シーズーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ法もご紹介

シーズーについて、みなさんどれくらいご存知でしょうか?人気小型犬のランキングの常連さんなので、どんな大きさで、どんな顔か〜くらいは、みんな知っているかもしれません。人気犬の「シーズー」今回は、シーズーの歴史や性格、どんな風に飼ったらいいかなどご紹介します。

シーズーの基本情報

シーズーは小型犬に分類されていて、常に人気犬のトップ10の中に入る犬種です。

理由としては、もちろん「かわいい」が1番の理由かもしれませんが、おとなしくて飼いやすいという性格も関係しています。

そんなシーズーのルーツはどこから始まり、本当に飼いやすい性格なのか、実際、お手入れはどんなことが必要なのかなど、いいことも大変なことも含め、シーズーを飼う上で必要な情報を全てご紹介していきます。
そして、シーズーをさらに好きになり、間違いなく飼うなら「シーズー」と思っていただければ幸いです。

シーズーの歴史「聖なる犬から世界中で愛される愛玩犬へ」

シーズーは神の使い?

シーズーの歴史は古く、遡ると、シーズーはチベット原産のラサアプソという犬種と、中国原産のペキニーズを交配して作られたといわれています。
名前の由来は、中国でシーズーは「シー・ズー・コウ」といい、獅子狗という意味になります。

ライオンに似ていたため、そう呼ばれていたそうです。そんなライオンに似ているとされたシーズーは、神の使いとも言われ、宗教的行事に使われたり、神聖的な存在として大切にされていました。

また、かの有名な西太后に愛された犬としても有名です。

そしてシーズーは長年、中国の宮廷内でのみ飼育を許されていた犬種なのですが、長い歴史の中、繰り返す中国の戦争で、多くのシーズーたちが命を落としました。

ちょうどアヘン戦争で勝ったイギリスが、王宮を占領した際、その中で生き残ったシーズーを、一部のイギリス人によって保護され、イギリスへ持ち帰られました。
イギリスへ渡ったシーズーたちの生活は一変しました。

シーズー 聖なる犬から家族の一員に

今までの囲われた「聖なる犬」の存在から、一般家庭の家族の一員として愛される愛玩犬となり、そして、長年、シーズーやラサアプソ、ペキニーズなどと混同されていたシーズーも、1920年頃にはシーズーとしての犬種が確立し、その後、アメリカでも登録され、日本にシーズーが登録されたのは1964年となり、比較的日本での歴史はまだ浅い犬種なのです。

シーズーの身体的特徴

シーズーは短頭種に分類されます。
(短頭種とは、頭蓋骨の長さと比較して、マズルが短いことをいます。要は鼻ぺちゃ犬です)

目はまん丸く大きく、耳の形は垂れ耳です。

体は小さいですが、他の小型犬に比べ、華奢な線ではなく、体格がしっかりしていて、足は太く短いのが特徴です。

  • 体重 4〜7.3kg
  • 体高 20〜27cm
  • 被毛の種類 ダブルコート
  • 被毛の長さ 長毛種
  • 被毛の毛色 毛色はかなり豊富にあります。
  • 日本でメジャーなのは、ブラックとホワイト、ゴールドとホワイトの2色がほとんどです。ただよく見ると同じゴールドでも濃いブラウンやオレンジ系の毛色が混じることもあります。
    ホワイトと有色の色の割合も違います。
    中には単色のブラックやホワイト、ブラック、ゴールド、ブルーなどのシーズーもいますが、とても珍しいようです。そして、シーズーの毛色は、成長とともに色が変化していくことがあります。

 

シーズーの性格・気質

シーズーは人が大好きで甘え上手

シーズーが飼いやすいといわれるヒミツは、ズバリ性格にあるのです。
もともと中国の王宮で溺愛されていたシーズーなので、人に愛されるすべを熟知しています。人が大好きで、甘え上手。攻撃性がなく順応です。

シーズーは感情豊かで賢い!少し頑固なところも

感情豊かなので、長く一緒に生活していると、いつか喋り出すのではないかと思うほど、喜怒哀楽を表現してくれます。

また、シーズーは大変賢く、割と何でもすぐ覚えてくれるので、犬を飼うのが初めてでも苦労なくしつけができる犬種です。ただ、少し頑固な一面もあるので、間違ったことを1度覚えてしまうと、しつけし直すのに苦労するかもしれません。

シーズーの飼い方、しつけ(トイレ、散歩の頻度)

シーズーのしつけ 基本は褒める!

シーズーを家に迎え、まず最初の飼い主さんのミッションは「しつけ」ですよね。どの犬でもいえることですが、まずしつけの基本は「褒める」ことです。
犬は大好きな飼い主さんに褒められることが、何よりも嬉しいので、褒められたくて、お利口に何でも早く学習してくれるようになります。
飼い主さんが先回りして、ご自身の犬に失敗させない工夫をし、褒める環境を作りましょう。

シーズーのトイレのしつけ

トイレの環境を整えます。トイレを覚えるまでは、トイレトレーをサークル(ケージ)の中に置き、トレー以外の全てのスペースにトイレシートを敷きます。そしたら、「褒め」のしつけがスタートです。

犬の排泄のタイミング

  • 起床時
  • 食後、水を飲んだ後
  • 遊んだ後

これらのタイミングで犬は、高確率でオシッコや排便をします。
このタイミングで、飼い主さんは犬をトイレまで移動させ、排泄を促します。その時、掛け声は短く「ワンツー、ワンツー」や「ピーピー・プープー」など分かりやすく常に統一させた掛け声をかけましょう。

一面に敷いたトイレシートのどこかで犬は排泄しますので、排泄後はこれでもかというくらい、大げさに褒めまくります。そして、徐々に成功したらトイレシートを増やし、失敗したら、無言でシートを増やします。

それを繰り返すことで、犬に失敗をさせず、成功の嬉しさだけを覚えさせ、トイレマスターが早くできるようになります。最終的に、トイレシートだけ残ったらトイレは完璧ですね。

その他のしつけに関しても、基本は褒めることです。飼い主さんは、どうしたら犬が失敗せず、成功するかを考え、先回りして褒める環境を作ります。
とにかく褒める回数を増やせるようにしましょう。

そして、失敗しても決して叱ってはいけません。特にシーズーは頑固なところがあるので、叱ることで意固地になって覚えることを拒否されては困ります。

シーズーの散歩の頻度について

シーズーは落ち着いていて、おとなしいことが多いので、散歩もさほどいらないのでは?などと思われがちです。

でも意外ですが、シーズーは結構体力があり、他の小型犬に比べ、運動量を必要とするのです。

そのため、散歩はできれば毎日2回、1回の散歩で20分は行くようにしたいです。

また、天候が悪く散歩ができない日などは、室内でボール遊びや飼い主さんと一緒に遊べるオモチャなどで、体を少しでも動かすようにすると、ストレスが溜まらず犬の気分転換になります。

シーズーのお手入れ(トリミング・臭い・ブラッシング・歯磨きなど)

シーズーはダブルコートなのですが、珍しく抜け毛が少ない犬種になります。ただ、皮膚がとてもデリケートで、ちゃんとケアをしてあげないと、皮膚疾患になりやすいので注意が必要です。

では実際、シーズーのお手入れはどうしたら良いのでしょうか?日々のお手入れ方法を紹介します。

シーズーのケアの基本は毎日の「ブラッシング」にあり

シーズーのお手入れの基本は、毎日のブラッシングにあります。 1日1回はブラッシングすることを心がけましょう。

使うのは、スリッカーが基本になりますが、毎日ブラッシングをしていて毛玉がない場合などは、コームなどと併用してもいいかもしれません。
ブラッシングは、被毛をキレイにすることだけではなく、皮膚の血行も良くしてくれるので、皮膚疾患になりやすいシーズーには必要なケアになります。

シーズーにトリミングは必須です

シーズーは長毛種になるので、定期的にトリミングをしてあげないと、ひたすら被毛が伸び続けてしまいます。

特に、目の周りの被毛などは定期的にカットしてあげないと、目を覆うようになってしまい、目の病気にかかりやすくなってしまいます。

最近では、シーズーのヘアスタイルも様々ありますので、暑い時には短めに。寒くなったら長めにと、色々スタイルを変えておしゃれ犬にしてあげてはいかがでしょうか? 

シーズーのキレイな「歯」は健康でいるための条件! 歯磨きをしよう!

最近では、動物病院でも「犬の歯磨き教室」などありますよね?
それくらい、犬の歯磨きは重要なのです。歯磨きを怠ると歯垢が溜まり続け、それは歯石に変わっていきます。
その歯垢や歯石には恐ろしい数の細菌が潜んでいて、それが原因で将来、口腔の疾患にかかったり、最悪、抜歯が必要になることもあります。

ある研究では、口腔の細菌が原因で犬は心臓疾患になるともいわれていますので、歯磨きは子犬の頃から慣れさせる必要があります。

シーズーが歯磨きに慣れるまでのステップ

  • 口の中を触れるようにする
  • 指にガーゼを巻き、歯を擦れるようにする
  • 歯ブラシをあずけて、匂いを嗅いだり、噛んだりして慣れさせる
  • 歯ブラシを口の中に入れることに慣れさせる
  • 歯磨きペーストを指に塗って歯を擦り、歯磨きペーストに慣れさせる
  • 歯ブラシに歯磨きペーストを塗り、歯磨きに慣れさせる

このような手順を踏み、歯磨きに慣れさせます。慣れるまでに、長ければ数ヶ月かかるかもしれません。
無理強いすると、歯磨きを強く嫌がるようになってしまうので、時間をかけ、ゆっくりでいいので慣れさせます。

シーズーのお手入れ(シャンプー、爪切り、肛門線絞りなど)

毎日のお手入れ以外に必要なのが、定期的なシャンプーや爪切り、耳掃除、肛門線絞りになります。それぞれの頻度は、

  • シャンプー: 個体の状態や季節によっても違いますが、基本的に月に1〜2回
  • 爪切り:定期的な爪切りが必要になります。白い爪の場合は、血管が透けているので、その手前まで切ります。黒い爪の場合は、少しずつ切るようにし、切った断面が湿ってきたら、血管が近いサインなのでそこでカット終了します。
  • 耳掃除:シーズーは垂れ耳になるので、耳の中が蒸れやすく、耳の疾患になりやすいです。1〜2週間に1度はイヤークリーナーなどを使い、耳の掃除をします。
  • 肛門線絞り:小型犬は肛門線絞りを定期的にしてあげないと、自然にはできないといいます。肛門線絞りをせず放置しておくと、肛門線が溜まって破裂なんて恐ろしいことがおきますので、1ヶ月に1回はするようにしましょう。なかなか自分でできない場合は、トリマーさんや獣医さんへお願いすることもできます。

シーズーの注意する病気

かわいいご自身の愛犬シーズーには、ギネスに載るくらい長生きしてもらいたいですよね。
健康維持するために、どんな病気がシーズーに多く、注意したらいいのでしょうか。

耳の病気(外耳炎、中耳炎)

シーズーは垂れ耳が故、耳の病気になりやすいのでケアが必要です。いつもと違った耳垢が出るようになったら、病院へ連れて行きましょう。

皮膚の病気(膿皮症)

皮膚がデリケートなシーズーに多いのが、皮膚疾患です。その中でも多いのが膿皮症と呼ばれる皮膚疾患になります。

原因は、アレルギーやストレス、不衛生な環境からと様々ですが、1度なると再発率が高いので、愛犬が体を常に痒がっているときなどは要注意です。

目の病気(結膜炎、角膜炎)

シーズーの大きい目は、ゴミや自身の被毛などが目に入りやすく、ほかの犬種に比べて炎症を起こしやすいです。目を痒がっていたり、白目が赤く充血しているときなどは、ひどくなる前に病院へ行きましょう。

心臓の病気(僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁逆流症)

これは小型犬全般に多い心臓の疾患になります。僧帽弁が肥大し、弁がしっかり閉まらなくなり、血液が逆流するようになります。
この疾患は、内科治療では完治せず、まだ一般的ではありませんが、外科治療のみ完治の期待が持てる治療法です。

通常は、この疾患がわかった時点で薬の服用が始まり、進行を遅らせることで、寿命を全うできる努力をします。
 

  • それ以外にも犬の病気は様々です。愛犬が長く健康でいるために、年に1回は動物病院で検診を受け、早期発見、早期治療に努めましょう。

シーズーはどんな人向けの犬種?

基本的にシーズーは、とても人に対して友好的な犬種ですので、飼い主を選びません。

なので、子供がいる家庭でも、子供の良き遊び相手となってくれるでしょう。
ただその場合注意したいのは、シーズーは小さくデリケートなので、子供達が犬を傷つけることがないように、大人たちがちゃんと見守る必要があります。

シーズーのおとなしい性格は、年配の方にもおすすめです。確かに散歩が必要な犬種ではありますが、1度の散歩自体、長時間歩く必要がないので、年配の方の体力維持のためにもシーズーは一役買いそうです。

最後に、留守がちなお宅の場合です。

シーズーは人が大好きで、常に人といたがります。毎日、長時間の留守番を強いる環境では、シーズー自体ストレスが溜まり、問題行動を起こす場合があるので、注意が必要です。

シーズーのさいごに

シーズーは、毎日のブラッシングや、定期的なトリミングなど、手のかかる犬種の部類に入ります。

でも手をかければかけるほど、愛情が湧くのも事実で、シーズーもまた、お世話されることで、飼い主さんを日々信頼していき、その様は簡単に見ることができるくらい、シーズーは優しく愛情を返してきてくれます。いつの日か、目で会話できるくらいの信頼関係が生まれたら最高ですよね。