犬の年齢を人間に換算すると何歳?平均寿命や老化のサインは?

犬の寿命はどれぐらいなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。実は寿命は犬の体格の差によってそれぞれ異なります。また、犬の年の取り方には、実に驚くべきものがあります。今回は犬の平均寿命や、人間に換算したときの犬の年齢などについて、お伝えしていきます。

犬の年齢を人間に換算すると?

私たち人間と犬とでは年の取り方が異なります。

では、犬の年齢は人間に換算すると何歳ぐらいに相当するのでしょうか。

小型犬・中型犬の場合

小型犬・中型犬の年齢は人間に換算すると、

  • 犬の生後(以下省略)1カ月→1歳
  • 3カ月→5歳
  • 6か月→9歳
  • 1歳→17~18歳
  • 2歳→24歳
  • 3歳→28歳

といったかんじで、1歳を過ぎると1年で4歳ずつ年を取っていきます。

そして体の機能が変化してくる7歳になると44歳、シニア犬と言われる10歳で56歳、12歳で64歳、15歳で76歳に相当します。

大型犬の場合

小型犬・中型犬と大型犬とでは、年を取るスピードが異なります。

大型犬の場合は、

  • 生後3カ月→2歳
  • 6か月→6歳
  • 1歳→12歳
  • 2歳→19歳
  • 3歳→26歳

といったように、1年で7歳ずつ年を取っていきます。

そしてシニア期をまもなく迎える5歳では44歳、7歳で54歳、10歳で75歳 12歳で89歳に換算されます。

このように比べてみると、小型犬・中型犬は成長が早いですが老化は遅く、大型犬は子犬の頃はゆっくり成長しますが、老化のスピードが早いのがわかります。

犬の平均寿命はどのくらい?

犬の平均寿命は14年程と言われ、ひと昔前と比べると、大幅に寿命は伸びています。

その背景には、ドッグフードや動物医療の向上が大きく影響していると言えるでしょう。

さらに、現在は室内で飼うのが主流なので、外の厳しい環境にさらされることなく飼育されているのも、長生きできる要因のひとつです。

しかし犬の寿命は体の大きさで、多少差があります。

それぞれの体格による平均寿命はどのぐらいなのでしょうか。

小型犬の平均寿命

小型犬の平均寿命は13~15年程と言われています。

そして小型犬の中でも、

  • イタリアングレーハウンド
  • パピヨン
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • マルチーズ
  • ミニチュアシュナウザー
  • ヨークシャーテリア

などはとくに長生きする傾向にあり、寿命は14~15年程になります。

中型犬の平均寿命

中型犬の平均寿命は小型犬と比べると若干短く、11~13年ぐらいと言われています。

その中でも、ミックス犬は長生きする傾向が見られますが、そのほかにも、

  • 柴犬
  • ビーグル
  • ボーダーコリー
  • コッカースパニエル
  • ウェルシュコーギーペンブローク

などの犬種も中型犬の中では寿命が長いほうです。

大型犬の平均寿命

大型犬の平均寿命は10~12年程と言われています。

大型犬は7年ずつ年を取るため、シニア期に入る時期が早く、寿命は小型犬・中型犬よりも、どうしても短くなってしまいます。

しかし、その中でも、

  • ゴールデンレトリバー
  • シベリアンハスキー
  • ラブラドールレトリバー
  • スタンダードプードル

などは寿命が12年ぐらいで、長生きする傾向にあります。

犬の飼育の仕方で寿命が変わる

犬の平均寿命は小型犬、中型犬、大型犬でそれぞれ異なり、小型犬が一番長いですが、実際のところ、どのぐらい長生きできるかは、犬の飼育の仕方が大きく影響します。

愛犬の健康を維持し、なるべく長生きしてもらうには、とくに以下のことに気をつけたほうがよいでしょう。

愛犬を長生きさせるためにすべきこと その① 食事管理をする

普段の食生活は寿命に大きな影響を及ぼします。

成長段階に合ったドックフードを選び、1日の給与量を守って与えるようにしましょう。

食事の時間でもないのに、犬が欲しがるたびにあげてしまうと、肥満になる恐れがあります。

肥満になると足の関節に負担がかかるほか、糖尿病や心臓病などを引き起こしやすくなってしまします。

また、食事だけでなく、おやつの与え過ぎにも注意しましょう。

おやつは嗜好性が高いので、普段のドックフードを食べなくなってしまうことも少なくありません。

必要な栄養素が不足すると体調を損ねる恐れがあるので、食事管理は非常に大切です。

愛犬を長生きさせるためにすべきこと その② 適度に運動をする

犬種によってそれぞれ必要な運動量は異なりますが、基本的に散歩は毎日連れて行き、体を動かすようにしましょう。

運動不足になると筋肉が衰えるだけでなく、骨も弱くなってしまいます。

その影響で歩けなくなったりすると、ほかの疾患を引き起こす恐れがあり、寿命にも大きく影響してきます。

その犬にあった運動量を考慮し、散歩を怠らないようにしましょう。

愛犬を長生きさせるためにすべきこと その③ 去勢・避妊手術を検討する

去勢・避妊手術をすると、していない場合と比べて長生きする傾向が見られます。

その理由は手術をすることで、生殖器の疾患が予防されるからです。

それだけでなく、発情期におけるストレスが軽減されるのも大きなポイントです。

人間と同様、犬もストレスは免疫機能の低下を招き、健康を損なう原因になります。

去勢・避妊手術は飼い主の考え方により賛否両論ありますが、健康維持のために一度、検討してみるのもよいのではないでしょうか。

愛犬を長生きさせるためにすべきこと その④ 健康診断・予防接種を受ける

最低でも1年に1回は健康診断を受け、体に異変がないかチェックするようにしましょう。

もし、疾患があったとしても早期に発見できれば、大事に至らずに済みます。

また、小型犬や中型犬であれば、シニア期にさしかかる7歳頃、そして大型犬の場合は5歳を過ぎたあたりからは、半年に1回ほど健康診断を受けるようにしたほうが安心でしょう。

そのころはまだシニア犬ではないものの、体の機能が徐々に低下してくる時期です。

体調管理をして、なるべく病気を防げれば、長生きに繋がります。

また、蚊が発生する時期はフィラリア予防も欠かせません。

年齢に関係なく、重度になると死亡してしまうこともあるので注意が必要です。

子犬期に気をつけることは?

小型犬・中型犬は生まれてから1歳までを子犬期と呼びます。

とはいっても、生後10カ月頃にはすでに成犬としてのサイズになっており、成長の変化はそれ以上見られません。

一方、大型犬は子犬の時期は成長するスピードが遅いため、1歳半から2歳までが子犬期になります。

体が未発達なこの時期は、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

子犬期に気をつけること その① ワクチン接種をする

子犬は生まれて間もない頃は、母親からの免疫抗体を持っていますが、成長するにつれて徐々に減少し、自分で免疫抗体を作るようになっていきます。

しかし、まだその力が十分に備わってないときは不安定なため、感染症にかからないように気をつけなければなりません。

それを予防するために、生後6~16週の間に、2~3回ワクチン接種をする必要があります。
子犬を購入する際は、いつ頃ワクチン接種を行えばよいのか確認し、動物病院に連れて行くようにしましょう。

子犬期に気をつけること その② 子犬用のドックフードを与える

子犬は成犬と比べて多くの栄養やカロリーが必要です。

ドッグフードは成長段階に合わせて子犬用、成犬用、シニア用と分かれているので、子犬に適した栄養が調整されている子犬用を与えるようにしましょう。

子犬期は最も成長が盛んな時期です。

その大切なときに栄養を十分摂取していないと、発育障害が起こしてしまいます。

ドックフードのパッケージに記載されている給与目安量をもとに、与えるようにしてください。

そして、体が完成する生後10カ月頃から、少しずつ成犬用のドックフードに切り替えていきましょう。

子犬期に気をつけること その③ 誤飲・誤食に気をつける

子犬は好奇心が非常に旺盛で、さまざまなことに興味を示します。

誤飲・誤食をしないように、部屋には小物などをなるべく置かないようにしておきましょう。

また、子犬の場合はとくに地面から顔までの距離が近いため、散歩中に拾い食いなどをしないように気をつけてください。

万が一、誤ってなにか飲み込んでしまったときは、すぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

成犬期に気をつけることは?

小型犬・中型犬は1~7歳頃まで、そして大型犬の場合は1歳半~5歳頃までが成犬期になります。

7歳ずつ年を取っていく大型犬は、小・中型犬よりも2年早くシニア期に移行していくのを、覚えておきましょう。

成犬期を健康に過ごすには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

成犬期に気をつけること その① おやつを与え過ぎない

成犬期を迎える頃には、愛犬との信頼関係も深まり、より一層かわいさが増しているかと思います。

そのため、ついついおやつを与えたくなってしまうかもしれませんが、しつけのご褒美として与えるぐらいにしておきましょう。

とくに、ミニチュアダックスやコーギーのような、胴長短足の体型をした犬種にとっては、肥満になると背骨に大きな負担がかかり、椎間板ヘルニアを引き起こす恐れがあります。

椎間板ヘルニアになると、しびれや麻痺の症状が出てしまい、散歩に行けなくなってしまいます。

散歩は犬にとって気分転換となる大切な時間です。

それを制限されるとストレスがかかり、余計に健康に悪影響を及ぼしてしまいかねません。

犬の健康を守るためにも、おやつはほどほどにするようにしましょう。

成犬期に気をつけること その② 定期的に歯みがきをする

健康を維持していくためには、口内環境をよい状態に整えておくことが非常に重要です。

というのも、歯周病になると、単に歯や歯茎が悪くなるだけでなく、歯周病の菌や炎症性物質が体に行き渡ってしまうからです。

そのようになると、心臓病を引き起こしたり、腎臓や肝臓にダメージを与えたりしてしまうこともあります。

口内環境の悪化は寿命に大きく関係してくるので、最低でも週1回は行うようにしましょう。

シニア期に気をつけることは?

小型犬・中型犬は7歳頃から、そして大型犬は5歳頃からシニア期を迎えていきます。

とはいっても、見た目の変化などはあまり見られず、成犬期のときと同じようにまだまだ元気だったりします。

しかし体の機能は徐々に変化していく時期なので、以下のことに気をつけるようにしましょう。

シニア期に気をつけること その① シニア用のドックフードに切り替える

シニア期に入ったからといって、すぐにシニア用のドックフードに、切り替えなければならないわけではありません。

消化能力が劣っていないようであれば、成犬用のドックフードをしばらく与えて様子を見るのがよいでしょう。

しかし食べる量が減ってきたり、食べづらそうにしていたりするときは、シニア用のドックフードに切り替えていきましょう。

シニア期は消化機能の低下に伴い、胃液や唾液が薄くなっていくので、消化しやすいドックフードでないと、栄養がうまく摂取できません。

また、運動量も減ってくるので、成犬用のドックフードではカロリーオーバーになってしまいます。

個々によって健康状態は異なるので、様子をみながら徐々に切り替えていきましょう。

シニア期に気をつけること その② 寒さ対策をする

年を取っていくと新陳代謝が低下してくるので、寒さに弱くなっていきます。

体が冷えると免疫力が低下し、風邪を引いたりしやすくなるので、寒さ対策をしっかりと行いましょう。

室温は20℃前後が適温とされています。

また、ベッドをドーム型のものにしたり、散歩の時は服を着せたりさせたりするのも防寒になります。

犬の老化のサインは?

犬は年を取ってくると、

  • 食べる量が減る
  • 寝ている時間が多くなる
  • いつも遊んでいたおもちゃで遊ばなくなる
  • 階段などの段差を避けるように歩く
  • 白髪が見られる
  • 口臭がきつくなる
  • 目の奥が白っぽくみえる
  • 呼んでも反応が薄い

といった老化のサインが見受けられるようになります。

そのほか、人間と同様、犬も認知症になることがあります。

普段からの予防が大切ですので、積極的に名前を呼んで話しかけてあげるほか、スキンシップをとるなどして、今まで以上に触れあうように心がけましょう。

このようにするだけでも、脳へのよい刺激になります。

また、老犬は水晶体の老化により、水晶体核が硬くなる核硬化症になりやすく、目が白っぽくなったりします。

しかし白内障などの症状も疑われるため、早めに獣医師の診断を受けるようにしましょう。

まとめ

犬の一生は私たち人間よりもずっと短いですが、少しでも多くの時間を一緒に過ごしたいものです。

犬がいつまでも健康でいられるようにするには、健康診断やワクチン接種をはじめ、普段の食事管理や適度な運動などをしっかりと行うようにしていきましょう。