愛犬の写真を上手にとるコツ。おすすめカメラアプリもご紹介します

Contents


犬の写真を上手に撮るコツ

ブログやSNSに愛犬のおしゃれな写真を載せている人は多いですよね。

マネしたいとは思って撮ってみても「上手に撮れない」「なんだか野暮ったい」と、どうやって撮ったらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

愛犬のおしゃれな写真を撮るためのコツや、よくある悩み別の解決方法を見ていきましょう。

カメラ,写真

愛犬の写真を上手に撮るコツ①
愛犬にカメラを好きになってもらおう!!

カメラの撮り方やテクニックを駆使するよりも前に大切なことがあります。
それは、愛犬がカメラ好きになることです。

愛犬の写真を撮ろうと思っていても、愛犬自身がカメラを嫌っていては可愛い写真は撮れるはずがないでしょう。
愛犬にカメラに良い印象を持ってもらうようにしましょう。

最も理想的なのは2人がかりで撮影する方法です。
1人はカメラマン、もう1人は撮影者の後ろに立ち、愛犬の名前を呼んだりして目線を引くことで楽しい印象を持ってもらいましょう。

1人の時でも良い写真が撮れるようにするためには、日常的にカメラやスマホなどに慣れさせて、遊びながら写真を撮ったりおやつを使って「カメラ=いいことがある」と認識させることが写真を上手に撮るためのコツとなります。
寝転がったりおもちゃ遊びをしながら撮影するのもおすすめです。

逆に犬を驚かせてしまうフラッシュの使用や、良い写真を撮ろうと躍起になって無理強いするようなことは控えるようにしましょう。
愛犬がカメラへの苦手意識を持ってしまう原因となってしまうでしょう。
愛犬にとってカメラを向けられることが楽しいことだと思ってもらうようにしましょう。

カメラの知識がなくても大丈夫!愛犬の可愛い写真を撮る3つのコツ

2018.02.08

愛犬の写真を上手に撮るコツ②
カメラ機能を活用する

かわいい愛犬の写真を上手に撮るには、カメラ機能の設定も大切です。
ピンぼけや目が赤く光っていたり、遊んでいる愛犬を撮ってブレてしまったりなどのトラブルはカメラ機能を使って防いでいきましょう。

カメラ機能① オートフォーカス機能

ピンぼけを防ぎたいなら自動にピントを合わせてくれるオートフォーカス機能を使いましょう。
当たり前のことですが、犬は人間のように「ハイチーズ」とポーズを決めることはできません。
動いてしまう愛犬にピントを合わせてくれるのでピンボケを防ぐことができるでしょう。

カメラ機能② 赤目防止機能

赤目防止機能は人だけでなく犬にも使えます。
後から赤目を補正できるものもあるので、必要に応じて使い分けると良いでしょう。

カメラ機能③ シャッタースピード

シャッタースピードを細かくすることで、遊んだり走ったりしている愛犬の瞬間を写真に収めることができるようになります。

コーギー.しっぽがない.子犬

愛犬の写真を撮ってみよう!
~カメラを向けると逃げる、目を背ける~

カメラを向けると目線を外したり逃げる犬は多いです。
これは、犬にとって視線を合わせることは相手への敵意を表すことにもなるので、カメラを通じて見つめられるのを避けているのだと考えられます。

また、過去にカメラを構えている飼い主さんに「動かないで!!」などと必死な様子で言われたことを勘違いして「叱られた記憶」として残っている可能性もあるでしょう。

「カメラ=楽しいもの」と認識してもらえるよう、おやつやおもちゃなどを使って楽しいイメージを付けてあげましょう。

愛犬の写真を撮ってみよう!
~思うような表情が取れないとき~

カメラには慣れたけれど、普段見せてくれる楽しそうな表情や愛らしい表情をカメラに納められないということもあります。
「おすわり」や「フセ」「マテ」などの指示を出しながら写真を撮っていると、犬にとっては時間がかかるほどに集中力がなくなって表情が沈んでいくものなのです。

愛犬にカメラを向ける時には、短時間で撮ることがコツです。

オヤツを使うことで集中力を持続させるのも良いでしょう。

愛犬の写真を撮ってみよう!
~写真がマンネリ化してきた~

いつも同じパターンでマンネリしてきた、プロが撮ったようないい感じの写真が取れない、実物の可愛さが引き出せないと悩まれている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんな時には、写真の構図を工夫してみましょう。
風景を多めに撮ってみたり、敢えてドアップにしてみたり、いつもと違う構図でマンネリを脱しましょう。

イングリッシュコッカースパニエル

マンネリ脱出「角度を工夫する」

愛犬を写真に撮る場合、普通にカメラを向けるといつも愛犬よりも上からカメラを向けることになり、愛犬の目線がいつも上を向いている状態になります。

その角度を変えて、愛犬の目線の高さに合わせた写真を撮ってみましょう。

寝転がって撮ってみたり、カメラを低い位置に構えてみると良いでしょう。

それだけでいつもと違った犬のしぐさや表情を捉えた写真を撮ることができますよ。

マンネリ脱出「明るさに気を付ける」

雰囲気のある写真を撮るために明るさの工夫をしてみましょう。

カメラのフラッシュ機能は、目が赤くなったり背景が暗く強い影が出てしまい平面的な写真になってしまいます。

もちろん室内灯やカメラのライトなどでも撮ることはできますが、最も自然で出来上がりの良い写真を撮るには「自然光」がおすすめです。

マンネリ脱出「カメラのグリッド線を活用する」

いつも写真の中央に愛犬が映るようにしていることが多のではないでしょうか。

カメラ機能の中に、画面に縦横の線が表示させる機能があります。

「グリッド」と呼ばれる機能で、全体的な写真のバランスを考えながら写真撮影を行うことができます。

敢えて右や左にずらして撮影したり背景を多めに取ることで、状況が分かりやすく雰囲気のある写真を撮ることができるでしょう。

犬のかわいい写真が撮れるかも!遊びながら「はーい」のトリックを覚えよう

2018.02.08

犬の写真 おすすめカメラアプリ

近年カメラアプリには様々な機能を備えた新しいアプリが出てきています。

そんな中で、愛犬を撮るのに適したおすすめのカメラアプリを紹介します。

カメラ,写真

愛犬の撮影におすすめカメラアプリ①
「静かな超高速カメラ」

愛犬が元気に遊ぶ姿を撮りたいけれど、動く被写体はブレやすいという悩みを解決してくれるのがこのカメラアプリです。
1秒間に最大40コマ撮影する高速シャッター機能があるので、愛犬のとっておきの瞬間を逃しません。

また、眠っている愛犬の姿を撮りたい時に、通常のカメラではシャッター音で愛犬を起こしてしまって良い写真が撮れなくなることもありますよね。 このアプリはシャッター音で愛犬の睡眠を妨害する心配がないので、可愛い寝顔を撮るのにもオススメのカメラアプリです。
「静かな超高速カメラ」アプリはこちらから

愛犬の撮影におすすめカメラアプリ②
「AutoSampler」

元気に遊ぶ愛犬の動画を見返していると、その動画の1コマを写真として残したいと思ったことはないですか?

そんな時にはこのアプリ「Auto Sampler」です。

動画の中のコマを切り取ってトイカメラ写真を作ってくれるカメラアプリです。
いい感じにシーンを合わせた多重露光写真や連写写真が作れます。

「AutoSampler」アプリはこちらから

愛犬の撮影におすすめカメラアプリ③
「ペットカメラ」

ペットのために作られたカメラアプリです。

愛犬の写真を可愛くデコレーションをすることができます。

スタンプやコメント、手書き文字による書き込み、フレームなどで愛犬の写真をデコレーションしてみましょう。

SNSとして写真の共有をすることもできるので、可愛い愛犬の写真をお披露目したり、みんなの可愛いペットの写真を見ることもできる動物好きにおすすめアプリです。

ペットカメラ いぬ・ねこ・ペットの写真をかわいくデコろう
ペットカメラ いぬ・ねこ・ペットの写真をかわいくデコろう
開発元:KOJIMA CO.,LTD.
無料
posted with アプリーチ

愛犬の撮影におすすめカメラアプリ④
「いぬのきもちカメラ」

人気ペット情報雑誌「いぬのきもち」のオリジナル表紙を作ることができるカメラアプリです。

最新号から過去12か月間の表紙フレームを選ぶことができ、フレームに合わせて愛犬を撮影するだけです。

愛犬のモデルデビュー気分を楽しむことができ、TwitterやFacebookなどのSNSに共有することもできます。

いぬのきもちカメラ
いぬのきもちカメラ
無料
posted with アプリーチ

 

愛犬の撮影におすすめカメラアプリ⑤
「Stanmpgraphyなんでもスタンプ」

撮影した画像をスタンプ使用に加工できるアプリです。
スタンプにしたい範囲をブラシと消しゴムツールを使って選び、色や彫りの深さなどを調整するだけでお洒落でかわいいスタンプができあがります。
完成したスタンプは他の写真や壁紙などに押したりすることができます。

「Stanmpgraphyなんでもスタンプ」アプリはこちらから

犬の写真 コンテストに出してみる?

愛犬の写真、とっておきの1枚が撮れたならコンテストに出してみてはいかがでしょうか?

毎年様々な犬の写真コンテストが開催されています。

有名サイトのコンテストから、地域のドッグカフェやペットショップなどで開催されているものまで様々です。

コンテストに応募すると、愛犬の可愛さを自慢できるだけでなく、入賞すると賞品がもらえるようなものもありますよ。
ほとんどのコンテストが無料で応募できるものなので、思い切って応募してみてはいかがでしょうか。

ボーダーコリー,犬,川

開催中のフォトコンテスト一覧

犬の写真投稿SNS紹介

近年多くの人にとって無くてはならない存在となったSNS。
そんなSNSに愛犬の写真を共有してみましょう。

犬の写真投稿ができるSNSには、InstagramからTwitterなどの一般的なものから、ペット専用のSNSまで多くのものがあります。
今回はそんな中からペット専用のSNSをご紹介します。

ペット専用SNS① 「ペットスマイル」

ペットの写真を記録しながら、他の飼い主さんとの共有もできるペット用SNSです。
写真だけでなく動画を投稿することもできます。
投稿された写真や動画にコメントをし合ったり交流を楽しむことができます。

さらに、ペットの誕生日やトリミング、病院などの予定を管理しておくこともできる便利機能付き。
予定を忘れないようにアラームでお知らせすることもできるので、多頭飼いの人にも安心です。

SNS「ペットスマイル」アプリはこちらから

ペット専用SNS② 「ドコノコ -いぬねこ写真アプリ」

ペットの写真を投稿するSNSです。
ペット写真で成長や思い出を記録することができます。
さらにエリア情報を使えば万が一迷子になってしまったペットの捜索依頼もできる便利ツールとなります。

SNS「ドコノコ-いぬねこ写真アプリ」アプリはこちらから

ペット専用SNS③ 「さんぽじまん」

愛犬との散歩やお出かけ先で撮った写真を地図上で共有できるSNSです。
さらに犬種ごとの検索も可能で、愛犬と同じ犬種を探すこともできるのでお出かけ先の参考になるかも!?
非公開の設定もできるので、自分だけで楽しみたい人にもおすすめです。

SNS「さんぽじまん」アプリはこちらから

ペット専用SNS④ 「クンカブル」

クンカブルは、20万匹以上のわんちゃんが登録している犬が主役のSNSです。
犬の写真を選んだら犬の気持ちを吹き出しに追加できる機能があり、簡単な作業だけで写真がぐっとかわいく楽しくなります。
さらに自分のペットのオリジナルスタンプまで作成できLINEでも使えます。
できあがった写真はアプリ内で投稿することができる他にも、InstagramやTwitter、LINEなどのSNSにもシェアすることができます。

SNS「クンカブル」アプリはこちらから

ペット専用SNS⑤ 「Petzbe」

「Petzbe」は人間お断りのペット専用SNSサービスです。
ペットになりきって愛犬の写真を共有する動物版のInstagramといったサービスです。
もちろんペット同士でフォローしあったり、「いいね」やコメント投稿をすることで交流することもできます。

SNS「Petzbe」アプリはこちらから

犬の写真館の紹介

特別な日にはプロに写真を撮ってもらいませんか?

近年では、ペットの写真を残してくれる犬の写真館が増えつつあります。
普段は飼い主さんがカメラマンになりきって撮っているため、飼い主と一緒に遊んでいる時だからこそ見せる愛犬の表情をプロに撮ってもらってみてはどうでしょうか?

スタジオや屋外でプロの手で撮ってもらった特別な写真を残してみましょう。

また、自分で愛犬の写真を上手に撮るためのヒントがもらえる機会になるかもしれませんよ。

チワワ

「写真館を利用する前に」

犬の写真館を利用するには、それなりのルールやマナーを守るようにしましょう。

    • 狂犬病や混合ワクチン接種が済んでいること

他の犬も多く利用する場所なので、ワクチン接種が済んでいることは大前提です。。

    • 噛み癖がないこと
      セットの小道具やレンタル衣装などを破壊してしまうことがないようにしておきましょう。
      場合によっては買い取りや修繕費を請求されることにもなるでしょう。
    • トイレのしつけ・マーキング対策

スタジオで粗相をしてしまったりマーキングをしてしまうことがないよう、しつけ・対策をしておきましょう。
買い取りや修繕費を請求されることにもなってしまいます。

  • 最低限のしつけができていること
    「おすわり」「マテ」などのしつけができていれば撮影時にも役立ちます。
    また、他のご家族の犬も利用されていることもあるため、興奮してしまった時には指示を出して落ち着かせてあげることができます。

もちろんスタジオのスタッフの方も犬好きや動物好きの方なので、ある程度の事態には臨機応変に対処してくれるかもしれません。
それでも、やはり飼い主のマナーとして守っておきましょう。

サモエド,白い犬.子犬.もこもこ.キス.

犬の写真館① 「おでかけ写真館 スタジオわんわんアリス」

全国にこども専門写真を展開している「スタジオアリス」から生まれた犬の写真館です。
撮影した写真はアルバムやフォトパネルだけなく、カープレート、ストラップ、スマホカバー、クッションなど様々な商品にプリントすることができるので、愛犬家にはうれしいサービスです。
お住まいの街まで撮影会を開いているので、どなたでも利用することができます。

「おでかけ写真館 スタジオわんわんアリス」HPはこちらから

犬の写真館② 「ロイヤルカイラフォトスタジオ」

横浜・東京・名古屋にスタジオを構えるペット撮影に特化した写真スタジオです。
シンプルなスタジオ撮影から出張撮影プランまであるので、お出かけ先での撮影も対応してくれます。
毎月お得なキャンペーンやイベントが開催されているので、愛犬の写真がお得に残せるチャンスになるかもしれませんよ。

「ロイヤルカイラフォトスタジオ」HPはこちらから

犬の写真館③ 「らかんスタジオ」

関東を中心に展開している「らかんスタジオ」による「わんにゃんフォト」サービスです。
愛犬も家族の一員だからこそ、家族写真にも参加してもらいましょう。
様々なシーンに対応できる多数の立体背景が導入されたスタジオなので、贅沢な気分や愛犬の普段と違う表情を味わいながら撮影を楽しむことができるでしょう。

「らかんスタジオ」HPはこちらから

犬の写真館④ 「不思議の国のわんわん写真館(東京)」

東京都練馬区にスタジオを構えるペットの写真初心者さんにもおすすめの写真館です。
季節感を楽しむことができる背景やメルヘンな背景、ナチュラルな背景までお好みに合わせた撮影ができる他、1000着以上もの貸衣装とアクセサリーが準備されています。
撮影背景は毎月変更されているので毎月通いたくなるかもしれません。

「不思議の国のわんわん写真館(東京)」HPはこちらから

犬の写真館⑤ 「ペットフォトスタジオ わんこプラネット(大阪)」

大阪府東大阪の閑静な住宅地にある隠れ家的なペット専用のハウススタジオです。
全国で出張撮影会も実施しています。
スタジオではペット用のコスプレ衣装が豊富に揃っているので、今人気のコスプレをさせて思い出に残してみてはいかがですか?
さらにスタジオで撮影した写真でストラップやバッグなどのオリジナルグッズも制作してくれます。

「ペットフォトスタジオ わんこプラネット(大阪)」HPはこちらから

この記事のまとめ

コーギー.しっぽがない.黄色.首輪
犬の写真を上手に撮るには?
  • 愛犬にカメラ好きになってもらうこと
  • フラッシュ撮影はNG
  • 良い写真を撮ろうと躍起になって無理強いしないこと
  • おやつやおもちゃを使ってテンションを維持する
  • カメラ嫌いは克服すること
  • 犬が疲れないよう短時間で撮ること
  • 「オートフォーカス」「グリッド」などのカメラ機能を上手に活用
  • プロに撮ってもらって参考にしてみる

最後に

いかがでしたか?

可愛い愛犬を実物のように写真に収めるのは難しいものですよね。
それでも可愛い愛犬を自分の記憶だけに閉まっておくのは勿体ないので、ぜひご紹介したカメラテクニックを駆使して可愛い愛犬を写真に収めてSNSに共有してみてください。

それでもあまりカメラに夢中になり過ぎず、愛犬の気持ちや体調への配慮も忘れないようにしてあげてくださいね。