パピヨンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

パピヨンといえば、特徴的なのが蝶々のような耳ではないでしょうか。街中など外出先で見かけると、みんなが必ず見てしまう犬がパピヨンです。今回はそんなパピヨンのルーツを探りながら、特徴や性格、お手入れ方法などをご紹介していきます。

パピヨンの基本情報

パピヨンは小型犬になります。体の大きさに似合わない、大きな立ち耳が最大のチャームポイントです。

そしてキラキラした大きな目で、いつも飼い主さんを目で追い、目が合ってニッコリ笑顔を見せてくれるパピヨンは、飼い主さんのハートを掴んで離しません。

パピヨンの歴史

フランスで最も愛された犬

パピヨンの歴史は古く、様々な説があるため、実際はっきりとした起源についてはわかっていません。

昔の絵画などを見ると、随分パピヨンに似た犬も描かれていたことから、14世紀には既に存在していたのでは?という説もあります。

確実なのは、16世紀には上流階級の人々にとても愛され、マリーアントワネットにとても大切にされていたことは有名です。

また、パピヨンの出身国も諸説ありますが、先祖はスペインのトイ・スパニエルではないかといわれています。

そして、イタリアに渡り、そこで繁殖され、16世紀に入り、フランスに渡り、そこで貴族たちに愛されたとされています。

当初、パピヨンの耳は垂れ耳だったようですが、交配を繰り返す過程で、立ち耳であるスピッツと交配させ立ち耳に。チワワと交配させ小さな体にと変化を遂げ、今に至ります。

パピヨンの身体的特徴

  • 体重:4〜4.5kg
  • 体高:20〜28cm
  • 被毛の種類:シングルコート(スウェーデン系はダブルコート)
  • 被毛の長さ:長毛種

パピヨンの被毛の毛色

ホワイトを基調に、ブラックとブラウンのトライカラー。ホワイトとブラウン。ホワイトとブラック。レッドとホワイトのパーティーカラー。

(パピヨンの毛色は、成長とともに変化します。生後1〜2年で落ち着きます)

パピヨンの性格・気質

パピヨンは小型犬部門でトップクラスの賢さ

パピヨンは、世界的な賢い犬ランキングで、常に10位以内に入る、賢い犬なのです。

飼い主さんがちゃんと教えれば、そのうち自分で考え、飼い主さんがお願いする前に動いてくれたりする優秀犬で、とても飼いやすい犬種です。

ただ頭がいいが故に、一貫したしつけをしてあげないと、飼い主さんが見下されることも。

パピヨンはエレガントな見かけですが、活発です

とても活発で室内を思い切り走り回ることもあるので、滑って関節を痛めないように、注意が必要です。

また、よくジャンプをすることがあるのですが、足腰は強いわけではないので、負担になるような高いところへのジャンプは避けるようにしましょう。

同じパピヨンでも様々な性格。ネコのようなパピヨン

どの犬種でも、個体ごとに性格は様々ですが、パピヨンは本当にそれぞれが個性的です。

基本的に人が大好きなパピヨンですが、気分によりムラがあり、気分が乗らないときは、触ると露骨に嫌な顔をしたりすることも。

その反面、突然遊んでくださいアピールに愛想を振りまいてくることもあり。

その少し、ネコっぽい気まぐれが魅力なパピヨンです。

パピヨンの飼い方・しつけ

パピヨンは室内飼いをしなければなりません。

まずは、トイレを覚えたり、1匹でいることにも慣れさせるために、サークル(ケージ)を準備することをおすすめします。

初めから、室内どこでも自由に歩ける環境にしてしまうと、行動範囲が広すぎるため、いたるところに粗相をしてしまうでしょうし、物を壊したり、いろんなものを口に入れてしまい、思わぬ事故が考えられます。

パピヨンの飼い方しつけ ポイント① トイレトレーニング

トイレを覚えるうちは、生活の基本はサークルの中に置きましょう。

サークルの中に必要なものは、

  • ベッド
  • トイレトレー

などが最低限必要です。

トイレトレーの大きさは、小型犬用のサイズで十分ではありますが、個体によって、ワイドサイズの方が安定してしやすいということもあるので、場合により、ワイドサイズをご準備ください。

(トイレシートはレギュラーサイズ2枚をセットするようにすると、汚れた方だけ交換できるので、ワイドサイズのものより経済的ですよ!)

まず、犬が排泄をする仕草を見せたら、トイレトレーに乗せるというトレーニングが基本です。

トイレトレーのみだと心もとないという場合は、サークル全体にトイレシートを敷いて、どこで排泄しても褒めてあげる環境を作るのも方法です。

そして、きちんと排泄をしたら、サークルの外に出して遊んであげましょう。

トイレを上手にしたらサークルから出して遊ぶという風にすると、遊び=ご褒美となり、トイレの覚えも早まります。

パピヨンは、褒められるのが大好きな反面、自尊心も強いところがあります。

失敗したからといって、叱ることは絶対しないようにしましょう。

パピヨンの散歩の頻度

パピヨンは、ご紹介したように活発な性格で、運動することが大好きな犬です。

そのため、散歩命なパピヨンも多いです。

では実際、どんな風にどれくらい散歩したら良いのでしょうか。

パピヨンの散歩時間と回数

  • 子犬……1日に1〜2回 1回につき15〜20分
  • 成犬……1日に極力2回 1回につき20〜30分
  • シニア犬……1日に1〜2回 1回につき20〜30分(犬の状態による)

子犬の時はまだ成長過程なので、運動のしすぎなどは、骨の形成などに悪影響を及ぼすことがあるので、気をつけなければなりません。

逆に、完全に成犬になってしまってからは、足腰を丈夫に鍛えるためにも散歩+たまにドッグランへ連れて行くなどして、パピヨンの大好きな運動をさせてあげましょう。

また、シニア犬になっても、歩く距離や時間を調整しつつも散歩は継続してあげましょう。

散歩は「運動」という目的以外にも、気分転換や、外の景色を見たり聞いたり、匂いを嗅ぐことで脳の活性化にもつながります。

パピヨンのお手入れ

パピヨンはシングルコートの長毛種なのですが、抜け毛も少なく、トリミングも必要ない犬種になります。

(一部、パピヨンはダブルコートの場合がありますが、日本にいるパピヨンのほとんどはシングルコートです)

比較的、お手入れが難しくないパピヨンですが、どんな風にお手入れするかをご紹介いたします。

毎日のブラッシングは欠かせません

パピヨンのお手入れの基本は、毎日のブラッシングにあります。ブラッシングにはスリッカーブラシを使い、コームで整えます。

パピヨンの被毛は細く、もつれを放置してしまうと毛玉になりますので、毎日のブラッシングで、優しくもつれを梳かしましょう。

また、乾燥の時期には、パピヨンのブラッシングの時に静電気が発生することなどがありますので、あまりにひどい時は、ブラッシング用のスプレーなどを使い、切れ毛を防ぐといいです。

パピヨンにトリミングはいらない?

パピヨンにトリミングは、基本的には必要ありません。

長毛種ですが、伸び続けるということがないので、そのままでも大丈夫です。

ただ、飼い主さんにより、キレイに毛並みを揃えたり、オリジナルのスタイルにしたいという場合は、ドッグサロンでかわいくカットしてもらうことも可能です。

トリミングは必要ありませんが、清潔や安全を保つために、定期的に、肛門周りや足の裏の毛は、ペット用のクリッパーを使いカットすることをおすすめします。

パピヨンの体臭対策

パピヨンは体臭が少ない犬種にはなりますが、やはりそこは犬ですので、何のお手入れもしないでおくと、臭ってきます。

基本のお手入れは毎日のブラッシングですが、定期的なシャンプーも大切です。

頻度的には、2〜3週間に1回のシャンプーで十分ですが、犬の皮膚の状態を見て、回数を増やしたり減らしたりしてみてください。

また、使うシャンプーも犬用のものを選び、できればサロンで使われているような、犬の被毛に優しい成分を選びましょう。

そして、やりがちなことですが、どんなに暑い夏の日も、シャンプー後は必ずドライヤーで完全に乾かすことが大切です。生乾きは、雑菌が繁殖する原因になり、臭いの素になります。

パピヨンの「歯」を守りましょう!

小型犬の歯はどの犬種も小さく、強くはないとされていますが、パピヨンはその中でも、歯が弱いといわれます。

歯がダメになってしまうと、問題は口腔内に留まらず、ある研究では、犬が心臓病や動脈硬化になるのは歯周病菌が関係あるのでは?といわれています。

歯が悪くなるだけでも、食べにくくなったりして、食欲低下につながりますが、それ以上に、命を脅かす病気につながるということなのです。

パピヨンの歯を守るためには、子犬の頃からの歯磨きが必須になります。

まずは、子犬の頃から口の中を触れるようにトレーニングをすることから始め、早いうちから歯磨きをするようにしましょう。

パピヨンの注意する病気

パピヨンは上品な見た目から弱そうに見えますが、実はとても丈夫で、犬種特有の病気もあまりなく、神経質に心配することが多くない犬種なのです。

それでも、全く心配する病気がないわけではないので、比較的多いとされている病気をご紹介します。

パピヨンの注意する病気 その① 進行性網膜萎縮症

これは、遺伝性の目の疾患で、残念ながら私たちの手で予防してあげることはできない疾患です。

網膜の細胞が変形していき、網膜血管が壊死していく、まだ原因もわかっていない疾患です。

そして恐ろしいことに、この疾患の治療法はまだ確立されておらず、サプリメントを与えることができる程度のものになります。

パピヨンの注意する病気 その② 膝蓋骨脱臼(パテラ)

パピヨンに限らず、膝蓋骨脱臼は小型犬全般に多く見られます。

先天性の時もありますし、後天性の場合もあります。いずれにせよ、1〜4まであるグレードのうち、初期の段階では、自ら脱臼を戻せます。

進行していくと、明らかな歩行障害など見られるようになり、手術が必要になってきます。

予防策として、関節に負担がかからないように、室内の床を滑らないようにしたり、高いところへの将校をさせないようにすることがあります。

パピヨンの注意する病気 その③ 脱毛症

原因は、アレルギー、アトピー性皮膚炎、ホルモン異常、真菌や細菌によるものなど様々ありますが、人の円形脱毛症のように脱毛していきます。

そして同時にその部分に湿疹やかゆみを伴うようになります。

皮膚炎は慢性化すると完治に時間がかかるので、早期のうちに薬を処方してもらうことをおすすめします。

また、アレルギーが原因の場合、何のアレルギーかを突き止めるのも、再発予防になります。

いくら丈夫といわれるパピヨンも、病気にかからない保証はありません。

ご自身のパピヨンが5歳を過ぎたら、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。何事も早期発見が大切です。

パピヨンはどんな人向けの犬種?

パピヨンは比較的、誰とでも仲良くできる社交的な性格ですが、反面、自己主張が強い面も持っています。

とにかく賢い犬種なので、犬を飼うのが初心者でもしつけトレーニングはしやすいでしょう。

ただ、しっかりとしつけをしてあげないと、自己主張の強さが勝り、わがまま小悪魔パピヨンに変身してしまいます。

また、頭が良いので、気にくわないことがあると、頭脳プレーで、びっくりするようないたずらをされることもあります。

逆に、飼い主さんの言葉は学習するのが早いので、愛情深く育てれば、言葉は通じないまでも、目で会話できるレベルになれます。

そういった、パピヨンの特徴を受け入れ、愛情を注いでくれる方なら、どんな方でもパピヨンのパートナーになれるでしょう。

パピヨンのさいごに

パピヨンは見かけによらず、お手入れも手がかかりませんし、体も丈夫な方です。

とても活発的なので、一緒にいて飽きることがありません。

頭もいいので、知育玩具などで遊ぶのも好きかもしれません。

飼い始めから、一生懸命お手入れをしたり、一緒に遊んだり、しつけトレーニングをしていく中で、愛犬と飼い主さんの間には、強い信頼関係が生まれます。

犬は信頼している相手だけに見せる、とっておきの顔があります。

みなさんのパピヨンは、どんなとっておきの顔を見せてくれていますか?