ジャックラッセルテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ジャックラッセルテリアは最近、映画やCMなどでも見かけるようになってきました。また、ペットショップにも足を運ぶと、まだまだ頭数は少ないですが見ることができます。では、実際にこの犬種は飼いやすいのか?ということなどが気になると思います。まとめましたので、参考にしてください。

ジャックラッセルテリアの基本情報

原産国

イングランド(イギリス)

体高・体重

体高:23~30cm、体重:6~8㎏

寿命

13~16年

価格

ジャックラッセルテリアの入手方法や地域によっても異なりますが、大体の平均は10~25万くらいです。そして、入手方法には、里親、ブリーダー、ペットショップなどがあります。

ジャックラッセルテリアの歴史

1800年代の19世紀中期に、イギリス人の牧師である「パーソン・ジャック・ラッセル」がキツネ狩りをおこなうために、巣穴に潜り込める小さな犬を作り出したのがきっかけです。

ジャックラッセルテリアは、猟犬でもあるビーグルなどと交配し、改良した犬種です。また、キツネ狩りの際にひるむことがないように、強い気質をもつブルテリアなども交配しました。

ラッセル牧師は、イギリスケンネルクラブ創立メンバーの1人でもありましたが、ジャックラッセルテリアのケンネルクラブの登録をあまりよく思っていなかったそうです。

ラッセル牧師はドックショーなどより、猟犬の方が向いていると考えていたからかもしれません。

イギリスのザ・ケンネルクラブではこの犬種は登録されていないが、アメリカのケンネルクラブでは、「ラッセル・テリア」と登録されています。

また、「ジャックラッセルテリア」という名前はラッセル牧師の死後(1883年)、ハンターによって付けられました。元々は、「フォックス・テリア」と呼ばれていました。

現在のジャック・ラッセル・テリアは、当時よりさらに温厚な性格にし、飼いやすくするために別の繁殖家がウェルシュ・コーギー・ペンブロークを交配して改良がおこなわれました。

ジャック・ラッセル・テリアの特徴(毛色・毛の長さなど身体的特徴)

毛色はタン&ホワイト、ブラック&ホワイト、ブラック&タン&ホワイトです。体の毛色は全体的にホワイトをベースとし、大きな斑が入っています。

ジャック・ラッセル・テリアの毛質は、ラフ(長め)、ブロークン、スムース(短め)の3タイプあります。この中でも毛が1番抜けやすいのは、短毛(スムース)です。また、この犬種の被毛は硬めで粗いです。理由は、キツネ狩りの際に小石や小枝などが皮膚に絡み皮膚がダメージを受けないようにと考えられます。

ブロークンとは、ラフとスムースが混じっているような毛のことです。

耳は、垂れ耳と半立ち耳があります。目は明るいブラウンで形はアーモンド型です。

また、ジャック・ラッセル・テリアの体型には2種類あり、胴短足の「ジャック・ラッセル・テリア」と、足長で四角い体つきをしている「パーソン・ラッセル・テリア」です。

※ジャック・ラッセル・テリアは現在、愛玩犬の他、聴導犬や介助犬、セラピードッグなどでも活躍しています。

ジャック・ラッセル・テリアの性格・気質

性格や気質についてです。犬種によっても性格などは違ってきます。

  • 身体能力の高さ:筋肉質な体をもつジャック・ラッセル・テリアは小型な体系ではありますが、とにかくタフです。ジャンプ力もあるので、低めの柵やサークルは飛び越えてしまいます。
  • 好奇心旺盛で活発:好奇心がとてもあるため、いろいろなものに興味を持ちます。
  • 比較的知能が高い
  • よく吠える
  • 頑固

同じジャック・ラッセル・テリアでも性格も少しずつ違ってきます。とても活発でチャカチャカな印象のある犬種ですが、逆に大人しい場合もあります。また、この犬種は色々な面でタフなので見ていても飽きることがなく、こちらを元気にしてくれると思います。

ジャックラッセルテリアの飼い方・しつけ

この犬種は知能も高いので、しつけをしっかりおこなえばさまざまな分野で実力を発揮します。

元々は狩猟犬だったため、攻撃性なところがあります。そのため、子犬の時期にしっかりしつけをおこなう必要があります。しつける際、基本は褒めながらおこなうと良いです。頑固な面をもっていますので、力ずくでは難しいです。

ジャックラッセルテリアの飼い方・しつけ その① トイレ

室内犬でどの飼い主もしつけたいのがトイレではないでしょうか?初めはいろいろなところにしてしまうと思います。また、家に迎え入れるまでの環境によっても違います。例えば、ペットショップにいた犬は、場合によってはすでにトイレのしつけがされている場合も・・・!!

では、しつけをおこなう場合はどのように進めていけば良いのでしょうか?

しつけをおこなう上で大切なことは、怒らないことです。

■ サークル内でのトイレのしつけ方法

犬は基本、綺麗好きですので寝床を汚すのは好みません。そのため、寝床以外のところにペットシーツを敷き詰めます。そして、寝床を認識させ、ペットシーツは徐々に減らしていきます。トイレの場所がある程度決まってきたら、トイレのトレーを置きましょう。

■ 室内で放し飼いの場合のトイレのしつけ方法

まず、犬がトイレをするときのサインを知ってください。犬がトイレをしそうな時にトイレの場所へ誘導してあげます(連れていく)。失敗しても怒らずに見守りましょう。できた時はしっかり褒めてあげてください。これを繰り返しおこなうことで、覚えるようになります。

ジャックラッセルテリアの飼い方・しつけ その② 吠え癖

ジャック・ラッセル・テリアは、よく吠える犬種でもあります。そもそも吠えるのも犬の仕事でもあります。また、吠えるというのは、人間のようにしゃべることができないので意思表示でもあります。が、やはり近所迷惑などが気になると思います。

まず、吠えている理由を探りましょう。運動不足などによるストレスなどいろいろあると思います。また、気を逸らしてあげるというのも一つの手です。

吠えているのを止めるには、吠えた時に声をかけるのもよいと思いますが、逆に「吠えると自分に注目してくれる」などと思い、さらに吠えてしまうこともあります。吠えたら、大きな音を出したりすると犬はびっくりして吠えるのを止める・興味を示します。これを繰り返すことで無駄吠えの回数が減ってきます。

ジャックラッセルテリアの飼い方・しつけ その③ 散歩の頻度は?

運動量がとても多いとされるジャック・ラッセル・テリアは、1日の運動量はどのくらい必要なのでしょうか?目安としては、1日2回で1回の散歩時間は30分くらいです。

散歩後に浅速呼吸という「ハッハッ」っと呼吸をしているようなら、運動量は十分足りているということになります。散歩後、呼吸が整っていて疲れていないようでしたら徐々に距離を増やしてあげてください。運動不足はストレスにもなります。また、ボール遊びなども好んでおこないますので、愛犬と飼い主とのコミュニケーションの1つとして一緒に遊ぶのも良いですね。

ジャックラッセルテリアのお手入れ

ジャックラッセルテリアのお手入れ その① トリミングについて

ジャック・ラッセル・テリアの毛の種類は3種類あるためそれぞれ、お手入れも違ってきます。

■ ラフ(長め) ・・・ほかの毛質より長めのため絡まることがあります。1日に1回のブラッシングが好ましいです。ブラッシングは抜け毛も少なくしてくれるので普段から毛のお手入れをしっかりおこないましょう。

■ ブロークン ・・・長い毛の割合がどの程度なのかにもよりますが、絡まらないように適度にブラッシングをしましょう(週3~)

■ スムース(短め) ・・・短毛のため、ブラッシングはほとんど必要ありません。

シャンプーは、1~2ヶ月に1回程度で良いです。犬の皮膚は強くないため、頻繁にシャンプーをおこなうと、必要な皮膚の皮脂まで洗い流してしまい逆に皮膚が荒れてしまう恐れがあります。また、シャンプーを家でおこなう際、毛をしっかり乾かしましょう。乾かしきれていないと湿ったところから、皮膚病になることもあります。

  • 足裏の手入れも忘れずにおこなってください。足裏の肉球の境目にも毛があり伸びます。そのままにしておくと、どんどん伸びるので、室内飼いの場合はフローリングなどで滑ってしまう原因にもなります。特にブロークン、ラフの毛質の場合は注意してください。
  • 爪切りや耳掃除も一緒におこないましょう。爪切りは伸び具合にもよりますが、月に1~2回。耳掃除はやりすぎると逆に耳があれてしまうこともありますので1週間に1回程度です。

爪切りや足裏カットなどは、美容院や動物病院でもおこなってもらえますので、飼い主が自分でできない場合は活用してみてください。(費用は耳掃除、爪切り、足裏・・・各500円くらい)。また、シャンプーもお任せする場合は、コースや美容院でそれぞれ異なりますが、すべて一緒におこなってくれます。

ジャックラッセルテリアのお手入れ その② 歯みがき

歯みがきは子犬の時期からおこなうことが大切です。初めは、犬の口に手を持っていき慣れさせるところからです。次にガーゼを指に巻いて軽く歯についた汚れを落とすように擦ります。さらに慣れてきたら、犬用の歯ブラシや犬用の歯磨き粉を使用して磨いていきましょう。

※ホームセンターやペットショップに行くと、歯磨きグッズも豊富に揃えられています。(歯みがきガム、歯磨き粉、ガーゼ、歯ブラシなど)犬に合った方法で毎日歯の手入れをしてください。

■ 歯磨きの頻度は?

1日1回おこなえるのがベストです。その日についた汚れはその日に落とすことによって、虫歯や歯周病などの歯の病気も防げます。しかし、なかなか難しいことも・・・。歯についた汚れは2日で歯垢の石灰化が始まり約14日間で歯石になるそうでなので、最低、2日に1回は歯磨きをおこなってください。

ジャックラッセルテリアの注意する病気

ジャックラッセルテリアの注意する病気 その① 膝蓋骨脱臼

高くジャンプしたり、着地に失敗したりしても起こります。この病気になると、後ろ足をびっこひいたり、引きずって歩きます。犬の歩く場所にはカーペットをひくなどの工夫をして、足元が滑らないようにしましょう。

ジャックラッセルテリアの注意する病気 その② 皮膚炎

マラセチアというカビの1種による皮膚炎です。

ジャックラッセルテリアの注意する病気糖尿病:飼い主が気付くタイミングは、おしっこの量、回数や色だと思います。また、食事管理には気を付けましょう。肥満は糖尿病になる可能性を高くしてしまいます。糖尿病は悪化してしまうと、目などの他の疾患の病気にかかることもあるので注意しましょう。

ジャックラッセルテリアの注意する病気 その③ レッグパーセス症

大腿骨の骨頭の変形により壊死を起こします。生後1年以内に多くみられる病気です。

予防ができる病気もありますので、日頃から飼育環境や健康チェックなどをしっかりおこない、異常や気になることがありましたら動物病院で診てもらい、早期発見・治療をしましょう。

ジャックラッセルテリアのスポーツについて

ジャックラッセルテリアは身体能力がとても優れています。この特性を活かして、「ラッセル・レース」というスポーツイベントなどが開催されることがあります。これは、口輪(マズル)をつけて数頭でおこなうレース競技です。また、マズルを着ける理由は競技中、興奮して他の犬を嚙んだりしないようにです。この競技の他にも、「GTG」という土の中が掘られている穴に入って、ゴールまでのスピードを競うスポーツなどがあります。

ジャックラッセルテリアのさいごに

いかがでしたか?ジャック・ラッセル・テリアについて少しでも知っていただき、また、現在この犬種を飼っている方も今回、新しい情報をお届けできていたら幸いです。犬を家族に迎え入れる際に犬種で迷っている方は、小型犬も色々な種類の犬種がいますが、ぜひ、ジャック・ラッセル・テリアも候補に考えていただけるといいなと思います。