柴犬が玉ねぎを食べてしまった!玉ねぎを食べてはいけない理由、中毒症状と対処法は?


柴犬が玉ねぎを食べてはいけない理由

柴犬が玉ねぎを食べてしまうと、玉ねぎに含まれているアリルプロピルジスルファイドという成分が、赤血球を破壊してしまうため、体内に酸素を送れなくなってしまいます。

その影響でさまざまな中毒症状が引き起こされるので、うっかり食べてしまわないように、気をつけなければなりません。

玉ねぎ中毒の成分は加熱しても壊れない

また、この成分は加熱しても壊れないため、ハンバーグや炒め物をはじめ、カレーやすき焼きなどの煮込み料理などにも、成分が含まれています。

とくにこのように肉が入っている料理などは、肉の匂いにつられて食べてしまうことも少なくないので、十分に注意してください。

柴犬が玉ねぎを食べてしまった場合の主な中毒症状とは?

柴犬がどのぐらい玉ねぎを食べてしまうと中毒症状が現われるのかは、犬の個々の体質によって異なるので明確にはわかっていませんが、一般的には犬の体重1kgに対して玉ねぎ15~20gと言われています。

これを柴犬の平均体重に当てはめて計算すると、約1個分の玉ねぎに相当します。

しかし柴犬の場合は赤血球の構造上、ほかの犬種よりも中毒症状を引き起こしやすいので、柴犬が玉ねぎを少量しか食べていない場合でもなくても注意が必要です。

柴犬が玉ねぎを食べてしまった!!主な玉ねぎ中毒症状

柴犬が玉ねぎを食べてしまった場合の主な症状は下痢や嘔吐、黄疸や血尿などを引き起こすほか、症状が重い場合は溶血性貧血になる恐れもあります。

また、厄介なことに中毒症状は、柴犬が玉ねぎを食べたその日ではなく2~3日後に現れてくるので、食べたときに元気であっても獣医師に相談するようにしましょう。

柴犬が玉ねぎを食べてしまったときの対処法

柴犬が玉ねぎを食べてしまったときは、摂取量が少なかったとしても、動物病院で診察を受けたほうが安心です。

食べてから2~3時間以内であれば、催吐剤を用いて吐き出させるほか、胃洗浄により体外へ排出を促すこともできます。

柴犬が玉ねぎを食べてしまった! 応急処置は?

また、なんらかの応急処置をしたほうがよさそうに思いがちですが、必ず動物病院に連絡して、獣医師の指示のもとで行うようにしましょう。

玉ねぎと一緒に食べたものによっては、嘔吐物が喉に詰まる恐れがあるほか、老犬の場合だと吐き出させる行為自体が、体の負担になってしまうことがあります。

 

柴犬が玉ねぎを食べてしまった! 診察の時にどれくらい食べたか。
いつ食べたかを伝えること

そして診察の際はどれぐらい食べてしまったのか、また、いつ食べたのか伝えるようにしましょう。
それによって症状がどのぐらい進行しているのか、予測がつきやすくなります。

もし飼い主の気づかないうちに食べてしまっていたのであれば、いつぐらいから体調に異変が現れたのか伝えるようにしましょう。

柴犬が玉ねぎを食べてしまった時 まとめ

玉ねぎをたくさん食べてもケロッとしている犬もいます。

しかし柴犬の場合は玉ねぎの成分に対して感受性が強く、体調を損ねやすいので獣医師の診察を受けるようにしましょう。

また、誤飲を防ぐために、犬をキッチンに入って来られないようにするなど、対策を取ることも大切です。

愛犬の健康を損なわないように気をつけてあげてください。