犬の里親になりたい!里親になれる条件や、東京・大阪・福岡の里親募集・譲渡会情報

犬を飼うには、ペットショップやブリーダーから迎えるだけではなく、ワケあって保護された犬を譲り受ける、里親になるという方法があります。 心を痛めてしまった犬たちを救いたい。そう思っても、実際、どこで探せばいいのか、手続はどうしたらいいのかわからないことばかり。今回はそんな犬の里親になるための情報をご紹介します。

犬の里親になるためには

犬の里親になろうと決めたとき、私たちは何をまずしなければいけないでしょうか。

ペットショップやブリーダーから迎える場合と何が違うのでしょうか。

準備が必要なことや、心構えなどをご紹介します。

保護犬は、ペットショップやブリーダーから迎える犬とは違います

まず、保護犬とは、ペットショップやブリーダーの元にいるような犬とは違います。

それは、成犬ばかりとか、性格に難があるということではありません。

確かに成犬が多いのは事実ですが、子犬もたくさん保護されているのも現状です。

保護される犬にはいろんな事情があります。

身勝手な飼い主に捨てられたりする一方、大切に育てられてきた犬でも、飼い主さんの都合で仕方なく手放すことになった犬や、パピーミルのような粗悪な環境から救出された犬など様々です。

ただ、どの犬にも共通して言えることは、多かれ少なかれ心に傷を負ってしまっていることです。

それが原因で、問題行動を起こしてしまう犬たちもいるでしょう。

でもそれは性格に難があるのではなく、純粋でまっすぐな愛情を持っていた犬たちを私たちの手で傷つけてしまった結果です。

そんな犬たちも、新しい飼い主さんの愛情次第で癒され、また本来の姿に戻っていきます。

どこから保護犬を譲り受けるか情報収集

保護犬はどこにいけば見つかるでしょうか。

各都道府県にある動物愛護センターでも譲渡はしていますが、それ以外でも、NPO法人で犬を保護している団体や、個人が集まってやっているところ、動物愛護団体など、探すといろんな団体があります。

まずは、インターネットで検索してみたり、直接電話で問い合わせすることをおすすめします。

動物愛護センターで譲り受ける場合は、公的機関でもあるので、特に心配する要素はないと思われますが、それ以外の団体の場合、少しでも犬たちの殺処分を減らしたい。犬たちを幸せにしたいという気持ちで活動している方々ばかりですが、中には、善意だけではない人たちがいるのも事実です。

余計なトラブルを防ぐためにも、情報収集は大切です。また、愛犬家の口コミもすごく役に立つ情報になります。

家族全員保護犬を迎え入れることに合意していて協力的か?

1番大切なことですが、犬を受け入れる側の、家族全員が協力的かどうかの確認は、犬を迎える前に必ず必要です。飼い主さん1人だけでは犬は飼えません。

特に保護犬の場合、新しい家に慣れ、家族に心を開くのにも普通の犬より時間がかかります。

それを家族全員が理解した上でないと、最悪また不幸な結果になりかねません。

保護犬の里親になれるかどうかの覚悟を確認

家族全員が保護犬受け入れを納得し、協力体制がバッチリだったら大丈夫?

それではやや不十分なのです。それは「気持ちがあれば何とかなるから大丈夫!」というのと同じこと。

危ういです。

犬を飼うとは、命を預かることです。その命を預かる覚悟と準備があるか、自問自答してみましょう。

保護犬を迎える覚悟

  • 犬は最低でも10〜15年は生きます。別れが来るその日まで、あなたの人生に何が起きようが、その犬を守れますか?
  • 保護犬は、まだあなたの愛の深さを知りません。悲しいことがあったので、あなたを試すように、たくさんの意地悪やいたずらをするかもしれません。それでも、その保護犬が心を開くまで、愛情を注ぎ続けられますか?
  • 犬も時に病気になります。ケガもするかもしれません。ちゃんと治療できる蓄えはありますか?

これらのこと1つ1つに、覚悟を持って飼えるかどうか確認してください。

動物愛護団体と譲渡に関しての話し合いはきちんとする

動物愛護センター(保健所)や動物愛護団体から犬を迎える場合、どちらにしても、譲渡前後に聞いていなかった。そんなはずじゃなかった。では、1番不幸なのは、間に挟まれる犬です。

スムーズな引き渡しで家に迎えた後、気持ちよく、保護犬だけに集中できるように、必要なことはきちんと話し合いをして、お互いに意思の相違がないように気をつけましょう。

また、愛護団体から譲り受けた場合、飼っていく中での心配事や困ったことなど、相談にのってもらえるところもありますので、そういったアフターフォローがあるかどうかも、里親になるときの安心材料になったりしますね。

犬の里親になれる条件

どこから保護犬を譲り受けるかで、里親になれる条件というのが変わってきます。

動物愛護センターから譲り受ける場合

  • 家族全員の同意
  • 普段、人が家にいて、留守がちではないこと
  • 愛護センターの都道府県居住者であること
  • 20歳以上、65歳以下。もしくは66歳以上でも、自分の身に何かあったとき、65歳以下で、その後その動物を責任持って飼ってくれる人がいること
  • 譲渡講習を受けること
  • 予防接種、食費、医療費など、動物にかかる費用を負担できること
  • 不妊・去勢手術ができる
  • 動物を飼える場所に住んでいる
  • 終生責任持って飼い続けられること

各都道府県の動物愛護センターで条件も多少変わってきます。

里親希望の場合は、お住いの都道府県へ詳細を確認してください。

その他の保護団体から譲り受ける場合

  • 原則、室内飼いができること
  • 家族全員の同意があること
  • 散歩がちゃんとできること
  • 転勤や引越しの予定がないこと
  • 1人暮らし、同棲中は不可
  • 小さな子供や乳幼児がいる場合は不可
  • ペットが飼える住宅に住んでいること
  • 場合によって、犬を飼っていたことがある経験者優遇
  • 自宅までスタッフがお届けします
  • 予防接種、食費、医療費など、動物にかかる費用を負担できること
  • 留守番の少ない家庭
  • 引渡しは、トライアル後
  • 終生責任持って飼い続けられること

各保護団体によって、条件は変わります。動物愛護センターと違い、条件もより厳しい場合や、面談の後トライアル期間があることや、譲渡後も、犬の状況を報告しなければならないところなどがあります。

気になる犬が見つかったら、その団体にそれぞれの条件を確認してみてください。

また、ほとんどの場合、気に入ったからすぐに譲渡とはならず、数週間のトライアル後に決定となる場合が多いです。

犬の里親募集・譲渡会情報 大阪

大阪動物愛護センター(保健所)動物愛護グループ

大阪府で管理している動物愛護センターです。譲渡会があるかどうかは要確認です。

大阪市 健康局健康促進部動物管理センター

大阪市で管理している動物管理センターになります。定期的な譲渡会があります。犬の引き渡しは、譲渡会でになります。事前手続きが必要です。

譲渡会参加には、事前登録が必要です。審査に通った方のみ参加できます。

NPO法人 動物愛護団体 エンジェルズ「大阪シェルター」

滋賀県に本部があり、現在では大阪や東京など5支部ある動物愛護団体になります。

NPO アニマルレフュージ関西 大阪アーク

アークは、東京と大阪に拠点があります。災害レスキューにも積極的に参加している団体になります。

犬の里親募集・譲渡会情報 東京

東京都動物愛護相談センター

東京都で管理している愛護センターになります。譲渡会への参加は、譲渡事前講習会を受講し、事前申し込みが必要になります。

  • 住所: 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
  • 電話: 03-3302-3507
  • 譲渡会日時: 本所 第3木曜日 10:00〜12:00 多摩支所 第2、4金曜日13:30〜15:30
  • 譲渡会場: 本所、世田谷区 多摩支所、日野市
  • ホームページ: 東京都動物愛護相談センター

CAJA(カヤの会)

2004年の12月には、東京都動物愛護相談センターで譲渡団体として認可された団体になります。申し込みはインターネットのみ。後日話し合いでお見合いの日にちを決めて、実際に保護犬と会います。

NPO団体 TOTO-NON(ととのんハウス)

こちらの活動ポリシーは、活動の支援金は募らない・受け付けない。です。毎日13:00〜15:00(土日は13:00〜16:00)里親募集している保護犬と直接会って、触れ合うことができます。

 

Tier Heim KOKUA(ティアハイム コクア)

ドッグホテルやトリミングサロンでの収入で犬を保護して、里親を探す活動をしている団体です。譲渡会もしているようなので、詳しくはホームページでご確認ください。

 

犬の里親募集・譲渡会情報 福岡

わんにゃんよかネット(福岡市動物愛護管理センター)

福岡市で管理している動物愛護センターになります。犬の譲渡には事前講習の受講や、申し込みが必要になります。また、譲渡後もどう犬が過ごしているかの調査も受けることになります。譲渡会の日程は、ホームページで随時閲覧できます。

P’s-first(ペッツファースト)福岡天神店

P’s-firstは全国展開しているペットショップになりますが、こちらの支店には、保健所から引き取った保護犬もいるのです。

NPO法人 セブンデイズ

こちらの団体では、犬を保護する以外に、犬の診療も行っており、感染症や伝染病の撲滅を目指しています。動物病院併設されています。

  • 住所: 筑紫野市杉塚5-13-6
  • 電話: 092-918-7712
  • 時間: 9:00〜19:00(保護犬面会の希望の場合、必ず事前連絡が必要です)
  • 譲渡会: 毎週第3日曜日
  • ホームページ: NPO法人 セブンデイズ

犬の里親募集・譲渡会情報 そのほかの地域

公益財団法人 神奈川県動物愛護協会

1958年に当時の神奈川県知事の夫人、内山登志子氏が中心となって、設立されました。動物病院も併設している保護シェルターです。

ちばわん

250人を超えるボランティアで組織されている団体です。譲渡会も不定期で行われているので、詳しくはホームページなどで予定を確認してみてください。

こちらの団体では、飼育放棄動物放置防止のため、住所など公開していません。また、電話での問い合わせも対応していないため、問い合わせはメールのみになります。

しろいぬカフェ 

しろいぬカフェ3階で定期的に、様々な保護団体の方々による里親譲渡会が行われています。ペットカフェや、ドッグサロンも併設されています。しろいぬカフェでは、動物と人との出会いの場を無償で提供しています。

  • 住所: 千葉県流山市南流山1-15-7
  • 電話: 04-7170-0158
  • 時間: 11:00〜18:00
  • 譲渡会: 随時、ホームページで要確認
  • ホームページ: しろいぬカフェ

Happy Paws(ハッピーパウズ)

関東圏内で活動している愛護団体になります。埼玉県動物指導センターから犬たちを救出し、治療が必要な犬には治療を、不妊・去勢手術をし、新しい里親さんに譲渡するという活動をしています。不定期で譲渡会もしているので、日時はホームページから確認してください。

BCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)

全国の保護センターで保護されているボーダーコリーを、保護し、新しい里親を探す活動をしています。犬種をボーダーコリーのみにしているのは、ボーダーコリーは扱い方や飼育の難しさから、持て余される問題が増え続けていることと、ボーダーコリーを熟知しているスタッフの手で、ボーダーコリーが本来あるべき姿にして、新しい飼い主へ譲渡することを目指しているからです。