ロングコートチワワの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ロングコートチワワは小さな体とふさふさの被毛、そしてウルウルした大きな目がチャームポイントのとても可愛い犬です。日本の住環境にもぴったりと合うので、日本では常に人気犬ランキングの上位にいます。そんなロングコートチワワの歴史や特徴、性格や手入れの方法、かかりやすい病気などを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ロングコートチワワの基本情報

ロングコートチワワの原産国

メキシコ

ロングコートチワワのサイズ

超小型犬

ロングコートチワワの体高

15~23cm

ロングコートチワワの体重

1.5~3kg

ロングコートチワワの被毛のタイプ

ダブルコート

ロングコートチワワの平均寿命

12~14歳

ロングコートチワワの価格相場

15~20万円

ロングコートチワワの歴史

祖先は古代メキシコに存在していた「テチチ」

チワワの祖先は古代メキシコに存在していた「テチチ」という小さな犬だと言われています。

15世紀頃、コロンブスがアメリカ大陸を発見した時にスペイン国王に送った手紙の中で、このテチチであろうと思われる犬のことについて触れています。

16世紀頃になって、南米はスペイン軍に侵略され、原住民と暮らしていたテチチはメキシコを追われることになってしまいました。

以降300年にわたってテチチの存在は途絶えてしまいます。
 

アメリカに持ち帰られて「チワワ」という名に

1850年になってから、メキシコに渡ったアメリカ人が、テチチと思われる犬を発見してアメリカに持ち帰ります。

持ち帰られた犬たちは、発見された地にちなんで「チワワ」と名付けられました。

チワワはアメリカでチャイニーズクレステッドドッグや小型のスパニエルと交配して、小さなサイズに固定されました。

当初はチワワと言えばスムースコートチワワのことでしたが、アメリカで改良されて毛の長いロングコートチワワが誕生しました。

ロングコートになったのはポメラニアンやパピヨンと交配したためだと言われています。

登録当初は人気がなかったチワワ

チワワはアメリカのケネルクラブに1904年に登録されましたが、初めは小さすぎて使役犬の役割を果たせないチワワの人気はほとんどありませんでした。

1960年代になって使役犬の代わりに愛玩犬の人気が高まってきて、チワワはアメリカでも人気犬となり、登録頭数上位20位以内に入っています。

日本ではロングコートチワワが人気

チワワは日本に1970年頃輸入されましたが、日本での愛玩犬はマルチーズやヨークシャーテリアの人気が高く、毛が短くて小さすぎるスムースコートチワワの人気は高いとは言えませんでした。

テレビのCMなどの影響でロングコートチワワの存在が広く知られるようになり、日本の住宅事情にマッチした超小型犬が人気となり、瞬く間にロングコートは日本での人気犬となっていきました。

ロングコートチワワの特徴

飾り毛が特徴の世界最小の犬

チワワは世界最小と言われる犬種です。

チワワには毛が短いスムースコートチワワとロングコートチワワがいますが、日本で見かけることが多いのは圧倒的にロングコートチワワです。

ロングコートチワワの耳は立ち耳、頭は「アップルヘッド」と呼ばれる丸い形をしています。

全身を長く柔らかい毛で覆われていて、腕や頭部、尾に飾り毛があります。

長毛ですが、ある程度の長さになると止まり、伸び続けるわけではありません。

ロングコートチワワの毛色

ロングコートチワワの毛色の種類は多く、今でも続々と新しい毛色が誕生しています。

同じような色合い、模様でも、全く同じものはないというのが面白いところです。

よく見かける毛色には「ブラック」、「ブラックタン」、「ブラック&ホワイト」、「ブラックタン&ホワイト」、「フォーン」、「フォーン&ホワイト」、「レッド」、「レッド&ホワイト」、「クリーム&ホワイト」、「チョコレート&タン」などがあります。

少し珍しい色では、まだら模様の「ブリンドル」、色あせた茶色のような「イザベラ」などがあります。

ロングコートチワワの性格・気質

小さくても勇敢

ロングコートチワワは小さくても勇敢な面があり、大きな犬にでも平気で向かっていくことがあります。

そのため、超小型犬ながら番犬にも向いている犬だと言われます。

無駄吠えをしやすい傾向はありますが、しっかりとしつけることによって、ほとんど無駄吠えをしなくなることもあります。

甘えん坊で怖がり

ロングコートチワワは甘えん坊の反面、とても怖がりの面もあり、いつも誰かと一緒にいたい寂しがり屋でもあります。

そのため、ややお留守番が苦手な傾向もあります。

誰にでもなつかない

ロングコートチワワは飼い主家族と他人を区別して接するところがあります。

人懐っこい性格ではありますが、誰にでも懐くというわけではなく、警戒心が強いと言えるでしょう。

頭が良くて物覚えも良い

ロングコートチワワは体の割には頭が大きく、脳が発達しているのが伺えます。

小さくても頭が良く物覚えも良いので、しつけにもそれほど手間取ることは少ないでしょう。

ロングコートチワワの飼い方・しつけ

ロングコートチワワの飼い方・しつけ ポイント① 寒さにも暑さにも弱い

ロングコートチワワは暑さにも寒さにも弱いので、部屋の気温を調節してあげる必要があります。

エアコンなどを使って適温になるようにしてあげましょう。

寒い時期に外出する時は服などを着せてあげるといいでしょう。

散歩の時間は、暑さ寒さが厳しい時期は時間帯に気をつけるようにしてあげましょう。

ロングコートチワワの飼い方・しつけ ポイント② トイレのしつけ

個体差もありますが、ロングコートチワワはトイレのしつけは意外と早くできる傾向があります。

トイレの位置を固定して、排泄のそぶりが見えたら素早く誘導してあげるようにしましょう。

トイレに臭いをつけておくと、よりわかりやすくなります。

初めからうまくはできないので、叱ることは避けましょう。

叱ってしまうと排泄することがいけないことだと思ってしまい、特にウンチの場合は食糞してしまうことがあります。

失敗しても淡々と片づけるようにして、うまくいけばほめてあげるようにしましょう。

ロングコートチワワの飼い方・しつけ ポイント③ 散歩はどうするの?

ロングコートチワワは小さいので、家の中で遊んであげるだけでも運動量が十分な場合があります。

しかし外に出て散歩をすることでストレス解消になり社会化のしつけにもなるので、1日に2度位、散歩に連れて行ってあげるようにしたいですね。

散歩に出たら好奇心旺盛なロングコートチワワは、あちこちウロウロとしてしまうことが多いですが、少しずつ飼い主のそばを寄り添って歩けるようにしつけてあげてください。

寄り添って歩くことで、車や自転車に飛び出したり、人や他の犬にとびかかったりすることを防ぐことができます。

ロングコートチワワのお手入れ

ロングコートチワワのお手入れ ポイント① 定期的なトリミングは必須

ロングコートチワワは毛が長いので、汚れやすく臭いも強くなってきます。

定期的に自宅でもシャンプーをしてあげるようにしましょう。

ロングコートチワワは小さいので自宅でも比較的シャンプーがしやすいです。

犬用の低刺激のシャンプーで、目にシャンプーが入らないように気をつけて、しっかりと汚れを落としてあげましょう。

洗い終わったら、しっかり乾かすことを忘れないでくださいね。

ロングコートチワワのお手入れ ポイント② 換毛期のブラッシングは特に念入りに

ロングコートチワワは抜け毛が多く、特に換毛期の抜け毛の量は多くなります。

換毛期には一日に数回ブラッシングをして抜け毛を取り除き、皮膚の様子をチェックするようにしてください。

耳の毛は毛玉になりやすいので、特に念入りに梳いてあげましょう。

ロングコートチワワのお手入れ ポイント③ 爪切り

犬の爪切りは難しいですが、子犬の時から慣れさせておくと嫌がらずに切らせてくれるようなります。

犬の爪には血管が通っているので、切りすぎないようにしましょう。

爪が伸びすぎているとケガをしてしまうことがありますので、伸びすぎる前に犬用の爪切りで切るようにしましょう。

どうしても嫌がる場合や爪が黒くてわかりにくい場合は、動物病院やペットサロンで切ってもらうようにしましょう。

ロングコートチワワのお手入れ ポイント③ 目の周りの手入れ

チワワは目が大きく、ゴミが入りやすいです。

目やにがついて涙やけを起こす場合がありますので、マメに目の周りを拭いてあげるようにしましょう。

ロングコートチワワのお手入れ ポイント④ 歯磨き

犬は人間よりも歯垢が溜まりやすく、歯石がつきやすい傾向があります。

小さいロングコートチワワも例外ではなく、歯磨きの習慣がないと、歯に汚れが目立ってくるようになります。

子犬の頃から歯磨きを習慣づけておくと、嫌がることなく磨かせてくれるようになります。

最初は遊びの延長のように、ガーゼで軽くこするだけでも効果はあります。

慣れてくるにしたがって歯ブラシを使って奥まで磨けるようにしていきましよう。

ロングコートチワワの注意する病気

ロングコートチワワの注意する病気 その① 水頭症

水頭症とは脳脊髄液が溜まりすぎることによって脳内の圧力が異常に高まり、さまざまな症状が現れる脳の病気です。

チワワは先天的に水頭症になりやすく、後天的な原因でも発症することがあります。

命に関わる大きな病気ですが、早期治療をすることにより症状を抑えることも可能です。
 

ロングコートチワワの注意する病気 その② 膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は膝のお皿が正常な位置よりもずれてしまう病気です。

小型犬に発症しやすい病気ですが、特にチワワは脚が細いために、よりかかりやすいと言えるでしょう。

初期にはほとんど症状は現れませんが、少し進んでくると不自然な歩き方で気がつくことがあります。

歩き方に不自然なところが見えたら、早く動物病院へ行くようにしましょう。

ロングコートチワワの注意する病気 その② 僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は高齢の小型犬に多い心臓の病気です。

キャバリアに多いことが知られていますが、ロングコートチワワの発症例も多いです。

僧帽弁とは左心房と左心室にある弁で、これが閉じないことにより血液が循環できずに左心房に逆流してしまいます。

初期にはほとんど症状がありませんが、咳などで気がつくことが多いです。

咳がでるのは、かなり症状が進んでしまっている状態ですが、できるだけ早く治療を始めることで進行を遅らせることもできます。

ロングコートチワワの注意する病気 その③ 角膜炎

ロングコートチワワは目が大きく前に出ているので、ゴミが入りやすく角膜炎などの目の病気になりやすい傾向があります。

涙が多く出ていたり、目をこすっていたりすることが多くなってきたら、目の病気の可能性があります。

目に炎症がないか、目やにが出ていないかを、毎日チェックするようにしましょう。

ロングコートチワワのサマーカットの注意点

ロングコートチワワの被毛は、冬はとても暖かそうですが、夏はとても暑そうですよね。

そこで夏はばっさりと、まるでスムースコートのようにカットしてしまう飼い主さんが多いですが、これはロングコートチワワにとって良いのか、悪いのか、注意するポイントを少し説明してみます。

ロングコートチワワのサマーカットのメリット

ロングコートチワワがサマーカットにしてすっきりとすると、見た目にも涼しげです。

ブラッシングをするのも楽で、毛玉になってしまうこともありません。

シャンプーをする時も時間がかからず、ドライヤーで乾かす時間も短縮できます。

ロングコートチワワのサマーカットのデメリット

ロングコートチワワをすっきりさせたいばかりに、バリカンでスムースコートチワワ以上に毛を刈り込んでしまうと、涼しくなるのは良いのですが、紫外線やエアコンの冷風を体に直に受けてしまうことになります。

皮膚近くにバリカンを使うことで、肌が弱いチワワはかぶれてしまうこともあります。

また、秋になって毛が伸びてきたときに毛の質が変わってしまうこともあります。

サマーカットをする時に注意することは?

あまり短くしすぎると、伸びてきたときに毛質が変わってしまうことがありますので、短く切りすぎないことを心がけましょう。

サマーカットをしたロングコートチワワは、今まで体を覆っていた長い毛がなくなってしまったわけですので、飼い主が考えている以上に紫外線やエアコンの冷気にさらされることになります。

散歩に行くときは直射日光が当たる時間を避けるようにして、部屋の中ではエアコンの風に当たらないように気をつけるようにしてあげましょう。

ロングコートチワワの基本情報~さいごに

ロングコートチワワは、見た目も可愛く、性格も甘えん坊で人懐こくて、とても可愛い犬です。

小さいためにケガや病気をしやすい傾向がありますが、特に短命といしうことはなく、長生きするチワワもたくさんいます。

可愛がれば可愛がるほど、飼い主の愛情に応えてくれる犬で、子どもから高齢の方まで、誰とでも仲良くできる犬です。

飼いやすさと可愛さの面で、とてもおすすめの犬だと言えるでしょう。