初めてのドッグラン!犬を安全に遊ばせるために注意しておくことは?

犬のリードを外さず様子を見る

 

いきなりたくさんの犬がいる中に行くのは、飼い主だけでなく犬も緊張しています。
そのため、まずはドッグランの外を歩かせてみて、愛犬が怖がらないようであれば、中に入って行きましょう。

だたし、すぐにリードを外すと怯えてしまう恐れがあるので、ほかの犬に慣れてから外してください。
もしどうしても怖がるような場合は、ほかの犬と一緒に遊ぶのがトラウマになってしまうこともあるので、無理をさせないようにしましょう。

また、初めて利用するときは、飼い主もわからないことが多いと思いますので、管理スタッフがドッグラン内に常時いるところで遊ばせたほうが安心です。

無料のドッグランなどは、その場にスタッフがいないことが多いので、出掛ける前に確認しておくことをおすすめします。

犬のしつけをしてから利用する

小型犬

遊んでいるうちに興奮して相手の犬を追いかけ回したり、吠え続けたりしてしまうことも少なくありません。

ドッグランではほかの犬や飼い主の方に迷惑をかけず、犬同士が仲良く遊ぶことが前提になっています。

そのため犬が遊びに夢中になっていても、飼い主が呼べば近くに来るようにしておくほか、「ダメ」や「待て」と言えば、それに従えるようにしつけをしておきましょう。

飼い主の言うことを聞けないと、相手にケガをさせてしまったり、逆に愛犬がケガを負わされたりする恐れがあります。

また、友好的にほかの犬と遊べないと判断されたときは、退場を命じられることもあるので気をつけてください。

犬の排泄物の処理をする

ダックスフント,ドックラン

基本的にドッグランでは愛犬の排泄物は、飼い主が責任を持って持ち帰ることになっています。

そのため糞を入れるビニール袋と、おしっこをしたときに流す水を必ず持参するようにしましょう。

ドッグランに行く前に排泄をしたから大丈夫だと思っていても、運動量が多いときは便通がよくなるので、ドッグランでも排泄してしまうことがあります。

また、ほかの飼い主の方とおしゃべりをしていて、愛犬から目を離した隙に排泄をしているようなこともあるので、気をつけて見ているようにしましょう。

排泄物をそのまま放置しておくのは非常に不衛生ですし、さまざまな感染症の恐れがあります。
すぐに処理するようにして、犬も利用者も気持ちよく過ごせるように心掛けましょう。