ジェラシーの強いワンコの扱い方!愛犬の気持ちを理解してあげよう

犬は飼い主がほかの犬を可愛がっていたりすると、ジェラシーを感じることがあります。犬にとっても嫉妬という感情はストレスの原因になるので、まずは安心させてあげることが大切です。そこで、愛犬がやきもちを妬いたときの扱い方を、しっかりと理解しておきましょう。

どんなときにジェラシーを感じるの?

 

犬がジェラシーを感じるのは、出産や結婚により新たに家族が増えたときや、2匹目のペットを飼ったときなどです。

というのも、飼い主が自分より後から家に来た相手と仲良くしている姿を見ると、自分が飼い主にとって一番の存在だったはずなのに、順位が下がったと思ってしまうからです。

犬は集団の中で自分が慕うリーダーのもとで生活し、序列を作る習性が備わっています。

そのため、その順位が変わるとストレスを感じてしまうので、犬の気持ちを慎重に扱う必要があります。

また、人間や動物に対してだけでなく犬のぬいぐるみなどでも、飼い主が抱きかかえていたりすると、やきもちを妬いてしまうことがあるので、気をつけるようにしましょう。

犬がジェラシーを感じたときにとる行動

犬はジェラシーを感じると、その感情をストレートに表し、赤ちゃんに向かって唸ったり、結婚相手との間に割り込んで、自分のほうに気を引こうとしたりしてきます。

そればかりか、後から飼ったペットと飼い主が遊んでいようものなら、その動物に噛みついて、攻撃的な態度を取るようなこともあります。

また、今までしたことがない問題行動を起こすことも珍しくありません。しつこく吠え続けたり、トイレ以外の場所で粗相をしたりなど、明らかに様子がおかしいときは、嫉妬によるストレスと言えるでしょう。しかし愛犬への接し方に気をつけることで、徐々に改善できます。

ジェラシーを感じている犬の扱い方

嫉妬心から、いつもやらないような行動をしてしまう背景には、飼い主を取られたくないという不安な気持ちと、自分を構ってほしいという強い欲求があります。

つまりそれらを満たしてあげれば落ち着くはずですので、疎外感を与えないように気をつけましょう。たくさんスキンシップをとり、話しかけてあげることで犬は安心感を得られます。

また、2匹目のペットを迎えたときは、飼い主との生活期間が長い愛犬を尊重しながら、飼育するようにしましょう。犬にとって序列は大きな意味を持っているので、順位の位置づけが変わらないようにする必要があります。

また、しつこく吠えてきても無視するようにし、大人しくなったら褒めてあげましょう。飼い主が毎回犬の態度に反応してしまうと、吠えれば構ってもらえると思ってしまうので気をつけてください。