豆柴の基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


日本が誇る犬種「柴犬」。そんな柴犬の一種に「豆柴」と呼ばれる柴犬がいるのをご存知でしょうか。 小さくて無垢な姿が愛らしく、近年人気が上昇している種類です。 今回は、そんな豆柴について紹介していきます。

豆柴の基本情報

豆柴は公式の犬種ではない??

一般的な柴犬よりも体が一回り小さな柴犬を「豆柴」と呼びます。

しかし、「豆柴」は公式の犬種ではありません。

犬種登録団体「JKC(ジャパンケネルクラブ)」や「日本犬保存会」でも正式な種として一切認められていません。

2017現在では、今後も豆柴を犬種として登録する予定はないと言われているそうです。

しかし、NPO法人の日本社会福祉愛犬協会では独自に「豆柴犬」を公認し、「豆柴認定審査合格血統書」を発行しているようです。

小柄な柴犬「豆柴」は、日本犬ならではの良さと小柄で飼いやすいことから今後の人気にも期待されます。

豆柴の歴史

豆柴

柴犬は古くから人間と馴染み深い犬種で、ウサギや鳥を狩る猟犬として活躍していました。

豆柴が生まれた経緯には諸説ありますが、柴犬の中でも体の小さな柴犬同士を交配させて作られたと言われています。
その経緯の1つを紹介します。

現在では、「柴犬」と一括りにされていますが、昔は様々な種類で細分化されていました。

縄文時代の地層から見つかった骨の形状に最も近い「縄文柴」、美濃の「美濃柴」、信州地方の「信州柴」、山陰の「石州犬」や「「因幡犬」などが存在していました。
そんな中に体が一回り小さな「小柴」がいたと言われています。

しかし明治期に輸入された洋犬との雑種化や戦時中の食糧難、戦後のジステンパーの流行によって絶滅が危惧されました。

絶滅から守るため日本犬保存会によって柴犬は、異なる柴犬を交配させて絶滅を回避してきました。

長年にわたる計画繁殖の中で柴犬の標準値が安定していきましたが、柴犬の標準値から外れていた「縄文柴」や「美濃柴」、体の小さな「小柴」などは繁殖に使われず、絶滅を恐れた異なる保存会がそれぞれの繁殖をしてきたそうです。

こうして守られてきたことによって「小柴」は、現在の「豆柴」という親しみやすい名前に変わり現存していると言われています。

豆柴の特徴

柴犬との違いは 体の大きさ?

豆柴の身体的特徴
  • 柴犬よりも体が小さな小型犬で、体重は4~6kg
  • 豊富な毛を持ち防寒に優れている
  • 毛色には4色あり、赤柴・黒柴・白柴・胡麻柴と呼ばれている
豆柴は、一般的な柴犬が体高33~43cm、体重6~11kgなのに対し、この大きさより一回り小さな体高28~34cm、体重4~6kgの小型犬に分類されます。

体の大きさ以外は一般的な柴犬と比べてほとんど変わりありませんが、豆柴はやや胴が短く丸っこい印象の子が多いようです。
筋肉質でたくましい体に、小さな顔にピンと立った耳、くるっと巻いた尻尾が特徴的です。

被毛は、毛量の多くダブルコートと呼ばれる上毛と下毛の二重構造になっています。

豆柴の毛色は4色のカラーバリエーション

下毛は細く柔らかい毛質で防寒機能があり、換毛期には抜け毛が目立ちます。
上毛は、撥水性のある固い毛質をしています。

毛色も、柴犬同様4色のカラーバリュエーションがあり、赤・黒・白・胡麻があります。

有色の豆柴でも、口元を中心とした顔周りや胸元、足先は白のことが多いようです。

豆柴の性格・気質

柴犬

豆柴の性格 その1 勇敢で忠実

豆柴は勇敢で忠実
  • 飼い主に対し忠実で愛情深い
  • 警戒心・独立心が強い
  • 気難しい一面もあるが子犬の頃の育て方で変わる
  • 学習能力が高くしつけやすい
体が小さいながらも日本犬の素質をしっかりと持っていて、警戒心が強く鋭敏で、自分よりも大きな動物に立ち向かっていく恐れ知らずの勇敢な性格を持ち合わせています。

飼い主や一度信頼を置いた相手に対しては深い愛情を示し、とても忠実な性格をしています。
飼い主以外には懐きにくいという難しい一面もありますが、子犬の頃からたくさんの人や犬と触れ合い社会性を身に付けさせることで社交的な性格にもなってくれるでしょう。

豆柴の性格 その2 主従関係を強く求める

かつては猟犬として活躍していたこともあり、我慢強く体を動かすことがとても大好きです。
飼い主に対して主従関係を強く求める性質があり、学習能力が高く物覚えもいいので、正しい主従関係を築けることができれば、非常にしつけやすい犬種でもあります。

意外な一面!?柴犬のあるあるネタ

2018.02.08

豆柴の飼い方・しつけ

柴犬

豆柴の飼い方 その1 日本犬の資質を理解する

豆柴を飼うには、日本犬の素質を理解しておくことがとても大切です。

豆柴の性格や体質を理解して、正しい接し方と快適な環境を整えてあげましょう。

特に子犬の時期は、無垢で愛らしい姿からつい甘やかしてしまいがちですが、健康で利口な豆柴に育てるには甘やかすことは禁物です。

豆柴の飼い方 その2 飼育環境

豆柴は日本の気候にも順応できるため、基本的には屋外と室内のどちらでも飼育することができます

どちらで飼う場合でも、豆柴が快適に過ごせスペースを構えてあげましょう。
安心できる寝床と、夏でも冬でも過ごしやすく工夫が必要です。

特に室内で飼う場合には、豆柴は独立心のある犬種ですので、むやみに構いすぎず一人で安心して過ごせるよう、一人の時間を設けるようにしましょう。

豆柴の飼い方 その3 豆柴の散歩

かつては猟犬として活躍していたこともあり、体を動かすことが大好きなのが豆柴です。

小型犬の中でも、特に運動量が多く運動神経でも優れてもいます。

豆柴に必要な散歩時間は、基本的には体重と同等の距離(体重が5kgであれば5km)と言われていますが、猟犬として野山を駆け回っていた柴犬にとっては、距離よりも刺激のある散歩の方が満足感を満たしてあげることができます。

散歩コースを変えたり、広場でボール遊びなど、豆柴の好奇心を刺激させる散歩にしてあげましょう。

豆柴のしつけ その1 豆柴はしつけやすい!?

豆柴は賢く飼い主にも従順な種類のため、しつけやすい犬種です。

豆柴のしつけでまず重要になのは主従関係です。
豆柴を含む柴犬は、主従関係を大事にする犬種のため自分のことをリーダーと認識してしまうと、吠え癖や噛み癖などの様々な問題行動を起こすことが懸念されます。

飼い主がリーダーとなり、その家族全員が豆柴よりも上の立場になることが大切です。

豆柴のリーダーになるには

豆柴のリーダーになるには
  • 褒めて伸ばす:愛情を持って褒めたり優しく接することで信頼できるリーダーになれます。
  • 愛情と甘やかすことの違いを理解する:甘やかし過ぎることで、自分がリーダーだと勘違いし言う事を聞かないわがまま犬になってしまいます。
  • 豆柴のことを理解する:豆柴の体質や気質を理解しておくことで、行動の意味を理解することができ適切な対応対処ができるようになり、信頼につながります。
  • 仰向けにさせる・マズルコントロール:服従しているというサインです。
    特に豆柴は体をベタベタと触れるのを嫌い、体の手入れの際にも必要になってくることなので慣れさせておいた方が良いでしょう。

豆柴のしつけ その2 トイレのしつけ

物覚えの良い豆柴はトイレも比較的すぐに覚えられるでしょう。

そのためには、子犬を迎えたその日からしつけを始めましょう。

上手にできれば思い切り褒めてあげ、失敗した時には叱らずに速やか後始末してあげます。

成功法を積み重ねて覚えさせていきましょう。

豆柴のお手入れ

柴犬,お風呂,シャンプー

短毛の豆柴のお手入れは比較的簡単です。

元々柴犬はキレイ好きな犬種でもあるので、お手入れをすることで衛生的に保ってあげましょう。

豆柴のお手入れのポイントを見ていきましょう。

豆柴のお手入れポイント その1 お手入れに慣れさせる

豆柴は大袈裟な犬種とも言われています。
体をベタベタと触られることを嫌うため、お手入れに慣れていないと鳴いたり噛んだり手が付けられない状態になることもあります。

そうならないためには、子犬の頃からお手入れに慣れさせておきましょう。

また、仰向けやマズルコントロールの練習しておくとお手入れに役立ちます。

豆柴のお手入れポイント その2 抜け毛対策

抜け毛が多い犬種でもあるので、抜け毛対策の基本であるブラッシングは欠かせません。

使うブラシは主にスリッカーブラシとコームです。
定期的なブラッシングで皮膚の健康を守りましょう。

また、抜け落ちた毛を放置しておくと衛生的にも良くありません。
掃除も定期的に行ってあげましょう。

公共の場所などへ外出する際は、洋服を着せることで抜け毛が舞い散るのを防ぐことができます。
マナーのためにも洋服を着せてあげましょう。

豆柴のお手入れポイント その3 シャンプー

豆柴は獣臭がすると言われることがありますが、他犬種と比べて特別臭うというわけではなく、飼育環境や個体差によるものです。
臭いが気になる時にはシャンプーをしてあげましょう。

シャンプーは、汚れを取るだけでなく、ノミやダニからも守ることもできます。
2度洗いをすることで、皮膚まで綺麗にしてあげましょう。

シャンプーの頻度は月1回くらいが目安です。
この頻度が多すぎると必要な皮脂がなくなってしまい皮膚病の原因や逆に臭いを強くしてしまうということもあるので気を付けましょう。

豆柴シャンプーの頻度
  • 頻度の目安は月1回くらい
  • 2度洗いで皮膚まで清潔に

豆柴のお手入れポイント その4 定期的なグルーミング

ブラッシングやシャンプー以外の全身ケアも定期的に行いましょう。

豆柴には、爪切りや耳掃除、肛門腺絞り、足裏バリカン、肛門周りバリカン、歯磨きといったケアが必要です。
短毛なのでご自宅でのセルフケアもしやすい犬種ですが、自分でできない場合にはトリミングサロンや動物病院でもやってもらいましょう。

豆柴のお手入れまとめ
  • 月1回の頻度で、爪切り・肛門腺絞り・足裏バリカン・肛門周りバリカン
  • 耳の中は毎日チェック!!汚れていれば耳掃除
  • できれば毎日、少なくても週1回以上の歯磨きを。
    ガムなどのデンタルグッズも上手に併用しましょう

柴犬のトリミングについて 柴犬にトリミングサロンの利用は必要?

2018.02.08

豆柴の注意する病気

柴犬

豆柴には、犬種特有のかかりやすい病気があります。

その病気の知識をつけておくことで、予防やいざという時の対処に役立ちますので、しっかりと把握しておきましょう。

ここでは、豆柴がかかりやすいと言われる3つの病気を紹介します。

豆柴の注意する病気① 膝蓋骨脱臼

小型犬に多い病気で、膝のお皿が外れること、脱臼の病気です。

足への負担が重なることで起こりやすくなります。
症状が重い場合には、手術が必要となります。

症状が軽い場合には、必要によって痛み止めを投薬しながら自然に治るのを待ちます。

足にかかる負担を減らすことで予防することができます。
フローリングへの滑り止めや段差の軽減し高いジャンプをさせないようにするなどして予防しましょう。

豆柴の注意する病気② 椎間板ヘルニア

激しい運動や肥満によって、姿勢や動きを支える椎間板への負担となり損傷して起こる病気です。

神経麻痺となり足を引きずるといった症状から重症になると自力で立ち上がれなくなることや半身不随などになります。

軽症であれば、投薬治療と安静にすることで症状が改善されることがありますが、症状が重い場合には、手術が必要となり手術後にはリハビリ治療が必要となります。

運動が大好きな豆柴に激しい運動をさせないようにというのは難しいかもしれませんが、椎間板への負担を減らすよう、フローリングへの滑り止めや段差の軽減の他に、肥満防止に努めて予防していきましょう。

【獣医師が解説!】犬の椎間板ヘルニア 

2018.02.08

豆柴の注意する病気③ 緑内障

眼の中の圧が上がり、痛みや視力の低下・失明などの視野に関する障害が出る病気です。

豆柴は目の中の水を音に出すための出口が狭いため緑内障になりやすいと言われています。
眼が出ている、緑色に見える、壁や物にぶつかる、顔を触るのを嫌がる、元気がないといった症状見られるようになります。

治療法は、症状によって点眼薬などによる内科的療法と、外科療法を行います。

残念ながら予防法はありませんが、早期発見・早期治療により進行を遅らせることができます。

豆柴の健康など懸念されること

豆柴は、「健康的でない」と言われることが多いようです。

小型化のために無理な繁殖をさせられたからというものです。

食事を制限して大きく育たないようにした柴犬から交配させた、体の小さな柴犬同士で近親交配させたなど様々な話があります。
そのような環境で生まれた豆柴は体が弱くて当然です。

また、豆柴として購入したにも関わらず、通常の柴犬サイズになったということも多いようです。

それは、豆柴とは言っても元は柴犬だからです。

健康な小柄な柴犬同士をかけ合わせたとしても、一代や二代限りの血筋では確たるものではありません。

このようなトラブルを避けるには、豆柴を購入する際に信頼できるか購入先かどうかをしっかりと見極めて購入することが大切です。

全国で唯一豆柴の血統書を発行している日本社会福祉愛犬協会から血統書をもらっているかなど不安要素は全て確かめるようにしましょう。

また、豆柴を専門とし何代にも渡って豆柴を交配している犬舎もあるようです。

実際に購入してみて、「こんなはずじゃなかった」と後悔することがないためには、焦らず慎重になることが大切です。

柴犬の子犬はどこで買う?ペットショップ?ブリーダー?里親?

2018.02.08

豆柴についてさいごに

柴犬

豆柴の魅力は、やはり小柄で愛らしい姿と柴犬らしい忠実な性格ではないでしょうか。

これから更に人気が高まっていくでしょう。

まだ公認犬種でもない上に、悪質業者も存在するので懸念されることはありますが、慎重によく見極め、信頼できる購入先から子犬を迎えるようにしましょう。