食欲旺盛な犬の上手なしつけ方

愛犬がおいしそうに食事をしているのを見ると、とても幸せな気分になりますね。だからと言ってあまり食べ過ぎるのも考えものです。いくら食べても食べても、まだ食べたそうにしているのを見ると、肥満にならないか、お腹は大丈夫なのかと心配になってきます。そこで食欲旺盛な犬ををうまくしつける方法を考えてみましょう。

犬は食欲旺盛!!よく食べるのは元気な犬の証拠 だけど。。。

個体差はありますが、犬は食欲旺盛なことが多いですよね。ガツガツと勢いよく食べているのを見ると嬉しい気持ちになります。

しかし毎回勢いよく食べて、食べ終わってもまだ食べたそうにしているのを見ると、少し心配になってきます。

食欲旺盛で食べ過ぎてしまう犬 心配なのはやっぱり肥満!!

お腹の調子が悪くならないかも心配ですが、そのままの勢いで食べ続けていると肥満にならないかが気になります。

肥満は犬にとっては様々な病気の原因になってしまいますので、避けなければいけません。

いくら食べても、まだ食べたそうにしている犬を満足させるにはどうすればいいのでしょう?

食欲が旺盛すぎる犬が肥満にならないように、うまくしつける方法を考えてみましょう。

犬,ランチ,マルチーズ
犬の食事は 早食いの一気食い

犬の食事の仕方は「一気食い」であることが多いですね。

猫のように少しずつ何度も食べるということはありません。

あればあるだけの量を短時間で一気に食べきってしまいます。

これは犬の習性によるものなので、ゆっくりと食べさせるようにしつけようとしても、なかなかうまくいかないことでしょう。

犬はドッグフードをあまり噛まずに丸のみしてしまうことがほとんどで、満腹感を感じにくいのです。

人間も早食いの人は満腹感を感じる前にたくさんの量を食べてしまうので、肥満傾向の人が多くなります。

犬にも同じことが起こっていると考えていいでしょう。

そのため、食事が終わっても、まだ欲しそうにしているからと「おかわり」を与えたり、おやつを与えすぎたりすると、今度は肥満の心配が出てきます。


コーギー,芝生

愛犬のために飼い主が食事管理を!

いくら食べても、まだ食べたそうなワンコをうまくコントロールするのは難しいのですが、ワンコは自分で食事管理ができませんので、飼い主が食事管理をしてあげる必要があります。

犬の食事の回数を増やして、犬の食事量は変えない

あまりにも食べるのが早すぎる場合は、ドッグフードを少しずつ手で与えるという方法もいいのではないでしょうか?

食事回数を多くするという方法もいいですね。

その際は全体的な食事量が多くならないように注意します。

2回の食事でも3回の食事でも、全体的な量が変わらないようにしないと肥満の心配が出てきます。

犬のおやつは極力与えない

そしておやつは極力与えないようにします。

他のしつけのご褒美として少量与えるのはいいですが、ワンコが満足するまでおやつを与えるのは与えすぎです。

「まて」を愛犬にマスターさせて旺盛な食欲をコントロール

食事の時には、食器に入れてすぐに食べさせないで、「待て」をマスターさせてワンクッション置くようにするのもいいですね。