カニンヘンダックスの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


カニンヘンダックスの基本情報

ダックスフンドには、「スタンダード」「ミニチュア」「カニンヘン」の3つの種類があります。

体重5kg以上だと「スタンダード」、体重が5kg以下、胸囲が30cm以上ある場合は「ミニチュア」、胸囲が30cmを下回る個体を「カニンヘン」と呼びます。

生後15カ月の成犬時の大きさによって定まるため、「カニンヘン」だと思っていたのに「ミニチュア」だったというようなこともあります。

カニンヘンダックスの歴史

ダックスフンドはドイツ原産の犬種です。

ドイツ語で「アナグマ犬」を意味し、巣穴で生活するアナグマなどの巣に潜り込んで狩りをする狩猟犬でした。

しかしネズミやウサギを狩る際には体が大きすぎるため、19世紀ごろに他の犬種とかけ合わされて「ミニチュア」に小型化されました。

その後改良を重ね更なる小型化によって「カニンヘン」が作出されました。

「カニンヘン」はドイツ語で「ウサギ」を意味します。

日本で「カニンヘンダックス」が知られることになったのは、1995年頃で、それ以降人気犬種となりました。

カニンヘンダックスの特徴

  • カニンヘンは胸囲30cm以下のダックスフンドのこと
  • 胴長短足
  • スムース・ロング・ワイヤーの3種類がある
  • 多彩なカラーバリエーション

カニンヘンダックスは、成犬時の胸囲が30cm以下のダックスフンドの事を指し、体重は5kg以下の小型犬~超小型犬にあたります。

体高よりも体長が長い胴長短足で、やや長めのマズルと垂れ耳が特徴的です。

被毛には3種類あり、毛の短く滑らかなスムース、毛が長くウェーブがかった柔らかな毛質のロング、硬い毛質のワイヤーヘアーがあります。

カニンヘンダックスの毛色には多彩なカラーバリエーションがあり、単色ではレッド、レディッシュイエロー、イエロー、クリームがあり、バイカラー(2色)ではブラック&タン、ブラウン&タン、ブラック&イエロー、ブラウン&イエロー、さらに混色ではダップル(大理石様)、タイガーブリンドル(縞目)、ブリンドル(縞目)などがあります。

さらにワイヤーヘアーには、ワイルドボアなどのその他のカラーも存在します。

レアカラーであるブルーやパイボールド(白の多い2色)の毛色、もしくはブルーアイを持つ場合は、視覚や聴覚、心臓や内臓に障害を持つケースが多いので、注意しておきましょう。

カニンヘンダックスの性格・気質

カニンヘンダックスは明るくて遊び好き

カニンヘンダックスの性格は、明るくて遊ぶことが大好きです。

猟犬として活躍していた特性もあり、好奇心が強くやんちゃで、警戒心の強さや頑固な一面を持っています。

飼い主のことが大好きで甘え上手でもありますが、知らない人には距離を置くことも多いでしょう。

カニンヘンダックスは毛質から性格が異なる!?

また、カニンヘンダックスの性格は、毛質によっても性格が異なります。

これは、スタンダードダックスから小型化されるときに掛け合わされた犬種の性格が関係しています。

毛質から分かる!カニンヘンダックスの性格・気質① スムース

ダックスフンドのベーシックなタイプです。

3種類の中で最も気が強く、賢くて飼い主に従順な性格のため、最もしつけやすいと言えるでしょう。

毛質から分かる!カニンヘンダックスの性格・気質② ロング

パピヨンやスパニエル系の愛玩犬が掛け合わされて作出されたタイプのため、愛玩犬の魅力が引き継がれています。

人懐こくフレンドリーな性格をしています。

毛質から分かる!カニンヘンダックスの性格・気質③ ワイヤー

ピンシャーやテリア種から作出されました。

テリアのような勇敢さや頑固さ、気が強い性格を受け継いでいることが多いようです。

3種類の中では最もしつけが必要になる性格 ではありますが、根気強くしつけていくことで他の種類とも変わりなく利口な犬になってくれるでしょう。

カニンヘンダックスの飼い方・しつけ

愛らしくて明るい性格からつい甘やかしてしまいがちになりますが、元々は猟犬であることを念頭に置いておくことが大切です。

愛情を持って接し、時には心を鬼にして接していくことも必要です。

また、ダブルコートと呼ばれる二重構造の毛質をしていることが多く、毛量が多いために暑さに弱く、さらに体が小さく保温機能が低いため寒さにも弱い犬種だと言われているので、環境に合わせた対策が必要です。

カニンヘンダックスのしつけ

カニンヘンダックスのしつけは、特に難しいということはありませんが、猟犬ならではのクセがつきやすい傾向があるので子犬のうちからしっかりとしつけていくことが大切です。

褒めて伸ばして成功例を重ねることでしつけていきましょう。
いけないことをした時には無視をするのが効果的です。

カニンヘンダックスのしつけ その① トイレ

カニンヘンダックスのしつけで、最も苦労するのがトイレのしつけと言われています。

室内犬であることからも、一番最初に覚えて欲しいと考えますよね。

カニンヘンダックスにトイレを覚えてもらうためには、失敗を少なくして成功例を重ねることがコツとなります。

床を嗅ぎながらクルクルと回っていれば、排泄する時のサインです。

最初のうちは、そのサインを見逃さず飼い主がトイレに連れて行って、排泄が終わるまでは絶対に出さないようにしましょう。

上手にできれば褒めてあげる、少しでもはみ出たり失敗した時には無視をして根気強くしつけていきましょう。

カニンヘンダックスのしつけ その② 無駄吠え

カニンヘンダックスは本能的に吠える性質が強い傾向にあります。

警戒心の強さから来客時や聞きなれない音などの何か異変を感じることで吠える、寂しさや退屈から吠えるということもあります。

こうした無駄吠えをさせないようにするには、社会化期に外に連れ出して人や他の動物、生活音などに慣れさせて社会性を身に付けておくことや、十分な運動をさせてあげること、普段から構いすぎず一人の時間を設けるようにしましょう。

カニンヘンダックスのしつけ その③ 掘り癖

カニンヘンダックスの癖でつきやすいのに掘り癖もあります。

カニンヘンダックスの掘り癖でソファやクッションをボロボロにされて困っている飼い主さんは少なくないようです

しかし、掘る行為はカニンヘンダックスにとっては本能であり掘るなという方が難しいでしょう。

掘っても良い場所を与えて破壊行動をしないようにしつけていきましょう。
公園の砂場に連れて行く、部屋の中に雑巾などを敷きつめた場所を作るなどして工夫をして、掘っても良い場所を作ってあげましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ

カニンヘンダックスのお手入れは3種類の毛質によっても異なってきますが、共通して言えるのは比較的お手入れがしやすい犬種だという事です。
臭いが強いということもありません。

ただ、抜け毛は基本的に毛質が二重構造のダブルコートであることが多いため、抜け毛は比較的目立ちます。

毛質の種類によって、それぞれに適したお手入れを行ってあげましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ その① ブラッシング

被毛の種類が異なるため、それぞれに適したブラッシングが必要です。

いずれも、抜け毛や汚れを取り除いて皮膚の健康を保ちましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ スムース

抜け毛はありますが毛玉ができることもないため、最も簡単にブラッシングができます。

ラバーブラシを使って抜け毛を取り除き、獣毛ブラシを使って艶を出してあげましょう。
少なくても週1回は行いましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ ロング

毛が柔らかく長いため、毛玉ができやすく抜け毛も目立つ種類です。

特に胸元の飾り毛や耳の後ろやお尻周りなどに毛玉ができやすいため、できれば毎日、少なくても週3回の定期的なブラッシングが必要です。

ピンブラシ・スリッカーブラシ・コームを使って毛並みを整えてあげましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ ワイヤー

硬くて短い毛質のため、絡まることはほとんどありませんが、プラッキングという毛を抜く処理をしていないと毛質が変わると言われています。

プラッキングの処理をおこなうには正しい知識と技術が必要なため施術してくれるトリミングサロンを探すことをおすすめします。

自宅内では、ロング同様のブラッシングでピンブラシやスリッカーブラシを使って少なくても週3回ブラッシングしてあげましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ その② シャンプー

シャンプーは他犬種同様、頻度が多すぎると皮膚を傷めることになりますので、種類を問わず月に1~2回の頻度でシャンプーをしてあげましょう。

シャンプーのあとは、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしておきましょう。

生乾きにしておくと、雑菌が繁殖し体臭や皮膚病の原因となります。

カニンヘンダックスのお手入れ その③ トリミング

基本的にカニンヘンダックスの3種類いずれもトリミングが必要ない犬種ではありますが、ロングは飾り毛が伸びてお手入れが必要になるという場合もあります。

そのため、カットは1~2カ月に1回の頻度で行うと良いでしょう。

その他の爪切り足裏バリカン、肛門周りバリカン、肛門腺絞りなどの全身ケアも、月1回を目安に行ってあげましょう。

体のサイズが小さく自宅の洗面所でもシャンプーすることができるので、合わせてご自分で全身ケアをしている飼い主さんも多いようですが、ご自分でできない場合にはトリミングサロンや動物病院にお世話になりましょう。

カニンヘンダックスのお手入れ その④ 耳掃除

垂れ耳のカニンヘンダックスの耳の中は、通気性が悪く耳垢が溜まりやすい環境です。

放置することで細菌が繁殖し外耳炎などの病気を引き起こすこともあるため、できれば毎日少なくても週1~2回は耳の中を覗いて臭いや耳垢のチェックをしましょう。

汚れいている時には綿棒やコットンを使って汚れを取り除き、1カ月に1~2回はイヤークリーナーを使った耳掃除もしてあげると良いでしょう。

カニンヘンダックスの注意する病気

愛犬に健康で長生きして欲しいと願うのは飼い主として当然のことです。

カニンヘンダックスは、小さくて愛らしい姿からも人気のある犬種ではありますが、その容姿ならではのかかりやすい病気もあります。

カニンヘンダックスの注意する病気① 椎間板ヘルニア

ダックスフンドの病気として最初に思い浮かぶのが「椎間板ヘルニア」だという人が多いほど、カニンヘンダックスを含む胴長短足のダックスフンド全般にかかりやすい病気です。

激しい運動や肥満によって、姿勢や動きを支える椎間板への負担となり損傷して起こる病気で、胴長短足ゆえに腰への負担になりやすくなります。

椎間板ヘルニアになると、神経麻痺となり足を引きずるといった症状から重症になると自力で立ち上がれなくなることや半身不随などになります。

軽症であれば、投薬治療と安静にすることで症状が改善されることがありますが、症状が重い場合には、手術が必要となり手術後には長期的なリハビリ治療が必要となります。

遊ぶことが大好きなカニンヘンダックスが安全に遊べるように、フローリングへの滑り止めや段差の軽減の他に、肥満の予防を行って椎間板への負担を軽減してあげましょう。

カニンヘンダックスの注意する病気② 外耳炎

前述でも述べましたがカニンヘンダックスは、垂れ耳のために耳掃除を怠ることで外耳炎になりやすい犬種でもあります。

外耳炎とは、細菌や寄生虫などによって耳の外耳道が炎症する病気のことです。

外耳炎を放置することによって炎症が内部にまで進行し中耳炎といった病気になることもあります。

治療法は、洗浄薬で耳の中を綺麗にした後、点耳薬や駆虫薬で治療を行います。
耳の中を清潔に保つことで予防ができる病気ですので、定期的な耳のチェックと掃除を怠らないようにしましょう。

 

カニ③¥ンヘンダックスの注意する病気③ PRA(進行性網膜萎縮症)

目の網膜にある光を吸収する部分が委縮する病気で、暗い場所で目が見えにくくなり、進行するにつれて明るい場所も見えなくなり失明をしてしまいます。

この病気は遺伝性のため予防することもできず、完治することもできない病気です。
進行を遅らせることしかできません。

親犬がPRAの因子を持っている場合は、その子犬もほぼ確実に発症すると言われていますので、購入前に確認するようにした方が良いでしょう。

万が一病気の因子を持っている場合でも進行はゆっくりのため、家具にクッションをつけて衝撃の防止をしたり、危険な場所には入れないようようゲートを取り付けるなどして、上手に病気と付き合っていきましょう。

カニンヘンダックスの寿命と長生きしてもらうために

カニンヘンダックスの寿命は、13~16歳と言われています。
一般的な犬の寿命と比べると平均~長寿と言えるでしょう。

健康に長生きしてもらうためには人間同様、質の良い食事と適度な運動、快適に過ごせるための整った環境、病気の「早期発見・早期治療」が大切です。

その基本となるのは、たくさん愛情を注いで大切に育てていくことでしょう。

カニンヘンダックスについて さいごに

カニンヘンダックスについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

現在の日本でのダックスフンドの人気はとても高く、愛らしい容姿や飼いやすさからも今後の人気も継続していくことが予想されます。

それでも可愛いからだけで飼うのを決めるのではなく、カニンヘンダックスの特徴や飼い方を理解して、カニンヘンダックスが快適で幸せな生活ができるかに重点を置いて迎え入れるようにしましょう。