犬の里親になりたい!里親になれる条件や、東京・大阪・福岡の里親募集・譲渡会情報

犬の里親になるためには

犬,穴

犬の里親になろうと決めたとき、私たちは何をまずしなければいけないでしょうか。

ペットショップやブリーダーから迎える場合と何が違うのでしょうか。

準備が必要なことや、心構えなどをご紹介します。

保護犬は、ペットショップやブリーダーから迎える犬とは違います

まず、保護犬とは、ペットショップやブリーダーの元にいるような犬とは違います

それは、成犬ばかりとか、性格に難があるということではありません。

確かに成犬が多いのは事実ですが、子犬もたくさん保護されているのも現状です。

保護される犬にはいろんな事情があります。

身勝手な飼い主に捨てられたりする一方、大切に育てられてきた犬でも、飼い主さんの都合で仕方なく手放すことになった犬や、パピーミルのような粗悪な環境から救出された犬など様々です。

ただ、どの犬にも共通して言えることは、多かれ少なかれ心に傷を負ってしまっていることです。

それが原因で、問題行動を起こしてしまう犬たちもいるでしょう。

でもそれは性格に難があるのではなく、純粋でまっすぐな愛情を持っていた犬たちを私たちの手で傷つけてしまった結果です。

そんな犬たちも、新しい飼い主さんの愛情次第で癒され、また本来の姿に戻っていきます。

トイプードルの激安販売店は避けるべきか

2018.02.08

チワワの激安ブリーダーは避けるべき?知っておきたい激安の理由

2018.02.08

どこから保護犬を譲り受けるか情報収集

保護犬はどこにいけば見つかるでしょうか。

各都道府県にある動物愛護センターでも譲渡はしていますが、それ以外でも、NPO法人で犬を保護している団体や、個人が集まってやっているところ、動物愛護団体など、探すといろんな団体があります

まずは、インターネットで検索してみたり、直接電話で問い合わせすることをおすすめします。

動物愛護センターで譲り受ける場合は、公的機関でもあるので、特に心配する要素はないと思われますが、それ以外の団体の場合、少しでも犬たちの殺処分を減らしたい。
犬たちを幸せにしたいという気持ちで活動している方々ばかりですが、中には、善意だけではない人たちがいるのも事実です。

余計なトラブルを防ぐためにも、情報収集は大切です。
また、愛犬家の口コミもすごく役に立つ情報になります。

家族全員保護犬を迎え入れることに合意していて協力的か?

1番大切なことですが、犬を受け入れる側の、家族全員が協力的かどうかの確認は、犬を迎える前に必ず必要です。
飼い主さん1人だけでは犬は飼えません。

特に保護犬の場合、新しい家に慣れ、家族に心を開くのにも普通の犬より時間がかかります

それを家族全員が理解した上でないと、最悪また不幸な結果になりかねません。

保護犬の里親になれるかどうかの覚悟を確認

家族全員が保護犬受け入れを納得し、協力体制がバッチリだったら大丈夫?

それではやや不十分なのです。
それは「気持ちがあれば何とかなるから大丈夫!」というのと同じこと。

危ういです。

犬を飼うとは、命を預かることです。
その命を預かる覚悟と準備があるか、自問自答してみましょう。

保護犬を迎える覚悟
  • 犬は最低でも10〜15年は生きます。
    別れが来るその日まで、あなたの人生に何が起きようが、その犬を守れますか?
  • 保護犬は、まだあなたの愛の深さを知りません。
    悲しいことがあったので、あなたを試すように、たくさんの意地悪やいたずらをするかもしれません。
    それでも、その保護犬が心を開くまで、愛情を注ぎ続けられますか?
  • 犬も時に病気になります。
    ケガもするかもしれません。
    ちゃんと治療できる蓄えはありますか?

これらのこと1つ1つに、覚悟を持って飼えるかどうか確認してください。

動物愛護団体と譲渡に関しての話し合いはきちんとする

動物愛護センター(保健所)や動物愛護団体から犬を迎える場合、どちらにしても、譲渡前後に聞いていなかった。
そんなはずじゃなかった。
では、1番不幸なのは、間に挟まれる犬です。

スムーズな引き渡しで家に迎えた後、気持ちよく、保護犬だけに集中できるように、必要なことはきちんと話し合いをして、お互いに意思の相違がないように気をつけましょう。

また、愛護団体から譲り受けた場合、飼っていく中での心配事や困ったことなど、相談にのってもらえるところもありますので、そういったアフターフォローがあるかどうかも、里親になるときの安心材料になったりしますね。

犬の里親になれる条件

ボストンテリア,飼い主

どこから保護犬を譲り受けるかで、里親になれる条件というのが変わってきます。

動物愛護センターから譲り受ける場合の条件
  • 家族全員の同意
  • 普段、人が家にいて、留守がちではないこと
  • 愛護センターの都道府県居住者であること
  • 20歳以上、65歳以下。
    もしくは66歳以上でも、自分の身に何かあったとき、65歳以下で、その後その動物を責任持って飼ってくれる人がいること
  • 譲渡講習を受けること
  • 予防接種、食費、医療費など、動物にかかる費用を負担できること
  • 不妊・去勢手術ができる
  • 動物を飼える場所に住んでいる
  • 終生責任持って飼い続けられること

各都道府県の動物愛護センターで条件も多少変わってきます。

里親希望の場合は、お住いの都道府県へ詳細を確認してください。

その他の保護団体から譲り受ける場合の条件
  • 原則、室内飼いができること
  • 家族全員の同意があること
  • 散歩がちゃんとできること
  • 転勤や引越しの予定がないこと
  • 1人暮らし、同棲中は不可
  • 小さな子供や乳幼児がいる場合は不可
  • ペットが飼える住宅に住んでいること
  • 場合によって、犬を飼っていたことがある経験者優遇
  • 自宅までスタッフがお届けします
  • 予防接種、食費、医療費など、動物にかかる費用を負担できること
  • 留守番の少ない家庭
  • 引渡しは、トライアル後
  • 終生責任持って飼い続けられること

各保護団体によって、条件は変わります。
動物愛護センターと違い、条件もより厳しい場合や、面談の後トライアル期間があることや、譲渡後も、犬の状況を報告しなければならないところなどがあります。

気になる犬が見つかったら、その団体にそれぞれの条件を確認してみてください。

また、ほとんどの場合、気に入ったからすぐに譲渡とはならず、数週間のトライアル後に決定となる場合が多いです。

フレンチブルドックの里親になる前に知っておきたい準備や注意点

2018.02.08

犬の里親になれる条件が厳しすぎるのはなぜ!?

上記でもご紹介したように、里親は無条件に誰でもなれるわけではありません。

保護団体によっては、ご紹介した条件以外の条件がある場合もあります。

たくさんの条件をクリアしてもまだ、保護団体によっては、飼うことになる自宅を確認されることもあります。

プライベートな部分を知らない人に晒すことに抵抗を持つ人も当然いることでしょう。

ではなぜ、そこまで条件が厳しいのでしょうか。

答えは意外と簡単なところにあります。

保護犬はもう十分に傷ついてしまっています。

もう二度と傷つけたくない。

幸せにしたい。

それだけです。

もう二度と悲しい思いをさせないために、やりすぎでは?というくらい過保護にしたくなるのです。

  • 一生外に放置。ご飯はやるけど散歩はなし。
  • 室内飼いだけど、常に過ごすのはケージの中。
  • 病気になっても見て見ぬ振りで病院に連れて行かない。
  • 放し飼いして交通事故
  • かわいがるのは自分に都合がいい時だけ

これでも犬を飼っているといいます。

人は犬を飼うことで自己中な幸せを得ますが、こういう飼い方では、犬は決して幸せではありません。

こういった無責任な人には里親になってもらいたくないから、厳しい条件を設けている場合がほとんどです。

例えば、去勢・避妊手術の負担をしてもらうのも、いざ里親になれば、犬がケガや病気をしたら、それ以上に費用がかかります。

去勢・避妊手術代が負担できない決意なら、里親になることは向いていません、ということを示唆しているのではないでしょうか。

確かに、中には理不尽なほど、度を越した条件を提示する団体もあるかもしれません。

全てが闇雲に厳しく、里親になろうとする私たちのプライベートをジャッジしようとしているわけではないことをわかってください。

犬の里親募集・譲渡会情報 大阪

大阪動物愛護センター(保健所)動物愛護グループ

里親.保護犬.譲渡.関西

大阪府で管理している動物愛護センターです。
譲渡会があるかどうかは要確認です。

大阪市 健康局健康促進部動物管理センター

大阪市で管理している動物管理センターになります。
定期的な譲渡会があります。
犬の引き渡しは、譲渡会でになります。
事前手続きが必要です。

譲渡会参加には、事前登録が必要です。
審査に通った方のみ参加できます。

NPO法人 動物愛護団体 エンジェルズ「大阪シェルター」

里親.保護犬.譲渡.関西

滋賀県に本部があり、現在では大阪や東京など5支部ある動物愛護団体になります。

NPO アニマルレフュージ関西 大阪アーク

里親.保護犬.譲渡.関西

アークは、東京と大阪に拠点があります。
災害レスキューにも積極的に参加している団体になります。

はぴねすDOG

大阪を中心とした関西エリアで犬の保護活動をしています。

はぴねすDOGでは、新しい飼い主が見つかるまでの預かりをし、トイレなどの基本的なしつけトレーニングもしています。

そして、定期的に譲渡会を開くなどし、里親探しを積極的に行っています。

ホームページ:はぴねすDOG

保護主:Donna Dog Life 真柴 泰子 

問合せ先:090-3969-3775

Email: donna_doglife@yahoo.co.jp

Love five

日本を殺処分のない国にするための活動を精力的にしており、ふれあい譲渡会を定期的に開いて、新しい里親を探しています。

また、保護犬カフェを開くなど、新たな試みをしています。

電話番号:06-6777-8715 繋がりにくい時、080-4832-1269(11:00〜17:00)

または、ホームページよりお問い合わせフォームにて問合せください。

ホームページ:Love five

大阪鶴見緑地パートナードッグタウン

大阪鶴見緑地パートナードッグタウンは、ドッグランと保護犬譲渡施設が一緒にあり、犬のための公園です。

保護犬譲渡施設は涼しく快適な環境で、ゆっくり保護犬と触れ合えます。

ただし、里親希望者のみ入室できます。

住所:大阪府大阪市鶴見区浜1丁目1番(鶴見緑地プール横)

電話:070-5430-1156

営業時間:保護犬譲渡施設…11:00〜16:00 ドッグラン…10:00〜17:00

休園日:毎週火曜日・金曜日(祝日は営業)

ホームページ:大阪鶴見緑地パートナードッグタウン

LEY-LINE

活動は譲渡会を行なっているほか、インターネットでも里親を募集しています。

新しい家族探し会&プチバザーの開催予定は、随時ホームページ内のイベント情報から確認できます。

里親募集地域は関西エリアになります。

ホームページ:LEY-LINE

Facebook: LEY-LINE

 

犬の里親募集・譲渡会情報 東京

東京都動物愛護相談センター

東京都で管理している愛護センターになります。
譲渡会への参加は、譲渡事前講習会を受講し、事前申し込みが必要になります。

  • 住所: 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
  • 電話: 03-3302-3507
  • 譲渡会日時: 本所 第3木曜日 10:00〜12:00 多摩支所 第2、4金曜日13:30〜15:30
  • 譲渡会場: 本所、世田谷区 多摩支所、日野市
  • ホームページ: 東京都動物愛護相談センター

CAJA(カヤの会)

保護犬,引き取り,譲渡.

2004年の12月には、東京都動物愛護相談センターで譲渡団体として認可された団体になります。
申し込みはインターネットのみ。
後日話し合いでお見合いの日にちを決めて、実際に保護犬と会います

NPO団体 TOTO-NON(ととのんハウス)

保護犬,引き取り,譲渡.

こちらの活動ポリシーは、活動の支援金は募らない・受け付けない。
です。
毎日13:00〜15:00(土日は13:00〜16:00)里親募集している保護犬と直接会って、触れ合うことができます

 

Tier Heim KOKUA(ティアハイム コクア)

保護犬,引き取り,譲渡.

ドッグホテルやトリミングサロンでの収入で犬を保護して、里親を探す活動をしている団体です。
譲渡会もしているようなので、詳しくはホームページでご確認ください。

ドッグレスキュークラブ・東京

東京・神奈川で飼い主さんを失ってしまった犬の幸せな犬生を、リセットさせるために活動しています。

譲渡までの流れは、アンケートに答える→お見合い→トライアルと諸費用の支払い→登録書類の提出で完了します。

万が一、譲渡不成立の場合、貸与物と保護犬を返却することになります。また、支払った諸費用も返金されます。

*諸費用…去勢・不妊手術、各種予防注射、フィラリア検査、搬送代など

ホームページ:ドッグレスキュークラブ・東京

問い合わせはホームページより、お問い合わせフォームからメールできます。

Alma

主に関東エリアの動物愛護センターから、処分される犬猫を引き取って保護し、新しい里親さんを見つける活動をしています。

1頭でも多くの命をつなげていきたいと、日々尽力を惜しまず、犬たちへ愛情を注ぎ続けています。

Almaでは2012年、東京都葛飾区に「アルマ東京ティアハイム」という一般家庭に近い環境で、犬が生活できるようにと、小規模シェルターを開設いたしました。

ホームページより、里親会のスケジュールを確認できます。

アルマ東京ティアハイムアルマ事務局

住所:東京都葛飾区細田5-11-12 一般社団法人アルマ

電話:03-5876-7667

ホームページ:Alma

犬の里親募集・譲渡会情報 福岡

わんにゃんよかネット(福岡市動物愛護管理センター)

保護犬,引き取り,譲渡.

福岡市で管理している動物愛護センターになります。
犬の譲渡には事前講習の受講や、申し込みが必要になります。
また、譲渡後もどう犬が過ごしているかの調査も受けることになります
譲渡会の日程は、ホームページで随時閲覧できます。

P’s-first(ペッツファースト)福岡天神店

保護犬,引き取り,譲渡.

P’s-firstは全国展開しているペットショップになりますが、こちらの支店には、保健所から引き取った保護犬もいるのです。

NPO法人 セブンデイズ

こちらの団体では、犬を保護する以外に、犬の診療も行っており、感染症や伝染病の撲滅を目指しています。
動物病院併設されています。

  • 住所: 筑紫野市杉塚5-13-6
  • 電話: 092-918-7712
  • 時間: 9:00〜19:00(保護犬面会の希望の場合、必ず事前連絡が必要です)
  • 譲渡会: 毎週第3日曜日
  • ホームページ: NPO法人 セブンデイズ

ペットのおうち「福岡」

ペットのおうちは月間150万人が利用する国内最大級の里親募集サイトになります。

里親を募集する側と、里親になりたい側が、より多くの情報を共有できる場となっていて、地域を選択して検索可能です。

イベント情報として、住んでいる地域で譲渡会などの開催予定などもチェック出ます。

大変便利なサイトになりますが、里親になる際、こちらのサイト運営側は間に入ることはなく、里親募集側と里親になりたい側の1対1でのやりとりになるので、トラブルがないように気をつける必要があります。

ホームページ:ペットのおうち「福岡」

PEACE DOG

ドッグサロンをしながら、保護犬の里親探しもしているお店になります。

里親になる条件として、

  • 2週間のトライアルがあること
  • 自宅までお届けする引渡し方法のみ
  • それ以外7項目の条件をクリアできる人(詳しくはホームページ参照)

があります。

PEACE DOG 筑紫野本店

住所:福岡県筑紫野市永岡948番1号 パラディ内

電話:092-928-4411

時間:10:00〜19:00(毎週木曜日休み 祝・祭日除く)

シャンプーハウス PEACE DOG

住所:福岡県春日市上白水1311-72 豊洲ビル1F

電話:092-596-4400

時間:10:00〜19:00(毎週木曜日休み 祝・祭日除く)

ホームページ:PEACE DOG

犬の里親募集・譲渡会情報 そのほかの地域

公益財団法人 神奈川県動物愛護協会

1958年に当時の神奈川県知事の夫人、内山登志子氏が中心となって、設立されました。
動物病院も併設している保護シェルターです。

ちばわん

250人を超えるボランティアで組織されている団体です。
譲渡会も不定期で行われているので、詳しくはホームページなどで予定を確認してみてください。

こちらの団体では、飼育放棄動物放置防止のため、住所など公開していません。
また、電話での問い合わせも対応していないため、問い合わせはメールのみになります。

しろいぬカフェ

しろいぬカフェ3階で定期的に、様々な保護団体の方々による里親譲渡会が行われています
ペットカフェや、ドッグサロンも併設されています。
しろいぬカフェでは、動物と人との出会いの場を無償で提供しています。

  • 住所: 千葉県流山市南流山1-15-7
  • 電話: 04-7170-0158
  • 時間: 11:00〜18:00
  • 譲渡会: 随時、ホームページで要確認
  • ホームページ: しろいぬカフェ

Happy Paws(ハッピーパウズ)

保護犬,引き取り,譲渡.

関東圏内で活動している愛護団体になります。
埼玉県動物指導センターから犬たちを救出し、治療が必要な犬には治療を、不妊・去勢手術をし、新しい里親さんに譲渡するという活動をしています。
不定期で譲渡会もしているので、日時はホームページから確認してください。

BCRN(ボーダーコリーレスキューネットワーク)

全国の保護センターで保護されているボーダーコリーを、保護し、新しい里親を探す活動をしています。
犬種をボーダーコリーのみにしているのは、ボーダーコリーは扱い方や飼育の難しさから、持て余される問題が増え続けていることと、ボーダーコリーを熟知しているスタッフの手で、ボーダーコリーが本来あるべき姿にして、新しい飼い主へ譲渡することを目指しているからです。

 

ボーダーコリーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.06.10

pooch Dog Rescue

様々な理由で飼い主を失った犬を保護し、必要な医療を受けさせ、心のケアをして、新しい飼い主さんを見つける活動をしています。

主な活動エリアは神奈川県内になります。

定期的に譲渡会を開いているほか、インターネット上でも里親募集している犬たちを見ることができます。

電話:070-5645-5303

メールアドレス:poochdogrescue@yahoo.co.jp

ホームページ:pooch Dog Rescue

Wonderful Dogs

小型〜大型犬まで、ひとつでも多くの命を救い、幸せな生活を取り戻してあげる活動をしています。

里親になるまでの流れとしては、お見合いや家庭訪問を経て、トライアルを無事済ませ、初めて里親になれます。

ホームページで随時、譲渡会などのイベントの日程を確認できます。

問い合わせはホームページにありますフォームを使い、問い合わせ可能です。

ホームページ:Wonderful Dogs

この記事のまとめ

保護犬の里親になるための確認事項
  • 保護犬はペットショップやブリーダーから迎える犬とは違います
  • 里親になるためには情報収集が大事
  • 里親になるためには家族全員の合意が必要
  • 保護犬の里親になれるか覚悟を確認すること
  • トラブル防止のため、動物保護団体と条件確認をする
  • 里親条件は各保護団体により変わります
  • 都道府県の愛護センターでは譲渡講習会受講が必須
  • 保護団体によっては詳しい住所照会がわざとなし(動物放置帽子)
  • 保護団体へのコンタクトはメールがメイン

最後に

里親募集や譲渡会について調べて行くと、大小規模は様々ですが、本当にたくさんの人たちが、1頭でも多く傷ついた犬たちを救おうと懸命になっていることを知ることができます。

こんな温かな犬を思う気持ちがどんどんと日本中に広がり、いつか、犬を不幸にしてしまう悲しい現実までも変えてしまう、そんな日がくることを心から願います。