シェットランドシープドッグの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


シェットランドシープドッグの基本情報

シェットランドシープドッグは、日本ではあまり見かけない犬種になります。
見た目はラフコリーに似ていますが、まず、コリーより小さいのと被毛が違います。

性格は個体差はありますが一般的にシェットランドシープドッグの方が活発で、警戒心も強いです。
元は牧羊犬なので賢く、しつけトレーニングの習得が早く、順応性があります。

シェットランドシープドッグの歴史

イギリス生まれの賢い牧羊犬

シェットランドシープドッグは、イギリスのシェットランド諸島で誕生しました。

シェットランド諸島は、土地が貧しく、気候も厳しく、なかなか作物が豊富に育つ場所ではありませんでした。

そのため、少しでも食べる餌を少なくしようと牧羊犬も小さく小さく改良され、シェットランドシープドッグが小型化されたといわれています。

ラフコリーが、羊を追いかけて走り回るのに対し、シェットランドシープドッグは、家畜が畑に入って来ないように、吠えて羊を管理していました。

19世紀に入り、シェットランドシープドッグはイギリスに持ち込まれ、そこでもまた、牧羊犬として活躍しました。

シェットランドシープドッグが誕生した当初は、どちらかと言えば、スパニエル系の顔つきだったといいますが、後に、100年の時間をかけ、コリーなどと交配させながら小型化され、今のシェットランドシープドッグの形になりました。

イギリスのケンネルクラブで公認されたのは1909年になります。

ボーダーコリーが現れるまでは、シェットランドシープドッグがトレーニング競技会などのトップを占めていました。
それほど、賢い犬なのです。

シェットランドシープドッグの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:6〜10kg
  • 体高:33〜37cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:セーブル、トライ、ブルーマール、ブラック&ブルー&ホワイト

見た目がとてもゴージャスな被毛はダブルコートで、アンダーコートはとても柔らかい被毛で皮膚を寒さから守り、オーバーコートは、外からの刺激から守るために強くしなやかなストレートな被毛で覆われています。

シェットランドシープドッグの性格・気質

賢いが故に……

ラフコリーやボーダーコリー同様、シェットランドシープドッグもかなり賢いので、物覚えは早いです。

ただし賢い犬というのは、その反面、飼い主をテストする面も見られます。

きちんとした態度で一貫性を持って、しつけトレーニングをしてあげないと、飼い主さんのいうことを聞かない問題犬になってしまう場合があります。

牧羊犬の血は健在です

シェットランドシープドッグは、元は牧羊犬。

今でもその血は受け継がれていて、どうしても吠えてしまうのと、動くものに反応して噛んでしまうことがあります。

また、警戒心が強い犬種なので、縄張り意識が強く、家族以外には心を許さなかったり、来客があった時に無駄吠えが目立つことがあります。

忠犬度はハチ公に負けません

シェットランドシープドッグは忠犬を思わせる、日本犬のような性質も持ち合わせています。

活発で遊びすきな性格は、子供とも仲良くすることができ、牧羊犬時代に培われた忍耐強さと集中力で、飼い主さんの指示をちゃんと聞くことができます。

感受性が強いので、飼い主さんの気持ちを表情1つで読み取ることができるのがシェットランドシープドッグです。

飼い始めから根気よくしつけトレーニングすることで、起こり得る問題行動は阻止することができるでしょう。

シェットランドシープドッグの飼い方・しつけ

シェットランドシープドッグを飼う時に大事なのは、シェットランドシープドッグの特徴をきちんと把握し、元は牧羊犬だったというルーツを覚えておくことです。

シェットランドシープドッグの最初のしつけはトイレトレーニングから

犬と人が一緒に暮らす上で、必ずマスターしたいのがトイレです。

基本的に、トイレを覚えるまでは、犬はサークル暮らしをしてもらいます。
ある程度、行動範囲を狭めることで、トイレを覚えるのも早くなります。

しつけの方法は、トイレをしたがる仕草を見せたら、トイレトレーの上に誘導し、ちゃんとできたら褒めるという動作の繰り返しです。
そこで大事なのは、早く学習させるためには、失敗させないことです。

犬は褒められることに生きがいを感じますので、褒める環境を作ってあげることです。

そのため、トレーニング開始時は、サークル全体にトイレシートを敷いて、どこでトイレをしても褒めれる環境を作るといいでしょう。
そして、少しずつトイレシートを減らしていきます。

シェットランドシープドッグの散歩の頻度と時間

1日2回1回につき20〜40分

シェットランドシープドッグは、きちんと運動量を確保してあげないと太りやすい体質でもあります。

大型犬ほど運動量は必要とはしませんが、小型犬並みの運動では運動不足になってしまうので、注意が必要です。

また普段の散歩では、運動したというレベルには入らないことが多いので、ドッグランなどを利用して、たまに思い切り走ったり、ボール遊びをしたり、普段使わない筋肉を使わせるようにしましょう。

シェットランドシープドッグの無駄吠え

シェットランドシープドッグは吠えやすいです。

みんながみんな吠えるわけではありませんが、牧羊犬当時、吠えることが仕事であったため、気になるものがあればつい吠えてしまいがちです。

子犬の頃から、吠えることを放置してしまうと、成犬になる頃にはそれが当たり前となり、止めようにも止まらない無駄吠えが激しい犬になってしまいます。

ご紹介したとおり、シェットランドシープドッグは賢い犬なので、早いうちからのしつけで吠えにくくはなります。

何で吠えるの?ではなく、「犬は吠えることで、おしゃべり(意思表示)をする生き物」と割り切って、根気よく教えます。

また、運動不足からもストレスで吠えるようになりますので、ある程度の運動はちゃんとさせるように心がけましょう。

シェットランドシープドッグの無駄吠えのしつけ方法

  • わざと吠える環境を作り(誰かにドアのチャイムを鳴らしてもらうなど)吠えた瞬間、おやつなどで気を散らせ、吠え止んだら、思い切り褒める。
  • 同じく吠える環境を作り、吠えた瞬間に犬に見えないところで大きな音を出します。
    びっくりして吠え止んだらまた褒めます。

この繰り返しです。

ポイントは、褒める時のタイミングです。
吠え止んで間髪入れずに褒めてしまうと、吠えたこと=いいことになってしまうので、吠え止んでから数秒置いて、褒めましょう。

シェットランドシープドッグのお手入れ

シェットランドシープドッグは見てわかるとおり、豊富な被毛に覆われています。

そして見た目どおり、抜け毛も多いです。
どんなことに気をつけてお手入れしたらいいかをご紹介します。

シェットランドシープドッグにトリミングはいりません

シェットランドシープドッグのようなダブルコートの犬は、夏は本当に気の毒なくらい暑がりますよね。

ついついサマーカットしてあげて〜なんて思いがちですが、ちょっと待ってください!

ダブルコートの犬はダブルコートでいる意味がちゃんとあるのです。

確かに被毛に厚く覆われていて暑そうではありますが、その被毛が直射日光の熱と紫外線から皮膚を守っているのです。

ダブルコートの犬の被毛は、季節の変わり目にどっと抜け毛が増えるのは、その季節に合った被毛が抜け変わるためなのです。

また、ダブルコートの犬を無理にトリミングすることで、新しく生えてくる被毛が硬くなってしまったりし、本来あるべき美しい被毛が、生えてこなくなる可能性があるので、病的な理由などを除き、トリミングはするべきではないでしょう。

シェットランドシープドッグのブラッシング

シェットランドシープドッグはご紹介したとおり、抜け毛が多いです。
また、換毛期は更に抜け毛は増えます。
毎日のブラッシングは必須です。

まずはスリッカーブラシで被毛の絡まりや抜け毛を取り除き、吸い取ってしまったホコリも取り除きます。
仕上げにコームを使います。

さらに、被毛の表面の艶を出したいということであれば、獣毛ブラシを使いましょう。

毎日ブラッシングすることで、犬とスキンシップにもなりますし、皮膚や被毛の健康状態をチェックすることもできます。

毎日のブラッシングは血行の流れを良くしますので、いいことだらけです。

シェットランドシープドッグの臭い

シェットランドシープドッグは、被毛が豊富な為、定期的にシャンプーをしてあげないと、臭いが気になることがあります。

通常、2〜3週間に1回くらいのシャンプーで、特に夏など暑い時期は2週間に1 回くらいシャンプーが必要になります。

シャンプーの頻度はどれくらい運動するか、皮膚の状態によっても変わってきますので、普段からブラッシングの際に観察をしておきましょう。

注意したいのは、どんなに暑い日でも、シャンプー後は被毛の中から完璧に乾かすようにしてください。

暑いからと生乾きや、自然乾燥は臭いの元になりますし、皮膚が蒸れることで皮膚疾患を招きます。

シェットランドシープドッグのその他のお手入れ(爪切りや耳掃除)

爪切り

シェットランドシープドッグがどれくらい外を散歩するかによって、爪切りの頻度は変わってきます。

毎日の散歩である程度爪は削れるので、月に1回は爪をチェックして伸びていたら爪切りをしましょう。

狼爪も忘れずぬチェックですよ!

耳掃除

シェットランドシープドッグの耳はコックドイヤートいって、半立ち耳です。

垂れ耳ほど、耳が蒸れることはありませんが、定期的にコットンなどで耳を拭くことをおすすめします。

その時、耳垢の色がいつもと違っていたり、耳の中が臭うようであれば、耳が炎症を起こしている可能性もあるので、獣医さんに診せるようにしましょう。

 

シェットランドシープドッグの注意する病気

比較的丈夫なシェットランドシープドッグですが、どんな病気に気をつけたらよいでしょうか。

シェットランドシープドッグの注意する病気 その① コリーアイ

コリーやシェットランドシープドッグで発症する遺伝性の病気です。

常染色体劣勢遺伝が原因といわれていて、現在でも治療法が確立されていない目の疾患です。

1〜5まで段階があり、3段階から視力障害などが起きてきます。

現在は出てきた症状に対しての対処療法のみになりますが、進行を抑えるためにも、早期治療が必要です。

シェットランドシープドッグの注意する病気 その② 日光性皮膚炎(コリーノーズ)

こちらもコリーに多く見られる病気です。

紫外線を浴びることで、鼻先から鼻筋にかけて皮膚が赤くなります。

ひどくなると、脱毛や脱色を起こすこともあります。
犬もそこを気にして掻くようになると、症状は悪化してしまい、ひどくなると鼻が崩れてしまうこともあります。

予防として、紫外線の強い日は外に長時間でないことや、日陰を歩くなど工夫しましょう。

日焼け止めクリームなども活用できます。

シェットランドシープドッグの注意する病気 その③ 股関節形成不全

大型犬に多く見られる病気です。

原因は、骨盤のくぼみと大腿骨がお互いきちんと収まらなくなり、関節が脱臼したり、しそうになったりする病気です。

症状として、腰を振るような歩き方をしたり、足を痛がり引きずったりします。
また、運動もしたがらなくなります。

主に遺伝でなることが多いですが、場合により、激しい運動のしすぎや、太り過ぎからなることもあります。

治療は薬物療法と外科治療とになります。

歩き方がおかしいと気づいた時には、早めの受診をおすすめします。

シェットランドシープドッグはどんな人向けの犬種?

シェットランドシープドッグは、美しい見た目と、活発で、何かを教えればすんなり学習してくれる魅力的な犬種です。

ただ、そのゴージャスな被毛をキレイに保つには、毎日のケアは欠かせないことや、シェットランドシープドッグの特徴から、無駄吠えのしつけや噛み癖をつけないしつけなどは、飼い始めにつきっきりでトレーニングするのが効果的なので、シェットランドシープドッグを飼うには、ある程度、時間を犬のために割ける人に、向いているかもしれません。

シェットランドシープドッグのさいごに

シェットランドシープドッグは、犬を飼うことが初心者の人には、少しハードルが高い犬種かもしれませんが、決して無理ではありません。

遥か昔から、人と共に働いてきた犬です。
どう人と生活していくかをちゃんと心得ている犬なので、飼い主の私たちがしっかりと愛情持ってトレーニングすることで、シェットランドシープドッグはもともと持っている魅力を、惜しみなく私たちに見せてくれるでしょう。