犬の嬉ションをやめさせる方法ってあるの?


おかえり~!興奮のあまり愛犬がおもらし。


飼い主が帰宅した途端に玄関に飛び出して行き、興奮のあまりおもらし。
飼い主としても、そんなに喜んでくれている愛犬を見ると可愛くて、おもらしをされたからと言っても、とても叱ることができませんよね?

嬉ションをするのは小型犬の子犬に多い?

嬉ションをするのは小型犬の子犬に多い傾向がありますが、いつまでもその状態が続くと困ります。

嬉ションは飼い主が帰宅したと時に限らず、来客時にも起こることがあります。
特に来客が犬好きで可愛がってくれそうな人なら、犬はすぐにの雰囲気を察して、来客を大歓迎して嬉ションという歓迎の方法を取ってしまうことがあります。

そうなると困ったことになってしまいますので、対処法を考えないといけないですね。

トイプードル,白

子犬が嬉ションする理由

子犬が喜びすぎて嬉ションしてしまうのは、興奮状態をコントロールできないからです。

子犬から成犬になる過程で自然に嬉ションを卒業することがほとんどですが、まれに成犬になってから嬉ションが出てくることや、成犬になってもやめられない場合があります。

成犬になっても嬉ションしてしまう理由は?

その場合は子犬の単純な嬉ションではなく、ストレスのためのおもらしである場合もありますので、ストレスの原因がないかを考えましょう。

子犬の時に嬉ションを止めさせるときに注意しなくてはいけないことは、嬉ションをしてしまっても決して叱らないことです。
淡々と汚れたところを掃除するようにしてください。

嬉しくて興奮が止められなくておもらしをしてしまったのに、叱られると犬はとても悲しくて混乱してしまいますよね。

トイプードル,黒
 

嬉ションをやめさせる効果的な方法

嬉ションをやめさせる効果的な方法は、飼い主のほうで興奮状態をコントロールすることです。

帰宅した時には飼い主も愛犬の顔を見るのは嬉しいです。
でもすぐに声をかけて頭でもなでようものなら、愛犬はますます興奮してしまいます。

帰ってすぐに愛犬が喜んでいても、しばらくは声をかけたりかまったりすることは控えます。

愛犬のアピールに負けずに心を少し鬼にしてみましょう。
しばらく経ってから愛犬が落ち着いてきたら、その時にはじめて落ち着いた声で話しかけてあげてください。

何度も繰り返していると、愛犬のほうでもおとなしくしているとかまってもらえる、ということをインプットします。

帰宅しても過度の興奮状態にはならなくなります。
帰宅して落ち着くまでは声をかけないという方法は分離不安症にならないためにも大切なことですので、実行してみてくださいね。