【獣医師が解説!】犬の椎間板ヘルニア 

椎間板ヘルニアは、特に小型犬でよくおこる疾患で、痛みを伴うため愛犬の生活の質を著しく落としてしまうやっかいな病気です。また、この椎間板ヘルニアという病気は、治療までに要する時間がキーになってきますので、特にこの病気にかかりやすい愛犬のオーナーの方々は、事前にこの病気について知って頂き、いち早く愛犬の異常に気づき対応されるということが重要になります。ここでは、そんな椎間板ヘルニアの定義、好発犬種、症状、診断、治療について順にご説明していきたいと思います。

犬の椎間板ヘルニアってどんな病気?

犬の脊柱について

犬の脊柱は、約35個の椎体からなり、頸椎(7個)、胸椎(13個)、腰椎(7個)、仙椎(3個)、尾椎(5個)に分類されます。椎間板ヘルニアは、これら脊柱の代表的な疾患です。

犬の椎間板ヘルニアの定義

定義としては、脊髄圧迫や神経根拘束の原因となる椎間板の変性、および突出に関する疾患とされています。

つまり、脊柱間のクッションとなっている椎間板が定位置から飛び出てしまうことによって、神経を圧迫して痛みや麻痺をおこす病気です。

犬の椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアは、椎間板の中心部である髄核と呼ばれる部位が急速に突出する軟骨異型性タイプのHannsenⅠ型と椎間板の外側を囲む線維輪と呼ばれる部位が背側に突出する線維様異形性タイプのHannsennⅡ型に分けられます。

犬の椎間板ヘルニアの発生部位

椎間板ヘルニアの発生部位としては、脊椎領域、胸椎後方、腰椎前方が多発部位で、肋骨頭間靱帯があるため、胸椎前方の椎間板ヘルニアは一般的に起こりにくいとされています。それぞれ、発生部位によりどの異常が出る部位が異なってきます。

犬の椎間板ヘルニア HannsenⅠ型の好発犬種、好発年齢

好発犬種

  • ダックスフンド

  • シーズー

  • ペキニーズ

  • フレンチブルドック

  • ラサ・アプソ

  • コッカースパニエル

  • ウエルッシュ・コーギー

  • トイプードル

  • ミニチュア・プードルなど

好発年齢

 3〜7歳

犬の椎間板ヘルニア HannsenⅡ型の好発犬種、好発年齢

好発犬種

大型犬におこりやすいですが、どの犬種でも起こりえます

好発年齢

8〜10歳

犬の椎間板ヘルニアの症状

犬に以下のような症状がみられたら注意が必要です。

  • 動くときゃんと痛がる
  • よたよた歩く
  • いつものように元気に動き回らずじっとしている
  • 尿をもらす
  • 体を触ると痛がる
  • 足が麻痺して動かない、立てない

犬の椎間板ヘルニアの診断

犬の椎間板ヘルニアの診断① 身体検査

触診での痛みの有無、神経学的検査など。


犬の椎間板ヘルニアの診断② レントゲン検査

椎間腔の狭窄、関節面の虚脱、石灰化椎間板物質の脊柱管内への突出など。場合によっては、レントゲン検査では、何の異常もみられないこともあり。


犬の椎間板ヘルニアの診断③ MRI検査

画像にて、椎間板ヘルニアの位置確認など、確定的な診断となります。

犬の椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療には、内科学的治療と外科的治療があります。

軽度の痛み、症状であれば、運動制限、抗炎症剤や、鎮痛剤などの薬物療法が施されることが多いです。

椎間板ヘルニアは反復して起こることも多いため、場合によっては軽度の時期に外科的治療を行うこともあります。

外科治療は、部位によって、腹部スロット術、片側椎弓切除術などが選択され、手術の目的としては、圧迫されている神経根や脊髄から突出している椎間板物質を除去することです。

犬の椎間板ヘルニアについてのポイント

犬の椎間板ヘルニアは、軽い痛みで自宅で様子をみていたらすぐよくなる程度のものから、急激に歩けなくなるものまで、場合によってかなりの症状の違いが見うけられます。

重症例では、非常に重度な衝撃が脊髄に加わり、麻痺が急速に進行して、呼吸がうまくいかなくなり、命に関わることもあります。

また、足の麻痺も治療までの時間で回復度合いが変わってくることもありますので、愛犬の異常に気づいたら、すぐ動物病院に連絡を入れて下さいね。