イタリアングレーハウンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

イタリアングレーハウンドは、「イタグレ」という愛称でも親しまれ、好きな人は、本当に惚れ込むほどイタリアングレーハウンドを愛し、全国にイタグレファンの同好会も存在するようです。そこまで人を惹きつける、イタリアングレーハウンドのヒミツを、今回ご紹介します。

イタリアングレーハウンドの基本情報

イタリアングレーハウンドといえば、引き締まった細い体と、スレンダーな長い足ではないでしょうか。

子犬の無邪気な時からすでに、品が良く犬界のスーパーモデルのようなルックスです。

見た目どおり、瞬発力があり、走るのも得意。でもだからといってむやみに、ハイパー犬でもないのがイタリアングレーハウンドなのです。

イタリアングレーハウンドの歴史

紀元前から存在していた?!

実は、イタリアングレーハウンドの起源ははっきりしていないのです。

グレーハウンドを小型化したのではないかと言われており、グレーハウンドの血が混じっているのは間違いなさそうですが、詳細はいろいろな説があり不明です。

また、イタリアが出身かと思われがちですが、古代のエジプトの墓から、イタリアングレーハウンドを思わせる、小型のグレーハウンドのミイラも発見されています。

当時のローマやギリシャ人の遺品からも、イタリアングレーハウンドの存在を感じるものが数多く、存在しています。

とはいえ、イタリアングレーハウンドが本格的に存在を知らしめ、人気を集めたのは16世紀のイタリアになります。

この頃、イタリアを中心に南ヨーロッパでもイタリアングレーハウンドは大人気で、それは肖像画にも現れているイタリアングレーハウンドからも見て取れます。

歴史の中の悲しい出来事

そんな華々しいイタリアングレーハウンド繁栄の陰には、悲しい出来事もありました。

第二次世界大戦後あたり、イタリアングレーハウンドの頭数が、かなり減ったことがあったのです。

それは、無理に小さいイタリアングレーハウンドを作ろうとした交配が原因だったと言われていて、結果、健康の問題が起こり、丈夫なイタリアングレーハウンドが絶滅の危機に陥りました。

幸いなことに、1800年代にアメリカに、少数ではありますが、良質なイタリアングレーハウンドはまだ存在しており、その犬たちを中心に再び交配に成功し、ヨーロッパで見事復活し、今に至ります。

イタリアングレーハウンドの身体的特徴

  • 大きさ:33.0〜37.0cm
  • 体重:3.0〜5.0kg
  • 被毛の種類:シングルコート
  • 被毛の長さ:短毛種

イタリアングレーハウンドの被毛の毛色

ブルー、レッド、ブラック、フォーン、シール、イザベラなど多数。フォーン、シール、ブラック、ブルーに、ホワイトマーキングが入ることもあります。

変化するイタリアングレーハウンドの毛色

イタリアングレーハウンドの毛色は、成長とともに変化するといわれています。

子犬の時、ブラックの毛色も成長とともに、グレーやベージュになったりすることがあります。

この色!とこだわりなく、年齢とともに変化するイタリアングレーハウンドの毛色を楽しむことができます。

イタリアングレーハウンドの弱さ

イタリアングレーハウンドの魅力である長い足と長いシッポは、骨折しやすいです。

でもその大半は、飼い主さんの注意で防げるものがほとんどなのも事実。

イタリアングレーハウンドの特徴を把握し、室内環境を整えましょう。

また、細く短毛でシングルコートのイタリアングレーハウンドは、本当に寒さに弱い犬種なので、寒い時期の防寒は必須です。

イタリアングレーハウンドの性格・気質

運動神経は抜群!だけど中身は繊細でデリケートなハートの持ち主

イタリアングレーハウンドは、運動神経がずば抜けて良く、走らせても早く、ジャンプ力も相当あります。

その運動能力を存分に使い、遊ぶのが大好きで、やんちゃな一面を見せる一方、イタリアングレーハウンドは感受性が非常に強く、人見知りしやすく、環境の変化などに弱いので注意が必要です。

イタリアングレーハウンドは、心も体も繊細でデリケートな一面を持ちますが、賢く、飼い主に順応なので、しつけトレーニングは苦労なくできることが多いです。

少し、繊細で内気な性格ではありますが、家族へは愛情は深く、これでもかというくらい、甘えてくるイタリアングレーハウンドも少なくなく、それが私たちのハートを鷲掴みしています。

また、無駄吠えがほとんどなく、攻撃性もほぼありません。

イタリアングレーハウンドの飼い方・しつけ

イタリアングレーハウンドは、しつけしやすく飼いやすいといわれますが、どんな風にして、しつけはどうしたらいいかみていきましょう。

イタリアングレーハウンドの室内環境

極度な寒がりのイタリアングレーハウンドは、完全室内飼いにする必要があります。

穏やかで、人見知りな性格ではありますが、家では割とやんちゃに走り回ったり、ジャンプをしたりと活発なことが多いので、室内ではケガをしないように気をつけなければいけません。

怪我をさせない室内環境

  • 家の床は滑りにくくする。(カーペットや滑りにくくなるワックスを利用)
  • 高いところへジャンプできない工夫をする(カウチなどに上がれないように、クッションなどを活用する)
  • ぶつかりそうな、障害物を減らす

イタリアングレーハウンドの冬

ご紹介したように、イタリアングレーハウンドはとにかく寒がりです。

冬の散歩で洋服を着せることはもちろんのこと、家の中でも下手をすると寒がります。

イタリアングレーハウンドのベッドには、暖かなブランケットやヒーターを置くなどして、暖かい環境を作ってあげることが必要です。

大事なイタリアングレーハウンドのトイレトレーニング

犬と人が一緒に生活するために、必ず必要なのがトイレトレーニングですね。

トイレがきちんとできると、本当にお手入れが楽になりますし、ずっと犬の後を追いかけて歩く必要がなくなります。

基本、トイレトレーニング中は、サークルでの生活をします。

トイレやベッド、水など必要なものすべて、サークルへ設置します。

ご飯の後や寝起き、遊びの後など、排泄のタイミングをみてトイレを促します。

きちんとできたら褒める。失敗しても叱らず無視して、無言で掃除します。

イタリアングレーハウンドは臆病ですし、飼い主さんの感情を読み取るのが上手です。

いくらトイレがうまくいかず、イライラすることがあっても、態度に出してしまうと、イタリアングレーハウンドが萎縮してしまうことがあります。

失敗は当たり前と思い、のんびり構えましょう。

イタリアングレーハウンドの散歩の仕方と頻度

イタリアングレーハウンドは運動が大好きです。華奢な体に似合わず、毎日ある程度の運動量がないと、体力を持て余し、家の中でかけっこが始まってしまうので、散歩は不可欠な日課になります。

1日2回、1回につき40〜60分

散歩コースも、平坦な道よりは坂道や、曲がりくねった道など変化のある散歩コースの方が、イタリアングレーハウンドは喜びます。

そして、散歩だけではやはり満足な運動とはいえないため、月に何回かはドッグランのような広い場所で、思い切り走り運動をさせてあげることが大切です。

イタリアングレーハウンドのお手入れ

イタリアングレーハウンドは短毛で、シングルコートになりますので、お手入れは本当に簡単です。

抜け毛もほとんどないので、アレルギー体質の方でも飼えるといわれています。

イタリアングレーハウンドにトリミングはいりません

イタリアングレーハウンドは、トリミングが一切必要ありません。

ドッグサロンも全く必要はありませんが、例えば、皮膚が乾燥気味だとか、弱いみたいだという場合、最近ドッグサロンにあります、

犬用の全身パックなどを試してみるのはいいかもしれません。

イタリアングレーハウンドのブラッシング

ブラッシングの必要性がないように思われがちですが、ブラッシングをすることで、犬の皮膚へのマッサージにもなり、血行が良くなりますので、獣毛ブラシやラバーブラシでブラッシングをしてあげてください。

イタリアングレーハウンドのシャンプー(臭い対策)

イタリアングレーハウンドは、ほぼ臭いは気になりません。

臭いが気になることでのシャンプーは必要ないでしょう。

なので、普段は蒸しタオルで全身を拭き、シャンプーは月に1回などで十分です。

イタリアングレーハウンドの耳掃除と爪切り

耳掃除

イタリアングレーハウンドは耳が立ち耳の場合や、垂れ耳の場合とあるようです。

垂れ耳の場合は、耳の中は蒸れやすくなるので、特に注意して、耳の中を見るようにしましょう。

耳掃除は、耳の状態によりますが、1〜2週間に1回程度、イヤークリーナーを使って掃除します。

耳垢が普段と違い臭ったり、色がついた耳垢の場合は炎症を起こしていることがあるので、早いうちに獣医さんに診せましょう。

爪切り

どんなに毎日散歩で歩いていても、イタリアングレーハウンドの爪は伸びていきます。

多少はアスファルトで削られますが、定期的にチェックして爪切りをしてあげるようにしましょう。狼爪も忘れずにチェックを!

イタリアングレーハウンドの注意する病気

スレンダーな体のイタリアングレーハウンドは寒さにはよわいですが、意外と丈夫なんです。それでも病気の心配はゼロではありません。

どんな病気に注意が必要でしょうか。

イタリアングレーハウンドの注意する病気 その① 膝蓋骨脱臼

先天性の場合もあるこの膝蓋骨脱臼ですが、4グレードあるうちの軽症のうちは、膝蓋骨が脱臼しても自然と元に戻り、犬も痛がるそぶりはありません。

ただ、進行してくると痛みが出てきたり、歩行に支障が出てきます。ひどくなると手術が必要になってしまいます。

膝蓋骨脱臼と気づいたら、それ以上進行しないように、自宅で滑らないような工夫や、ジャンプの制限をするなど必要です。

イタリアングレーハウンドの注意する病気 その② カラーダイリューションアロペシア

毛色がブルーやフォーンの犬に起こる脱毛症です。

メラニン色素の分布が不規則になることで起きるとされています。

この病気が発症すると、その部分に毛が生えてきても、非常に弱い毛のため、すぐに折れたり抜けてしまいます。

この病気を根治させるのは難しく、対処療法がメインになります。

イタリアングレーハウンドの注意する病気 その② 骨折

イタリアングレーハウンドの長い手足は、本当に美しくもありますが、イタリアングレーハウンドの弱さでもあります。

些細なことで骨折に結びつきますので、周囲が必要です。

また、手足だけではなく、尻尾も骨折しやすいので注意してください。

イタリアングレーハウンドはどんな人向けの犬種?

イタリアングレーハウンドの運動量を考えれば、一緒に運動を面倒がらずにできる人向けの犬かもしれませんね。

ただ、イタリアングレーハウンドは無駄吠えがない犬種なので、マンションのような集合住宅にお住まいの場合、安心して飼える犬種になります。

お手入れも比較的簡単ですので、運動のことさえクリアできれば、本当に飼いやすいです。

ただ、小さい子がいるお宅では、扱い方に気を付けないと、イタリアングレーハウンドがケガをしてしまうことがあるので、そこだけ要注意です。

イタリアングレーハウンドのさいごに

少し前までは、イタリアングレーハウンドってどんな犬?と、結構珍しい犬種と言われていたイタリアングレーハウンドですが、飼いやすさと見かけのかわいさから、着々と認知度を増し、今ではみんなに知られる犬種になったのではないでしょうか。

みなさんはどんなイタリアングレーハウンドをご自宅に迎えますか?