柴犬におすすめのペット保険!選ぶときのポイントは?

愛犬のためにペット保険の加入を検討している方もいるのではないでしょうか。保険に加入していれば、万が一、病気やケガをしてしまったときに治療費の負担が少なくなり、なにかと安心です。とはいっても、どのようなペット保険が柴犬にとってよいのか悩みどころです。そこで柴犬に適した保険の選び方をご紹介します。

 

柴犬がかかりやすい病気を知っておこう

まずは柴犬がかかりやすい病気と、おおよその治療費を把握しておきましょう。

そうすることで、愛犬の柴犬に対し、どのような補償内容であれば、治療費がカバーできるのか目安がついてきます。

柴犬がかかりやすい病気① アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎

柴犬はアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎にかかりやすい傾向にあります。

皮膚疾患は柴犬がかかる病気の約3割を占めるとも言われているぐらいです。これらは完治することが難しいうえ、一度回復してもそのときの体調や環境の変化などによって、再発することも少なくありません。

症状が重い場合は何度も通院する必要があり、治療費が数十万円に及ぶこともあります。

柴犬がかかりやすい病気② 目の病気

緑内障や白内障などの目の病気を患うことも少なくありません。

症状が軽いうちは点眼液による治療で済みますが、症状が進行している場合は手術が必要になります。

手術代とその後の通院費などを含めると約20~30万円かかります。

柴犬がかかりやすい病気③ 膝蓋骨脱臼

高所からジャンプするなどして足に負担がかかり、膝蓋骨(膝のお皿)が脱臼してしまう病気も注意が必要です。

初期のうちは内科治療を行いますが、慢性化してくると手術をしなければ治りません。

症状の進行具合にもよりますが、手術代は20~40万円ほどかかります。

柴犬がかかりやすい病気④ 僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は7歳を過ぎた老犬がなりやすい心臓病です。

基本的には内科治療により症状を緩和し、心臓への負担を軽減させます。病気が進行するつれ薬の量も種類も増えてしまうので、高額の治療費になってしまうこともあります。

柴犬におすすめのペット保険の選び方

保険を選ぶときはどのようなことを考慮したほうかよいのでしょか。選び方のポイントをまとめてみました。

柴犬におすすめのペット保険の選び方① 補償内容と保険料のバランスを考える

当たり前のことですが補償額が高いほど、月々に支払う保険料も高くなります。

補償内容が充実していれば確かに安心ですが、基本的にペット保険は掛け捨てのため、無駄になってしまう場合もあります。

そのため、柴犬がなりやすい疾患に備える、もしくは現在の体質に合わせて保険を選ぶことをおすすめします。

例えばアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の場合は通院による治療が中心なので、通院補償の日数がなるべく多いもので、手術や入院もある程度補償している保険が適しているでしょう。

また、もともと膝蓋骨脱臼になりやすい体質などであれば、手術をする可能性が高いので、入院や手術の補償内容が高い保険にしたほうが、役に立つかもしれません。

補償内容は絶対にこれがいいというものはないので、補償内容と保険料のバランスをよく考えて決めるとよいでしょう。

柴犬におすすめのペット保険の選び方② トータルの保険料を計算する

柴犬の平均寿命は14~15年ほどと言われています。

そのため、もし15年生きたとしたらトータルで保険料がどのぐらいかかるのか、概算してペット保険を選ぶのもひとつの選択肢です。

というのも、一見保険料が安くても、高齢になってから急激に保険料が上がることがあるからです。

ペット保険の加入は年齢制限があることが多いので、高齢になるとほかの保険に変更することが難しくなってきます。幼犬期の保険料だけで判断せず、一生涯を通して保険料は妥当なのか、よく確認することをおすすめします。

柴犬におすすめのペット保険 まとめ

柴犬におすすめのペット保険についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ペット保険に加入するときは、なるべく多くの保険会社の補償内容を見比べて検討するようにしましょう。もしどのプランを選べばよいのか判断が難しいときは、カスタマーサポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。柴犬におすすめの保険を提案してくれるはずですので、安心して加入できるでしょう。