ブルドックの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介!

ブルドックはアニメのキャラクターのイメージから、いかにもワルで怖そうなイメージが強いのですが、本当はとてもおだやかで優しい犬だというのをご存知ですか。またブルドックにはとても悲しい過去があることもあまり知られていません。人間のエゴに翻弄され、また人間の愛で救われたブルドックの歴史や、愛らしいブルドックの性格から飼い方まで、ブルドックのすべてをご紹介します。あなたもきっとブルドックが大好きになりますよ。

ブルドックの基本情報

ブルドックとフレンチブルドックはどう違う?

ブルドックとフレンチブルドックはどう違うのか?と思ったことはありませんか。

フレンチブルドックも元をたどればブルドックから生まれてはいますが、生まれた経緯は全く違います。

ブルドックをより深く知るためにもフレンチブルドックとブルドックの違いを比較してみましょう。

ブルドックの基本データ

原産地:イギリス

  • 体重:18~23kg
  • 体高:30~38cm
  • 原種:マスティフ系の犬種。元は闘犬。
  • 特徴:中型犬。大きな顔、ずんぐりした体型としっかりした足腰。皮膚のたるみや低い重心、上を向いた短い鼻は闘犬であったときの特徴を残している。
  • 耳:ローズイヤーといわれる巻耳

フレンチブルドックの基本データ

  • 原産地:フランス 
  • 体重:13kg
  • 体高:28~33cm
  • 原種:イギリスで改良された小型のブルドック
  • 特徴:体は小さく小型犬だが、がっちりして筋肉質な体をしている。短尾で鼻も短い。
  • 耳:丸みを帯びたバットイヤーといわれる立ち耳

ブルドックに似ている犬種 パグ・ボストンテリア

ブルドックやフレンチブルドックと同じように見える犬種にはパグやボストンテリアがあります。

パグは中国、ボストンテリアはアメリカが原産国です。

それぞれ全く違う犬種なのですが、よく似た容姿から考えても、古く歴史を辿っていけばどこかで犬種が交わっている可能性は十分に考えられますね。

ブルドックの歴史

ブルドックの歴史には悲しい過去が・・・

ブルドックの歴史には悲しい過去があります。

13世紀から18世紀にかけてイギリスではブルバイティング(牛いじめという意味があります)という闘技が庶民の娯楽として人気がありました。

ブルバイティングは杭につないだ雄牛に数頭のブルドックを放ち、最初に牛の鼻に噛み付いたブルドックの飼い主には高い賞金が支払われるという、とても残酷な格闘技でした。

ブルドックはこの格闘技のために、より獰猛になるよう改良されていきました。

ブル・バイディングのために改良

牛に噛み付いた時、楽に呼吸ができるようにと鼻先が短く上に向くようになりました。

皮膚にたるみができたのは、牛の角が当たっても深く傷つかないためです。

噛み付いた牛に振り落とされないために、短足にすることで重心が低くなり、下顎を発達させることで噛み付く力を強くしました。

体重が重いほど有利なので、その頃のブルドックは60kgもあったといわれています。

温厚でやさしいブルドックになったワケ

1835年動物愛護の声が高まりこの格闘技が法律で禁止されました。

ブルバイティングのためだけに改良された獰猛で特殊な体型のブルドックは、他の使役犬のような使い道はなく、血統存続の危機にさらされるようになります。

人間の欲のために翻弄されたブルドックですが、一部のブルドックを愛するブリーダーによって、保存のために改良され現在のブルドックが生まれました。

ブルドックの特徴を残しつつ、穏やかな性格の犬とかけ合わせることによって、獰猛さや攻撃性をなくし温厚で優しいブルドックになったのです。

闘犬としての長い歴史を持つブルドックは、改良後もイギリスでの認知度は高く人気があり、勇気・不屈・忍耐の象徴としてイギリスの国犬となりました。またイギリス海軍のマスコットでもあります。

ブルドックの特徴

ブルドックは短毛種 がっちり筋肉質な体

ブルドックはスムースといわれる短毛種で、かなり厚い皮膚をもっています。毛色はブリンドル、レッド、フォーン、ファローにホワイトの組み合わせや、マズルや顔がブラックのスマットといわれるものが多く、単色はあまり多くありません

体はがっちりとした筋肉質で、頑丈な顎の筋肉を支えるため首が太く、広い肩幅と大きな頭を持っています。

走ることを必要としなかったため、重心の低い短い前足は広がっていて体を左右に揺らして歩く独特な歩き方をします。

眠そうな目と潰れた鼻、たるんだ頬、突き出た顎(アンダーバイト)など、そのユニークな風貌がブサカワといわれ根強い人気があります。

ブルドックの耳

ブルドックの耳は内側が外を向いていて、ヒダの重なったところがバラの花のように見えるところからローズイヤーといわています。

バットイヤー(立ち耳)のフレンチブルドックとの違いで一番にあげられるローズイヤーですが、フレンチブルドックがヨーロッパで生まれた時はローズイヤーのフレンチブルドックも混じっていました。

その頃のヨーロッパではフレンチブルドックのバットイヤー(立ち耳)は人気がなく、フレンチブルドックがアメリカに渡ってから正式に認められるようになりました。

今ではブルドックのローズイヤー、フレンチブルドックのバットイヤーがスタンダードになっています。

ブルドックはスマートになってきている!?

2009年よりブルドックの犬種基準が変更になり、スマートなブルドックにするため、頬のたるみを減らして足を長めに体を細くすることが定められました。

ブルドックの性格・気質

ブルドックはおっとり マイペースな性格

ブルドックの性格はいかつい風貌からは想像できないほど温厚で物静かです。

おっとりした性格でのんびり過ごすことが大好きです。飼い主に対しては忠誠心が強く忠実です。

心を許した家族には甘えん坊でやんちゃな一面も見られます。

大きな体ですが、子供に対しても優しく我慢強く相手をしてくれますので、子供のいる家庭でも安心して飼うことができます。

他犬に対しては特に友好的というわけではありませんが、どんな犬とでも比較的うまく接することができるようです。

その反面、マイペースで自分が納得しないと絶対に動かないという頑固なところもみられます。

ブルドックは番犬としても優れている!

警戒心も強く勇敢な犬なので、しつけや適切な指導によっては、不審者を知らせたり危害を加える相手を威嚇したりするなど、番犬として優れた能力を発揮してくれる可能性もあります。

運動音痴!?

ブルドックは高いところに飛び乗ったり、降りたり、泳いだりすることはできません。

運動は全般的に不得意で、成犬になるにつれ運動嫌いになる傾向がありますので、子犬のときから体を動かす習慣をつけておく必要があります。

ブルドックの飼い方・しつけ

ブルドックのしつけについて

ブルドックの訓練性はあまり高いとはいえません。

しつけの入りにくい犬ではありますが、一度自分が納得して覚えたことはいつまでも忘れずに守ります。

基本的に飼い主には素直に従いますが、頑固なところがありますので、しつけるには根気と時間がかかります。

叱るときは毅然とした態度で叱り、ほめるときは思いっきりほめてやりましょう。

トイレのしつけは他の犬種と同じように、焦らず叱らず根気よく教えていくことが大切です。

ブルドックを飼うとき一番注意することは・・・肥満

ブルドックを飼うときに一番注意しなければならないのは肥満です。

ブルドックは大変食欲旺盛な上に、あまり活発ではなく運動が苦手なので肥満になりやすい犬種です。

ブルドックの適正体重はオス25kg・メス22kgといわれています。

長時間の散歩は苦手ですが外に出ることは好きなので、肥満を防ぐためにも毎日10分~20分程の短い散歩を欠かさないようにしましょう。

また、常に食事を適量にコントロールすることも大切です。

ブルドックの苦手な事

ブルドックは鼻が短いため体温調節があまりうまくできません。

特に高温多湿には弱いので、夏はエアコンによる室内の温度管理がとても重要になります。

下顎が出過ぎているのでモノを噛むのが苦手です。

また、まぶたが浅く眼が出ているので、眼の疾患になりやすく、眼の怪我も多いので注意が必要です。

ブルドックの出産

ブルドックの出産はとても大変です。

ブルドックは骨盤が小さく頭が大きいので、産道から上手く出ることができず、子犬が窒息死したり、母犬が死亡したりする危険があるので自然分娩ができません。

そのためブルドックはすべて帝王切開での出産になります。

妊娠・出産については獣医師と事前によく相談して決めましょう。

 

ブルドックのお手入れ

ブルドックにトリミングは必要なし!毎日のブラッシングでOK

ブルドックは短毛なのでトリミングの必要はありません。

スムースコートと呼ばれる固く艶のある毛質をしています。

ダブルコートのため換毛期には多量のアンダーコートの抜け毛がありますので、ラバーブラシなどで毎日ブラッシングする習慣をつけましょう。

ブルドックのお手入れで気を付けること

ブルドックのお手入れで一番気をつけなければならないのが顔や体のしわです。

ブルドックの皮膚は脂漏質なので、しわの間に抜け毛や皮脂の汚れがたまりやすく、放置していると細菌が繁殖して臭いや皮膚炎のもとになります。

日々チェックして汚れは濡れたタオルやウエットシートなどでこまめに拭き取ってあげましょう。

ブルドックのシャンプーの頻度

シャンプーは月1回を目安にします。

夏の暑いときは1週間に1回に増やしてもかまいませんが、体調などに十分な配慮が必要です。

シャンプーするときは爪を立てず、指の腹を使って毛の根元まで洗うようにしましょう。少し強めのシャワーで流すと抜け毛をきれいに落とすことができます。

ブルドックの歯磨き

ブルドックの歯磨きは生後2ヶ月を過ぎた頃から始めましょう。

犬は人より唾液が少ないため歯垢がたまりやすく、歯磨きを怠ると歯が黄ばみ口臭もひどくなります。

歯周病から歯槽膿漏に進むと歯が抜け落ちます。

歯磨きは口を触られることに慣れてから始めましょう。

最初は前歯からガーゼを指に巻いてゆっくり擦ってやります。

慣れてきたら奥歯や内側の歯も磨いていきます。歯石がひどくついたときは動物病院で取ってもらうことになりますが、犬の歯石は全身麻酔でしか取ることができません。

体への負担も大きなものになりますので、獣医師としっかり相談してから決めましょう。

 

ブルドックの注意する病気

ブルドックは病気にかかりやすい?

ブルドックは度重なる改良を重ねられたことによる特殊な体型のため、遺伝的なものを含めさまざまな病気にかかりやすい犬種です。

症状からどの病気かを素人判断するのはとても危険なことです。

下記にブルドックがかかりやすい病気をご紹介しますが、あくまでも参考にして頂き、少しでも気になる症状が見られた場合はすぐに獣医師の診察をうけるようにしましょう。

股関節形成不全

生まれつき股関節がうまく作られず亜脱臼を起こす病気です。発症には遺伝が関係しており、生後6~9ヶ月頃から症状が出始め、成犬になるにつれ進行していきます。

後ろ脚がうまく動かせず脚を引きずったり、腰を振って歩いたりします。進行すると関節炎を起こし後ろ脚が跛行します。

短頭種上部気道症候群

鼻腔狭窄症や軟口蓋過長症、気管低形成など鼻や喉の気道が狭くなる病気です。

マズルの短い短頭種がなりやすい病気です。鼻腔狭窄症は鼻の入口の構造異常から気道が狭くなり、軟口蓋過長症はのどの奥にある上あごの粘膜が生まれつき長いことで気道が塞がってしまいます。共

に呼吸困難になり喘ぐような呼吸になったり、いびきをかくようになったりします。暑いときは症状がひどくなりやすく、チアノーゼを起こして重症になる場合もありますから注意しましょう。

眼瞼内反症

生まれつきまぶたの端が内側に巻き込んでいる病気です。

上下まぶたのどちらにも起こります。

眼球にまぶたが触れる刺激で目をしばしばさせたり、涙が増えたりします。

また刺激で角膜炎や角膜腫瘍を起こすこともあります。角膜炎になると黒目の表面が白く濁って見えます。

皮膚炎

ブルドックのしわの汚れは皮膚炎を起こす原因になります。

ブルドックの皮膚は脂漏質なので、たるんだ皮膚の間に細菌が繁殖しアレルギー性皮膚炎や、脂漏性皮膚炎になりやすいのです。

顔面や四肢、腹部、脇の下、あごなど、皮膚が赤くなって脱毛がみられたり、掻いたり舐めたりするときは獣医師の診察を受けましょう。

慢性化すると色素沈着を起こし皮膚の黒ずみや硬化がみられるようになります。

 

ブルドック

ブルドックと長く共に暮らすために・・

ブルドックの平均寿命は8~10年だといわれています。

他の中型犬種からみても決して長寿とはいえません。

平均寿命を下げている原因のひとつに出産があります。

ブルドックの出産はその特異な体型のため難産になることが多く、すべて帝王切開による出産となります。

そのため生まれる頭数も少なく、死産の確率も高いといわれています。

また種族存続のため、度重なる近親交配を繰り返していることによる遺伝性の奇形や疾病も多く、成犬になる前に死亡する率が高いことも一因となっています。

見かけとは違い、決して丈夫とはいえないブルドックと、一日でも長く共に暮らしていくためには、肥満予防・体温調節・しわからくる皮膚病予防が欠かせません。

またシニア期にはエネルギー代謝が衰えるため、ますます肥満になる傾向があります。

6歳を過ぎたらローカロリーな食事にして肥満を防ぎましょう。関節の弱い犬種ですからシニア期の運動には特に注意する必要があります。

短頭種は呼吸が苦手ですから、激しい運動は避け室内で遊ぶなど無理のない運動に切り替えてあげることで負担を減らしてあげましょう。

 

ブルドックとの暮らしはたとえ長くはなくても、その律儀なほどの忠誠心と暖かでおおらかな存在は、家族に大きな愛を与えてくれることでしょう。