柴犬を里親から迎える時の注意点とは?

柴犬の里親になるには、動物愛護団体が主催する譲渡会や保健所をはじめ、里親募集サイトなどで探すことができます。里親になるには、なにがあっても飼育していく責任と覚悟が必要なため、慎重に検討することが大切です。そのため里親募集者から柴犬を迎えるときに、注意しておくべきことを覚えておきましょう。

 

柴犬を里親から迎える時の注意点① 柴犬の譲渡にかかる費用を確認する

里親募集者から柴犬を譲り受けるときは、譲渡費用がいくらかかるのか必ず確認しましょう。

柴犬の生体は無料であっても、健康診断や狂犬病予防注射、混合ワクチン接種、不妊手術(去勢・避妊)、畜犬登録、マイクロチップ登録などの費用がかかることも少なくありません。


柴犬の譲渡費用は譲渡主によって異なります。

動物愛護団体や保健所では、最初からこれらの費用の負担について記載していますが、里親募集サイトなどの場合は、譲渡主によってそれぞれ費用が異なるので注意が必要です。

トラブルにならないためにも、何のためにいくらかかるのか、詳細を聞いておきましょう。

柴犬を里親から迎える時の注意点② 柴犬の健康状態を確認する

病歴や先天性の疾患など、柴犬の健康状態を知っておくことは、これから飼育をしていく上でとくに重要ですので、しっかりと聞いておいたほうがよいでしょう。

柴犬は病気になりにくい犬種といわれているけれど健康状態の確認を!

柴犬は病気になりにくい犬種と言われているものの、皮膚のトラブルを起こしやすいので、アレルギーを持っている可能性があったりします。

もしなにか疾患を持っている場合は、高額な医療費がかかるだけでなく、世話をするために、生活スタイルを変えなければならないこともあるので、気をつけてください。

柴犬を里親から迎える時の注意点③ 柴犬を終生飼育していけるか検討する

当たり前のことですが柴犬の里親になったら、終生愛情を注ぎ責任を持って飼育しなくてはなりません。

そのため里親の申し込みをする前に、柴犬を本当に飼えそうかよく検討してから柴犬を迎えるようにしましょう。


柴犬を生涯飼育していけるか?自分の経済力とも相談を

 

柴犬1頭といえども、医療費やえさ代、ワクチン接種代、狂犬病予防注射代など、それなりの費用がかかります。

とくに病気になったときは、人間のような保険制度がないので、高額な医療費がかかることも少なくありません。

柴犬が老犬になっても面倒をみていかれるのか、自分の経済力も踏まえて、しっかりと検討しましょう。

柴犬を里親から迎える時の注意点④ 柴犬を家族全員が飼うことに同意している

家族の誰かひとりでも、柴犬を飼うことに無関心だったり、嫌がっていたりする場合は飼うことは難しいと言えるでしょう。里親として迎える場合は、柴犬がすでに成犬になっていることも少なくありません。

そのため新しい環境に慣れさせるのに、時間がかかる可能性があるので、家族の協力がなによりも重要となるでしょう。


柴犬を散歩に連れて行ってくれる人は家族に何人いますか?

 

また、柴犬は運動が好きなので、一日2回は散歩をする必要があります。

そんなとき、誰かが散歩に行けないときは、代わりに他の人が連れて行かなければならないこともあり得るでしょう。

家族全員の同意が得られていない場合は、譲渡を断られることもあるので、家族でよく話し合った上で飼うようにしてください。

柴犬を里親から迎える時の注意点 まとめ

柴犬を里親から迎える時の注意点について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

里親募集者は責任をもって飼育をしてくれる方を探しているはずです。

柴犬を迎えるときは焦らずに家族とよく話し合って決めるようにしましょう。

また、里親募集サイトを通じて里親になるときは、譲渡費用がわかりづらいことがあります。

金額が掲載されていなくても、念のために譲渡主に確認することをおすすめします。