紀州犬の基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

日本犬らしい素朴な風貌に白い被毛が印象的な紀州犬。 日本を代表する日本犬の一種です。 紀州犬とは、どんな性格をしたどんな犬なのでしょうか。今回は、紀州犬の基本情報から飼い方まで紹介します。

紀州犬の基本情報

紀州犬は、紀伊半島3県の和歌山・美絵・奈良にまたがる山岳地帯一体で飼育されていた日本犬の一種で、主に獣猟犬として飼育されていました。
1934年には、秋田犬や甲斐犬に次いで国の「天然記念物」に指定されています。
現在では狩猟人口が減り、紀州犬のほとんどは家庭犬として飼育されており、その人気は日本国内に止まらず海外でも人気のある犬種となりました。

紀州犬の歴史

紀州犬のルーツは、現在の和歌山県から三重県の熊野地方にまたがる「紀伊國」に生息していた土着犬です。
もともとは、紀州の「那智犬」「太地犬」「熊野犬」「億吉野」などの細かい地域に分類されていましたが、明治初期の戦前から戦後にかけて、洋犬との雑種化や戦時中の食糧難などによって絶滅が危惧されました。そのため1934年、日本犬保存会によって国の「天然記念物」として指定された際に、「紀州犬」と一括りにされることになりました。

それまでは、毛色にも何種類か存在していた紀州犬でしたが、このことをきっかけに毛色を白に統一する方向性が定められました。これは、猟の際に背景に溶け込み獲物と間違えられるのを防ぐ意味がありました。
現在でも赤毛や胡麻色の被毛を持つ紀州犬も存在していますが、その数は少なく、ほとんどは白の紀州犬が一般化しています。

現在でも実猟でも活躍をしていますが、ほとんどは家庭犬としての人気を持っています。

紀州犬の特徴

  • 中型犬
  • たくましい体に、ふわっとした差し尾
  • ほとんどは白色の被毛だが、赤毛・虎毛・胡麻色なども存在する

紀州犬は、体重13kg~30kg、体高43cm~55cmの中型犬に分類されています。
素朴な風貌ながらも、たくましく力強い体と四肢を持っています。
バランスの良い頭部、やや前に傾いた三角形の立ち耳、きりっとした目が特徴的です。
尻尾はくるっと巻かれた巻き尾、もしくは、巻かずに前方に傾斜された差し尾のどちらかであることが多いようです。

被毛は、ダブルコートと呼ばれる二重構造で、下毛は柔らかく密生していて、上毛は硬い直毛の毛質をしています。
毛色は、最も多いのが白ですが、赤毛や虎毛、胡麻色なども存在し希少です。

紀州犬の性格・気質

  • 基本的には穏やかで大人しい
  • 飼い主にとても忠実
  • 強くてたくましい日本犬らしい性格
  • よそ者には懐きにくい

紀州犬は真面目で忍耐強い

普段は大人しく悠然としていて、まじめで忍耐強い犬種です。
非常に頭が良く、一度信頼を置いた飼い主に対しては強い忠誠心を持ちますが、知らない人に対しては強い警戒心を示すこともあります。
日本犬らしい気難しさや、よそ者を警戒する性質を持ってはいますが、育て方によっては人懐こく無駄吠えも少ないので、家庭犬としても向いている犬種です。


紀州犬は勇敢な性格も持ち合わせています

自分よりも体の大きなイノシシ相手に立ち向かっていくほどの勇敢な性格を持っている紀州犬は、気性が荒く狂暴な犬種だと思われていることもあり初心者での飼育はおすすめできません。
しかし基本的には、媚びたりすることはありませんがとても忠実で愛情深い性格をしていて、とても魅力ある犬種です。

紀州犬の飼い方

紀州犬の飼い方①:飼育環境

紀州犬は本来、日本の土着犬だったため日本の四季にも耐えられる体質を持っています。体も大きいこともあり、外で飼われていることが多いようです。
それでも、暑さや寒さを感じないというわけではありませんので、気温に適した快適な環境を整えてあげましょう。

また、フィラリアやノミ・ダニの予防対策も忘れずに行ってあげましょう。

紀州犬の飼い方②:散歩

紀州犬は、非常に体力があり多くの運動が必要です。運動不足でストレスが溜まることにより、紀州犬の攻撃性を高くしてしまいかねません。

1日2回、1回につき30分~1時間の散歩を行いましょう。
ボール遊びなどの遊びよりも、元気に走って運動することを好むことが多いようです。
休日には、ドッグランなどに連れて行って、思い切り走らせてあげるようにすると良いでしょう。

紀州犬のしつけ

飼い主に対してとても忠実で賢い紀州犬のしつけは難しくはありません。
しかし、日本犬らしい警戒心の強さや頑固さを持ち合わせている上、力も強い犬種ですので、甘やかし過ぎず正しくしつけていきましょう。

紀州犬のしつけポイン①:信頼関係を築く

紀州犬は信頼する飼い主に対してはとても忠実で、絶対的な忠誠を誓いますが、一方で信頼していない相手には従わない面があります。
飼い主と飼い主家族全員で一貫性のある対応をして、紀州犬から信頼される存在になりましょう。

紀州犬のしつけポイント②:社会性を身に付けさせる

紀州犬の警戒心の強い性質を和らげるためには、社会性を身に付けさせることが大切です。

一般的に犬は、生後4週齢~12カ月齢までの期間に外の世界に興味を示し、環境に適応していくことを学んでいきます。 この時期に積極的に外に連れ出して、家族以外の知らない人や他の犬や動物、車の音や生活音など様々な経験をさせて慣れさせておきましょう。

紀州犬にとって「知らない事が少なくなる」ということは「警戒することがなくなる」ということに繋がります。
この時期に様々な経験をさせてあげることで、家族以外の人間にも懐きやすい性格にもなり得るでしょう。

紀州犬のお手入れ

短毛の紀州犬のお手入れは比較的簡単ではありますが、換毛期の抜け毛は多いので少し大変になるでしょう。

紀州犬のお手入れ①:ブラッシング

ブラッシングは抜け毛やフケを取り除ける他、マッサージ効果によって血行促進にも繋がります。コミュニケーション手段の1つにもなります

毎日の散歩から帰った後に、ブラッシングを習慣化することをおすすめします。
少なくても週2・3回の頻度で行うようにしましょう。さらに、換毛期にはダブルコートの下毛が大量に抜け落ちるため、ブラッシングの頻度を増やして、できれば毎日ブラッシングしてあげると良いでしょう。
使うブラシは、スリッカーブラシとコーム、獣毛ブラシを使うと良いでしょう。

紀州犬のお手入れ②:シャンプー

外で飼われることの多い紀州犬は汚れやすく、白の被毛の場合は特に汚れが目立ってしまいます。
月1回程度のシャンプーで汚れを落としてあげましょう。

紀州犬のお手入れ③:グルーミング

紀州犬は飼い主や家族以外の人に触られるのを極端に嫌う場合があります。
そうなると、必要な全身ケアをプロのトリマーさんにお願いすることもできなってしまいます。
そうならないためには、子犬の頃から飼い主以外の人に触られるのを慣れさせておきましょう。

もちろんお手入れ自体は簡単なので、自宅でのセルフケアも十分できます。
肛門周りバリカン、肛門絞り、耳掃除と爪切りなども定期的に処理してあげましょう。

紀州犬のお手入れ④:歯磨き

丈夫な歯を持った紀州犬でも、歯磨きは必要です。できれば毎日、少なくても週1回以上の歯磨きとデンタルケアグッズを併用して歯の健康を守ってあげましょう。

紀州犬の注意する病気

紀州犬は体が丈夫で後発疾患が少ない犬種だと言われていますが、先天的な病気や日本犬に多い病気などの注意しておきたい病気があります。

紀州犬の注意する病気①:心室中隔欠損

先天的な心臓の病気のことで、心室中隔と呼ばれる左心室と右心室の間にある壁に欠損孔(穴)がある状態のことです。
元気がない、咳をする、呼吸が苦しそう、発育不良などの症状が現れます。

欠損孔(穴)が小さい場合には、特に治療はしません。ただし、心不全の症状がある場合には投薬治療により進行を抑えながら病気とうまく付き合っていかなければなりません。
欠損孔(穴)が大きい場合には、外科手術が必要となります。

予防することはできない病気のため、早期発見・早期治療が重要となってきます。

紀州犬の注意する病気②:アレルギー性皮膚炎

ハウスダストや花粉、食べ物などのアレルゲンに反応し、皮膚炎を発症する病気です。
強いかゆみを伴うため、しきりに掻いたり噛んだりするようになります。 そうすることによって皮膚が傷つき脱毛や膿みの原因ともなります。

投薬治療によって治療することができますが、アレルゲンとなる物質から遠ざける事や体を清潔に保つことで発症を防ぐことができます。

紀州犬の注意する病気③:白内障

眼の水晶体の一部や全体が白く混濁する病気です。
老化によって起こりやすく、視力が低下し最悪の場合は失明する可能性もあります。

投薬治療によって進行を抑える方法や、人口の眼内レンズを目に入れる手術を行います。
予防することはできない病気ですが、進行を抑えることができる病気です。早期発見・早期治療に努めましょう。

紀州犬の注意する病気④:緑内障

眼の中の圧が上がってしまう病気です。
視力の低下や失明など視野に関する障害が出る他、痛みを伴うこともあります。

紀州犬を含む日本犬は、目の中の水分を外に出すための出口が狭いため緑内障になりやすい傾向があります。
眼が飛び出している、緑色に見える、壁や家具にぶつかる、顔を触られるのを嫌がるなどの症状が見られるようになります。

治療法は、症状によって点眼薬による内科的療法と、手術による治療法があります。
予防することができない病気ではありますが、早期発見・早期治療により進行を遅らせることができます。

紀州犬は危険犬種なのか?

紀州犬をインターネットで検索すると、「危険」「狂暴」といったマイナスなイメージを抱かせるキーワードが多く出てきます。

確かに紀州犬は、一部自治体により人に危害を加える恐れがある犬種として「特定犬(危険犬種)」に指定されています。
また、2015年に千葉県で起こった事件の影響も大きいようです。
事件の内容は、飼い犬だった紀州犬が家から抜け出し、近隣住民を襲ったという事件です。
飼い主でも捕獲することができず、通報を受けた警察官に襲い掛かろうとしたため、警察官によって射殺されるという痛ましい結末となりました。

しかし、実際のところ紀州犬は本当に危険なのでしょうか。

2015年に起きた事件には、粗悪な環境下で育てられたという背景があったようです。散歩もされずベランダに閉じ込められ、まともに世話もされずに育てられていたのです。
そんな紀州犬が家を抜け出して、知らない環境で知らない人に会ったらどんな反応をするでしょうか。
恐怖心から攻撃に出るのは、犬にとっては当たり前のことで本能です。

特に紀州犬は、日本犬特有の警戒心の強さや頑固さを持ち合わせており、本能の強い犬種ではあります。
さらに体も大きく力が強いため、飼い方を誤ると危険な犬種にもなり得るでしょう。
しかし、本来は大人しく飼い主に忠実な性格をした魅力的な犬種です。
その魅力を最大限引き出せるのは飼い主自しかいません。
そのために、愛情を持って紀州犬との信頼関係を築き、社会性を身に付けさせてあげましょう。

紀州犬についてさいごに

紀州犬は日本を代表する犬種の1つで、とても魅力ある犬種です。
強い犬種なのでしつけや飼い方に注意することもあり、初心者には向かない犬種かもしれませんが、忠実で愛情深い紀州犬は、人生の最高のパートナーとなってくれるには間違いないでしょう。

紀州犬に愛情を持って褒めたり優しく接する

愛情を持って接しましょう。頼れる存在であると同時に慕われる紀州犬のリーダーになりましょう。

愛情と甘やかすことの違いを理解する

紀州犬を甘やかし過ぎることで、自分がリーダーだと勘違いをして危険な犬になってしまう可能性があります。

紀州犬のことを理解する

紀州犬の体質や性質を理解しましょう。そうすることで、なぜこんな行動に出るのかを理解することができ、適切な対応対処ができるようになります。

紀州犬を仰向けにさせる・マズルコントロール

犬の服従しているというサインです。一緒に遊びながら仰向けにさせたり、さりげなくマズルを触ることから初めましょう。こうすることで、爪切りや歯磨きなどのケアにも慣れさせていくことができるようになります。