ダックスフンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ダックスフンドは胴長短足の愛嬌ある体型が人気の犬です。大きさや種類も多いダックスフンドですが、どういう性格をしているのか、どういう特徴があるのか、飼う前に知っておきたいことが多いですよね。ダックスフンドを飼育している人も興味がある人も、ダックスフンドの基本情報を詳しく説明してみますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダックスフンドの基本情報

ダックスフンド?ダックスフント?

ダックスフンドはジャパンケネルクラブの登録名では英語読みのために最後の「ド」は濁りますが、原産国のドイツ語読みでは濁らずに「ダックスフント」となります。

ダックスフンドという名前は「アナグマ」という意味の「ダックス」と「犬」という意味の「フント」を合わせた言葉で、そのままの意味では「アナグマ犬」という意味になります。

その名の通り巣穴にいるアナグマ狩りのために改良されて胴長で短い足の体型となりました。
ダックスフンドの大きさ・毛の長さ・平均寿命

大きさはスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類で、それぞれ中型犬、小型犬、超小型犬に分類されます。

毛の長さはスムースヘアード、ロングヘアード、ワイアーヘアードの3種類があります。

平均寿命は14~17歳位になることが多いです。

ダックスフンドの歴史

ダックスフンドの先祖

ダックスフンドの先祖と言われている犬は、スイス原産のジュラハウンドやピンシェルなどの猟犬です。

12世紀頃に、これらの犬を交配させてスムースヘアードのダックスフンドの基礎となる犬が登場しましたが、当時の犬は、今のスタンダードダックスフンドよりも相当大きく、10kg~20kgもありました。

この当時のダックスフンドから今のダックスフンドに進化していくためには、まだ数百年の年月を要することになりました。

ロングヘアードの誕生

ロングヘアードのダックスフンドの基礎は15世紀頃にスパニエル系の鳥猟犬とジャーマン・ストベルフンドを交配させた犬だと言われていて、16世紀の木版画にもロングヘアードダックスフンドに似た犬が描かれています。

ミニチュアダックス・カニンヘンダックスの誕生

主にアナグマ猟で活躍していたダックスフンドですが、ネズミやテン、ウサギなどの猟のために、より小さなダックスフンドが求められ、19世紀にはミニチュアダックスフンド、カニンヘンダックスフンドが相次いで登場しました。

カニンヘンとはドイツ語で「ウサギ」を意味することから、ウサギ猟のために改良された犬だということがわかります。

ミニチュアピンシャー・パピヨン・ミニチュアシュナウザーが交配相手

1900年代初頭まで、見た目がバラバラで統一性に欠けるダックスフンドでしたが、1910年に、スムースヘアードにはミニチュアピンシャー、ロングヘアードにはパピヨン、ワイアーヘアードにはミニチュアシュナウザーを交配させることを決め、今のようなダックスフンドの姿になりました。

ダックスフンドは日本でも人気の犬種ですが、アメリカでは特に人気で、猟犬としてよりもコンパニオン・ドッグとして親しまれています。

ダックスフンドの特徴

最大の特徴はあの体型

ダックスフンドの最大の特徴は胴短足の体型ですね。体高が10としたら、体長は17~18が理想的な比率だと言われています。

大きさはスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類

体重はスタンダードが9~12kg、ミニチュアが4.5~5kg、カニンヘンは3.2~3.5kgが理想とされています。

被毛のタイプも3種類で、短毛のスムースヘアード、長毛のロングヘアード、剛毛のワイアーヘアードがあります。
 

毛色

毛色は単色としてはレッド、レディッシュイエロー、イエローがあります。

2色の場合はベースが黒や濃い茶色で、イエローのタンや斑が入るブラック&タン、チョコレート&タンがあります。

他にはレッドかイエローをベースにして不規則な濃い斑模様が入るブリンドルがあります。

珍しい毛色としては大理石のような斑模様の「タップル」がありますが、この模様にするのは大変難しく、めったにお目にかかれない毛色です。

これらの毛色の他に、ワイヤーヘアードにはイノシシの毛色に似たワイルドボア、枯葉色のドライリーフ、小麦色のウイートン、ゴマ塩色のソルトアンドペッパーがあります。


体重

体の大きさはスタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類で、スタンダードは体重が9~12kg、ミニチュアは生後15ヶ月を過ぎた時点の測定で体重5kg以下、胸囲35センチ、カニンヘンは生後15ヶ月を過ぎた時点での測定で体重3.2~3.5kg、胸囲30センチ以下が理想とそれています。

ダックスフンドの性格・気質

ダックスフンドの基本的な性格は好奇心旺盛で元気、人間に対しても友好的で忠実です。

ダックスフンドは毛質のタイプで交配された犬種が異なるため、、それぞれに異なった性格を表しています。

スムースヘアードの性格

獣猟犬としての性格が一番よく表れているのがスムースヘアードのダックスフンドです。

勇敢で怖いもの知らず。家庭犬としては無駄吠えが多くなりやすく、攻撃的になってしまうことがあります。

ロングヘアードの性格

ロングヘアードのダックスフンドはスパニエル系の犬が掛け合わされているので、温厚な性格をしています。

ダックスフンドの中でも飼いやすい性格をしていると言えるでしょう。

ワイヤーヘアードの性格

シュナウザーなどのテリア系の犬が掛け合わされているので頑固で気が強い傾向があります。

どの毛質のタイプの性格でも個体差があり、相性もありますので、飼い主との相性や家族構成などを考えて選択するといいでしょう。

ダックスフンドの飼い方・しつけ

毎日の運動

ダックスフンドは活発で遊び好きなので、毎日の運動は欠かせません。

毎日の散歩の他にも、ドッグランで遊んであげるなど、日常に運動できる機会を作ってあげるようにしたいです。

関節を傷めやすいので、運動の際には関節に負担のないように、激しすぎる運動には気をつけてあげましょう。

肥満しやすい傾向にあり、肥満になると病気の危険性も高くなってしまうため、肥満にならないような生活習慣にするようにしましょう。

トイレのしつけ

ダックスフンドは頭が良い犬なので、しつけに関してはそれほど苦労することはないかもしれません。

トイレのしつけも早いうちに覚えさせてしまうようにすれば、失敗も少なくなります。

トイレは場所を固定して、排泄するそぶりを見せたら、すぐに誘導してあげるようにしましょう。

初めのうちは失敗しても叱らないようにしてあげましょう。

トイレが排泄する場所であるということが、なかなかわからない場合は、トイレに臭いを少しつけておくようにすればいいですね。

うまくいったらオーバーなくらいにほめてあげるのがコツです。

主従関係をはっきりと

飼い主の立場が自分よりも上だということを早い目に認識させておかないと、しつけがしづらくなることがあります。

もとは猟犬であたために頑固で気が強い面がありますので、家の中での立場がわかっていないと、無駄吠えや噛み癖などの問題行動をとってしまうことがあります。

家に迎えたときは、まず主従関係をはっきりとさせておくようにしましょう。

アナグマ猟をしていた犬だけに穴を掘ることが大好きですので、家の中がボロボロになってしまう可能性があります。時々は屋外で穴を掘って遊ばせてあげるようにして、家の中ではしてはいけないということを、しっかりとしつけるようにしましょう。

ダックスフンドのお手入れ

ダックスフンドの日頃のお手入れは習慣づけてしまうと、それほど面倒ではなくなるでしょう。

 

頻繁にブラッシング

ダックスフンドは体高が低いので、散歩の時などにお腹の毛が汚れがちです。ロングヘアードの場合、そのまま放っておくと毛玉になってしまいますので、頻繁にブラッシングをしてあげるようにしましょう。

ロングヘアードでなくても、皮膚の状態などを確認するためにブラッシングは必須です。
 

汚れや臭いが目立ってきたらシャンプー

汚れや臭いが目立ってきたらシャンプーをしてあげるようにしましょう。

ペットサロンなどに行くと、シャンプーや爪切りなど、トータルのトリミングをすべて任せることができますが、自宅でもシャンプーや爪切りは可能ですので、犬用のシャンプー、爪切りで手入れをしてあげるようにしましょう。

歯磨きは忘れがちなお手入れですが、犬にも歯の手入れは必要です。自分では歯が磨くことができないダックスフンドのために、ぜひ歯磨きを習慣にしてあげるようにしましょう。
 

耳のケアも忘れずに

ダックスフンドは垂れ耳ですので、耳の中が蒸れやすくなっています。

時々、耳の中の様子を確認して、耳掃除をしてあげるようにしましょう。

耳掃除は専用のクリーナーを使用して行ってください。

あまり頻繁にやりすぎないようにすることがコツです。汚れが目立ってきたときに掃除をしてあげましょう。

ダックスフンドの注意する病気

椎間板ヘルニア

 ダックスフンドは独特の体型のために関節の病気になりやすい傾向にあります。

特に椎間板ヘルニアにかかるダックスフンドは多く、4匹に1匹がかかるとも言われています。

日頃から骨や関節を強くする栄養素を摂らせるように栄養管理をして、腰に負担がかからないように住環境を整えるようにしましょう。

熱中症

地面からの距離が近いダックスフンドは、暑さの厳しい時期に散歩をしていると熱中症になりやすくなります。

暑い時期には散歩の時間帯に気を付けて、まめに水分を摂らせるようにして熱中症を防ぎましょう。

内耳炎・外耳炎

耳が垂れているために耳の中が蒸れやすく、耳の病気を起こしやすいです。

毎日のケアに耳の中の点検を習慣にすることで、耳の病気を防ぐことができます。

毎日耳の掃除をする必要はありませんが、汚れや臭いが出てきたら犬用の耳クリーナーで耳掃除をしてあげるようにしてください。

糖尿病

糖尿病は先天的な原因が多いですが、ストレスや肥満が原因の場合もありますので、肥満にならないように気をつけてあげましょう。

白内障

白内障はどの犬種でも老化によってなりやすくりますが、ダックスフンドも発症することが多いので気をつけるようにしましょう。

症状としては、目の水晶体が白く濁って視力が低下していきます。物にぶつかる、よろけるということが多くなったら注意しましょう。

クッシング症候群

副腎皮質からホルモンが過剰に分泌されることから起こる病気です。

多飲多尿になり食欲が旺盛になります。左右対称の脱毛、斑点、潰瘍などが起こり、肺炎や膀胱炎にかかりやすくなります。視力がなくなり全身の筋力も落ちていきます。

肥満や皮膚病など他の病気と間違えやすく発見が難しい病気ですので、少しでも変わったところがあれば早めに動物病院で検査をしてもらうことが必要です。

進行性網膜萎縮

ダックスフンドが先天的にかかりやすい目の病気です。

網膜の萎縮と変性がゆっくりと進んでいき、初期の症状としては夜盲症から始まり、進行していくと失明してしまいます。

先天的な病気のために予防法や治療法がありませんので、飼い主が愛犬の様子をしっかりと観察してあげることが大切です。

ダックスフンドの病気には先天的なものが多く予防ができないものもありますが、肥満やストレスを防ぐことで、かかりにくくなる病気もあります。

病気は早期発見が大切ですので、愛犬の健康管理には細心の注意をはらってあげたいですね。

ダックスフンドの服

おしゃれのためにダックスフンドに服を着せてあげる人も多いですが、もっと実用的な面でダックスフンドには服が必要であることが多いです。

 

暑さ対策・寒さ対策で服が必要

まずダックスフンドは暑さ、寒さの両方に弱いので、暑い時期には熱を直接肌に受けることを防ぐため、冬は防寒のために服を着ていたほうがいいですね。また換毛期には毛が飛び散ることを防ぐために服を着せてあげるといいでしょう。
 

服を着せるときにはサイズに注意!

ダックスフンドに服を着せる場合に注意することは、サイズをきちんと測るということです。

胴長の体型なので、他の犬種と同じ服ではサイズが合いません。

購入する場合は、必ず愛犬のサイズを測ってからダックスフンド用の服を買ってあげるようにしましょう。

ハンドメイドの服もよく似合いますので、手作りが得意な人は手作りの服を着せてあげるのもいいですね。

ダックスフンドの基本情報~最後に

ダックスフンドは愛嬌がある体型と明るい性格で、家庭犬としてもとても人気があります。

しかし、もともとが猟犬であったために誰もが飼いやすい犬というわけではありません。

最初にしっかりとしつけることが肝心であり、かかりやすい病気も多いです。

ダックスフンドを飼う場合は、ダックスフンドの可愛い面ばかりにとらわれずに、マイナス面もしっかりと把握して、生涯しっかりと幸せにしてあげて欲しいものです。