犬のしつけの基本。しつけのポイントをご紹介

犬のしつけとは?

犬のしつけの意味や目的

犬のしつけを単なる「芸」や遊びの一貫として考えていらっしゃる人がいますが、決してそうではありません。

それでは早速、犬のしつけにどういった意味や目的があるのかをご紹介します。

①愛犬の安全と命を守るためのもの

しつけは、愛犬の安全と命を守るための手段となります。

例えば、散歩中に首輪が外れてしまったという時、走り出そうとする愛犬に「おすわり」や「待て」の指示をすることで、愛犬が冷静を取り戻すことができるようしつけを行うのです。

万が一、しつけを怠り飛び出してしまうと、飼い主とはぐれ迷子になってしまったり、車が行き交う道路へ飛び出して危険な目に遭わせてしまうことになるでしょう。

愛犬の安全と命を守るために欠かせないことがしつけなのです。

②人と犬が共存していくためのルール

犬のしつけは、人と犬が共存していくためのルールともなります。

可愛い愛犬のことを「うちの子は何をしても可愛い」「目に入れても痛くない」と思っているのは飼い主さんだけで、飼い主家族以外の人はそうでもありません。

無駄吠えを放置することでご近所に迷惑をかけたり、散歩中の飛びつき癖で周りに人に迷惑をかけることもあります。
噛み癖では、飼い主家族だけでなく他人にまで恐怖を与えケガをさせてしまうことあるでしょう。

人と犬が快適に生活していくためには、飼い主家族だけの為でなく他の人のためのことも考えてしつけをしていくことが必要なのです。

ラブラドールレトリバー,黒い犬,子どもと犬

「犬の社会化期」とは?

犬の社会期とは、飼い主以外の人間、他の犬や動物、そして外の音や匂いなどの環境や社会に慣れさせるための重要な期間のことです。

一般的に「犬の社会化期」は、生後4週齢~13週齢頃までの期間が「第1の社会化期」と言われていて、この時期に外の世界に好奇心を示し学習意欲を見せ始めるようになります。

その後生後13週齢~12カ月までが「第2の社会化期」と言われ、環境に適応していくことを学んでいきます。

この2つの期間は、今後の犬の性格が決まると言っても過言ではないほど重要な期間にあたります。

この犬の社会化期に、家の外へ積極的に連れ出して、家族以外の人や動物、外の空気や風、車やサイレンの音、生活音など、様々なことに慣れさせておきましょう。

そうすることで社交的な性格へと育ち、人間と犬が共存していく上でお互いが過ごしやすい環境を作っていくことができるようになるでしょう。

これらの経験が不足する「社会化不足」の状態になってしまうと、犬にとって知らない物事が多くなりそれに接した時に「知らないもの=怖い」と捉えてしまうようになります。
その恐怖心から吠える・噛みつくなどの問題行動も見られるようになるでしょう。
もちろん犬にとっても大きなストレスとなってしまうため、健康上でもよくありません。

犬にとって社会性を身に付けるということは、その犬の性格を決め、しつけの面や健康面にも大きな影響を与える重要なことなのです。

 

犬のしつけの基本

サモエド,白い犬.ラフコリー.グレートデン.長毛.

心構え「犬のリーダーになること」

かつて犬の祖先は群れで生活し、群れの中には仲間を先導するリーダーが存在していました。
仲間はリーダーを信頼しリーダーが側にいることで安心感を得ていたのです。
そしてペットとなった現在でも、犬はリーダーを必要とします。

犬にとって頼りない飼い主であった場合、犬は飼い主から主導権を奪おうと反発したり、他の人間や動物からリーダーとして飼い主を守ろうと吠えたり噛んだり攻撃的な面を見せることもあるでしょう。
そうなってしまえば、しつけどころではありません。
反対に気付かないうちにしつけられているかもしれませんよ。

そうなってしまわないためにも、飼い主が犬のリーダーとなって安心・安全な生活が送られるよう愛犬を導いてあげなければならないのです。

犬のリーダーになるためには
  • 褒めて伸ばすこと
    愛情を持って褒めたり優しく接することで信頼できるリーダーになれます。
  • 愛情と甘やかすことの違いを理解すること
    甘やかし過ぎると愛犬が自分のことをリーダーだと勘違いし言う事を聞かないわがまま犬になってしまいます。
  • 犬のことを理解すること
    犬の体質や気質を理解しておくことで、行動の意味を理解することができ適切な対応対処ができるようになります。そこから信頼につながっていくでしょう。
  • 仰向けにさせる・マズルコントロール
    犬にとって急所である腹部を見せることやマズルを掴まれることは服従しているというサインとなります。
    近年ではあまり推奨されていませんが、体の手入れの際にも必要になってくることなので慣れさせておいた方が良いでしょう。
    それでも信頼関係を築くことを優先として、決して強引にしないように気を付けましょう。

悪い癖がつく前に対処していくこと

犬の問題行動に悩まされている飼い主さんは少なくありません。
その問題行動には、吠え癖や噛み癖、飛びつき癖など様々ありますが、一度ついてしまった癖を正すには時間と根気が必要となります。

できるだけ悪い行動が癖付いてしまう前に対処をしてくことを心がけるようにしましょう。

犬のしつけ① トイレ

室内犬であれば何よりも早く覚えて欲しいと願うのがトイレのしつけですよね。

トイレのしつけは、成功例を重ねることが早く覚えてもらうためのコツとなります。
子犬を迎えたその日から始めましょう。

トイレの失敗例を増やさないためには、床を嗅ぎながらくるくる回ったりする犬のトイレのサインを見逃さず、トイレに誘導してあげることです。

また、寝起きや食後、遊んだ後などには排泄をすることが多いので、それらのタイミングでもトイレに連れて行ってあげましょう。

トイレのしつけで気を付けたい犬種

室内犬であれば、どんな犬種であってもしつけておかなければなりません。

その中でもトイレのしつけに苦労すると言われている犬種は、
ダックスフンド・ヨークシャーテリア・ビーグル・ペキニーズ・ポメラニアン・ハスキーなどがあります。

それでも苦労するとは言っても、決して覚えられないわけではありません。
時間をかけて根気強く向き合っていきましょう。

犬のトイレ事情~トイレ用品と選び方・しつけ~

2018.02.08

犬のしつけ② 甘噛み

子犬の甘噛みの原因には、主に

  • 歯の生え変わりによる痒みを抑えるため
  • 遊びや好奇心から
  • ストレス発散

などの原因があります。

子犬の時期の甘噛みは仕方がないことでもありますが、成犬になっても癖が抜けない場合は甘噛みとは言っても手を噛まれれば痛みを伴いますし、物を破壊してしまうこともあります。

成長と共に自然と甘噛みをしないようになることもありますが、様子を見ながら対処していきましょう。

甘噛みへの対処方法
  • 遊んでいる時に甘噛みをしてきたら、「痛い」と一言だけ言い放ち遊びを中断する
  • 噛まれて困るものは犬の届く場所におかない
  • 噛んでもいいものを与える(おもちゃやガムなど)

甘噛みに気を付けたい犬種

犬にとって噛む行為はごく自然な行動で、どの犬種であっても噛むことがあります。
ただし、犬種やタイプによって傾向的に噛む違いが見られます。

チワワやヨークシャーテリア、マルチーズなどの小型犬はお気に入りのものを守るために噛む傾向があります。

ダックスフンドやプードル、レトリーバーなどの狩猟犬に加え、ジャックラッセルテリアなどのテリア種は、獲物を咥えたり遊んだりする習性が強く甘噛みがつきやすい傾向にあります。

さらにボーダーコリーやコーギー、シェルティなどの牧畜犬は動くものを対象に噛みついてしまう傾向があるようです。

いずれの犬種であっても、噛む行為を放置しておくと噛み癖がついてしまうため、注意しなければなりません。

犬が噛む理由。それぞれの対処法について

2018.02.08

犬のしつけ③ 飛びつき

犬の飛びつき癖は、飼い主にとっては愛らしい行動だと思う人も多いでしょう。

それでも、散歩中に知らない人に飛びついたらどうでしょうか。
さらに大型犬だったらどうでしょうか。
飛びつき癖は、相手にケガをさせる可能性もある危険な行為なので、やめさせなければなりません。

元々犬の飛びつきの理由には、愛情表現の他にも、

  • 自分の優位性を主張している場合
  • 好奇心から
  • 狩猟本能から

などの理由が挙げられます。

犬の飛びつきに対して、「すわれ」の指示で落ち着かせることができれば問題ないのですが、できない場合は「天罰」を与えてやめさせる方法があります。

「天罰」と言っても決して叩いたりすることではありません。
びっくりさせることが犬への「天罰」となります。

例えば、

  • 飛びついた瞬間に布をかぶせて視界を遮る
  • 大きな音を立てる

などの方法のことです。

飛びつき癖に気を付けたい犬種

犬の飛びつき癖に悩まされている飼い主さんで多い犬種には、プードル・ジャックラッセルテリア・バーニーズマウンテンドッグ・ラブラドールレトリバー・ゴールデンレトリバー・シベリアンハスキー・グレートピレニーズなどがあり、やはり問題視されやすいのは大型犬です。

ラブラドールレトリバーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.05.31

犬のしつけ④ 無駄吠え

多くの飼い主さんが苦労しているのが、犬の無駄吠えです。

近所迷惑にもなってしまうため、吠え癖は矯正していかなければなりません。

とは言っても犬にとって吠えるという行為は、言葉を話せない犬にとってのコミュニケーションツールでもあるのです。
なぜ吠えているのかを考え、それに合った対処をしていきましょう。

例えば、

  • 体力が有り余っている・退屈している理由から吠えている場合には散歩やコミュニケーションの時間を増やしてあげる
  • 怖いものに吠えているのであれば怖くないものだと教えてあげる(社会性)
  • 要求吠えであれば要求には応じず泣き止むまで無視をする など

犬がなぜ吠えているのかを見極め、その原因に対応していくことが必要です。

無駄吠えに気を付けたい犬種

どんな犬種でも吠えますが、特に無駄吠えが多いと言われる犬種には、
ポメラニアン・チワワ・ヨークシャーテリア・ダックスフンド・ビーグル・ボーダーコリー・コーギー・セッター系などがあります。

犬が無駄吠えをする原因と対策。しつけ直し方やおすすめ防止グッズ

2018.02.08

犬のしつけ⑤ ドックランで必要なしつけ

トイプードル

ドッグランは、本来犬にとってリードなしで思い切り遊ぶことのできる楽しい場所です。
それでも、利用者みんなが楽しめる場所にするには、それぞれがマナーやルールを守って利用することが必要です。

また、たくさんの犬との出会いもあり犬が興奮しやすい場所でもあるため、最低限のしつけをしておく必要があります。

ドッグランで最低限必要なしつけは、「おすわり」「待て」「おいで」です。
愛犬の興奮度が上がり過ぎて他の飼い主や犬に迷惑をかけるようになった時、「おすわり」や「待て」の指示で冷静にさせてあげましょう。

またリードなしで自由に動き回れる環境下にいるため、「おいで」の言葉で飼い主の元に呼び戻しができるようにしておきましょう。

初めてのドッグラン!犬を安全に遊ばせるために注意しておくことは?

2018.02.08

犬のしつけ⑥ ドックカフェで必要なしつけ

ドッグカフェでは、愛犬と一緒に美味しいランチやスイーツが楽しむことができる場所です。
さらに他の飼い主さんや犬同士の交流の場となり、愛犬家にとっては癒しの場となっているでしょう。

それでも、中には犬を連れていないお客さんがいらっしゃる可能性もあります。
他のお客さんへの迷惑とならないよう、しっかりとしつけておかなければなりません。

ドッグカフェを利用するにあたり、以下のしつけを最低限行っておきましょう。

  • トイレトレーニング
    公共の食事の場です。他のお客さんに不快な思いをさせてしまうことになるため、店内や店の敷地内では粗相をしないようしておきましょう。
  • 「おすわり」「待て」「フセ」など
    飼い主の食事中でも騒ぐことなく足元で落ち着いて過ごせるようにしておきましょう。
  • 人の食べ物を食べないこと

 

犬のしつけの方法

以前までの犬のしつけは「叱ってしつける」方法が主流でした。

しかし現在では、犬を家族の一員として考える人が増えたせいか犬のしつけは「褒めてしつける」方法が一般化してきました。

それでも、ただむやみに褒めるということだけがポイントではありません。
褒めるタイミングが何よりも重要となります。

しつけ

犬のしつけに効果的な褒め方

犬を褒めてしつける方法は、褒めるタイミングが重要となります。

犬に指示をしたら、その指示の動作を行った瞬間に褒めることがポイントです。
例えば「おすわり」と指示をする⇒犬が座る、その瞬間褒めるのです。

犬の記憶はそれほど長くはありません。
犬が座って2・3秒もすれば犬はもう他のことに気を取られています。
そうなると褒められた理由を理解できず一向にしつけを覚えられないでしょう。

次に褒め方です。
褒める時には大袈裟で構いません。
少し高めの声で褒めてあげましょう。

犬は飼い主が喜ぶ姿が好きです。
思い切り喜んで褒めてあげることで、より「褒める」ことに意味が出てくるでしょう。

犬のしつけに効果的な叱り方

犬が悪いことをすれば時には叱ることも必要となります。

その犬の性格によっても叱り方を変えなければなりませんが、決して叩いて叱ることはしないでください。

また、犬に向かって大声で叱ることもいけません。
大声で叱られると叱られているのではなく喜んでいると認識する犬もいるでしょう。

基本的には端的な言葉を使って低い口調で叱りましょう
「だめ!!」「いけない」などの言葉です。

そして褒めるとき同様、叱るタイミングを逃さないようしましょう。
いけないことをしたその瞬間に叱るようにしましょう。

犬のしつけ方① 遊びながらしつける

遊ぶことが大好きな犬は、遊びの中でしつけていくことが有効的です。

例えばボール遊びをしている時、ボールを欲しがる犬に「おすわり」の指示をして、お座りができてからボールを投げるなど、基本的な指示を盛り込みながら手軽に楽しくしつけていきましょう。

ドーベルマン.中型犬.ボール

犬のしつけ方②  根気強くしつけていく

犬の中でも覚えの早い犬と遅い犬がいます。
早く覚えてくれないからと言って、イライラしたり諦めたりはしないようにしましょう。

一貫性のある落ち着いた対応をすることで犬からの信頼を得ることができ、諦めず根気強くしつけていけば必ずしつけられます。

それでも覚えてくれないという場合には、しつけ方を見直してみましょう。

犬のしつけ方③  音を使う方法

音を使ったしつけは近年定着化しつつあります。

これは、叱っても聞かない、指示を出しても聞かない犬に有効的なしつけで、犬が悪いことをすれば「罰=犬がびっくりする音」を与えてしつける方法です。

突然大きな金属音や破裂音がすると驚きますよね。
これは犬も同じです。

犬が問題行動と言われるいけないことをした時に、空き缶に小銭を入れたものや、鍵の束などを投げて音を立てることで犬が驚いてその行為を止めます。

そして、やめた時に褒めてあげるということを繰り返しているうちに問題行動を起こさないようになってくるのです。

投げるときには犬に当てないように気を付けることと、飼い主が投げていることに気付かれないようにしましょう。

犬を叩いてしつけるのは?

小型犬のブームによって小型犬を叩くのは危険だということや、犬を家族の一員として迎える飼い主が増えたこともあり、叩いてしつける方法は批判されています。

それでは、実際のところは叩いてしつける方法は有効的なのでしょうか。

叩いてしつける方法のメリットとデメリットから考えてみましょう。

叩いてしつけるメリットとデメリット

メリット

  • 飼い主に注意が向く
  • ダメなことが分かるようになる

デメリット

  • ケガの恐れや、ストレスとなる
  • 人の手を恐れるようになる
  • 反抗する可能性がある
  • 信頼関係を損なうことになる

メリットだけ見ると叩いてしつける方法は有効ではないと言い切ることはできませんが、ケガの心配や飼い犬との信頼関係を考えるのであれば、叩いてしつける方法はおすすめできません。

そして、何よりも叩かずにしつけられた犬はたくさんいます。
つまり、叩かなくてもしつけはできるのです。
それでもわざわざ叩いてしつける必要はあるのかを考えてください。

犬のしつけプロにお願い しつけ教室の案内

犬種や犬の性格によっては、一度クセがついた問題行動にどんなに向き合っても止められないということもあります。

そんな時にはプロの手を借りましょう。

正しいしつけ方を教えてもらうことができるので、自分のしつけが合っていたのか、どう接していけばいいのかを教えてもらうことができます。

犬のしつけ教室で愛犬と一緒に楽しく学ぼう!

2018.02.08

しつけ教室 【関東圏】

犬のしつけ方教室アウラ【東京都】

口コミでも人気の高い稲城市にあるしつけ教室です。

カウンセリングを受けた後は、オーダーメイドの「遊びの中で学ぶレッスン」で組み立てられたカリキュラムに沿ってマンツーマンのレッスンが受けられます。

詳細

ペットケアサービス・イーワン【東京都】

家庭犬のしつけを専門とした出張訓練に対応してくれます。
飼い主自身が生涯に渡って愛犬をコントロールできるよう、JKC公認家庭犬訓練士が指導してくれます。

詳細

遠藤ドッグトレーニング【千葉県】

TV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝されたトレーナーがいらっしゃる柏市にあるドッグトレーニング施設です。
委託訓練から訪問指導、しつけ教室を行っており、愛犬の状況や希望によって選ぶことができます。

詳細

しつけ教室【関西圏】

ハーレーアメリカンドッグスクール【大阪府】

メディアで多数紹介されたこともある大阪府枚方市にあるドッグスクールです。

犬の預かり幼稚園として、預かり期間に犬の事を全く叱らずにしつけを行ってくれます。
自宅での接し方のアドバイスもしてくれます。

詳細

POP DOG(ポップドッグ)【兵庫県】

兵庫県宝塚市にあるしつけ教室です。
一日お預かりでの犬のしつけやケアをしてくれる「ポップドッグ犬の幼稚園」、飼い主さんと愛犬が共に学んで信頼関係を築いていくための「犬のしつけ方教室」、「愛犬と参加するイベント」の開催など、愛犬と楽しむためのライフスタイルを提案してくれます。

詳細

ハッピードッグスクール【京都府】

伏見区にあるドッグスクールで、グループレッスンやプライベートレッスン、出張レッスンにも対応してくれます。
それぞれの愛犬にあったトレーニング方法を提案してくれます。

詳細

犬のしつけ まとめ

犬のしつけについて
  • しつけは「愛犬を守るため」「人と犬が共存していくため」のもの
  • 犬の社会化はその犬の性格を決めしつけにも影響すること
  • 犬から信頼されるリーダーとなって正しく導いていくこと
  • 悪い癖は付く前に対処していくこと
  • 褒めるしつけは、タイミングが大切。
  • 叩かなくてもしつけはできる

犬のしつけについて さいごに

犬のしつけは、犬種や体の大きさに関わらずすべての犬に必要なことです。

そして世の中に「バカ犬」など存在しません。
確かにしつけやすさには個体差がありますが、根気強く、そして正しくしつけるができればどんな犬でも飼い主の期待に応えてくれるでしょう。

特にしつけができないと嘆いている飼い主さんに多い間違いは、愛情をかけることと甘やかすことを一緒にしてしまっていることです。
愛犬と飼い主、そして社会がより良く共生していくためにもしっかりとしつけていきましょう。