柴犬が安全に暮らすための環境!室内飼いも外飼いもできるって本当?


 

柴犬が安全に暮らせる室内環境とは?

柴犬は神経質な一面があるのでサークルを設置し、落ち着いてくつろげるスペースを用意 してあげましょう。
サークルの大きさは柴犬が方向転換できるぐらいのサイズで十分です。

犬は狭いところを好む習性があります

広いほうが動き回れてよさそうに感じますが、犬は狭いところを好む習性があるので、必要以上に広いとかえって落ち着かなくなってしまします。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、サークルにバスタオルや毛布などを覆って薄暗くすると、徐々に落ち着いていきます。

また、トイレはサークルの隣りに置きがちですが、排泄は寝床から離れたところでするので、サークルから少し距離をとったところに置くようにしましょう。

柴犬は噛むのが好き?噛んで遊べるおもちゃでエネルギー発散!

そのほか、柴犬は噛むことを好む傾向があるので、噛んで遊べるロープのおもちゃなどを用意し、エネルギーを発散できる環境を作ったほうがよいでしょう。

ストレスが溜まると、柴犬が部屋に置いてあるものを噛んで傷つけたり、壊したりしてしまうことがあるので気をつけてください。

柴犬が安全に暮らせる屋外環境とは?

外飼いするのは可哀そうという方もいたりしますが、柴犬は寒さに強く日本の気候に慣れているので、屋外で生活させても問題ありません。

ただし、犬小屋は部屋の中から見える場所に設置して、頻繁に様子をうかがえるようにしておきましょう。

柴犬の犬小屋の場所にも配慮を

さらに、夏は風通しがよく日陰になって涼しいところ、そして冬は日が当たって暖かい場所に犬小屋を移動させるなどの配慮も必要です。

また、犬小屋には毛布を敷いてあげるなどして寒さ対策も欠かさずに行いましょう。

柴犬を外飼いするときの注意点

柴犬を屋外で飼う場合は、健康を損なわないようにするために、以下のことに気をつけましょう。

柴犬を外飼いするときの注意点① フィラリア予防とノミ・ダニ対策

フィラリア症は定期的に予防薬を服用すれば防げるので、柴犬に必ず行うようにしましょう。

予防を怠ると、とくに外飼いの場合は室内飼いと比べて、フィラリア症にかかるリスクが高いので十分に注意してください。

また、動物病院によってはフィラリア予防と、ノミ・ダニ駆除が同時にできる薬もあるので、確認してみることをおすすめします。

柴犬を外飼いするときの注意点② 天候によって家の中で過ごさせる

近年は気候変動の影響で、真夏は猛暑日が続きがちです。

あまりにも暑いときは柴犬も熱中症になってしまう恐れがあるので、昼間は柴犬を家の中で過ごさせるなどして体調管理をするようにしましょう。

また、冬は日が暮れると一気に冷え込むので、家の中で寝かせたほうが安心でしょう。

天候によって臨機応変に対応し、柴犬の健康を損なわないように気をつけてください。

柴犬が安全に暮らすための環境について まとめ

柴犬が安全に暮らすための環境についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

柴犬を室内飼いにするにせよ外飼いにせよ、柴犬が安全に暮らせるための環境を整えてあげましょう。
どちらの飼い方のほうがよいということはないので、現在お住まいの環境を考慮しながら、 柴犬が快適に過ごせるようにしてあげてください。