バセットハウンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

バセットハウンドという犬種をご存知でしょうか。 胴長短足に愛嬌のある表情が魅力的な犬種です。 そんなバセットハウンドですが、一体どんな犬種なのでしょうか。 今回はバセットハウンドの性格や特徴などまとめてみました。

バセットハウンドの基本情報

バセットハウンドは16世紀に発見されたフランス原産の犬種です。
嗅覚に優れていて、嗅覚により獲物を追跡する嗅覚ハウンドとして、現在でもフランスなどで活躍しています。
日本では家庭犬として愛されている犬種です。

バセットハウンドの歴史

バセットハウンドは、フランスで生まれた犬種で、アナグマ猟に関する書簡に16世紀に初めて名前が登場しています。どのような経緯を経て、今の胴長短足の体型になったのかは不明確とされています。

当時は、フランス貴族の間で狩猟が流行しており、素早く獲物追いかけるスタイルでは追い付かず苦労することとなり、人の足でも追いつける犬種が必要とされました。
そこで作出されたのがバセットハウンドです。
それから、のんびりと獲物の臭いを嗅ぎながら獲物を追うスタイルへと変わり、嗅覚ハウンドとして広く知られることになりました。

19世紀後半にはイギリスとアメリカに上陸し狩猟犬として活躍していましたが、20世紀半ばごろになると、バセットハウンドの愛嬌のある容姿に注目され映画やメディアに採用されるようになりました。

今でもヨーロッパでは猟犬として活躍していますが、アメリカや日本では愛玩犬として愛されて続けている犬種です。

バセットハウンドの名前は、フランス語の「バセー=(足が短い・背が低い)」が由来で、英語で「バセット=(短い・低い)」「ハウンド=(猟犬)」という意味からつけられています。

バセットハウンドの特徴

  • 中型犬で胴長短足
  • 大きな頭部と大きな垂れ耳が特徴的
  • トップクラスの嗅覚を持つ
  • 低くて太い独特的な鳴き声

バセットハウンドは、体高33~38cm、体重18~27kgの中型犬に分類されます。
大きな頭部と胴長短足な体、大きく長い垂れ耳、たるんだ皮膚が特徴的です。
トップクラスとも言える鋭い嗅覚も大きな特徴で、散歩中には鼻を地面にこすりつけるように臭いを嗅ぎ歩くこともあります。
独特な重低音で大きく響く鳴き声をしているため、吠え癖がつくと少し厄介です。

被毛は、シングルコートの短毛で硬い毛質をしています。
毛色には様々なカラーが許容されていますが「ブラックタン&ホワイト」「レモン&ホワイト」に人気があり、他にも「レッド」「レディッシュブラウン」などが存在します。

バセットハウンドの性格・気質

  • 愛情深く友好的
  • 子どもや高齢者のいる家庭向き
  • しつけは根気強く気長に向き合う必要がある

狩猟犬として活躍していたバセットハウンドではありますが、とても友好的で優しい性格をしています。
他犬種と比べても愛情深く穏やかな性格をしているので、小さなお子さんや高齢者がいる家庭にも向いている犬種です。
臭いに対する執着心がとても強く、一度探求を始めると止められなくなるマイペースな一面も持っています。
知能も高く飼い主に対する忠誠心も持ち合わせていますが、頑固な一面も持ち合わせているので根気強いしつけが必要となります。

バセットハウンドの飼い方・しつけ

バセットハウンドの飼い方・しつけ① 飼育環境

バセットハウンドは、体も大きく、暑さや寒さにもある程度順応できる犬種ではありますが、活発な犬種ではないため外飼いには向いていません。
胴が長く腰への負担がかかりやすい体型をしているので、床には滑りにくい素材のもの、段差にはスロープを設置するなど足腰にやさしい環境を整えてあげましょう。

また、無駄吠えは少ない犬種ですが、重低音の鳴き声は大きくて遠くまで響く声質のため、近所迷惑にならないように注意する必要があります。

比較的のんびり過ごすことを好む犬ですが、孤独は好きではありません。
その為、お留守番にも向いている犬種とは言えないため、ゆっくりと留守番に慣れさせていきましょう。


孤独でいることが多いと問題行動を起こすこともあります。
十分な時間のコミュニケーションも取りつつ、一人で過ごさせる時間も作ってあげながら上手に留守番にも対応できるよう育てていきましょう。

バセットハウンドの飼い方・しつけ② しつけ

非常に賢い犬種のため、しつけは入りやすいです。
しかし、マイペースで頑固な性格が強すぎてしつけは簡単とは言えないかもしれません。

トイレのしつけは入りやすいですが、「お手」などの芸はバセットハウンドの気分次第で聞いてくれるような性格をしています。
バセットハウンドのしつけは、根気強く気長に向き合っていくようにしましょう

しつけは愛犬の安全を守るためにとても重要なことです。
特にバセットハウンドは、嗅覚が鋭く臭いへの執着心は飼い主でも止められないほどです。道路に飛び出したり危険なシーンに遭遇することも考えられます。
名前を呼んだら飼い主に注目するようトレーニングしておきましょう。

バセットハウンドの飼い方・しつけ③ 散歩

バセットハウンドは猟犬ではありますが、アクティブに走り回るタイプではありません。
ゆっくりと歩くことを好みます。そのため、運動量も多くはありませんが、社会性を身に付けさせるためや健康のためにも散歩は必ず行いましょう。
1日2回朝晩30分ずつの散歩が目安です。

嗅覚の優れたバセットハウンドは、散歩中に気になる臭いを見つけると、散歩そっちのけで夢中になって臭いを追いかけることもあるでしょう。
決して悪いことではないので叱らずに、ある程度付き合ってあげると良いでしょう。

バセットハウンドの飼い方・しつけ④ 太りやすい体質に注意

バセットハウンドは、胴長短足な体型にありがちな太りやすい体質を持っています。
嗅覚も優れていますので、食べ物の臭いを探知すれば安易に探し当てて勝手に食べてしまうということもあるでしょう。
肥満になることによって足腰への負担も大きくなるため、しっかり体重管理をして予防してあげましょう。

バセットハウンドの飼い方・しつけ⑤ 大きな垂れ耳にはスヌードを

バセットハウンドの特徴的な大きな垂れ耳は、食事や散歩の時にエサやゴミがついたり何かと汚れやすいです。
汚れを防止するために「スヌード」と呼ばれる耳カバーを使うと良いでしょう。
食事や散歩のときだけ付けるなど、子犬の頃から習慣付けておくことで嫌がることもなくなりますよ。

バセットハウンドのお手入れ

短毛のバセットハウンドのお手入れは簡単です。

バセットハウンドのお手入れのポイント

  • 抜け毛対策
  • しわのお手入れ
  • 垂れ耳の掃除
  • よだれのお手入れ

バセットハウンドのお手入れのポイント 抜け毛対策:ブラッシング

バセットハウンドはシングルコートにも関わらず、猟犬として活躍している時に、木の枝やとげから体を守るため全身を豊富な毛が生えています。
そのため、1年を通して抜け毛があり、個体によっては抜け毛が多いと感じる場合もあるようです。ブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげるようにしましょう。
バセットハウンドの毛質は、硬くて短毛のためブラッシングも簡単です。
週に2・3回のブラッシングで十分ですが、抜け毛を多さによって頻度を考慮しましょう。

バセットハウンドのお手入れのポイント しわのお手入れ:シャンプー

体臭自体はそれほど強いわけでもありませんが、定期的にシャンプーをして体を清潔に保ってあげましょう。
顔のしわと垂れさがった皮膚は汚れが溜まりやすいので、たるんだ皮膚の下や隅々まで満遍なく洗ってあげるようにしましょう。
シャンプーの頻度は月1回を目安ですが、しわの部分はこまめにチェックをして汚れているようであれば濡れタオルで綺麗にしてあげましょう。

バセットハウンドのお手入れのポイント 垂れ耳のお手入れ:耳掃除

バセットハウンドの特徴でもある垂れ耳は、床に届くほどの大きく耳の中は通気性が悪いため、汚れやすくもあります。
こまめにチェックして、汚れていれば耳掃除をして清潔にしてあげましょう。

バセットハウンドのお手入れのポイント よだれのお手入れ

口周りがたるんでいるため、よだれが出やすく、よだれが溜まると「バセット臭」とも呼ばれる臭いがするようになります。
食事や運動のあと、気温が高い時によだれが多くなる傾向があります。
よだれをそのままにしておくと雑菌が繁殖し、変色したり炎症を起こす可能性もあるので、濡れタオルを使ってこまめに拭いてあげましょう。

バセットハウンドの注意する病気

バセットハウンドに代表する3つの病気を紹介します。

バセットハウンドの注意する病気①:胃捻転

原因ははっきりと分かっていませんが、胃の内容物が発酵し発生したガスが充満することで胃が捻じれる病気のことです。
呼吸困難や血流が止まり臓器の壊死を引き起こしたり、発症後数時間で死に至ることもある怖い病気です。
吐きたいのに吐けない、落ち着きがなくなる、腹部を舐める、お腹が膨れる、よだれの量が増えるなどの症状が見られます。

大型犬に多い病気ですが、バセットハウンドにも発症することが多いと言われています。
胃捻転と思われる症状が見られたら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

  • 絶対的な予防はできない病気ですが、発症のリスクは抑えられます。
  • 食事の早食い、水の早飲みをさせない (浅めの皿や早食い防止用のお皿を使用する)
  • 食後は安静にさせる
  • ドライフードを食べさせた直後に水を大量に飲ませない

バセットハウンドの注意する病気②:椎間板ヘルニア

激しい運動や肥満によって、姿勢や動きを支える役割の椎間板へ負担がかかり、椎間板が損傷して起こる病気です。
胴長短足ゆえに腰への負担になりやすくなります。椎間板ヘルニアになると、神経麻痺となり足を引きずるといった症状から重症になると自力で立ち上がれなくなることや半身不随などになります。

軽症であれば、投薬治療と安静にすることで症状が改善されることがありますが、症状が重い場合には手術が必要となり、手術後には長期的なリハビリ治療が必要となります。
バセットハウンドは肥満が原因となることが多いため、肥満には十分に気を付けましょう。吐きたいのに吐けない、落ち着きがなくなる、腹部を舐める、お腹が膨れる、よだれの量が増えるなどの症状が見られます。
また、子犬の頃から適度な運動をさせて筋肉をつけておきましょう。

バセットハウンドの注意する病気③:外耳炎

垂れ耳の犬種に多く見られる耳の病気で、細菌や寄生虫などによって耳の外耳道が炎症する病気のことです。
外耳炎を放置することによって炎症が内部にまで進行し中耳炎といった病気になることもあります。

治療法は、洗浄薬で耳の中を綺麗にした後、点耳薬や駆虫薬で治療を行います。
耳の中を清潔に保つことで予防ができる病気ですので、定期的な耳のチェックと掃除を怠らないようにしましょう。

バセットハウンドの寿命

バセットハウンドの平均的な寿命は10~12歳です。
同じ中型犬で胴長短足の体型をしたコーギーは12歳~14歳であるのに対し、やや短い傾向にあるようです。

しかし、日本国内でのバセットハウンドの最高寿命は17歳という記録もあります。
もちろんその犬の生まれ持った体質もありますが、育て方によっては寿命を超えて長生きしてくれることもあるでしょう。

健康で長生きをしてもらうには、良質な食事と適度な運動、快適な睡眠が大切です。

特にバセットハウンドは「肥満」になりやすい犬種です。
「肥満は万病のもと」とも言われる通り、肥満は椎間板ヘルニアなど様々な病気を引き起こす原因となります。
肥満には十分に注意して、健康で長生きできるようサポートしてあげましょう。

バセットハウンドについて さいごに

犬の中でも特に穏やかな性格をしているバセットハウンドは、飼いやすくて愛嬌溢れる魅力的な犬種です。
とても個性的な犬種でもあるので、バセットハウンドの魅力に一度触れると虜になること間違いなしでしょう。