タイニープードルの基本情報!~歴史や特徴、性格、しつけ方やお手入れ方法について~

Contents


タイニープードルの基本情報

トイプードル

タイニープードルの〝tiny″とは、『小さな』という意味があり、その名の通り小さいプードルになります。
トイプードルよりも小さく、ティーカッププードルより大きいサイズになり、大体の体重や体高や体長が決められています。

そして、タイニープードルとは犬種であると思われがちですが、FCI(国際畜犬連盟)ではプードルをスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類に区分されており、タイニープードルやティーカッププードルはトイプードルの中に分類されます。

また、JKC(ジャパンケネルクラブ)においても犬種としての公式な登録はされておらず、血統書では“トイプードル”となります。

タイニープードルの歴史について

プードルの原産国はフランスとされています。

長い年月をかけて小型化が行われ、改良を続けてきました。

タイニープードルの起源についてはアメリカでトイプードルを繁殖させる際、偶然小さいトイプードルが産まれたことが最初ではないかと言われています。

それからは小さなトイプードル同士をかけてタイニープードルを誕生させていました。

しかし、ブリーダーにもよりますが、現在はタイニープードル同士をかけるのが概ね主流のようです。

タイニープードルの歴史はまだ浅く、日本で見られるようになったのは10年ほど前からになります。

そのため、今後は正しい構成比でのサイズの固定化やプードルとしての性質の維持などについて長い目で検討していく必要があるでしょう。

タイニープードルの特徴について

タイニープードルの大きさの基準

タイニープードルの身体的な特徴としては主にこちらになります。

  • 成犬時の体重2~3キロ
  • 成犬時の理想体長20~27センチ
  • 成犬時の理想体高20~27センチ

ブリーダーによっても違いますが、上記の基準を満たしているとトイプードルではなく『タイニープードル』として販売される対象になります。

タイニープードルは成犬サイズになるまで6か月ほどかかるとされていますが、幼犬の間にどのような成長過程を送るかは誰も知る由はありません。

そのため、成長過程においてトイプードルほどの大きさに成長する事もあり、『タイニープードルサイズ予想』として販売されることが多いのが現状です。

タイニープードルの体形

体形においては、全体のバランスが良く、体長と体高がほぼ同じな体形を『スクエアタイプ』、全体のバランスを見て足が短いタイプを『ドワーフタイプ』と分けられていますが、タイニープードルはトイプードルと同様、人気のスクエアタイプになります。

タイニープードルの毛やカラー

毛色は多彩でアプリコット、レッド、ブラック、ブラウン、ホワイト、シルバー、カフェオレ、クリーム、シルバーベージュ、ブルー、ファントムカラー(2色以上)があります。

また、毛の長さにおいてはトイプードルと同様に特徴のあるクルクルモコモコの毛で、他の犬種と比べて臭いや抜け毛が少ない所も人気の理由と言えるでしょう。

タイニープードルの価格相場

トイプードル

トイプードルに分類されるタイニープードルですが、価格は通常のトイプードルサイズより格段に高くなることが多く、平均的な価格相場は20〜45万円くらいになります。

そして、血統が良い場合などは100万円を超えるタイニープードルも存在します。

タイニープードルが高額になる原因は、単純に人気があるからというだけではありません。

大きな要因は3つあります。

1.出産に対してのリスク

親犬であるタイニープードルが小さいため、出産のリスクは他の犬種よりもはるかにあります。

親犬の健康を考え、出産できる回数が限られています。

2.1回に出産できる頭数が少ない

大型犬などの場合、1回の出産で6〜10頭以上出産する場合が多いですが、体の小さなタイニープードルは、1回の出産で1頭だけ生まれるということも珍しくありません。

また、自然分娩ではなく帝王切開になってしまうケースもあります。

3.タイニープードルの大きさが安定しない

タイニープードルは、まだまだサイズの安定が図られておらず、両親がタイニープードルであっても、生まれてくる子犬がトイプードルくらいのサイズに成長することもあります。

逆にトイプードル同士の子犬がタイニープードルになるケースもあり、タイニープードルの育成が安定していないため、安定したブリードが難しいのです。

以上の理由からわかるとおり、繁殖が簡単ではなく手間がかかるため、タイニープードルの価格は他のプードルに比べ、高額になってしまいます。

タイニープードル購入で気をつけること

タイニープードルは「タイニープードル」という名目で購入しても、実際、成犬時にどれくらいの大きさになるかは、10ヶ月くらいにならないとわかりません。

予定ではタイニープードルの大きさに収まるはずだったが、トイプードルサイズにということもあり得ます。

また悪質な業者の中には、子犬の成長期にわざとフードの量を減らし、成長させないようにして「タイニープードル」と謳って販売しているところがあります。

それはタイニープードルではなく、単純に栄養不足なので十分に注意が必要です。

タイニープードルの性格や気質について

トイプードルと同じように、性格は明るく社交的で人間が大好きです。

そのため、小さくてぬいぐるみのような愛らしい見た目も加わり、沢山の人に可愛がってもらえる事でしょう。

しかし、小型犬によく見られる警戒心が強く臆病になりやすい面も持ち合わせています。

メンタルが強く大らかなタイニープードルになるように、幼犬の時に様々な経験をさせて十分に社会化を行ってあげることが大切です。

タイニープードルのオスとメスで性格は違うの?

トイプードル,茶色,白

◆タイニープードルのオス

喜怒哀楽を素直に表現することが多く、感情を読み取ることが容易にできます。

遊ぶことが大好きで、いつまでも子犬のような行動を取ります。

また、飼い主さんにべったり甘えることが大好きなのが、オスのタイニープードルには多いようです。

◆タイニープードルのメス

穏やかで優しい性格を持ちます。

タイニープードルのメスも飼い主大好き!と甘えるのが大好きなのですが、オスとは違いストレートに甘えてくるというより、甘え上手で、相手を見ながらうまく甘えてきます。

成犬になるとともに、タイニープードルは落ち着きを見せ始めます。

タイニープードルの飼い方やしつけについて

タイニープードルの飼い方

タイニープードルの体重や成長具合によってもちろん個体差はありますが、あまりにも体重が少なかったり身体が小さい場合は適正な時期にワクチンが接種できない場合もあります。

健康状態がすこぶる良好で元気いっぱいの小型犬は沢山いますが、大型犬に比べると小型犬は栄養状態の把握や成長具合など、健康管理や状態の把握が大切になってきます。

そのため、かかりつけの動物病院を決めて獣医師と相談しながらワクチンを進めていったり、健康管理していくことをおすすめします。

タイニープードルのしつけ

犬を飼い始めてまず最初に飼い主に立ちはだかる試練の壁といえば、恐らくトイレトレーニングと無駄吠え(要求鳴き)が一般的でしょう。

タイニープードルは他の犬種と比べても学習能力が高いため比較的しつけがしやすいと言われていますが、知能が高いがゆえにしっかりとしつけを行わないと、ずる賢さが目立つようになってしまう事もあります。

どれほど幼犬のうちでも、家に迎え入れたその日からしつけを開始していきましょう。

また、犬の性格は生涯を左右するといっても過言ではありません。

心豊かな犬になるため、十分に社会化を行っていく必要があります。

ここからは細かくしつけの方法を見ていきましょう。

トイプードル

タイニープードルのしつけ トイレについて

まずはトイレの場所をしっかりと決める事をしなければなりません。

飼い始めからゲージフリーにしてしまうと行動範囲が広がってしまい、トイレへの成功の道が遠ざかってしまいます。

迎え入れてしばらくはゲージ内での飼育が好ましいでしょう。

ゲージの中にはトイレシートを設置し、汚れたらすぐに取り換えます。

タイニープードルに限らず、犬は汚れた場所では排泄はしませんので、常に清潔を心がけてあげましょう。

排泄のタイミングとしては起きてすぐ、食事の前後、遊んだ後などにすることが多く、大体2,3時間おきに排泄しますので、タイミングを見計らってトイレへ連れて行ってあげます。

また、ウロウロとしていたりクルクルと回る時は排泄のサインなので、この場合もすぐにトイレの場所へ連れて行って排泄を促します。

成功したらとびっきり褒めちぎりましょう。

トイレがしっかりできるまでは何度も成功と失敗を繰り返します。

失敗しても怒らず、淡々と掃除をして、排泄の場所と認識しないように極力匂いが残らないようにしましょう。

失敗した際に起こってしまうと『排泄=悪い事』と認識し、隠れて排泄したり、我慢するようになってしまうこともあります。

イラっとする気持ちはとてもよく分かりますが、ここは役者になった気持ちで、平然と構え、決して怒らないようにしましょう。

 タイニープードルのしつけ 無駄吠えについて

飼い始めは不安や寂しさから『クーンクーン』や『キャンキャン』などの要求鳴きがあると思います。

身体は小さくても鳴き声は意外と大きくいっちょまえです。

また、鳴き声はとても愛しく、心が痛くなってしまう程ですよね。

しかし、賢いタイニープードルはその時に「ん?どうした?」と飼い主が反応してしまうと、鳴いて訴えれば要求が通ると勘違いしてしまい、飼い主が頭を悩ませる問題行動の代表である無駄吠えをする犬になってしまいます。

鳴いて訴えている時は心を鬼にして無視を貫き、静かになった時に声を掛けたり撫でたり、遊ぶようにしましょう。

タイニープードルのしつけ 甘噛みについて

子犬の頃は遊んでいて甘噛みをされることってありますよね。

全く痛くないので、つい「かわいい」と放置してしまいがちです。

ですが、放置は絶対にしてはいけません。

甘噛みを放置すれば、いずれ本噛みに移行してしまいます

甘噛みをしても許される=噛んでもいいのだとタイニープードルは理解します。

手遅れになる前に、甘噛みはやめさせましょう。

方法としては、

  1. 遊んでいる時、興奮して甘噛みをされた時、大げさに「痛い!」一言発し、遊びを中止します。
  2. タイニープードルはその声にびっくりして甘噛みをやめるでしょう。
  3. そのあとは数分完全に遊びをやめ、タイニープードルを無視します。
  4. 数分後、何事もなかったかのように名前を呼び、遊び再開します。
  5. 以降、甘噛みをしたら同じことを繰り返します。

繰り返すうち、噛んだら楽しいことが終わるということを学習します。

また、犬にとって大好きな飼い主から無視されるというのは、堪え難く大嫌いなことになります。

大好きな人を噛んだら、大嫌いなことが起きると学習したら、タイニープードルの甘噛みは収まるでしょう。

ポイントは、甘噛みの時にやめさせることです。

成犬になり、本噛みの癖がついてからでは噛む理由も複雑になってくるので、直すのにも時間と根気を要します。

 タイニープードルのしつけ 散歩について

プードルという犬種は本来、猟犬として活躍していました。

そのため、その血を引き継ぐタイニープードルも超小型犬ではあるとはいえ、運動能力は高く、十分な運動量が必要です。

散歩は様々な経験ができるため社会化やしつけを行う上でも非常に大切な機会を持ち合わせているほか、犬がストレスを発散ができる場でもあります。

また、日光に当たる事は骨を形成するのに必要ですから、積極的に散歩に連れて行ってあげましょう。

散歩の適正時間は大体20分程度で十分です。

散歩の時に気を付ける点としては、小型犬のため地面から近い所で歩いていますので、暑い時間帯に散歩をしてしまうとやけどや熱中症の恐れがあります。

きっちりと時間は決めなくてもいいので、涼しい時間帯を選びましょう。

なお、地に足を付ける散歩デビューは感染症を予防するため、最後のワクチンが終わってからにしましょう。

タイニープードルのお手入れについて

タイニープードルのお手入れ 毛のお手入れ

タイニープードルは何といっても色々なカットが楽しめるところも魅力の1つと言えます。

まるでぬいぐるみのように変身できるテディベアカットや頭がモコモコまんまるのアフロカット、ビジョンフリーゼに似せた綿菓子のようにフワフワなビジョンカット、夏仕様で涼し気なサマーカットなど、その時の気分や季節に応じてカットを楽しむこともできます。

また、タイニープードルの毛はトイプードルと同様にプードル特有のモコモコな毛なので、抜け毛が少なく掃除が楽な所も飼い主にとっては有難いところと言えるでしょう。

しかし、楽だからと言って何をしなくてもいいという訳ではなく、基本的なお手入れはもちろん必要です。

抜け毛が少ない分放っておけば毛が伸び続けますので、1~2カ月に一回程度の頻度で定期的にトリミングに連れていかなければなりません。

また、毛玉が出来ないように日頃からこまめにブラッシングをしてあげる必要があります。

特に散歩の時などはごみや落ち葉などが毛に絡まりやすいため、毛玉にならないようにその都度取ってあげたり、ブラッシングをするなどして気を付けてあげましょう。

タイニープードルのお手入れ タイニープードルの臭い

タイニープードルの体臭については、どちらかと言うと体臭がきつくない方であると言われています。

しかし、こればっかりは個体差があるだけでなく、毛の状態や飼育状況、入浴頻度、お手入れの仕方、日頃のエサやおやつによって、もちろん臭いの違いや臭いの強弱はあります。

もし臭いが気になってきたな…と感じるようであれば、お風呂に入れたり、トリミングに連れて行ったり、日頃食べているおやつやエサを見直してみましょう。

タイニープードルの注意が必要な病気について

タイニープードルの注意が必要な病気① クッシング症候群

副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる病気です。

主な症状は水を沢山飲んだりエサを沢山食べる、毛づやが悪くなる、左右対称に脱毛する等の症状が現れるほか、甲状腺機能低下症や糖尿病を併発してしまうこともあります。

タイニープードルの注意が必要な病気② てんかん

てんかんとは脳内の信号が何らかの理由でショートし、身体が痙攣したり気を失ってしまう病気で、プードルはてんかんや発作が起きやすい犬種と言われています。

痙攣は2,3分がほとんどですが、10分以上続く場合は命の危険もありますので、早急に動物病院で見てもらう必要があります。

また、一度でもてんかんの発作が起きた場合はすぐに良くなったからと安心せず、病院へ受診しましょう。

タイニープードルの注意が必要な病気③ 糖尿病

糖尿病とは膵臓の細胞が壊れてしまった事により糖をエネルギーに変えるホルモンであるインスリンが作れなくなってしまう病気です。

プードルは糖尿病を発症しやすい犬種と言われているほか、肥満や高齢などの要因も大きく関係します。

進行性の病気である糖尿病は毎日の食事管理やインスリン注射が必要になるだけでなく、白内障の合併を起こすこともある非常にやっかいな病気です。

糖尿病になってしまった場合は健康管理が大切になりますので、主な症状である水を沢山飲む、沢山食べる、食べているのに痩せていくなどの症状が見られた場合は病院へ受診しましょう。

タイニープードルの注意が必要な病気④ 膝蓋骨脱臼

小型犬になりやすい膝蓋骨脱臼は、膝のお皿である膝蓋骨が外れてしまう状態を言います。

タイニープードルは身体も骨格も小さいため、ソファから飛び降りたリ、階段や段差などの昇降により膝蓋骨脱臼になってしまう事も少なくはありません。

また、骨折などの危険もありますので、日常生活の中で危険がないかを確認し、安全な環境に整えてあげる必要があります。

タイニープードルとのミックス犬

タイニープードル+ポメラニアン

ポメラニアンの怖いもの知らずの勇敢な性格と、タイニープードルの賢くフレンドリーな性格を両方受け継いだ、可愛くないわけがないミックス犬になります。

見かけは、どっちに似るかで変わってきます。

タイニープードル+チワワ

超小型犬同士のミックス犬って想像できますか?

被毛は比較的タイニープードルの毛質を受け継ぐことが多いようです。

耳は垂れ耳と立ち耳とあります。

どちら似ても、甘え上手で明るいミックス犬になります。

タイニープードル+マルチーズ

被毛はマルチーズの細くシルキーなところは受け継ぎますが、毛質はタイニープードルのカールを受け継具ことが多いようです。

どれくらいの大きさになるかは、どっちに似るかで変わってきますが、タイニープードルとマルチーズの中間くらいに落ち着くことが一般的になります。

いずれにしろ、見た目はもちろんのこと、性格が良く飼いやすので一定の人気をキープしています。

タイニープードルを飼うのに向いている飼い主は?

飼いやすいといわれるタイニープードルですが、どんな人に向いているのかポイントを3つご紹介します。

1.タイニープードルとの時間をちゃんと作れる

タイニープードルは飼い主が大好きで、人に甘えるのが幸せの時間になります。

つい忙しくて構ってあげる時間が作れない…ということが多いと、タイニープードルにストレスが溜まっていく一方です。

ストレスが溜まることで、タイニープードルはそれを発散するために、場合により様々な問題行動を起こすことがあります。

または、あまりのストレスで病気になることもあります。

きちんと構ってあげられ、スキンシップを取れるということが大切です。

2.タイニープードルのお手入れを毎日できる

タイニープードルの被毛は巻き毛になるので、毎日ブラッシングをしてあげないと、すぐに絡んでしまいます。

絡んでしまった被毛を放置すると、皮膚のトラブルなどに結びついてしまいます。

また、タイニープードルの被毛は定期的にトリミングも必要とします。

毎日のブラッシングと定期的なトリミングを面倒がらずにでき、トリミングをサロンでやってもらう場合、その分費用もかかってきますね。

お手入れの時間や金銭的に余裕があるということが重要です。

3.タイニープードルの散歩をきちんとできる

いくら小さいタイニープードルでも、活発なので遊ぶのは大好きですし、外をお散歩することも大好きなことが多いです。

毎日一定の運動をすることで、体力維持だけでなく、社会性を高め、ストレス解消もできるので脳の活性化にも繋がります。

小さいから室内運動だけでも…というのは間違いになります。

どんなに小さくても散歩は必要になります。

タイニープードルの住む環境は?

タイニープードルは体が小さいので、多くの居住スペースを必要としません。

アパートやマンションなどでも十分飼える環境になります。

ただし、外の気温差などには弱いので、室内飼いが絶対条件です。

タイニープードルの寿命が短いって本当!?

トイプードル

よくタイニープードルは小さいから体が弱く、長生きできないなんて噂を聞きます。

実際、体が小さい分飼う時には、健康管理に気をつけなければならない点もあります。

ただイコール短命ではありません。

タイニープードルの平均寿命は13〜17年といわれています。

中には、トイプードルがたまたま虚弱体質で大きくなれないことを利用して、タイニープードルとして売られている場合もあります。

そういった個体の場合は、もしかしたら平均寿命まで生きられないかもしれません。

純粋に健康なタイニープードルの場合、ちゃんと管理した飼い方をしてあげれば、十分長生きすることは可能になります。

タイニープードルはこんな犬
  • 体重2〜3kgの超小型犬
  • 明るく社交的。警戒心があり臆病になりやすい面もあり
  • 巻き毛。毛色は多彩。アプリコット、レッド、ブラック、ブラウン、ホワイト、シルバー、カフェオレ、クリーム、シルバーベージュ、ブルー、ファントムカラーなど
  • 学習能力が高いため、しつけはしやすい。しっかりしつけないとずる賢くなってしまうことも
  • 注意したい病気:クッシング症候群、てんかん、糖尿病、膝蓋骨脱臼など
  • タイニープードルの価格相場は、20〜45万円
  • タイニープードルの平均寿命は13〜17年。短命ではない

タイニープードルの基本情報! 最後に

いかがでしたか?タイニープードルについての理解が深まったでしょうか。

どの犬種でも個体差はあるものの、犬を飼う上では飼い主が十分に愛犬の犬種による特性や注意する点などを理解して飼育するに越したことはありません。

タイニープードルは小さくてかわいい見た目や愛嬌のある性格から、これからもどんどん人気が出てくることと思いますが、小さいからこそ気を付けてあげなければならない点などにもしっかりと目を向け、沢山の愛情をもって愛犬との素敵な関係を築いてくださいね。