犬にアイスやかき氷をあげてもいいの??

夏にどうしても食べたくなってしまうものと言えば、アイスやかき氷ですよね。茹だるような暑さの中食べる冷たいものは、まさに絶品です。私たち人間がこんなにも暑い思いをしていれば、犬だって当然暑く感じています。でも犬に冷たいもの、とくにアイスやかき氷は与えても大丈夫なのでしょうか。

犬にアイスをあげてもいいの?

アイスの原料

  • 乳脂肪分
  • 無視乳脂肪分
  • 乳固形物
  • 糖類
  • フレーバーなど

これらは一部ですが、この中でも無視乳固形分には大きな問題が隠れています。

この成分の中にはタンパク質、乳糖、無機質が含まれています。このなかの乳糖は牛乳にも含まれており、犬はこの乳糖を分解することができません。

またフレーバーにはイチゴや抹茶、カカオなどが使用されており、アイスの種類によっては犬がカフェインを摂取してしまうことになるので非常に危険です。

犬にアイスを与えてしまった際の危険性

犬にアイスをあたえる行為は具体的にはどのように危険なのでしょうか。

まず犬が乳糖を摂取してしまった場合には、胃や腸が消化不良を起こし下痢などの症状が現れます。

フレーバーに含まれるカフェインにより犬がカフェイン中毒を起こしてしまう可能性があります。

犬のカフェイン中毒には要注意です!

このカフェイン中毒は最悪の場合死に至ることもあるので、最も注意が必要なものです。

また当の過剰摂取により犬の虫歯や肥満、糖尿病などに罹るリスクもあります。

 

 

パグ,マスク,薬

 

犬にかき氷をあげてもいいの?

フレーバー

アイスの時にも紹介しましたが、このフレーバーはかき氷にも使用されています。

シロップであれば無果汁のものが多いため、食材本来に入っているカフェインなどの接種の可能性は少ないでしょう。

しかしこのシロップには多量の糖類が含まれているため、与えないに越したことはありません。

シロップのかかっていない部分だからと、与えてしまうことも控えましょう。

かかっていないように見えてもシロップが付いた部分を与えてしまう可能性もあります。

 

かき氷ではない、氷のみを与える場合

飲み物などに入れる前の固形の氷であれば犬に少々与えても問題はありません。

しかし犬に直接食べさせることはお腹の冷えにもつながり、下痢などの原因にもなるのでやめましょう。

基本的には普段飲ませている水に数個入れて少し冷やすくらいで大丈夫です。

 

シーズー,食べ物

 

犬にアイスやかき氷をあたえてもいい? まとめ

いかがだったでしょうか。人間が大丈夫でも犬が食べると危険なものはたくさんあります。

犬が欲しそうにこちらを眺めていても、与える前には必ず犬が食べても大丈夫なものかどうか調べてから与えるようにしましょう。