自宅でできる愛犬のシャンプーの正しいやり方、頻度、人間用は使えるの?シャンプーの選び方は?

愛犬のシャンプー皆さんはどうしていますか?トリミングサロンで済ませるという方もいれば、犬とコミュニケーションを取りながら自宅でシャンプーという飼い主さんも多いようです。そもそも犬は人間と違い汗腺がないために、汗臭くなるという事はありません。しかし長い間シャンプーをしないと強い臭いを発生したり、ノミやダニが繁殖しアレルギーの原因にもなります。そのため被毛を清潔に保つために定期的にシャンプーが必要になります。

犬のシャンプーの頻度はどれくらい?

犬のシャンプーの頻度は、月に1〜2回が目安と言われています。

飼い主さんによっては犬の体臭が気になるために週一回という方もいるようですが、シャンプーのしすぎは必要な皮脂まで落としてしまい、犬の皮膚そのものを痛める場合も。

また過度なシャンプーによって皮膚が感想してフケが出やすくなり、場合によっては皮膚炎などの病気にもつながりかねません。

また皮膚炎を患っている犬の場合はシャンプーの回数は増減することもありますので、かかりつけの獣医さんやトリマーさんに相談してその犬にあった頻度で行っていきましょう。

犬のシャンプーの正しいやり方は?

犬のシャンプーの正しいやり方①ブラッシング

まずは犬の体全体をブラッシングします。

その際に絡まった被毛を取り除いてあげましょう。

絡まったままシャンプーをすると、泡立ちも良くないですしその部分だけ被毛が固まってしまいます。

特に長毛種の犬は首のまわりや耳の後ろ、内股やお尻の毛念入りにブラッシングが必要です。

犬のシャンプーの正しいやり方② 体を濡らす

次に犬の体全体をシャワーで濡らしてあげましょう。

この時のお湯の温度は37〜38度ぐらい人間からすると「少しぬるい」と感じる温度が良いです。

犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄いため温度が高すぎると皮膚に炎症が残る場合もあり、低すぎると風邪を引いてしまう場合も。

また全身が被毛で覆われているため人間のようにすぐに体温調節ができず、熱いシャワーだと急速に体力を奪ってしまう事もあります。

シャワーの温度設定には特に注意が必要です。

犬のシャンプーの正しいやり方③ 体を洗う

十分に体が濡れた所でシャンプーを行います。

しっかりシャンプーを泡立てて背中、顔、お尻の順番に皮膚を傷つけないようにやさしく洗っていきます。

また耳に水が入らないように耳の穴をふさぐようにして洗っていきます。

顔周りは目にシャンプーや水が入らないように注意しながらスポンジやタオルなどで丁寧に洗ってあげましょう。

またすすぎもしっかりと。はじめのうちは嫌がる犬もいますので、「いい子だね~」と優しく声をかけながら洗ってあげましょう。決して怒ってはだめですよ!

犬のシャンプーの正しいやり方④ ドライヤーで乾かす。

シャンプーが終わったらしっかりとタオルで水分をふき取り、ドライヤーで乾かしていきます。

ドライヤーの温度設定は低めにし、直接風を当てるのではなく出来るだけ遠くから手に風を当てながら乾かしていきましょう。

犬のシャンプーは人間用のシャンプーは使えるの?

犬に人間用のシャンプーを使っても良いという意見もあれば、人間用は絶対ダメと様々な意見があるのが現状です。

人間用シャンプーは人の頭皮に合わせて作ってあるもので、犬の薄くデリケートな皮膚を洗うのにはやはり刺激が強すぎるようです。動物病院でも犬用の差シャンプーを推奨しています。

犬のシャンプーの選び方は

犬は嗅覚が優れているため、人間が良い匂いと思っても犬にとっては迷惑な場合も。

匂いの控えめなものを選ぶのがポイントです。また犬は皮膚がデリケートなため低刺激性のものを選びましょう。

最近では犬用のオーガニックなものやアレルギーに対応したものなど様々な種類がありますので愛犬にあったシャンプー選びも重要です。

シャンプーの後は、いっぱいほめてあげよう!

犬の健康のためにもシャンプーは大切です。

正しいやり方で愛犬とコミュニケーションを取りながら行っていきましょう。子犬の頃から慣れておくと、シャンプーが大好きになりますよ。またシャンプーが終わったら、愛犬をいっぱいほめてあげてくださいね。