ミニチュアシュナウザーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ミニチュアシュナウザーは独特の体型と風貌が魅力のドイツ原産の小型犬です。アメリカでは人気が高い犬ですが、日本でもテレビドラマで取り上げられて以来、人気犬種となっています。そんなミニチュアシュナウザーの特徴や性格、飼い方などを紹介します。これを読むと、ミニチュアシュナウザーの魅力にはまってしまうかもしれませんよ。

ミニチュアシュナウザーの基本情報

ミニチュアシュナウザーは体長と体高が等しい四角形の頑丈そうな体型をしています。

平均体重は4.5~7kg、平均体高は30~35cmです。

シュナウザーというのはドイツ語で「小さいひげ」という意味がありますが、その通りで、口ひげや眉毛がチャームポイントです。

被毛は二重構造のダブルコートで、あまり長く伸びることはないですが、様々なカットをして個性的なスタイルにすることができます。

尾は幼犬の頃に断尾して短くします。

耳も垂れている場合は断耳して立たせる場合があります。

ミニチュアシュナウザーは基本的に穏やかで、とても頭が良く、人間並みの頭脳を持つと言われることもあります。

平均寿命は12~15年位です。

ミニチュアシュナウザーの歴史

シュナウザーの歴史

「シュナウザー」と呼ばれる犬種にはジャイアントシュナウザー、スタンダードシュナウザー、そしてミニチュアシュナウザーがいます。

基本になるのはスタンダードシュナウザーで、ジャイアントシュナウザーとミニチュアシュナウザーはスタンダードシュナウザーを改良した犬です。

シュナウザーの歴史は古く、14世紀頃にはドイツで使役犬として活躍していました。

また、その頭の良さから第一次大戦時には、ドイツの軍犬として情報伝達の役割を担っていました。

ドイツ生まれアメリカ育ちのミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーはスタンダードシュナウザーとアーフェン・ピンシャーを交配してドイツのフランクフルトで誕生しました。

アメリカに渡ってから、さらに改良が進み、プードル等と交配して今の姿になりました。

もう一つの原産国とも言えるアメリカでのミニチュアシュナウザーの人気は高く、常に人気犬のランキングでは上位になっています。

ハリウッドスターなどの有名人に愛好家が多いことでも知られていて、ブルース・リーの愛犬もミニチュアシュナウザーでした。

まさにミニチュアシュナウザーはドイツ生まれ、アメリカ育ちの犬と言ってもいいでしょう。

日本で人気犬となったのはいつ頃?

ミニチュアシュナウザーが日本に入ってきたのは、戦後にアメリカの軍人が連れてきたことから始まると言われています。

しかし当時の日本ではトリミングが発達しておらず、トリミングが必須のミニチュアシュナウザーが家庭犬として普及することはありませんでした。

1960年の高度成長期になって、やっと家庭犬として普及し始め、2000年頃から人気が上昇してきて、テレビドラマの中で頭が良く愛嬌がある姿を取り上げられて以来、人気が最高潮となり、人気犬ランキングでも、毎年のように上位に入っています。

ミニチュアシュナウザーの特徴

ミニチュアシュナウザーの体の大きさ

小型犬に分類され、平均体重はオス、メスともに4.5~7kg位で体高は30~35cm位です。

体長と体高が等しいスクエア型の体型をしています。

ミニチュアシュナウザーの毛質と毛色

被毛はダブルコートで上毛はワイヤーのように固く、下毛は柔らかくて密集しています。

頬髭と口髭、眉毛の愛嬌ある表情が特徴的です。

毛色は「ソルト&ペッパー」「ブラック&シルバー」「ブラック」「ホワイト」に4種類です。

一番よく見かけるのは「ソルト&ペッパー」でホワイトはやや珍しい毛色だと言えるでしょう。

ミニチュアシュナウザーは毛色が変わる

ミニチュアシュナウザーの毛色は、年月が経つうちに変化していくことがあります。

実際には色が変化するというよりも、退色するというほうが適当なのかもしれません。

濃い色のミニチュアシュナウザーは子犬から成犬になっていくうちに色が薄くなっていきます。

またホワイトのミニチュアシュナウザーは日光にさらされ続けているうちに、クリーム色に変わっていくことがあります。

ショーなどに出るミニチュアシュナウザーは、この退色を防ぐために「ストリッピング」という毛を抜く作業をすることがあります。

ストリッピングをすることによって、丈夫で固い毛に生え変わるのですが、ショーなどに出ることがない家庭犬では、そこまですることはあまりありません。

ミニチュアシュナウザーの性格・気質

ミニチュアシュナウザーは勇敢で活発

ミニチュアシュナウザーは、もともとはネズミを駆除するためにブリーディングされた犬ですので、とても勇敢で活発です。

人間並みの頭脳を持つと言われるほど、とても頭が良いのですが、頑固な面も持ち合わせています。

警戒心が強い

警戒心が強いことから、よく吠えることもあります。

その警戒心の強さから、番犬にも向いています。

甘えん坊なことも

勇敢で頑固、警戒心が強くてよく吠えるというと飼いにくそうなイメージですが、実は甘えん坊な犬が多いのも特徴的です。

警戒心が強くても問題行動はあまりなく、基本は聡明で穏やかな犬が多く、甘えん坊で家庭犬としては、とても飼いやすい犬だと言えます。

ミニチュアシュナウザーの飼い方・しつけ

ミニチュアシュナウザーは、とても頭が良い犬種なので、しつけに手間取ることは少ないです。

しかし頭が良いからと甘やかさずに、しっかりとしつけは行っておく必要があります。

ミニチュアシュナウザーの飼い方・しつけのポイント①~幼い頃からしつけはしっかりと~

ミニチュアシュナウザーは甘えん坊の面があり、甘えられるとつい甘やかしてしまいがちですが、わがままな犬にならないように、ダメなものはダメであるということを徹底するようにしましょう。

頭が良いので、しつけは入りやすく、何でもすぐに覚えてくれます。

ミニチュアシュナウザーの飼い方・しつけのポイント②~ストレスが溜まらないように~

ミニチュアシュナウザーは頭が良く警戒心が強いので、飼い主の精神状態など敏感に感じ取ってしまうことがあります。

ストレスを溜めやすい性格でもあるので、ミニチュアシュナウザーに接する時は、ストレスを溜めさせないように穏やかな気持ちで接してあげるようにしたいですね。

ストレスが溜まると無駄吠えをしてしまうようになることがあるので、注意しましょう。

ミニチュアシュナウザーの飼い方・しつけのポイント③~トイレのしつけ~

トイレは部屋の中の静かな場所に固定するようにしておき、頻繁に場所を変えるのは避けましょう。

最初はなかなか認識できなくても、そこがトイレであることを少しずつ覚えさせていきます。

排泄するそぶりが見えたらトイレに誘導することを繰り返していくうちに、トイレを覚えていきます。

失敗しても叱らずに、うまくできればオーバーなくらいほめることがコツです。

ミニチュアシュナウザー飼い方・しつけのポイント④~散歩の頻度は?

ミニチュアシュナウザーは、活発で運動好きな面もありますので、一日に2回、30分ずつ位、散歩に連れて行ってあげましょう。

最初から首輪とリードをつけて散歩するのは難しいので、最初は抱っこして少しずつ外の様子に慣れさせていきましょう。

運動好きですので、時々ドッグランなどに連れて行ってあげると喜びます。

ミニチュアシュナウザーのお手入れ

ブラッシング

ミニチュアシュナウザーはダブルコートですが抜け毛が少なく体臭もあまりありません。

しかし毛が絡まりやすいので、毎日のブラッシングは必須です。

口髭の手入れを忘れずに

ミニチュアシュナウザーは、口髭がチャームポイントでもありますが、食事の時に汚れてしまいます。

食事の時や水を飲んだ時などに、まめに拭いてあげるようにしましょう。

シャンプー・トリミング

ミニチュアシュナウザーは体臭が少ないですが、月に1度位はシャンプーをしてあげるようにしましょう。

自宅でシャンプーをする時には、刺激の少ないシャンプーで洗って、しっかりと乾かすようにしましょう。

自宅でできない場合は、ペットサロンでトリミングを行ってもらうのもいいでしょう。

ミニチュアシュナウザーはいろいろなカットが楽しめる犬種ですので、個性的なスタイルにしてもらうのもいいですね。

爪切り

犬の爪切りはコツが必要で、慣れないと爪が固くてスムーズに切ることが難しいです。

爪を切る時は必ず犬用の爪切りを使用して切るようにしましょう。

あまり深く切ってしまうと、爪に通っている血管まで切ってしまいケガをさせることになってしまいますので要注意です。

でも爪を伸ばしっぱなしにしているリスクも大きいので、伸びすぎてしまう前に切る習慣をつけましょう。

歯磨き・耳掃除

犬は人間よりも歯垢や歯石がつきやすいので、毎日の歯磨きは必須です。

子犬の頃から歯磨きを習慣化すると、嫌がらないようになります。

最初はガーゼでやさしくマッサージするだけで十分ですので、最終的には奥歯まで磨けるようになるまで、少しずつ慣らしていきましょう。

耳は垂れている犬が多いので、耳垢が溜まりやすいです。

専用のローションで頻繁に汚れを拭いてあげるといいでしょう。

ミニチュアシュナウザーの注意する病気

白内障

犬は高齢になると白内障になりやすくなります。

とくにミニチュアシュナウザーは目の病気が多い傾向があり、若年性の白内障になる確率が他の犬種よりも多いです。

若年性の白内障は遺伝性のものが多く、急に進行することが多いので、物にぶつかることが多くなる等、様子がいつもと違うと気がついた時には動物病院で診てもらうようにしましょう。

進行性網膜萎縮

遺伝子の異常による目の病気で、予防法はありません。

最初は暗い所が見えにくくなる夜盲症から始まり、明るい場所でも見えなくなってしまいます。

治療法はありませんが、犬は視覚に頼る部分は人間よりも少ないので、生活環境を工夫してあげることで、この病気になっても大きな不自由なく生活することができます。

尿路結石症

ミニチュアシュナウザーは遺伝的に尿路結石ができやすいと言われています。

最初は血尿や頻尿など膀胱炎と似た症状から始まりますが、進行すると結石が尿道に詰まってしまい尿が出にくくなり、命に関わります。

尿の様子がおかしい時にはできるだけ早く動物病院で治療を始めるようにしましょう。

糖尿病

ミニチュアシュナウザーは遺伝的な原因と、肥満やストレスなどが原因で糖尿病になってしまう犬が多いです。

糖尿病はインスリンが不足して血糖値が高くなってしまう病気で、この病気にかかってしまうと生涯にわたって治療が必要になります。

食事管理と運動で肥満にならないようにすることで予防できることもあります。

アトピー性皮膚炎

ミニチュアシュナウザーは皮膚が弱い犬が多く、アトピー性皮膚炎を発症することが多いです。

一度発症してしまうと慢性化しやすく、良くなったり悪くなったりという状態を繰り返します。

原因はわからないことが多いですが、ブラッシングなどの手入れを欠かさないこと、身の回りを清潔にしておくことが予防になります。

ミニチュアシュナウザーのカットスタイル

ミニチュアシュナウザーは、カットの仕方によって様々なスタイルが楽しめる犬種です。

トリミングの際に、一緒にカットをしてもらってはいかがでしょうか?

シュナカット

ミニシュアシュナウザーの典型的なカットスタイルで、テレビドラマに出てきた犬もこのスタイルでした。

体の毛は全体的に短めにして、髭と眉毛を際立たせたスタイルです。

オスでもメスでも、どちらでも似合い、毛色も選ばないスタイルです。

まつ毛カット

ミニチュアシュナウザーは目の上の毛を残してカットしていくと、つけまつ毛をしているような目になります。

女の子のミニチュアシュナウザーにしてあげると可愛いですよ。

モヒカンカット

頭の上の毛をモヒカンカットにするスタイルです。

男の子のミニチュアシュナウザーにおすすめのスタイルです。

他にもトイプードルでおなじみの「テディベアカット」や耳の毛を長く残したカットなど、様々なカットスタイルができますので、トリマーさんさ相談しながら、似合うスタイルを見つけてくださいね。

また自宅でカットができる場合は、いろいろな工夫をしてみて、愛犬だけのスタイルを開発してみるのも楽しいですね。

ミニチュアシュナウザーの基本情報~さいごに

ミニチュアシュナウザーは賢くて、とても飼いやすい犬種です。

人気が出てきたことで飼ってみたいと思う人が増えたと同時に、簡単に手に入れて手放す人も少ないとは言えません。

ミニチュアシュナウザーの寿命は12~15年位ですが、その間には食費もかかりますし医療費もかかります。

手に入れる前に、12~15年、生涯飼育していくことができるのかをよく考えてから飼育するようにしてくださいね。