柴犬の老犬に与えたいおすすめのおやつとは?


柴犬の老犬におすすめのおやつとは?

犬用のおやつは非常に種類が多いですが、柴犬の老犬には以下のようなおやつがおすすめです。

柴犬の老犬におすすめのおやつ① 低脂肪のおやつ

老犬になってくると代謝機能が少しずつ低下していくので、低脂肪でヘルシーなおやつがよいでしょう。

とはいっても、一般的に犬は嗜好性の高いジャーキーなどのおやつを好む傾向にあります。

そのため、もし柴犬の老犬に与えるのであれば、鹿肉や馬肉ジャーキーなどにするとよいでしょう。

それらでしたら高たんぱく質・低脂肪なので安心して与えられます。

また、ビーフジャーキーなどもありますが、高カロリー・高脂肪なことから肥満になりやすいので、老犬にはとくにおすすめではありません。
肥満は糖尿病や心臓病など、さまざまな疾患を引き起こす原因になってしまうので、気をつけてください。

柴犬の老犬におすすめのおやつ② 柔らかくて噛みやすいおやつ

個々よって差はありますが老犬になると歯が弱くなってくるため、固いものを噛んだときに、歯にヒビが入るようなことも少なくありません。

そのため柔らかくて噛みやすいボーロやクッキーなどのおやつが向いています。

味はかぼちゃやさつまいも、リンゴやブルーベリーなど、さまざまな種類が販売されているので、愛犬が喜びそうなものを試してみるがよいでしょう。

柴犬の老犬におすすめのおやつ③ デンタルケアができるおやつ

老犬になると歯垢が歯石になるまでの期間が、以前と比べて短くなっていきます。

つまり成犬期よりも口内環境が悪化しやすいため、デンタルケアができるガムのおやつなどもおすすめです。

通常のデンタルケア用の固いガムとは違い、近年はシニア用に作られた柔らかいタイプもあるので、歯が欠けるような心配はありません。

ガムを嚙むことで歯垢や歯石が落とせるだけでなく、唾液も多く分泌されるので口内環境を清潔に保つのに役立つでしょう。

ヘルシーな老犬のおやつが買えるおすすめの専門店

最近はドッグフードや犬用おやつの専門店が増えてきており、老犬でも安心して食べられるおやつが充実しています。
そこで、おすすめの専門店をピックアップしてみました。

Tail Style

Tail Styleは自家製無添加おやつ専門店で、北海道の原料を使用し安心・安全なおやつを全国に届けています。
とくにTail Styleイチオシの野生エゾ鹿干し肉は、高たんぱく質・低脂肪で消化しやいため、柴犬の老犬にも安心して与えられます。
そのほかにクッキーの種類も充実しており、いちごやかぼちゃ、ブルーベリーなど数多くのフレーバーを取り揃えています。

PERORI

PERORIは国産・無添加にこだわったドッグフード専門店です。
食の安全と犬の健康を考慮し、じっくりと手間ひまかけて作られています。
老犬用のおやつは低脂肪の鶏ささみジャーキーをはじめ、ヤギミルクボーロやラム肉クッキーなど、さまざまな種類があります。
とくにラム肉には皮膚と被毛を丈夫にする働きのあるビタミンB2を含んでいるので、皮膚病になりやすい柴犬にとっては、おすすめのおやつと言えるでしょう。

柴犬の老犬におすすめのおやつ まとめ

柴犬の老犬におすすめのおやつについてご紹介しましたがいかがでしたか?

柴犬の成犬期に与えていたおやつでは、カロリーオーバーになったり、消化に負担がかかったりすることがあるので、柴犬が7歳を過ぎた頃からは、シニア用のおやつに切り替えたほうがよいでしょう。

ただし運動量が落ちてくる老犬期は肥満になりやすいので、与え過ぎには注意してください。