつかの理由があります。

あまりに頻繁に行う時には、餌皿を重たいものに変えてみたり、餌皿をひっくり返そうとしたらダメッと言ってストップさせてみて下さい。

または丸一日餌を与えない日を設けるのも有効です。

まずは普段の生活から原因を探ってみましょう。
トイプードルの子犬の餌は、成長に応じて内容や回数を変えていきましょう。

トイプードルの子犬への餌の与え方 まとめ

一番大切なのは、それぞれのトイプードルによって食べ方や好みが違うという事です。

しつけ本に書いてあったからと鵜呑みにするのではなく、愛犬に合ったやり方を見つけていきましょう。
与え過ぎには注意しつつ、愛犬にとっても楽しい食事時間にしてあげましょう。