【獣医師が解説!】犬の口腔内腫瘍の種類、なりやすい犬種や治療方法について

犬の口腔内腫瘍で発生率の高いメラノーマ(黒色腫)

メラノーマは、他の口腔内悪性腫瘍比べて小型犬でよく発生する傾向にあります。

この腫瘍は、最も発生頻度が高く、犬の口腔内腫瘍の中でも30〜40%を占めるとされています。

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬種

コッカースパニエル、ミニチュア・プードル、アナトリアン・シープドック、ゴードン・セッター、パグ、チャウチャウ、ゴールデン・レトリバーなど。

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬の平均年齢

9〜12歳

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬の部位

歯肉、頬もしくは口唇粘膜

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫) 転移について

口腔内のメラノーマは、領域リンパ節(腫瘍が発生している部位に近いリンパ節で、口腔内腫瘍の場合、下顎リンパ節か咽頭リンパ節のどちらかです。
)や肺へ高頻度で転移する悪性度の高い腫瘍です。

転移率は、部位、大きさ、そして進行度によって異なり、罹患犬の最大80%にも及ぶといわれています。

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)肉眼的所見について

どのように見えるかというと、黒色種といわれているように、メラノーマは3分の2の割合でメラニンを含んでいて、黒い色を呈します。

残りの3分の1はメラノーマでも黒い色を呈しません。

また、もろくてすぐ出血をおこすことが多く、潰瘍をおこしていることもあります。

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)骨浸潤について

骨浸潤というのは、つまり軟部組織に腫瘍が発生して、その腫瘍がその下の骨まで浸潤していくことをいいます。

メラノーマでは、この骨浸潤も多く、57%の確率でおこってくるとされています。

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)腫瘍の治療について

外科的に切除可能な部位であった場合、広範囲な外科的切除がおこなわれます。
また、放射線療法も単独、あるいは外科と併用で選択されます。
(以下に各々の反応率、局所再発率、生存期間中央値、1年生存率について記載します。
)その他化学療法や、また近年では分子的アプローチ、特に免疫調節療法が注目されています。

 

犬のメラノーマ(黒色腫)外科治療について

  • 反応性:中等度〜良好
  • 局所再発:0〜59%
  • 生存期間中央値(*):5〜17ヶ月
  • 一年生存率:21〜35%
  • (*)生存期間中央値は、患者の半分が再燃(腫瘍が再発すること)、あるいは死亡し、半分が寛解状態(腫瘍が全く認められない状態)で生存している地点です。

 

メラノーマ(黒色腫)放射線治療について

 

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)腫瘍の予後について

  • 反応性:良好
  • 局所再発:11〜27%
  • 生存期間中央値:4〜12ヶ月
  • 一年生存率:36〜71%

生存期間中央値は36ヶ月以内とされていて、特に遠隔転移が認められる場合は予後は悪く、生存率は3〜6ヶ月程度です。

 

犬の口腔内腫瘍で2番目の発生率 扁平上皮癌

扁平上皮癌は、中型〜大型品種の老齢犬でよく発生する傾向にあります。
この腫瘍は、犬の口腔内腫瘍で2番目に発生率が高く、口腔内腫瘍の中でも17〜25%を占めるとされています。

扁平上皮癌になりやすい犬の平均年齢

8〜10歳

扁平上皮癌になりやすい犬の部位

歯肉、口唇、扁桃、舌

犬の扁平上皮癌 転移について

口腔内の扁平上皮癌は、領域リンパ節(腫瘍が発生している部位に近いリンパ節)や肺への転移はまれで、20%ほどとされています。
転移率は、発生部位に依存していて、吻側(顎の手前側)では低く、尾側の舌もしくは扁桃では高い転移率を示します。
扁桃の扁平上皮癌は特に挙動が悪く、転移率も高く、73%にも及ぶといわれています。

犬の扁平上皮癌 肉眼的所見について

どのように見えるかというと、赤色で、もりもりとカリフラワーのように見えることが多く、もろく出血しやすく、潰瘍をおこしていることもあります。

犬の扁平上皮癌 骨浸潤について

骨浸潤というのは、つまり軟部組織に腫瘍が発生して、その腫瘍がその下の骨まで浸潤していくことをいいます。
扁平上皮癌では、この骨浸潤が非常におこしやすく、77%の確率でおこってくるとされています。

犬の扁平上皮癌 腫瘍の治療について

扁平上皮癌は、一般に転移率が低いため、治療において重要なのは、原発性腫瘍のコントロールとされています。
よって、部位的に外科的切除が可能であれば、広範囲に上顎骨切除、下顎骨切除が実施されます。
また、放射線治療も単独、および外科と併用で選択されます。
(以下に各々の反応率、局所再発率、生存期間中央値、1年生存率について記載します。
)その他化学療法や、近年では分子標的剤を使用した治療も注目をあびています。

また、癌の痛みを和らげ、進行を遅らせる目的で非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDS)もよく使用されます。

 

犬の扁平上皮癌 外科治療について

  • 反応性:良好
  • 局所再発:0〜50%
  • 生存期間中央値(*):9〜26ヶ月
  • 一年生存率:57〜91%

(*)生存期間中央値は、患者の半分が再燃(腫瘍が再発すること)、あるいは死亡し、半分が寛解状態(腫瘍が全く認められない状態)で生存している地点です。

 

犬の扁平上皮癌 放射線治療について

  • 反応性:良好
  • 局所再発:31〜42%
  • 生存期間中央値:16〜36ヶ月
  • 一年生存率:72%

犬の扁平上皮癌 腫瘍の予後について

一般的に、扁平上皮癌の生存期間中央値は26〜36ヶ月以内とされています。

 

犬の口腔内腫瘍について まとめ

犬の口腔内腫瘍についていかがでしたでしょうか?犬の口腔内腫瘍にもさまざまな種類がある中、主に犬のメラノーマ(黒色腫)と犬の扁平上皮癌について説明させていただきました。

愛犬がいつもと違う場合は動物病院や獣医師にまずは相談してくださいね。