ドーベルマンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ドーベルマンといえば、お金持ちの護衛権というイメージだったり、敏速に働く警察犬のイメージが強いのではないでしょうか?少し怖そうなイメージを持つドーベルマンですが、ドーベルマン自体、実際はそんなイメージどおりの犬なのでしょうか?

ドーベルマンの基本情報

引き締まった無駄のないボディーに、凛々しい顔つきがスキのない完璧な容姿を作っているのがドーベルマンです。

イメージばかり先行して、見かけると、ドキッとしてしまう印象ですが、実際のドーベルマンは見かけによらず本当に愛らしく、深く家族を愛し、忠実です。

また、時々見せるお茶目な一面が見かけとのギャップが大きいため、そこに惚れ込んでしまうドーベルマンファンも少なくありません。

ドーベルマンの歴史

ボディーガードとして生まれた犬

ドーベルマンは、ドイツで誕生しました。それも比較的、最近の話で19世紀後半のことです。ドイツ人の「カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン」によって生まれたのです。

彼の仕事は人々から嫌われる税金徴収の仕事でした。人々からお金を徴収して歩くため、常に現金を持ち歩いていたので、襲われる心配がないように、護衛犬として生み出されたのがドーベルマンの始まりです。

犬の知識にも長けていたとみられるドーベルマン氏。オールド。ジャーマン・シェパードやグレーハウンド、ワイマラナーなどの犬種を交配させ、理想の犬を作り上げたのです。

ドーベルマンは、その目的どおり、他の犬種とは比べ物にならないくらいの警護力を持ち、飼い主にとても忠実でした。

とても賢く、様々なトレーニングもすぐ学習してしまうことから、世界中で話題となり、警察犬として様々な国で活躍するようになりました。

特に、ドーベルマンはアメリカで人気がある犬種で、ドーベルマン愛好家のコミュニティが多数存在します。

ドーベルマンの身体的特徴

ドーベルマンには、ヨーロピアンタイプとアメリカンタイプとあります。

ヨーロピアンタイプの方が通常、一回りほど体が大きいといわれていますが、実際には個体差があります。

  • 大きさ:大型犬(日本の場合、大型犬に分類されています)
  • 体重:30〜40kg
  • 体高:60〜70cm
  • 被毛の種類:シングルコート
  • 被毛の長さ:スムースコート(ビロードのように光沢があります)
  • 被毛の毛色:メジャーなカラー(ブラックタン、チョコタン)珍しいカラー(ブルータン、イザベラタン)

ドーベルマンといえば、ピンと立った耳やシッポを思い浮かべますが、それは昔の名残で、子犬の時に断耳・尾をしたためです。

現代ではそれらをする必要性は全くないことから、最近では垂れ耳の愛らしいドーベルマンが増えつつあります。

ドーベルマンの性格・気質

見かけとは違うお茶目なドーベルマン

ドーベルマンといえば、怖い、強いというイメージがまとわりつきますが、実際は愛らしい他の犬種の犬たちと一緒で、家族に甘えるのが大好き。

褒められると嬉しくて、つい調子に乗ってしまう、いたって普通の愛すべき犬種なのです。

そして、みんながみんなタフなわけではなく、個体によっては、自分より小さな犬でも怖がるような、臆病なドーベルマンも存在します。

ドーベルマンの攻撃性

ドーベルマンは、忠誠心がとても深く、縄張り意識も強いところがあります。

普段はのんきに家族に甘えて生活しているドーベルマンや、ドーベルマンらしくなく臆病なドーベルマンも、いざ、本当に家族に危険が迫ったと察知すると、ドーベルマンの目が変わるといいます。

自分の命をかけてでも、愛する家族を守ろうと立ち向かっていくといわれるのがドーベルマンなのです。

それが、もともとドーベルマンが作られた目的であり、その護衛犬としての血は現在でも健在なのです。

それはとても頼もしく、愛おしいとも思わせる一面ではありますが、制御不能に、暴れる可能性を秘めていることを、覚えておく必要があります。

ドーベルマンの飼い方・しつけ

ドーベルマンが周りの人や犬と仲良く生活していけるかどうかは、飼い主さんのしつけ次第になります。小型犬と違い、吠えたり暴れたりした場合、力で制することが難しいです。

ドーベルマンは基本的に賢く活発で、家族大好きな愛らしい犬種ですが、同時に、警戒心が強く、攻撃力も非常に高く、状況により、恐れ知らずになることがあるので、飼い主さんのしつけが何よりも大事になります。

ドーベルマンのしつけで大切なこと

ドーベルマンは非常に賢いので、飼い始めから、飼い主さんがしっかりしつけトレーニングをすることで、基本的なしつけはあまり苦労せず、すんなり学習してもらえるでしょう。

ドーベルマンはこの人が自分の飼い主と認めると、服従心はどの犬よりもズバ抜けています。一貫したしつけトレーニングを心がけましょう。

絶対にしてはいけないのは、素人がプロの真似をして、護衛のトレーニングをすることです。

攻撃性を高めることにもつながりますので、決してしてはいけません。

ドーベルマンのトイレのしつけ

どんなにクールなルックスのドーベルマンも、トイレトレーニングは他の犬たちと同じです。

ただ、将来体は大きくなるので、トイレトレーは先を見越して大きいサイズを準備することをおすすめします。

早くトイレを覚えさせるコツは、とにかく失敗させないことと、褒めることです。飼い始めてトイレを覚えるまでの間は、できれば犬に付きっきりになれることが理想です。

犬が排泄をする仕草をしだしたら、トイレに連れて行き「ピッピッ」や「ワンツー」の短い掛け声で排泄を促します。成功したらお祭り騒ぎで褒めまくります。

その繰り返しあるのみです。

(掛け声をかけることで、将来、その掛け声で排泄をしてくれるようになるので、外出前など助かります)

犬の排泄するタイミング

  • 食後(ご飯後、水を飲んだ後)
  • 遊んだ後
  • 寝起き
  • 床の匂いをしきりに嗅ぎ始めた時

ドーベルマンの散歩の頻度

ドーベルマンの体はしっかりとした骨格としまった体が特徴で、その体型を維持し、運動不足を防ぐためにも、毎日の一定量の運動は必要になります。

ドーベルマンの散歩時間と回数

基本的に1日に2回、1回につき1時間は必要です。

また、散歩のみでは、やはり満足な運動とはいえないので、月に何回かは、ドッグランやアジリティ施設などで思い切り体を動かせてあげましょう。

1つ気をつけたいのは、運動は必要ではありますが、子犬の時は成長期なこともあり、過度の運動は成長の妨げにもなり、関節を痛める原因にもなりますので注意が必要です。

また、シニア犬になりましたら、その個体の体力を見て、運動量を調節してあげてください。

ドーベルマンのお手入れ

ドーベルマンはシングルコートで短毛ですので、抜け毛も少なく、臭いも少ないので、お手入れは簡単です。

ドーベルマンにトリミング?!

基本的にドーベルマンにトリミングは必要ありません。

ドッグサロンなどへ連れていく必要もありませんが、例えば、子犬の時点で、洗われることに慣らすためや、爪切りなどのお手入れに慣れてもらうために、飼い主さんがやって恐怖心を持たれるより、プロのトリマーさんにやってもらい慣らしておくという方法もあります。

ドーベルマンのブラッシング

ドーベルマンのブラッシングは、ラバーブラシや獣毛ブラシを使います。

獣毛ブラシを使うと、プラスチックのものと違い、静電気が起きにくくておすすめです。

ドーベルマンは、ブラッシングが必要ないように見えますが、抜け毛はゼロではないのと、ブラッシングを毎日することで、毛並みが良くなることと、皮膚のマッサージにもなり血行が良くなります。

何よりもブラッシングでスキンシップを図ることで、犬との信頼関係が深まります。

ドーベルマンの臭い対策はシャンプーで

ドーベルマンは臭いが少ない犬種ですが、やはり一定期間シャンプーしないと、臭いはしてきます。

1ヶ月に1〜2回はシャンプーすることをおすすめします。

また、使うシャンプーは皮膚に優しい自然派のものを使いましょう。

ドーベルマンは、皮膚がデリケートな犬種ですので、原液を直接体に乗せずに、別の容器でお湯と薄め、泡だてたものを体に乗せて洗っていきます。

最後は、どんなに短毛のドーベルマンも、しっかりドライヤーをかけて乾かすことで、被毛が艶やかになり、皮膚の蒸れからの皮膚疾患を予防します。

ドーベルマンの歯を生涯キレイに守る

犬の歯を清潔に保つのは、飼い主さんの使命になります。

歯周病は、口内だけではなく、全身の疾患の原因になります。

飼い始めた頃から、口の中を触るトレーニングから始め、歯磨き粉を使い、歯ブラシできちんと磨けるようにトレーニングします。

歯磨きを基本にして、併用して歯磨きガムなどを利用するのも効果ありです。

ドーベルマンの注意する病気

見た目は強くタフに見えるドーベルマンにも気をつけたい病気があります。

ドーベルマンの注意する病気 その① 胃拡張・胃捻転症候群

水を飲んだ後や、食後すぐに運動することによって起きることがあります。

大量のヨダレを流し、吐きたい様子なのに吐けない状態が続きます。

この病気は本当に深刻で、症状に気づいたら一刻も早く病院で処置をしてもらう必要があります。

症状が進むと命に関わりますので、注意が必要です。

食事は一気にたくさんあげず、2〜3回に分けてあげるようにし、食後すぐの運動は避けましょう。

ドーベルマンの注意する病気 その② 膿皮症

犬の皮膚疾患の中で1番多いのが膿皮症です。

原因は様々あり、アレルギーやストレス、不衛生な環境等でなる場合があります。

症状はかゆみを帯びた湿疹です。

ブラッシングの時などにフケが出ることで気づくこともあります。

基本的に塗り薬や内服薬で治療しますが、軽度のうちに治療をしないと、慢性化すると根治に時間がかかります。

ドーベルマンの注意する病気 その③ 脱毛症

10円ハゲのように脱毛する場合と、全身に脱毛が多く見られる場合と、症状は様々あります。

また場合によって、皮膚が赤くなったり、かゆいことがあるようです。

原因はアトピーやアレルギー、ホルモンの異常、真菌や細菌など様々な原因が隠れています。

その個体によって原因が異なりますので、原因を突き止めた上での治療が必要になります。

毎日のブラッシングなどで皮膚の状態を常に観察してあげましょう。

ドーベルマンの注意する病気 その④ 心筋症

心筋症には、肥大型と拡張型とあります。

原因不明でなってしまうことが多いのですが、場合によりタウリンという成分の栄養不足によりなる場合があるといわれています。

症状としては、前みたいに活発じゃなくなったり、食欲がない。乾いたような咳をするなどとあります。とはいっても、初期段階でこの病気に気づくことは難しく、この病気に気づかず突然死してしまうということもあります。

ドーベルマンがある程度の年齢になったら、年に1回は心臓の検査をすることをおすすめします。

ドーベルマンはどんな人向けの犬種?

ドーベルマンは大型犬なのと、どうしても性質上、犬初心者向きとは言い難い犬種になります。

ある程度犬のことを理解していて、しつけをしっかりできる人が飼うことをおすすめします。

憧れだけで飼ってしまうと、ドーベルマンは賢いですから、飼い主さんをコントロールするようになり、そうなると信頼関係どころではなくなります。

また、運動量も必要なので、運動をきちんとストレスなくさせられる環境があるかも大切です。

ドーベルマンのさいごに

ドーベルマンは、強い、凶暴というイメージが先行しがちですが、本当は愛情深く愛らしい犬種で、心から信頼しあえる最強のパートナーになり得る犬種になります。

小さな愛玩犬もかわいいですが、ドーベルマンが家族に甘える姿は、飼った人にだけわかるトップシークレットの良さでもあります。

良きパートナーになるかどうかは、飼い主さんのリーダーシップ次第です。

これ以上ないくらい愛情を持って、大切に育ててください。