犬と猫どっちも飼いたい!犬猫同居生活で知っておきたい犬猫の違いとは?

あなたは犬派?猫派?

犬.猫

犬派か猫派かという議論は昔からありますが、どちらが多いと思いますか?
実は、犬派が6割、猫派が4割で犬派の方が多い傾向にあるようです。

それぞれ異なる魅力を持つ犬と猫ではありますが、どちらかによってその人の性格の傾向にも違いがあるようですよ。

犬派の人の性格傾向

  • 人のことが好き
  • あまり人見知りをしない
  • 人から頼られたい・世話好き・おせっかい
  • 話を聞くのが得意
  • どちらかというとアウトドア派
  • 協調性がある
  • 団体行動が苦にならない
  • 恋愛相手には尽くすタイプ
  • 周りの目を気にする

猫派の人の性格傾向

  • 自分は自分、他人は他人という考えを持っている
  • 人見知りをする
  • 人が集まる場所は苦手
  • 休日は一人家で過ごすのが好き
  • どちらかというとインドア派
  • マイペース
  • 団体行動が苦手
  • 尽くすより尽くされたい
  • 安心よりも刺激のある恋愛がしたい

いかがでしたか?
全てこれに当てはまるというわけではないでしょうが、あなたの考えに近いのはどちらでしょうか。

一般的に男性には犬派が多く、女性には猫派が多いと言われているそうです。

犬と猫 飼うならどっち?

犬と猫のどちらかだけを飼うとしたら、どちらにしようか悩む人も多いのではないでしょうか。

犬と猫では、性格や飼い方、習性、飼育費用など大きく違ってきます。
犬と猫の性格や飼い方、習性、飼育費用などから考えて、どちらがあなたに向いているのか考えてみましょう。

犬と猫の違い 【性格】

犬の性格
  • 人が好きで懐きやすい
  • 忠実で飼い主の事を裏切らない
  • 飼い主と一緒に遊ぶことが大好き
  • 飼い主の感情を読み取ることができる
  • 感情表現が豊かでわかりやすい
  • やきもちを焼く
猫の性格
  • 気ままなマイペース
  • 飼い主の事は同居人や対等の存在としてみている
  • 気が向いた時は構ってほしいが、基本的には自由に過ごしていたい
  • 飼い主の機嫌は伺わない
  • 感情表現が少ない
  • 構い過ぎると怒る

飼うならどっち?

性格に大きな違いのある犬と猫。
基本的には、感情が読み取りやすい犬に対し、猫は感情がうまく読み取れない謎な性格をしています。
犬は体全体を使って感情を表現してくれるので、その分愛情も伝わりやすいです。
一方で猫は基本的にはとても気まぐれでツンデレです。
それでも、密かに飼い主のことを大切には思っているそうですよ。
ペットとの関係に安定を求めるなら「犬」、ペットとも良い距離感を保ちたいのであれば「猫」といったところでしょうか。

犬の性格はいつ決まる?犬種ごとの違いや男女別の特徴を紹介

2018.02.08

犬と猫の違い 【飼い方】

犬の飼い方
  • 毎日の散歩が必要。
    休日にはドッグランでの運動も
  • 定期的な体のお手入れが必要(爪切り・ブラッシング・シャンプーなど)
  • しつけやすい
  • お留守番が嫌い
  • 食べ物の好き嫌いが少ない
猫の飼い方
  • 猫は1日のほとんど寝ていることが多い
  • 自分で毛づくろいや爪とぎをするので、お手入れは簡単
  • トイレを覚えるのは早いが、その他のしつけは難しい
  • お留守番が得意
  • 食べ物の好き嫌いが多い

飼うならどっち?

犬を飼う場合には、散歩やお手入れも必要になってくるため、ペットのための時間を確保する方に向いているでしょう。
それに比べて時間的な余裕ができるのは猫だと言えます。
そのため、それぞれの生活的スタイルによってどっちが飼いやすいのかも変わってきます。
在宅していることが多いのであれば「犬」、外出することが多いのであれば「猫」の方が飼いやすいでしょう。
また、休日の過ごし方でも、ペットと一緒に出掛けたり満喫して過ごしたいのであれば「犬」、休日は家でまったりと過ごしていたいのであれば「猫」がおすすめとなるでしょう。

「子猫の世話はまかせて!」心優しいワンコたちにほっこり和む30選!

2018.02.08

犬と猫の違い 【習性】

犬の習性
  • 吠える
  • 走ることが好き
  • 走るものや逃げるものを追いかけたがる
  • 警戒心・縄張り意識が強く攻撃してくることも
  • 愛情を独占したがる。やきもちをやく
  • 群れを好む
  • 穴を掘る・物を噛むのが好き⇒破壊行為
猫の習性
  • 発情期以外は基本的には静かであまり鳴かない
  • 自尊心が強く1人の時間を大切にする
  • 小さく動くものを捕まえたがる
  • 夜になると活発になる
  • 毛玉を吐く
  • 孤独を好む
  • 爪とぎをする⇒家具や壁などを傷つける

飼うならどっち?

犬と猫の習性の違いから分かるのは、しつけの有無です。
犬の吠える・噛むなど習性に対してしつけが絶対的に必要になります。
一方で猫の場合は、しつけが全く必要ないというわけでもありませんが、毛玉を吐くことや爪とぎをすることに対してはしつけではなく食事やブラッシングで毛玉吐きを少なくしてあげたり、爪とぎマットや防止シートなどのグッズを活用した対策がメインで必要となるでしょう。

犬と猫の違い 【飼育費用】

犬の飼育費用(生涯)
犬(小型犬)の生涯費用:約200万円

  • 初期費用:20万円
  • 避妊・去勢費用:2~3万円
  • 毎月の食費飼育費:10,000円×12カ月×(平均寿命)13年=1,560,000円
  • 狂犬病予防接種費用:3,500円×(平均寿命)13年=45,500円
  • フィラリア予防:8,000円×(平均寿命)13年=10,400円
  • 混合ワクチン:8,000円×(平均寿命)13年=10,400円
  • ノミ・ダニ予防費:1,000円×12カ月(平均寿命)13年=156,000円
  • トリミング:1回5,000円×12カ月=60,000円
猫の飼育費用(生涯)

猫の生涯費用:約140万円

  • 初期費用:10万円
  • 避妊・去勢費用:2~3万円
  • 毎月の食費飼育費:5,000円×12カ月×(平均寿命)16年=960,000円
  • 混合ワクチン:8,000円×(平均寿命)16年=128,000円
  • ノミ・ダニ予防費:1,000円×12カ月×(平均寿命)16年=192,000円

飼うならどっち?

犬の平均寿命13年に比べて猫の平均寿命は16年と比較的長寿の傾向にあります。
それにも関わらず、生涯費用では猫の方が安いという結果になりました。
もちろん飼い方やケガや病気などによってさらに費用が必要となる可能性はあります。
そのため、場合によっては猫の方が費用が嵩んでしまう可能性も否定できませんが、基本的な飼育費用としては犬の方が高額となり、比較的猫の方が安く飼えるという結果になりました。

犬と猫 一緒に飼う時に注意したいこと

性格や飼い方が全く異なる犬と猫ではありますが、決して一緒に飼えないということではありません。

ただし、トラブルなく生活していくためには注意するべきことがいくつかあります。

注意したいこと① 組み合わせを考える

犬と猫を一緒に飼う時にはどちらを先に飼い始めるのかなどの組み合わせやタイミングを考慮した方が良いでしょう。

最もベストな組み合わせは、「子犬と子猫です。

犬と猫がどちらも子どもの時に、同時に飼い始めるということです。

社会化期と呼ばれる時期に一緒に飼うことで、兄弟のような関係を築きやすいでしょう。
犬の社会化期は生後4週齢~、猫は3週齢~の期間を指します。

次はおすすめなのは、「先住犬がいるもとに子猫を迎える」方法です。
犬は群れで生活していた動物なので、後から来た子猫の面倒を見たり仲良くなってくれることがあるようです。

ここからは、おすすめはあまりできない組み合わせです。

まず、おすすめできない組み合わせとして「先住している成猫がいるもとに子犬を迎える方法」があります。
自分の縄張りに敵が入ってきたとみなしやすい傾向があり、やや難しい組み合わせとなります。

そして最も難しいのが「成犬と成猫」の組み合わせです。

これは先住がどちらにしろ、大人同士になるため大変難しく、同居がうまくいくかどうかはそれぞれの性格と相性次第となるでしょう。

注意したいこと② それぞれの習性に合わせた飼い方をする

犬と猫は全く違う動物同士なので、それぞれの習性を理解して飼い方や接し方をそれぞれ変えていかなければなりません。

犬と猫が仲良く同居するための方法

2018.02.08

犬と猫 一緒に飼うためのポイント

ポイント① 食事

犬と猫が同居だからと言って、ドッグフードを猫に、キャットフードを犬に与えるということはしないようにしましょう
フードは、犬と猫それぞれに必要な栄養を考えて作られています。

また、犬が猫のご飯を横取り、猫が犬のご飯を横取りすることも考えられますので、それぞれが安心して食事ができるよう工夫してあげましょう。

ポイント② 寝床

犬も猫も一人で安心して体を休ませることができるスペースが必要です。

犬は昼に行動して夜は眠るのに対して、猫は昼に眠って夜に活発になることが多いので、お互いの睡眠の妨げにならないように、それぞれにゆっくり眠れる場所を作ってあげましょう。

犬はケージ、猫は犬が届かない高い場所に作ることをおすすめします。

ポイント③ 運動

犬には毎日の散歩が欠かせません。
犬と猫で遊んで体を動かしているとしても、犬は必ず外に連れ出して散歩に連れて行ってあげましょう。

また、犬だけ散歩に連れて行くのは猫が可哀そうだと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、猫には散歩が必要ありません。
1人留守番になったとしても、猫はそれほど気にしてはいないのです。

その代わり、猫が遊んで欲しいとアピールしてきた時には遊んであげましょう。

犬と猫を一緒に飼うために必要な心構え

心構え① 最初から仲良くなって欲しい気持ちを押し付けない

犬と猫が仲良く寝ている写真なんかをインターネットなどで見かけることがありますよね。

飼っている犬と猫にもそうなって欲しいと考える気持ちは分かりますが、その気持ちは一旦捨てて慎重にいきましょう。

猫の爪は細く鋭いので、犬の目に当たれば眼球を傷つけてしまうこともあります。
犬のあごの力は強く、猫に致命傷を与える力も持っています。

思わぬ事故にならないためにも、最初は別々の部屋で生活させて、徐々に同じ部屋で過ごす時間増やして様子を見ていきましょう。
お互いが慣れて100%安心できるまで絶対に目は離さないようにしましょう。

心構え② 同居できない場合も想定しておく

同居を試みた結果、どうしても相性が合わず、お互いに危険が伴うため同居を諦めざるを得ないということもあります。
そうなったときのことも想定しておきしょう。
家が中が広ければ、お互いが行き来できないよう仕切りをすれば良いでしょうが、最悪の場合どちらかを手放さなければならないというようなこともあるでしょう。

同居をさせる前に、そうなったときの対処も考えておきましょう。

心構え③ 先住している方を優先する

「先住している方を優先させること」これは多頭飼いの鉄則でもあり、犬と猫の同居においても言えることです。

特に犬が先住の場合は、犬は嫉妬深い性格を持っているので、後から来た猫を優先することで嫉妬心から猫への敵意やストレスの原因となります。

食事を与える順番や遊ぶ順番など犬を優先させるようにしましょう。

猫が先住の場合、嫉妬はあまり見せない猫ではありますが、知らない者が突然やってきて生活を乱されることでストレスとなります。
猫に合わせて犬のしつけを行っていきましょう。

心構え④ 飼い方は違っても同じだけの愛情を持って育てる

異なる飼い方や接し方が必要な犬と猫ではありますが、どちらにも同じ愛情を持って育てていきましょう。

いつも寄り添っていてくれる犬の方が可愛いからと犬をひいきしたり、気ままな猫に一途になり過ぎたりせず、どちらにも平等な気持ちを持って接していきましょう。

一人暮らしにおすすめなのは犬?猫?

犬と猫

一人暮らしにおすすめなのは…「猫」

犬か猫だけに限らず、一人暮らしの方がペットとして迎えるのにおすすめの動物は、「猫」です。

その理由を見ていきましょう。

一人暮らしに「猫」がおすすめな理由① 留守番が苦にならない

犬は、飼い主の事が大好きでできればずっと側にいたいと考えます。

それに対して猫は、自立心が高く孤独を好みます。
その為、不在がちな一人暮らしの家だとしても比較的留守番を苦にしないのです。

昼間は寝ていることが多いので、帰宅した夜に十分なコミュニケーションを取ってあげると良いでしょう。

一人暮らしに「猫」がおすすめな理由② お手入れが簡単

犬を飼うには定期的なブラッシングや全身ケアの他に、長毛種であればトリミングも必要となってきます。

それに比べて猫に必要なお手入れには、定期的なグルーミングと爪や歯のケアです。

シャンプーは、自分で毛づくろいをして清潔を保とうとするため基本的には必要なく、爪も自分で研ぐのでそれほど必要としません。

ケアのためにかける時間と費用面から見ても、犬よりも猫のほうが簡単だと言えるでしょう。

一人暮らしに「猫」がおすすめな理由③ 狭い部屋でも大丈夫

一人暮らしの部屋の間取りだと1K・1Rや1DKなどが一般的ですが、どうしても部屋が狭くなってしまいます。

そうなると犬の場合、運動不足になりやすく毎日外に連れ出して運動をさせてあげる必要があります。

しかし、猫は「広さ」よりも「高さ」があることで十分な運動をすることができます。
キャットタワーなどを設置しておけば、好きに上り下りをして運動ができるのです。

犬猫同居におすすめの犬種・猫種類

猫と仲良くできる犬種

  • 「ゴールデンレトリバー」

体は大きくても優しくフレンドリーな長所を持つゴールデンレトリバー。
小さな子どもさん相手でも安心できる犬種ですが、猫に対しても優しくフレンドリーです。

  • 「ラブラドールレトリバー」

ゴールデンレトリバー同様、フレンドリーな性格の持ち主です。
遊ぶことが大好きで、猫とも一緒に楽しく遊ぶことができるでしょう。
ただし、普段の散歩や運動は欠かせない犬種で、ストレスをため込まないようにすることでより穏やかに猫と接することができるでしょう。

  • 「パグ」

穏やかで陽気な性格をしたパグは、猫とも上手にやっていけます。
ただし、やきもちを焼いてしまうこともあるため、愛情は平等に注いであげましょう。

  • 「ビションフリーゼ」

人懐こくフレンドリーな性格をしたビションフリーゼは、飼い主以外の人だけでなく猫とも仲良くすることができます。
ただ、ビションフリーゼの長所である明るく陽気な性格が、猫からするとしつこく嫌がられる可能性もあるので猫の反撃に注意しましょう。
また、ストレスをため込みやすい犬種でもあるので注意深く観察しておきましょう。

  • 「キャバリアキングチャールズスパニエル」

争いを好まずフレンドリーな性格をしたキャバリアキングチャールズスパニエルは、多頭飼い向きの犬種で、猫とも上手に暮らしていけます。
自分よりも小さな存在を好む傾向もあるようで、猫を尊重しながら一緒に暮らしていける性格をしています。

犬と仲良くできる猫種類

  • 「アメリカンショートヘア」

天真爛漫で愛情深いアメリカンショートヘアは、社交的で環境の変化にも順応性があることから多頭飼い向きの種類です。
犬に対しても自己主張はしっかりしながら上手に付き合っていけるでしょう。

  • 「メインクーン」

大型のメインクーンは、落ち着いていてフレンドリーな性格の持ち主です。
環境の変化に対する順応性や協調性も高いため、犬とも上手にやっていけるでしょう。

  • 「アルパインリンクス」

プライドが高そうな気品ある見た目とは裏腹で、愛情深い性格の持ち主アルパインリンクス。
社交性があり孤独よりも賑やかな生活を好む性格をしています。
猫が苦手としやすい小さな子どもさん相手でも仲良くすることができ、犬とも上手に関係を築くことができます。

  • 「ジャパニーズボブテイル」

短い尻尾が特徴の日本産の雑種猫です。
穏やかで優しく、愛情深い性格を持っており、犬とも上手にやっていけます。
環境の変化にも高い順応性をもち、多頭飼いにも向いています。

  • 「ラグドール」

ラグドール‘ぬいぐるみ)という名を持つ通り、人懐こく抱っこされても大人しい猫です。
マイペースで孤独を好む面もありますが、基本的には穏やかで相手に合わせることができるため、誰とでも仲良くすることができます。
猫だけでなく犬との相性も良いようです。

犬猫同居が苦手な犬種・猫種類

猫と相性が良くない犬種

基本的に「殺傷を目的する狩猟犬」「サイトハウンド」「テリア種」「日本犬」などは、猫と同居させる場合十分な注意が必要となります。

もちろん犬種に関わらず個体による性格の違いもあるので、猫と共同生活をしている犬種もありますが、猫との相性が良くないとされる犬種をいくつかご紹介します。

  • 「ジャックラッセルテリア」

とても賢くしつけ次第で芸達者にもなるジャックラッセルテリアですが、強いテリア気質を持っています。
元々小動物を狩る猟犬として作出された犬種でもあるため猫との相性は良くありません。

  • 「柴犬」

元々柴犬に限らず日本犬は排他的な面があるため、多頭飼いには向いていないとされています。
また古くから狩猟犬として使われていたこともあるため、猫との相性にも注意が必要です。

  • 「イタリアングレーハウンド」

細身な体を持つイタリアングレーハウンドは、獲物を視力によって見つけ出し、優れた走力で獲物を追跡捕獲するサイトハウンドの犬種です。
イタグレは古くから愛玩犬として飼育されてきた歴史も持ちますが、サイトハウンドとしての気質はしっかりと引き継いでいるため、身体能力の高い猫の動きに反応して追いかけてしまうことがあるかもしれません。

  • 「ウェルシュコーギー・ペンブローク」

活発で遊び好きなコーギー。
元々牧畜犬として活躍していましたが、現在でも動くものが気になって思わず噛んでしまうことがあるようです。
また、明るく活発な性格をしているため、猫にとってはストレスになってしまうこともあるようです。

  • 「シベリアンハスキー」

ソリ犬としてのイメージが強いシベリアンハスキーですが、かつては狩猟を手伝ってきた歴史も持ちます。
ラブラドールなどとの「獲物を回収する猟犬」ではなく、殺傷することを目的とした狩猟犬のため注意が必要です。

犬と相性が悪い猫種類

猫種においても、個体による性格や相手の犬との相性を選ぶため、一概には言えません。

ここで紹介するのは、一般的に多頭飼い向きでない猫、静かな環境を好む猫種を紹介させていただきます。

  • 「ロシアンブルー」

ロシアンブルーは、穏やかで孤独を好み自尊心が高い性格をしています。
猫らしい猫とも言えるでしょう。
そのため、テンションの高い犬は苦手とするようです。

  • 「ペルシャ」

上品な外見を持つペルシャは、ゆったりと過ごすことの好む性格をしています。
あまり鳴かず興奮することも少ない猫種ですが、執拗に構われるのは好まない性格をしています。
そのため明るくテンションの高い犬を苦手とするようです。

  • 「日本猫」

日本人になじみ深い三毛猫やぶち猫、さび猫、トラ猫などのことです。
気まぐれで猫らしい猫とも言える性格の持ち主なので、個体差もありますが基本的には犬を苦手とすることが多いようです。

  • 「シャム猫」

甘えん坊でよくおしゃべりするとも言われるシャム。
人に良く懐く猫ではありますが、猫らしい性格を持ち合わせています。
静かな環境を好むので、小さい子どもがいる騒がしい家庭は苦手とします。
また感受性も強いため、他の品種や犬との多頭飼いにも向いていないとされています。

この記事のまとめ


犬と猫 一緒に飼うなら
  • 一緒に飼うには組み合わせが肝心!!ベストは「先住犬と子猫」での迎え方
  • 一緒に飼うには それぞれの習性を尊重すること
  • 一緒に飼うには 最初から仲良くなってもらおうとしないこと
  • 一緒に飼うには 先住している方を優先し、愛情は同じだけ与えること
  • 一人暮らしにおすすめなのは「猫」

さいごに

「犬と猫どっちも飼いたい!」その願いは不可能ではありません。

それでも飼う前にはしっかり下調べと準備をして、万全の環境を整えておきましょう。

そして迎え入れたあとには、自分の気持ちを押し付けず、犬と猫のどちらもが快適に過ごせることに重点を置くことが大切です。