アメリカンコッカースパニエルの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

アメリカンコッカースパニエルの原産国

アメリカ

アメリカンコッカースパニエルのサイズ

  中型犬

アメリカンコッカースパニエルの体重

オス11~13kg メス10~12kg

アメリカンコッカースパニエルの体高

オス36~38cm メス34~36cm

アメリカンコッカースパニエルの被毛のタイプ

ダブルコート 長毛 

アメリカンコッカースパニエルの平均寿命

12~15歳

アメリカンコッカースパニエルの価格相場

17~27万円

アメリカンコッカースパニエルの歴史

アメリカンコッカースパニエルの祖先

アメリカンコッカースパニエルの祖先の犬は、スペインからイギリスに持ち込まれたランドスパニエルという犬であると言われています。

ランドスパニエルがメイフラワー号でアメリカに渡り、短い口吻や長い耳にする等の改良がされ、現在のアメリカンコッカースパニエルの形になりました。

アメリカンコッカースパニエルはもともとは猟犬

アメリカンコッカースパニエルの「コッカー」とは鳥の「ヤマシギ」という意味があります。

イギリスにいた頃のスパニエルは15世紀頃からヤマシギ狩りに駆り出されることが多く、猟犬として活躍していたために、コッカースパニエルという名称がつきました。

イングリッシュコッカースパニエルからアメリカンコッカースパニエルへ

イギリスから渡ってきたということで、長い間イングリッシュコッカースパニエルとして親しまれてきたアメリカンコッカースパニエル、 長い間、この2つの犬種は同じ犬であるとされてきました。

しかしアメリカンコッカースパニエルはイングリッシュコッカースパニエルを、より改良した愛玩犬なので、見かけもかなり違ってきていました。

1935年になって、ようやくアメリカのケネルクラブでは、イングリッシュコッカースパニエルとアメリカンコッカースパニエルは別の犬種であることが認められました。

1968年にはイギリスでもイングリッシュコッカースパニエルとアメリカンコッカースパニエルは別の犬種であると認められています。

アメリカでの人気は映画「わんわん物語」の影響で最高潮になりましたが、今は落ち着いています。

アメリカンコッカースパニエルの特徴

アメリカンコッカースパニエルの顔の特徴

犬はマズル(鼻先から目頭までの長さ)と頭蓋骨の長さ(目頭から耳の付け根までの長さ)を比較して、長頭種、中頭種、短頭種に分類されるのですが、アメリカンコッカースパニエルは頭蓋骨の長さよりマズルが短いので短頭種に分類されます。

頭蓋がドーム状になっていて顔の彫りが深く、垂れ耳で、耳の毛が長いです。

 

アメリカンコッカースパニエルの毛色

単色では「ブラック」、「クリーム」、「チョコレート」、ブラックにタン模様が入る「ブラックタン」、チョコレートにタン模様が入り「チョコタン」、ブラウンにところどころ毛先が黒味がかっている「セーブル」等があります。

2色以上のカラーでは「ブラック&ホワイト」、「レッド&ホワイト」、ブラック&ホワイトに茶色のタン模様が入る「トライカラー」等があります。

アメリカンコッカースパニエルの毛色のバリエーションはとても多く、他にも様々なパターンがあります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

アメリカンコッカースパニエル

陽気で穏やか

アメリカンコッカースパニエルの性格は、中型犬にもかかわらず、小型犬のように可愛くて愛嬌があるということでしょう。

陽気で、しかも穏やかなので体が大きくても、愛玩犬として、とても飼いやすい犬種です。

人懐っこくて友好的

飼い主家族に対しても、他の人や動物に対しても友好的に接することができます。

単独飼いもいいですが、多頭飼いにもとても向いている犬種です。

独りでいるよりも、たくさんの人や動物と一緒に過ごすほうを好む傾向が強いです。

頭が良いけれど甘えん坊のことも?

アメリカンコッカースパニエルは、とても頭が良いのでしつけの面ではそれほど苦労することはないでしょう。

しかし遊び好きな面もありますので、時間があれば一緒に遊んであげるようにすることが必要です。

甘えん坊で、たくさんのスキンシップを取ることを要求してきます。

体が少し大きいので、飼い主のほうも遊び好きなアメリカンコッカースパニエルについていける体力が必要です。

アメリカンコッカースパニエルの飼い方・しつけ

アメリカンコッカースパニエルの飼い方・しつけのポイント①トイレのしつけ

アメリカンコッカースパニエルは頭が良いので、しつけに関してはそれほど手を焼くことは少ないでしょう。

最初にしなければならないしつけは、トイレのしつけですが、トイレの場所を頻繁に変えることは避けて、トイレの場所をきちんと覚えさせることから始めましょう。

ウロウロしたりクルクル回ったりしだしたら排泄のサインですので、速やかにトイレまで誘導してあげましょう。

もし失敗しても叱ってはいけません。

叱られると排泄することがいけないことだとインプットされてしまいます。

うまくできれば思いっきりほめる、ということを繰り返して、トイレの場所を定着するようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルの飼い方・しつけのポイント②散歩はしっかりと

アメリカンコッカースパニエルは運動好きなので、散歩は必須です。

1日2回、30分~1時間ほど、散歩に連れて行ってあげるようにしましょう。

暑い時期などには時間帯に注意するようにしましょう。

飼い主に寄り添って歩く、他の犬に出会っても騒がないということを教えるチャンスでもあり、ストレス解消にもなりますので、忙しくても散歩の時間は取るようにしたいですね。

アメリカンコッカースパニエルの飼い方・しつけのポイント③食事の管理

アメリカンコッカースパニエルは肥満になりやすい犬種です。

肥満になってしまうと、いろいろな病気のリスクが高くなってしまいますので、食事管理をしっかりとして肥満にならないように注意しましょう。

アメリカンコッカースパニエルののお手入れ

アメリカンコッカースパニエルののお手入れポイント①定期的なシャンプー

アメリカンコッカースパニエルは皮膚が脂っぽく、皮膚病を起こしやすい犬です。

皮膚が脂っぽいために、汚れてくると臭いが強くなってしまいます。

そのため定期的なシャンプーをする必要があります。

シャンプー後はしっかりと乾かすことも皮膚のために必要です。

体がやや大きめなので、自宅でのシャンプーが難しい場合はペットサロンで爪切りや耳掃除などのトリミングと一緒にしてもらいましょう。

アメリカンコッカースパニエルののお手入れポイント②ブラッシング

アメリカンコッカースパニエルの美しい被毛を守るためにも、毎日のブラッシングは必要です。

ブラッシングをすることで抜け毛や汚れを取り除き、毛が絡まるのを防ぎ、皮膚の状態を確認することができます。

アメリカンコッカースパニエルののお手入れポイント③耳掃除

アメリカンコッカースパニエルは垂れ耳ですので、耳が蒸れて汚れやすい状態になっています。

時々、耳の中をチェックしてみて、汚れていれば汚れを拭き取ってあげましょう。

拭いても取れきれない汚れは、専用のクリーナーを使って耳掃除をしてあげるようにしましょう。

こまめに耳掃除をすることによって外耳炎などの耳の病気を防ぐことができます。

アメリカンコッカースパニエルののお手入れポイント④歯磨きもしっかりと!

犬は人間よりも歯垢が溜まりやすく、放置しておくと歯周病になってしまいます。

アメリカンコッカースパニエルは食べることが大好きなので、口の中に食べかすが溜まったままになってしまい、そのまま放置しておくと歯垢や口臭の原因になってしまいます。

歯磨きは子犬の頃から習慣化してしまうと、嫌がらずに歯磨きをすることができます。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その① 緑内障

緑内障は眼圧が上昇して視神経が圧迫されて視力障害が出る目の病気です。

急性の場合は痛みが強く、目の近くを触れようとするのを嫌がるようになります。

また目が充血したり濁って見えたりします。

慢性になってしまうと眼球が腫れて大きく見えるようになります。

早めの治療が大切ですので、異常に気がついたらすぐに動物病院へ行くようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その② 白内障

水晶体が濁ることによって視力障害を起こしてしまう病気です。

他の犬種でも高齢になってくると白内障になりやすくなりますが、アメリカンコッカースパニエルの場合は遺伝的に若年性白内障にかかりやすい傾向があります。

白内障が進行すると、目が白く濁ってくるようになり、物にぶつかることが多くなるので、飼い主も気がつくようになります。

早めに治療することで進行を抑えることができることもあります。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その③ チェリーアイ

チェリーアイは第三眼瞼(瞬膜)が外に飛び出してしまう目の病気です。

外に飛び出して炎症を起こした第三眼瞼が、まるでサクランボのように見えることからチェリーアイと呼ばれます。

早く治療することがポイントになりますので、異常に気がついたらすぐに動物病院へ行くようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その④ 慢性肝炎

アメリカンコッカースパニエルは先天的に慢性肝炎になりやすいと言われています。

初期の慢性肝炎は症状がほとんどないのでわかりにくいですが、進行してくると黄疸、腹水、けいれん発作などが現れてきます。

進行を抑えるための治療は、生涯にわたって必要になります。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その⑤ 膝蓋骨脱臼

膝のお皿がずれてしまう病気です。

先天的にかかる場合と、飼育環境によってかかる場合があります。

高い場所から飛び降りたりしないように、またフローリングで滑らないように飼育環境を整えてあげることで予防できます。

外耳炎

垂れ耳で、耳の内部が蒸れやすいことから外耳炎を起こしやすいです。

アメリカンコッカースパニエルは、外耳炎を発症してしまうと重症化してしまうことが多いので、普段から耳の中の様子をチェックすることを習慣づけたいです。

アメリカンコッカースパニエルの注意する病気その⑥ 脂漏症

アメリカンコッカースパニエルの皮膚は皮脂が多く分泌されるので、脂漏症を起こしやすいです。

脂漏症を起こすと細菌やマラセチアという酵母が繁殖して皮膚炎を起こしやすくなります。

普段から清潔にしておくことで予防につながります。

アメリカンコッカースパニエルの特徴として、目の病気や皮膚の病気が多いということがあります。

遺伝的なものもありますが、予防できるものもありますので、日頃から愛犬の様子をよくチェックするようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルのカットスタイル

アメリカンコッカースパニエルはカットやトリミングをしないで放置しておくと、まるでモップのようになってしまうことがあります。

普段からまめに手入れすることも必要ですが、夏になるとサマーカットにしてさっぱりしたり、個性的なスタイルにしてみたり、いろいろとカットスタイルを楽しめるのもアメリカンコッカースパニエルの特徴です。

スタンダードカット

アメリカンコッカースパニエルの基本とも言えるカットスタイルがスタンダードカットです。

全体的に毛を長く残して、胴体の毛を床につくほど真っすぐに伸ばし切りそろえます。

お腹をすっきりさせたカット

スタンダードカットを基本として、お腹周りの毛をすっきりとカットします。

家庭犬として飼育されているアメリカンコッカースパニエルに多いスタイルです。

スタンダードスタイルよりも手入れはしやすくなります。

サマーカット

サマーカットにはいろいろありますが、全体的に短く毛を短めにしながらも、ふんわりとした感じを残しておく方法と、全体的にスムースな感じにする方法があります。

スムースにしてしまうと何の犬種かかわからなくなってしまいますが、夏にはぴったりですね。

耳の毛を伸ばすカット

女の子のアメリカンコッカースパニエルにおすすめのスタイルです。

全体的に短くしても、アメリカンコッカースパニエルの特徴である耳の飾り毛は残しておくようにすると、女の子らしいスタイルになります。

モヒカンカット

男の子のアメリカンコッカースパニエルにおすすめのカットスタイルです。

頭の上の毛をモヒカンのようにカットします。

シャープでカッコよくなりますよ。

アメリカンコッカースパニエル基本情報~さいごに

アメリカンコッカースパニエルはアメリカ原産の犬で、日本でも愛好者が多いです。

ディズニーの「わんわん物語」で取り上げられたことでも知られています。

中型犬に分類されますが陽気で友好的で、家庭犬として飼いやすい犬種です。

もともと猟犬だということもあり、運動好きですので、毎日の散歩で運動をさせる必要があります。

体がやや大きめの犬ですので、毎日の散歩についていける体力のある人が飼い主として望ましいでしょう。