トイプードルの子犬が噛む時は?トイプードルが噛む4つの原因と対策


トイプードルの噛みグセは子犬のうちに直そう!

犬の噛みグセは、子犬の頃ならしつけで直すことができます。

成犬になっても噛みグセがあると、プロの手でも直すことは難しいと言われています。

トイプードルに 噛みグセがあると、人間や他の犬に怪我をさせる可能性があり非常に危険です。

また家具をボロボロに壊したりする破壊行動にもつながります。

安心した生活を送るためにも、噛みグセはきちんと直していきましょう。

トイプードルが噛む4つの原因と対策

ではトイプードルの子犬が噛む4つのサインと、そのしつけ方をご紹介します。

トイプードルが噛む4つの原因① 歯がかゆい、ストレス解消

トイプードルは歯が生え変わる時期に家具やスリッパ等を噛んだりします。

かゆいのは仕方がないので、叱ってはいけません。

また犬にとって、噛むことはリラックスの効果もありますので、トイプードルに噛んでもいいおもちゃを与えて、犬の噛む欲求を満たしてあげましょう。

留守が長かったり、散歩が足りなかったりすると家具を破壊して訴えることもあります。

最近のトイプードルの様子を振り返ってみましょう。

トイプードルが噛む4つの原因② じゃれる

遊びたいさかりのトイプードルははじゃれて噛んでくることがあります。

そんなに痛くない時もありますが、噛む行為自体が悪いことだと教える必要があります。

そんな時は、飼い主さんの手や衣類に少しでも歯が当たったら「痛い!」と大げさに叫んで遊ぶのをすぐ止め、愛犬のことを無視して下さい。

しばらくしてからまた遊びを再開します。

これを繰り返します。
遊んでいない時でも、噛んでくる直前に「痛い!」と叫ぶようにしましょう。
噛むと無視されることを愛犬が分かるまで続けて下さい。

トイプードルが噛む4つの原因③ 要求を通したい

オヤツが欲しい、ブラッシングが嫌だ…等、トイプードルの思い通りにならないと噛んでくることがあります。

これはしつけをされずに育ったトイプードルに見られる現象です。

自分が飼い主さんより上位だと思っている証拠です。

飼い主さんは、毅然とした態度でしつけをしていく必要があります。

オヤツを与える時は、トイプードルが良いことをした時だけにします。

ダメな時はダメと短く叱って無視をします。
暴力は振るわないで下さい。

トイプードルが落ち着いている時に、散歩に連れて行ったりご飯を与えたりします。

犬が噛む時は、2のケースと同じようにしつけます。
これを根気よく続けることで、犬は自分の思い通りにならないということを学びます。

トイプードルの子犬は可愛いのでついつい甘やかしたくなりますが、甘えさせるのと甘やかしは違うのでメリハリを付けましょう。

トイプードルが噛む4つの原因④ 攻撃、脳障害

愛玩犬のトイプードルには少ないですが、生まれ持って攻撃性が強い場合や脳に障害があって噛みやすいトイプードルもいます。

この場合は、素人では手に負えないのでプロに任せるほうが安全です。

しかしながら、プロでも矯正できるかは難しいところです。

トイプードルの噛む本能を引き起こさないことも大切

トイプードルに限らず犬が噛むのは、身を守るための本能です。

そのため絶対に噛まない犬というのはありえません。
普段どんなに大人しい犬でも、命の危険を感じた時には相手を噛む可能性があります。

そのため、犬が噛みたくなるような状況を作り出さないことも、重要なポイントです。

犬に危害を加える気がないと伝えるには、犬と信頼関係を築くことが大切です。

トイプードルの子犬が噛む時は?トイプードルが噛む4つの原因と対策 まとめ

トイプードルの子犬が噛むのには理由があります。

人に噛み付く場合は、しっかりしつけていくことが大切です。
家具を破壊する場合は、ストレスなどが原因かもしれません。
トイプードルとの関係をもう一度よく考えてみましょう。

愛犬の噛みグセが直れば、愛犬との絆も深まり、楽しい犬ライフが送れるようになりますよ。