犬に好かれる人の特徴

なぜか犬が寄ってくる、犬に好かれる人っていますよね。 犬が大好きな人はたくさんいると思います。それでも犬が好きだからと言って、犬に好かれる人とは限りません。今回は、「犬に好かれる人の特徴」を紹介します。犬に好かれる人になるために、ぜひ参考にしてみてください。

犬の事を理解している人

犬に好かれる人の中には、知らないうちに犬への接し方が上手な人もいるかもしれませんが、犬のことをちゃんと理解しています。

犬が嫌がることをしない

「犬が嫌がることはしない」って当たり前のことですよね。

それでも犬が嫌がることを誤解している人は少なくないようです。
犬は、体を撫でられるのが好きと思って、初対面でもいきなり近寄って触ったりしていませんか?

初対面の人がどんな人かも知らないのに近寄って来られると怖いですよね。

犬だって初対面の人は怖いのです。

いきなり自分に注目して近寄ってきて、頭や尻尾などを触られると怖いに決まっています。
人間は挨拶や会話によって相手がどんな人か判断しますが、犬は相手の匂いを嗅いでどんな人か判断をしています。

触る前には手の甲を差し出し匂いを嗅がせて、犬に拒否されなければ首の下や胸を触るようにしましょう。

「犬が嫌がることを理解している人=好きな人」なっていくのです。

プードル,白,ラッセルテリア,白黒

犬のサイン(カーミングシグナル)を読み取ることができる

犬が出す気持ちのサインを見逃さないことも必要です。

犬が出す気持ちのサイン

  • 尻尾を巻き込んでいれば怖がっている
  • アクビをしていたら緊張している
  • じっと目を見つめてくるようであれば敵意を見せている

と犬が出すサインを見極めて、時には犬から距離を置くこともできる人でないと、「しつこい人」のレッテルを張られて犬に嫌われてしまうでしょう。


逆に、犬の目をじっと見つめてしまうと自分に敵意を持っていると取られてしまいます。

そういった犬社会の礼儀も理解できている人が、「安心できる=好きな人」になっていくのです。

シーズー

性格が優しく落ち着いている

犬に好かれる人は、優しくて落ち着いている人が多いです。
犬は匂いで相手がどんな人か判断すると述べましたが、落ち着いている人かどうかは会った時点で読み取っています。

犬が好きな人は、犬を見ると「かわいい!!」と興奮する人が多いですよね。

犬はこの興奮を敏感に読み取っています。そしてテンションの高い状態で自分に注目して近寄ってくるのを嫌います。

テンションが安定して落ち着いた人が好きなのです。
また、犬が好きだからと言って気持ちを押し付けてくる人よりも、犬の気持ちになって考えられる優しい人が犬は好きなのです。