ボーダーコリーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


ボーダーコリーの基本情報

知る人ぞ知る「ボーダーコリー」ですが、知能は犬の中でダントツの良さを誇り、運動神経も抜群に優れていて、体力もあるパーフェクト犬なのです。

また、人にとても友好的で遊び好きでとても魅力的な犬種になります。

ただ、そんな完璧な犬の良さを十分に引き出し、責任持ってきちんと飼うには、飼い主さんがしっかりとしたしつけや、お手入れなどする必要があるのです。

ボーダーコリーの歴史

何をやらせても完璧な犬が誕生

ボーダーコリーが誕生したのは、かなりの昔になります。
8世紀頃、スカンジナビア半島からバイキングが、イギリスの北部にあるスコットランドにボーダーコリーの先祖犬を連れてきた頃から始まります。

そして、ラフ・コリーなどと交配させ、19世紀後半頃には、現在のボーダーコリーが誕生しました。

名前の由来は諸説あり、スコットランドのボーダーズ州から取ったという説や、イングランドとスコットランドの国境をちょうどまたいでいたことからの「国境=ボーダー」という説があります。

誕生したのはかなり昔のことではありますが、FCI(国際畜犬連盟)に公認されたのは1987年になります。

見た目を気にするショードック界では、長いこと作業犬として活躍していたボーダーコリーには目向きもしませんでした。

なぜ、ボーダーコリーが注目されるようになったかというと、元々、牧羊犬としてかなり優秀だったボーダーコリーは、欧米を中心にかなりの働きを見せ、大人気でした

やがて人々は、ボーダーコリーをドッグスポーツ大会や訓練競技会などに参加させるようになり、どの部門でもボーダーコリーはトップクラスの成績を残すようになり、ドッグショー界も注目するようになったのです。

ボーダーコリーを愛する団体は数多くあり、アメリカではボーダーコリーをショードッグのような見かけを競うような対象にしたくないと、アメリカンケンネルクラブの公認反対の抗議運動があったといわれています。

ボーダーコリーの逸話

イギリス出身の牧羊犬は数多くいますが、大体の牧羊犬は羊をまとめるのに吠えたり、羊の足首を噛んだりするまとめかたでした。

1873年。
牧羊犬の大会が行われ、そこでみなを驚かせたのが「オールド・ヘンプ」というボーダーコリーでした。

このボーダーコリー、吠えません。
噛みません。
視線を低く羊たちを威嚇し、鋭い眼力のみで羊たちをまとめ上げたのです。

のちに、同じ能力を持ったケップというボーダーコリーとともに、この2匹が今のボーダーコリーの基礎になったといわれています。

ボーダーコリーの身体的特徴

身体的特徴
  • 大きさ:中型犬
  • 体重:14〜20kg
  • 体高:50〜55cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:ロングコート(オーストラリア、ニュージーランド系出身)スムースコート(イギリス系)
  • 被毛の毛色:ブラック&ホワイト ブルー&ホワイト ブラウン&ホワイト レッド&ホワイト また、トライカラー系やマールカラー系があります。

ボーダーコリーの性格・気質

ボーダーコリーの知能は人間並み

ボーダーコリーの賢さは本物 ボーダーコリーはずば抜けた知能を持っているため、物覚えが早いです。
そして、物事の状況を把握する能力にも長けています。

何よりもすごいのは、状況を把握した上で、次のアクションを自分で考えて動けるというところです。

そこまで賢い犬種なので、飼い主さんが中途半端な態度でしつけをしてしまうと、ボーダーコリーがそれを逆手に取り、うまく飼い主さんをコントロールすることにもなりかねません

知能に関していえば、人間的な知能を持ち合わせています

人が大好きなボーダーコリー。
飼い主次第で性格は決まります

肝心な性格は、基本的には人に対して友好的で、人と遊ぶのが大好きです。
ただ、同じ犬種でもやんちゃな性格、大人しめな性格とあります。

飼い主さんがどう育てたかで、ボーダーコリーの性格も大いに変わってきます。
神経質などで、番犬としての役目も十分に果たします。

ただ、人一倍早く、物音に気付き吠えることがあるので、近所迷惑にならないように注意も必要ですね。

ボーダーコリーの飼い方・しつけ

ボーダーコリーは、もともと牧羊犬として飼われていた犬なので、外飼いでも問題はありません

ただし、夏の暑い日や冬の寒い日などの対策は十分にしないとなりません。

また、台風などの悪天候の時は、家の中に入れてあげるなどしましょう。

ただ、今までの統計を見ても、室内飼いをされている犬の方が、比較的長生きしているようです。

飼い主さんの考え方次第ですが、家族の一員としての愛犬と、限られた犬の一生を少しでも一緒に長くいたいと思うなら、室内飼いをおすすめします。

室内のトイレトレーニング

ボーダーコリーの最初のしつけはまず「トイレ」ですね。

どんなに賢いボーダーコリーでも、ちゃんと教えてあげなければ、人の都合で作られたトイレは、排泄をする場所とはわかりません

早く覚える方法としては、サークルを使うことです。

トイレをマスターするまでサークルの中で生活をしてもらいます。

一緒に遊ぶときだけサークルから出し、遊び終わったらまた戻します。
サークルの中には、

  • ベッド
  • トイレトレー

を必ず置きます。

トレーニング最初のうちは、トイレトレー以外にもサークル一面にトイレシートを敷き、どこで排泄をしても褒めてあげられる環境を作ります。

トイレシートの上で排泄をしたら、大げさなほどオーバーに褒めまくり、サークルから出してあげましょう。

そうすることで、足の感触でそれがトイレと認識し、そこで排泄すると外に出られるし、飼い主さんから褒められるといいことだらけなのです。

愛犬が次第にトイレを認識しだしたら、少しずつトイレシートの面積を減らしていき、サークルの外で過ごす時間も少しずつ長くしていきます。

1つだけ注意したいのは、失敗しても絶対そこに犬の鼻を押し付けたり、叱ったりしてはいけません。

怒りのしつけは犬が萎縮してしまうだけで、何1つ覚えません。

ボーダーコリーの散歩の仕方と頻度

ボーダーコリーは、どの個体も間違いなく、運動を相当必要とします。

あまりにも運動量が少ないと、運動不足のストレスが溜まっていき、どんなに行儀正しくいたいと思うボーダーコリーも問題行動に走ってしまうようになります

また、ボーダーコリーは習性上、どうしても動くものに反応しがちで、散歩中、リードをグイグイ引っ張ることが多いです。
リーダーウォークをしっかり意識してしつけましょう

ボーダーコリーの散歩時間と回数

ボーダーコリーは、運動を必要とする犬種ではありますが、気をつけたいのは1歳までは成長期ですので、激しい運動や長時間の散歩は、足腰や関節に負担がかかりますので控える必要があります。

1歳を過ぎたあたりから、1日2回、1回につき30〜1時間の散歩をしてあげましょう。

また、単調に平地を歩くだけではなく、できれば坂や曲がりくねった道など、変化に富んだ散歩コースを選んであげると喜びます。

そして、歩く、走る、ゆっくり歩くなどの変化をつけることもいいようです。

散歩だけでは足りません

ボーダーコリーは、毎日の散歩では運動不足になりがちです。

毎週でなくてもいいので、月に何回かは、ドッグランや広大な場所で、思い切り体を動かせるところに連れて行ってあげましょう。

また、散歩に関しては、飼い主さんの義務かのように、律儀に毎日行けるのに越したことはありませんが、そこは飼い主さんの都合で行くようにして大丈夫です。

毎日同じ時間に行くことを日課にしてしまうと、犬もそれを覚えます。

台風や本当に飼い主さんの都合で行けないとなると、それが犬にとってストレスになったりします。

犬は大好きな飼い主さんと家でまったりするのも大好きです。

たまに1日散歩に出ず、家でおもちゃで一緒に遊ぶのもアリですよ。

ボーダーコリーのお手入れ

ボーダーコリーはダブルコートなので、春と秋の換毛期の抜け毛はかなり大変です。

この時期は毎日ブラッシングがかかせません。

では、ボーダーコリーのお手入れ方法を詳しくみていきましょう。

ボーダーコリーのブラッシング

ボーダーコリーのブラッシングでは、スリッカーを使うのが基本ですが、ピンブラシやスリッカーを使った後の仕上げでコームを使ったりします。

換毛期の抜け毛はかなりの量になりますので、普段よりもマメにブラッシングするようにしましょう。

ブラッシングは、被毛を整えるためにするのですが、それ以外にも皮膚へのマッサージ効果もあり、血行がよくなり皮膚を健康に保ちます。

ボーダーコリーの体臭は?

ボーダーコリーは中型犬で長毛種だし、室内で飼ったら臭う?なんて不安がよぎりますが、実はこの犬種、ほとんど臭いません

もちろん定期的にシャンプーをしてあげないと、やはり臭ってきますが、おそらくボーダーコリーは運動するのに外に連れ出すことも多く、必然的にシャンプーする機会も多いと思われるので、臭いに関してはさほど、心配はいりません。

ただ、シャンプーを頻繁にする場合、やはり皮膚への負担が心配ですので、犬用で、余計な添加物を使用していないような自然シャンプーの使用をおすすめします。

ボーダーコリーにトリミングは必要?

ボーダーコリーにはロングコートとスムースコートといますが、どちらも伸び続けるような被毛ではないので、トリミングは必要としません。

逆にしてしまうと毛質が変わってしまうことがあります。

全身のトリミングは必要ありませんが、飼い主さんができることとして、

  • 足の裏の毛(室内での滑り止め)
  • 肛門周りの毛(排泄した時に被毛を汚さないため)

などをクリッパーでカットしてあげると良いでしょう。

また、揃える程度で、はさみを使い、顔まわりやお腹をキレイにカットしてあげてもいいですよね。

いずれにせよ、犬がトリミングに慣れていない場合、思わぬケガに結ぶつくことがありますので、普段からどこを触っても暴れないように、スキンシップを十分にして慣らして置くことが大事です。

長生きの秘訣は歯磨き

犬にとって歯磨きは食べることと同じくらい大切です。

歯周炎になることで、口腔内の問題にとどまらず、構内で繁殖した菌は全身にまわり、全身疾患の原因になります。
子犬の頃から口の中を触られることに慣らし、歯磨きすることをクセづけましょう

歯磨きガムなどもありますが、それで歯垢の予防はできませんので、歯磨きが必要です。

ボーダーコリーの注意する病気

どんなに丈夫で運動能力が高いボーダーコリーも、注意しなければならない、かかりやすい病気があります。

股関節形成不全

歩き方がおかしいことで気づきます。

歩く時腰が左右に揺れたり、スキップするような仕草をしだしたら注意が必要です。

初期の場合は安静にすることで治りますが、ひどくなると手術が必要です。
遺伝でなる場合もありますが、運動のしすぎでなることもあるので気をつけてください。

コリー眼異常(コリーアイ)

コリー特有の遺伝病で、グレードが1〜5まであります

グレード3から視力障害が見られるようです。

現在この病気の治療法は見つかっていません。

その都度出てきた症状に対しての対処療法になります。

少しでも愛犬の様子がおかしい時には、早めに病院で検査を受けましょう。

動脈管開存症

こちらも先天性の病気になります。

大動脈と肺動脈をつなぐ動脈感という血管が、本来は生まれてすぐ閉じなければならないのですが、開いたままになることで起きます。

症状として、疲れやすい、咳をする。
呼吸困難、倒れる。
などが見られます。

軽症の場合は薬物や運動、食事療法になりますが、根治させるには外科手術になります。

ボーダーコリーはどんな人向けの犬種?

ボーダーコリーは、ご紹介してきたとおり、賢いがために、犬初心者には少し、ハードルが高い犬種かも知れません。

いきなりわがまま犬になってしまって、手に負えないなんてことになったら、お互い不幸です。

ある程度、犬のことを理解でき、ブレずに一貫したトレーニングをできる人に向いている犬になります。

また、アウトドア大好きな人にとっては、犬自身も、思い切り飼い主さんと楽しめるベストパートナーになれるのではないでしょうか。

ボーダーコリーのさいごに

ボーダーコリーは、知れば知るほど魅力的で、飼ってみたい。
一緒に生活したいと思わせる犬種です。

ですが、愛玩犬とは違い、簡単に飼える犬種でないのも事実です。

ご自身の生活スタイルと、ボーダーコリーの性質がマッチするかを見極めた上で判断してみてください。

ラッキーにもボーダーコリーを飼える環境にいるのなら、ぜひ、ボーダーコリーのいいところを極限まで引き出してあげてくださいね!