獣医師が解説する犬の白内障  〜原因、診断、治療法について〜

白内障は、単なる老化によってもおこるため、非常に眼科疾患でもよく遭遇する病気です。 白内障というと、目が白くなるというイメージのみ浮かんでくるという方も多いと思いますが、ここでは具体的に、白内障の分類、原因、診断、治療法などについて詳しく解説していきたいと思います。

犬の白内障は高齢犬のみに起こる病気なの?

犬の白内障というと、年をとった高齢犬のみと考えがちです。

6歳齢以上でおこる白内障を老齢性白内障と呼びますが、実はそれ以外にも犬が2歳齢までに発生する若齢性白内障や、2〜6歳齢でおこる成犬性白内障などもあり、白内障というのは、どの年齢層の犬でも起こるとされています。

 

犬の白内障の分類とは?

犬の白内障は、段階によって、以下のように4つに分類されます。

  • 初期白内障:見た目には分からない。
  • 未熟白内障:視力はあり。水晶体の混濁が見た目ですぐ分かる。
  • 成熟白内障:視力なし。水晶体は変性し、膨化してくる。見た目に真っ白の目。
  • 過熟白内障:視力なし。水晶体の前嚢カプセルと呼ばれる前縁と、後嚢カプセルと呼ばれる後縁がくっついてしまう。目が白くきらきらと見える。

犬の目が白くなってきたら、白内障っていうこと?

犬の飼い主のみなさんは、見た目に、目が白くなってきてしまったら白内障であると思い込んでいませんか?

確かに白内障であるケースも少なくありませんが、実は核硬化症というものがあって、ぱった見た目では白内障との区別はつきません。

核硬化症は、水晶体の核が硬化したもので、加齢に伴う正常な現象で視力が失われることはないのです。

 

犬の白内障の原因って?どんな犬種で起こりやすいの?

犬の白内障の原因には、遺伝的なものと、遺伝的ではなく後天性のものがありますが、多くの犬種で遺伝性白内障が認められています。(以下に好発品種記載します)

犬の白内障の原因の一つ、後天性の原因としては、外傷、栄養欠乏、中毒(ジニトロフェノール、ナフタレン)、炎症、糖尿病、低カルシウム血症、放射線、電気ショックなどが挙げられます。

白内障になりやすい犬種

  • ミニチュア・プードル
  • トイ・プードル
  • スタンダード・プードル
  • アメリカン・コッカー・スパニエル
  • ミニチュア・シュナイザー
  • ボストン・テリア
  • シベリアン・ハスキー
  • ビーグル</li>
  • アイリッシュ・セッター
  • アフガンハウンド
  • ラドール・レトリバー
  • オールド・イングリッシュ・シープドッグ
  • ウエルッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ジャーマンシェパード

※典型的に失明に進行する白内障を起こす犬種としては、上記の中でもプードル、アメリカン・コッカー・スパニエル、ミニチュア・シュナイザーが挙げられます。

 

犬の白内障の進行はどれくらいかけて起こるの?

犬の白内障の進行について一般的には、数ヶ月〜数年かけて進行するとされていますが、老齢性白内障の場合は、犬の加齢に伴いゆっくりと進行します。

また、後天性の糖尿病によるものは非常に進行が早いことで知られています。

 

犬の白内障はどのように診断されるの?

犬の白内障の診断は、品種、発症年齢、白内障の発生部位、進行度合いなどを念頭に置きながら行っていきます。

具体的にはどんな検査をするのでしょうか?

スリットランプ検査

犬の水晶体の検査に不可欠です

検査を行う前に散瞳剤を点眼し、20分ほどおいて犬の瞳孔が開ききってから検査が実施されます。

この検査では、白内障治療に関わる前眼部から硝子体と呼ばれる部位まで様々な情報が得られます。

具体的には、前房深度、水晶体の位置(チン小帯断裂、脱臼)、水晶体の混濁部位(前・後嚢、前・後嚢下、核、周辺部)などを診ていきます。<br>

白内障が非常に進行性で、その他の症状として多飲多尿(水をがぼがぼ飲んで、大量におしっこをする)などの症状がある場合は、糖尿病性白内障の疑いが高いため、目の検査の他に、尿検査血液生化学検査を行います。

また、白内障の外科手術を選択した場合は、眼圧検査、偶角検査、網膜電位図(ERG)検査、眼内の超音波検査、さらに涙液量を含めた角膜表面の評価など多々なる検査が実施されます。

 

犬の白内障はどのように治療されるの?

犬の白内障は、病期によって、内科的治療または外科的治療が選択されます。

また、基礎疾患がある場合はそちらの治療を先に先行させていきます。

(例: 糖尿病性白内障→糖尿病の治療をまず行う。

 

犬の白内障 内科的治療

犬の白内障の内科的治療は、初期白内障および未熟白内障で視覚が残存する場合に適応されますが、この治療はすでに存在している水晶体の混濁を透明化させることはほとんどなく、進行を遅らせるにすぎないとされています。

ピレノキシン(商品名:ライトクリーン、カタリンK、カリーユニ)点眼

水晶体の水溶性蛋白の変性等を抑え、水晶体の透明性を維持させることにより白内障の進行を抑制する点眼。目が真っ白になってしまってる場合は効果なく、適応外。

グルタチオン(商品名:タチオン)点眼

白内障では、その発症に先立って水晶体中のグルタチオン 量の減少や、水晶体中でのグルタチオン合成酵素の活性低下が立証されており、グルタチオンの投与により白内障の発症 を防止したり、進行を防止出来ることが報告されています。その他、角膜上皮の修復にも用いられる点眼薬です。

Nアセテルカルノシン(商品名:ドッグクララティル、C-nac)点眼

Nアセテルカルノシンは、点眼後、天然のカルノシンに変わり天然酸化防止を促進します。

その結果、水晶体の酸化を抑制し、目の水晶体の濁りを抑制するとされています。

 

犬の白内障 外科的治療

犬の白内障の治療の主体となるのは、やはり外科手術となります。

ただし、手術の前には精密な検査が必要で、進行性網膜萎縮などがある場合は手術適応外になりますので注意が必要です。

また、糖尿病、クッシング症候群、腎不全、肝不全、心不全などが認められる場合はきちんと術前にコントロールしておくことが重要です。

手術後は頻回の点眼が必須ですので、点眼がおうちで困難な場合などは手術が難しいこともありますので、獣医師とよく相談して下さい。