犬の平均寿命について 犬種ごとや小型犬大型犬でも平均寿命はちがうの?


犬の寿命は人間に比べるととても短いですね。可愛い仔犬の時期は短く、あっという間に飼い主の年齢を越えていきます。犬種や体の大きさによって平均寿命は違ってくるのでしょうか。愛犬と少しでも長く共に暮らしていくためにどんなことに注意すればいいのでしょうか。今日は犬の平均寿命や長寿にさせるための秘訣などについてお話します。

犬の平均寿命

まずは小型犬、中型犬、大型犬の3種類の体の大きさの差で変わってくる平均寿命についてご紹介します。

JKC犬種標準では、犬の身体のサイズについて正式な基準はありません。

そのため今回は犬の体重を基準としてサイズ分けをします。

小型犬の定義と平均寿命

10㎏未満の重さの犬が小型犬とされています。

小型犬には下記のような数多くの人気犬種犬種がいます。

・ポメラニアン

・チワワ

・シーズー

・パピヨン

・ヨークシャーテリア

・ミニチュアシュナイザー

・ミニチュアダックスフンド

・マルチーズ

・トイプードル

小型犬の平均寿命は約13歳~15歳です

小型犬が中・大型犬に比べて長生きであるという理由はまだはっきりと解明されていません。

小型犬は仔犬から成犬になるまでの速度が早く、成犬になってからの老化の速度は緩やかだといわれています。

中・大型犬との寿命の差は、テロメアという染色体の中にある寿命を司る領域の長さの違いが関係していると考えられているようです。

小型犬は身体のサイズは小さいものの、平均的に見ると各サイズの中では最も寿命が長くなります。

ちょっぴり過保護?愛情たっぷりな小型犬の飼い主さんあるある

2018.02.08

人気の小型犬ベストランキング

2018.02.08

中型犬の定義と平均寿命

10㎏~20㎏の重さの犬が中型犬とされています。

小型犬には下記のような犬種があります。

・イングリッシュコッカースパニエル

・コーギー

・ビーグル

・柴犬

・シェットランドシープドッグ

・雑種

純血種の平均寿命は11歳~13歳、雑種犬は13歳~15歳で純血種の小型犬と同じくらいの平均寿命です。

雑種は純血種に比べると長生きだといわれていますが、その根拠となるものがいくつかあります。

・自然の生物世界においては、弱い遺伝子より強い遺伝子が生き残る仕組みがあり、雑種犬はその強い遺伝子だけを受け継いでいるといわれています。

・純血種は原産国以外の他国の気候や環境の違いに弱く、雑種はさまざまな環境に順応してきたため環境の変化に左右されません。

・純血種はその犬種をより理想的な個体にするため、血統の近い犬種や限られた血統の犬種との交配を繰り返す(近親交配)ことがあり遺伝的疾患が出やすくなります。

このように雑種は純血種に比べると、比較的身体が強く飼育しやすいことから、長生きだと思われているようです。

全般的に中型犬は小型犬よりも平均寿命は短くはありますが、中には小型犬のように長生きをする犬種も存在するようです。

人気の中型犬ベストランキング

2018.02.08

大型犬の定義と平均寿命

20㎏以上の重さの犬を大型犬とされています。

大型犬には下記のような犬種があります。

・ボストンテリア

・ダルメシアン

・ゴールデンレトリバー

・アイリッシュセッター

・バーニーズマウンテンドッグ

・ロットワイラー

・ドーベルマン

・アラスカン・マラミュート

平均寿命は9歳~11歳で、小型犬と比べるととても短いです。

大型犬は仔犬から成犬になるまではゆっくり成長しますが、成犬になると急速的に老化が進行します。

大型犬の寿命が短い理由として、小型犬に比べて病気にかかるリスクが高いことや、心臓などの臓器の大きさは小型犬と変わらず、体の大きさに対して肺や心臓などの臓器の比率が低いことにあります。

大型犬の種類について人気の大型犬をランキング形式でご紹介!

2018.02.08

人気の大型犬ベストランキング

2018.02.08

犬種ごとの平均寿命

犬の平均寿命は犬種によっても少しずつ違ってきます。

体格別に代表的な人気の犬種の平均寿命について調べてみました。

小型犬

トイ・プードルの平均寿命

トイプードルトイ・プードルは最も人気のある犬種です。

平均寿命は12~15歳です。

トイ・プードルは非常に賢く、しつけも比較的簡単に行うことができます。

また長い毛でありながら、シングルコートと呼ばれる構造をしているため、抜け毛が少なくこまめなブラッシングを心掛ければ管理も簡単にすることができます。

トイ・プードルに多い病気として、皮膚病や外耳炎などの耳の病気、膝蓋骨脱臼、レッグぺルテス症などの骨に関する病気などが挙げられます。

長生きをしてもらうためにも犬の様子をしっかりと観察し、早期発見を心掛けましょう。

トイプードルの飼い方まとめ

2018.04.21

チワワの平均寿命

チワワ,平均寿命

チワワは1970年代から日本では飼育され始めましたが、当時から現在まで常に高い人気を誇っています。

平均寿命は14~15歳です。

チワワは天真爛漫で甘えん坊、そしてその反面臆病な性格をしています。

チワワは現在公認されている犬種の中で最も体の小さな犬種です。

多く見られる病気としては角膜炎や結膜炎などの目の病気や気管虚脱などの呼吸器疾患、水頭症などの脳にかかわる病気です。

水頭症に関しては遺伝性の高い病気なので、子犬が1歳になるまでに発症しやすいため注意しましょう。

チワワの性格や特徴・飼い方・健康について動物看護士が解説します!

2018.03.29

シーズーの平均寿命

原産国は中国で、室内犬として常に人気の高い犬種です。

平均寿命は13歳~14歳で、小型犬の中ではそれほど寿命が長いわけではありません。

体重は5kg~8kgで骨格がしっかりしており丈夫ですが、太りやすいので適度な運動が必要です。

短頭種で鼻腔が短いためパンティング(口呼吸)による体温調節が苦手です。

暑さにはとても弱いので室内外ともに熱中症などには注意する必要があります。

また、短頭種に多い気管が扁平に変形する気管虚脱も多くみられます。

シーズーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ法もご紹介

2018.05.29

マルチーズの平均寿命

マルチーズの原産国はイタリアのマルタ共和国のマルタ島です。

マルチーズは交配によって小さくなったのではなく、最初から体型の小さい犬であったため世界で一番古い愛玩犬だといわれています。

マルチーズの平均寿命は12歳~15歳です。

小さくてか弱いイメージの強いマルチーズですが、外見に似合わず活発で明るい性格と神経質で気の強い性格を持ち合わせており、自分より大きな犬にも果敢に向かっていったりします。

マルチーズは昔から愛玩犬として大切にされ、いつも人の傍で暮らしてきた犬種です。

そのため一人にさせられることは大きなストレスになります。

留守番が苦手なので、仔犬のころから少しずつひとりの時間に慣れさせるようにしましょう。

犬の遺伝病ではマルチーズのように全身が白い犬種は目や網膜の異常や聴覚に障害が出やすいといわれています。

マルチーズのような小型犬は消化器官も小さいので、食欲が落ちるとすぐにエネルギー不足になります。

栄養が偏らないように小型犬に適したドックフードを選びましょう。

マルチーズの飼い方・性格を動物看護士が解説します!

2018.03.23

中型犬

柴犬の平均寿命

柴犬,平均寿命

柴犬は日本犬の中で最も小型であり、その忠誠心の高さと賢さから人気のある犬種です。

平均寿命は12~13歳です。

柴犬は忠誠心が強くクールな印象が強いですが、とても愛嬌のある犬種です。

日本犬の中で最も小型であり、賢く聡明で我慢強い性格をしています。

柴犬に多い病気として白内障や角膜炎などの目の病気、股関節形成不全などの骨の疾患、僧帽弁閉鎖不全症などの循環器の病気などが挙げられます。

僧帽弁閉鎖不全症は特に老齢期に多く見られる病気です。

呼吸困難などの症状も現れるため、早期の発見が大切になります。

柴犬の基本情報!歴史や性格・特徴と心配なしつけやお手入れ方法

2018.05.28

シェットランド・シープドッグの平均寿命

シェルティ,シェットランドシープドック,寿命

シェットランド・シープドッグはオーストラリアで活躍している牧羊犬です。

平均寿命は12~13歳です。

シェルティとの略称で親しまれており、とても活発で辛抱強い性格をしています。

シェットランド・シープドッグに多く見られる病気としてコリーアイ症候群といわれるコリー特有の目の病気、特発性てんかんなどの脳の病気、日光性皮膚炎などの皮膚疾患などが挙げられます。

またシェットランド・シープドッグは太りやすいと言われています。

肥満には十分に注意しましょう。

シェットランドシープドッグの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.06.30

コーギーの平均寿命

原産国はイギリスで、牧羊犬として活躍していましたが、王室の皇族に格式の高い犬として認められたという歴史をもつ犬種です。

平均寿命は12歳~14歳です。

コーギーは食欲旺盛なので肥満になりやすく、適正なカロリーコントロールが必要です。

短足胴長のため肥満などで足腰に負担がかかると、椎間板ヘルニアや股関節形成不全などをおこします。

運動能力の高い活発な犬種なので適度な運動量が必要です。

毎日の朝夕2回30分の散歩に加えて、定期的にドックランなどでおもいきり走らせてあげましょう。

★コーギー総まとめ★これでコーギーのすべてがわかります!

2018.05.19

大型犬

ゴールデン・レトリバーの平均寿命

ゴールデンレトリバー,平均寿命

ゴールデン・レトリバーは盲導犬や警察犬としても活躍する使役犬です。

平均寿命は10~12歳です。

ゴールデン・レトリバーはとてもおおらかで優しく、友好的な性格をしています。

元々はカモなどの水鳥を狩猟する際に利用されていた狩猟犬であり、とても泳ぎが得意な犬種です。

ゴールデン・レトリバーに多く見られる病気として骨肉腫や悪性リンパ腫などの腫瘍性疾患、甲状腺機能低下症などの甲状腺の病気などが挙げられます。

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンが十分に分泌されず、脱毛や心拍数、血圧の低下など様々な症状が現れます。

回復は難しく、生涯にわたって投薬を続けなければならない病気です。

そのため長生きをさせてあげるためにもしっかりとしたケアを行う必要があります。

ゴールデンレトリバーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.05.28

ジャーマン・シェパード・ドッグの平均寿命

シェパード,平均寿命

ジャーマン・シェパード・ドッグはゴールデン・レトリバー同様、警察犬だけでなく災害救助犬などとしても活躍している使役犬です。

平均寿命は9~12歳です。

主に訓練タイプとショータイプの二つのタイプに分けられ高い状況判断能力と冷静沈着な性格から、非常に番犬向きの犬種といえます。

シェパードに多く見られる病気として全身性膿皮症などの皮膚の病気、肛門周囲瘻胃や拡張胃捻転症候群などの消化器系の病気などが挙げられます。

拡張胃捻転症候群は大型犬によくみられる病気であり胃の中にガスや液体が溜まって膨らみ、やがて捻じれてしまうという病気です。

シェパードは急激に腹部が膨らんでいくので、症状がみられたらすぐに病院に連れていきましょう。

最悪の場合死に至ることもあります。

ドーベルマンの平均寿命

原産国はドイツで、引き締まった肢体と高い運動能力を持ち、防衛本能が高く警護犬や警察犬としても優れた能力を持っています。

ドーベルマンの平均寿命は10歳~13歳です。

ドーベルマンの体格の平均値はオス70cm~72cm、体重40kg~45kg、メス60cm~68cm、体重30kg~35kgで、これ以上に増えると足腰に負担がかかります。

ドーベルマンが罹りやすい病気に胃捻転があります。

胃の内部がガスで一杯になり胃の一部が捻れる病気です。

他の臓器も一緒に巻き込んで捻れるため、捻れた臓器の細胞が壊死してしまいます。

胃捻転は発症後数時間で死に至ることもあるので、お腹が張っている・吐き気はあるが吐けない・呼吸が荒いなどの症状があればすぐに病院へ搬送する必要があります。

ドーベルマンは寒さに弱い犬種なので、室外では飼えません。

冬季は室内でもエアコンで暖房するなどの温度管理が必要になります。

トイプードルの飼い方まとめ

2018.04.21

特に寿命の長い犬種や短い犬種

最も平均寿命の長い犬種

ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドといえば、短い足と長い胴体が特徴的な犬種です。

元々はドイツでアナグマを狩るために利用されていた狩猟犬であり、土に掘られた巣穴の中に入るためにこのような体型をしています。

平均寿命は15~17歳と長ですが、世界での最高齢は22歳とそこまで長生きではありません。

しかしより長い時を犬と共に過ごしたいという方には、平均寿命から見てもお勧めの犬種です。

ミニチュア・ダックスフンドで最も多い病気は椎間板ヘルニアです。

生まれつき椎間板組織が弱く、さらに胴の長さから骨に負担がかかりやすいため注意が必要です。

ミニチュアダックスの基本情報!歴史や性格・特徴、心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.06.11

最も平均寿命の短い犬種

グレート・デーン

グレート・デーンは超大型犬に分類されるドイツ原産の犬種です。

おおらかで優しい性格から優しい巨人、犬の中のアポロン神などといった異名を持っています。

平均寿命は6~8歳であり、5歳が平均寿命とも言われるほどに短命な犬種です。

短命な要因ははっきりとしておらず、他の大型犬に比べても体の大きいグレート・デーンはその大きさに対して臓器が小さいことにあるのではないかと言われています。

また骨肉腫などの命に係わる病気にかかりやすいことも要因に一つのようです。

グレートデンの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.05.31

最高齢の犬(ギネス記録)

現在ギネス記録に登録されている最高齢の犬は、オーストラリアン・キャトル・ドッグのブルーイーという犬です。

オーストラリアン・キャトル・ドッグは日本ではブリーダーが少なくあまり馴染みのない犬種ですが、オーストラリアの牧牛犬の一種であり、現地ではポピュラーな犬種のようです。

ブルーイーはこの犬種の平均寿命が12~14歳のところ、29歳5か月もの期間を生きました

現在から100年ほど前のことなので、現代であれば医療も発達し延命治療などの技術も上がっていることから、もしかしたらもっと長生きだったのかもしれません。

ギネス記録には公認とされていませんが、おそらく最も長寿だと言われている犬がいます。

オーストラリアン・ケルピーのマギーです。

マギーには出生記録が残っていなかったためギネス記録に登録はされませんでしたが、飼い主の方によると30歳とのことです。

残念ながらマギーは2016年の4月17日に天国へと旅立ってしまいました。

ちなみにマギーの年齢を人間の年齢に換算すると、164歳にもなると言われています。

愛犬を長生きさせたいなら、これだけはやめよう!

どんなに頑張っても愛犬の寿命を何倍にも延ばしてやることはできません。

それでもできるだけ長く一緒にいたいと思うのはすべての飼い主の願いです。

そのためにも愛犬の寿命を縮めてしまうようなことは絶対に避けたいものですね。

少しくらいなら、このくらいなら大丈夫かも、と愛犬についやってしまう飼い主のダメな行為をいくつか上げてみました。

 

①犬に害のある食べ物を与える

人がご飯やおやつを食べていると、愛犬が側にきて欲しそうな顔で見つめてくることがありますね。

じっと口元を見られていると、ついひと口あげたくなりますが、人の食べているものをあげるのは禁物です。

犬にとって人の食べ物は味が濃く塩分や糖分が多いので、食べ過ぎると腎臓や心臓などに負担がかかります。

また、マタネギやチョコレート、ナッツやぶどうなどは犬が食べると中毒をおこし、重症になると死に至ることがあります。

②適量以上にフードやおやつを与えてしまう

犬が野生であったときは、常に餌にありつけるわけではないので飢餓にならないために、獲物を捕えたときは全てを食べ尽くしお腹に貯め込むという習性がありました。

飢えることのない飼い犬になった今でもその習性が残っているため、フードやおやつなどを無制限に与えるといくらでも食べます。

フードやおやつを欲しがるままに与え過ぎると肥満になります。

犬の肥満は関節や筋肉に負担がかかり、人間と同様に生活習慣病の原因にもなります。

愛犬の適正体重をキープするためには、体重に合ったフード量を与えましょう。

おやつは一日分のフードから取り分けて与えるか、市販のおやつなどを与えるときは、おやつの分だけフードの量を減らすようにします。

③散歩や運動をさせない

最近では愛玩犬として小型犬を室内で飼うことが主流になっています。

小型犬なので散歩をしなくても、室内で遊ぶだけでいいと思われるかもしれませんが、小型犬であっても適度な運動は必要です。

特に散歩は他犬と出会ったり外界に触れることでストレスの解消になりメンタル面を安定させます。

また、外で走ったり歩いたりすることで心肺機能や筋肉が強くなり、外界から刺激を受けることで認知症予防にもなり長寿に繋がります。

④犬の側でタバコを吸う

近年は喫煙に対する規制が厳しくなり、殆どのオフィスや店舗などが禁煙になっています。

タバコを吸う人よりも、まわりの人がその煙を吸ってしまう副流煙の方が有害だといわれています。

タバコを吸う飼い主の場合には、人より愛犬の方が近くに寄り添っていることが多く、多量の副流煙を吸い込む可能性があります。

特にフレンチブルドックやパクのような短頭種は鼻腔が短いため副流煙が肺に入りやすく、ガンを発症しやすいといわれています。

タバコを吸う人は家族同様、愛犬の側でも吸わないように注意しましょう。

犬の健康寿命とは?

犬が生まれて死ぬまでの寿命の長さを、犬種別あるいは体型別に算出したものを平均寿命といいます。

平均寿命には寝たきりなったり介助が必要になった期間も含まれています。

一方健康寿命とは、愛犬が人の介助を受けることなく自力で生活ができる期間のことです。

愛犬の健康寿命が長いほど飼い主とのクオリティの高い生活を長く楽しむことができます。

愛犬の健康寿命を延ばしてやるためにはどのようなヘルスケアをすればいいのでしょうか。

①ワクチン接種と定期健康診断

フィラリアを始め犬が罹る伝染病はいくつもありますが、定期的なワクチン接種や投薬で予防することができます。

また、ある程度の年齢になったら定期健康診断を受けさせましょう。

隠れた病気も早期発見、早期治療することで健康寿命を大きく延ばすことができます。

②健康な歯を保つ

人間と同様に老齢になっても健康な歯を保つことは健康寿命を延ばすためにはとても重要です。

歯槽膿漏が進むと歯が抜けたり、酷くなると顎にまで炎症が広がり、顎の骨が溶けてしまうこともあります。

仔犬の頃からマズルを触ることに慣れさせて、毎日の歯磨きを習慣付けるようにしましょう。

③ストレスを解消させる

犬にはストレスがないと思われがちですがそんなことはありません。

犬は食住動の全てを飼い主に委ねており、自分の意思で自由に行動することができません。

そのためのストレスは人間より大きいかもしれません。

飼い主とのコミュニケーション不足や運動不足などはストレスの大きな原因となります。

愛犬が落ち着いて眠ることのできる寝床や、安心して過ごせる場所を確保してあげましょう。

ストレスのない毎日が愛犬の健康寿命を延ばしてくれます。

④肥満防止

犬の肥満は平均寿命は元より健康寿命を縮める最大の原因になります。

犬の肥満は脚腰に負担がかかりヘルニアや関節症を引き起こします。

また心臓などの循環器や肺などの呼吸器にも影響し、さまざまな疾病に繋がります。

肥満の原因は運動不足やおやつの与え過ぎなどによるカロリーオーバーです。

仔犬の頃からの適度な運動とカロリーコントロールで適正体重を保ちましょう。

⑤確かな知識と適切なコミュニケーション

愛犬の病気や怪我は飼い主の知識不足や不注意によることが多々あります。

愛犬の健康管理は飼い主の役目です。

常に犬に対する知識を深め、触れ合う時間を多く持つことで、愛犬の小さな異変にも早期に気づくことができます。

何よりも飼い主と楽しい毎日を過ごせることが、愛犬が健康でいられる一番の秘訣でしょう。

この記事のまとめ

犬の平均寿命について

・体型別平均寿命:小型犬13歳〜15歳・中型犬11歳〜13歳・大型犬9歳〜11歳

・最も平均寿命が長い犬種:ミニチュアダックスフンド 平均寿命は15歳〜17歳 最長年齢22歳

・最も平均寿命が短い犬種:グレート・デーン 平均寿命は6歳〜8歳 多くが死亡年齢5歳とも言われているほど短命な犬種

・犬の寿命を縮める危険な行為とは:タマネギやチョコレートなど害のある食べ物を与える、おやつやフードの与える過ぎ、散歩や運動をさせない、犬の側でタバコを吸う、など。

・犬の健康寿命を延ばすには:ワクチン接種や定期検診、肥満防止対策、ストレスの解消、健康な歯の維持、適度な運動と親密なコミュニケーション

最後に

昔に比べて現在の犬の寿命は大幅に伸びています。

30年前の犬の平均寿命は7.5歳でした。

現在の犬の平均寿命は14歳ですから、この30年の間に2倍も長生きできるようになったということです。

犬の長寿化には、室内飼いの増加、ドックフードなどの食生活の向上、ワクチンなどの予防接種の普及や動物医療の進歩が大きな要因となっています。

現在の日本でも犬の長寿化に伴い犬の高齢化が進んでおり、7歳以上の犬が全体の50%以上だといわれています。

犬の高齢化と共に飼い主も高齢化しており、人と犬の老老介護というケースも少なくありません。

昼夜を問わない老犬の介護は想像以上に大変なものであり、精神的にも体力的にも健康でなければ長く続けることは不可能です。

共に長く暮らした老犬を残して高齢の飼い主のほうが先に亡くなり、行き場を無くした老犬は保健所へ・・という悲劇は何としても避けなければなりません。

最近では様々な理由から飼えなくなった老犬のための「老犬ホーム」や、生前に自分の死後にペットの飼育費と共に新しい飼育者へ託すことができる「ペット信託というサービスも生まれてきています。

愛犬がたとえ寝たきりの老犬になったとしても、もその命を最後までまるごと引き受ける責任と覚悟のある飼い主でありたいものですね。