スタンダードプードルの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

スタンダードプードルの基本情報

スタンダードプードルはトイプードルのオリジナルの犬種であり、元々はカモ猟の回収犬として利用されてきました。
プードルの中でも最も歴史が古く、ある研究によるとすべての犬種の中でボーダー・コリーに次いで二番目という知能の高さを有しています。
現在は介助犬としても活躍しています。

スタンダードプードルの歴史

プードルの種類は大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分けられており、スタンダードは最も大きいサイズです。
元々はドイツが原産であり、後にフランスに渡り16世紀ごろから小型化が進められてきました。
18世紀になると特にフランスの貴族の間で流行し、フランスの国犬にまでなりました。

現在するプードルの中ではスタンダードプードルが最も古い歴史を持っていますが、はっきりとした祖先というのは分かっていません。
今のプードルの形はバーベットといった被毛にカールのかかった毛を持つ、ドイツ原産の犬種が影響を与えたのではないかと言われています。

プードルは元々カモ猟の回収犬として利用されてきたということもあり、名前の由来もその猟の様子からきています。
Pudelというドイツの言葉が由来であり、水中でばちゃばちゃと音を立てるという意味です。
泳ぎが得意だったからこそ名づけられた名前とも言えます。

スタンダードプードルの特徴

プードル,標準プードル

スタンダードプードルの体高・体格・体型

スタンダードプードルの体高は45~60㎝、体重は15~19㎏でプードルの中でも最も大きい中型犬です。
体長と体格がほぼ同じ長さで、とても綺麗なスクエア型の体型をしています。
また手足、頭ともに小さく、バランスのとれた体型です。

スタンダードプードルの毛色の種類

スタンダードプードルは実に様々な毛色の種類があります。
JKCでは以下の13色が正式な毛色として認められています。

  • ホワイト

  • ブラック

  • シルバー

  • グレー

  • シルバーグレー

  • クリーム

  • カフェオレ

  • ブラウン

  • ブルー

  • レッド

  • アプリコット

  • ベージュ

  • シャンパン

上記の中でも特に人気にある色が、ホワイト、ブラック、レッドなどプードル種ではよく見る毛色です。
またシルバーなども年齢を重ねるごとに色合いが変わるのを楽しむことができるので人気があります。

スタンダードプードルの毛質

スタンダードプードルは他のプードル同様、綺麗な巻き毛を持っています。
一見その毛量や長さから、抜け毛などが多い印象を受けますがそんなことはありません。
抜け毛は非常に少なく、犬特有の体臭も少ないです。
しかし毛がカールしているせいで毛玉や絡まりができやすいため、定期的な手入れが必要になってきます。
またその毛の特徴から屋外での飼育には向きません。

スタンダードプードルの性格・気質

おおらか

スタンダードプードルは他のプードル種に比べ落ち着きがあり、おおらかな性格をしています。
社交性も高いため、多頭飼いにも向いた犬種だと言えます。
あまりにも騒がしい場所や大きい音は苦手です。
ストレスがたまると無駄吠えなどの問題行動を起こしやすくなるので、スタンダードプードルが落ち着いて生活できる空間となるよう心がけましょう。

聡明

スタンダードプードルは全ての犬種の中で二番目に頭がいいと言われています。
そのためしつけをする際にも指示をスムーズに覚えてくれるので、習得が早いです。
その反面頭が良すぎるためか、時にずるがしこいことを考えて実行に移すこともあるようです。
しつけの際には叱るなどの行為は行わないようにしましょう。
少々神経質な面も見られるので、褒めて伸ばすといったことを心掛けた方がしつけはよりスムーズに行えます。

好奇心旺盛

室内などでは落ち着いた行動をすることの多いスタンダードプードルですが、屋外では違った一面を見せてくれます。
冒険心が強く様々なものに興味を持ち、特に人とかかわることが好きなようです。
1匹で遊ぶよりも他の犬や人と遊ぶことが好きなので、ドッグランなどの交流を持てる場所へと連れていくと行くととても喜びます。

運動能力が高い

元々狩猟犬だったということもあり、とても運動能力が高いです。
特に泳ぎを得意としているため、日本では水難救助犬としても活躍しています。
その運動能力の高さからフリスビーなどのアジリティ協議でも好成績を収めることができます。
運動自体もとても好きなので、休日には公園などの広い場所などで走り回らせてあげましょう。
運動不足、ストレスの解消につながります。
またただ公園内などで放すだけではなく、飼い主も一緒に遊んであげることでスタンダードプードルとの絆をより深めることができます。

神経質で寂しがり屋

スタンダードプードルは人とのかかわりを深く持つことがとても好きな犬種です。
1匹でいることを好まず、寂しがり屋です。
飼育する際に屋外での飼育は被毛が汚れやすいこともあり向いていませんが、1匹でいることによりストレスがたまり、暇つぶしに庭に穴を掘ったり家の前を通る犬や人に吠えたててしまうこともあります。
そのため極力1匹で過ごさせることは避け、同じ空間で生活できるような環境を整えてあげるといいでしょう。

スタンダードプードルの飼い方・しつけ

スタンダードプードルの飼い方・しつけ ポイント① 屋内か室外か

スタンダードプードルは室内飼いをおすすめします。
被毛が汚れやすいということもありますが、一番はストレスが溜まってしまうからです。
スタンダードプードルは寂しがり屋であり、飼い主との関係を大切にします。
そのため常に飼い主とコミュニケーションが取れるように室内での飼育が望ましいです。
また寒さには弱いので冬は暖房をつけてあげましょう。

スタンダードプードルの飼い方・しつけ ポイント② しつけ

スタンダードプードルは非常に頭がよく、しつけをする際にも早く指示を理解することができるため覚えがいいです。
怒鳴られたり叱られたりすることは苦手なので、しつけをする際は褒めてのばすことを心掛けましょう。
体は大きいですが、デリケートで繊細な面も持ち合わせているので気を付けましょう。

スタンダードプードルの飼い方・しつけ ポイント③ 散歩

スタンダードプードルは元々猟犬だったということもあり、運動量は多いです。
そのため散歩は1日朝夕に2回、1回1時間を目安に行うといいでしょう。
またその運動能力の高さからアジリティなどにも向いた犬種です。
休日には公園やドッグラン、犬用のプールなどに連れて行ってあげるのもいいでしょう。
運動不足の状態が続くとストレスがたまり、無駄吠えや問題行動を起こすこともあります。

スタンダードプードルの飼い方・しつけ ポイント④ 被毛の手入れ

スタンダードプードルを飼育するうえで最も大切になってくるのが、この被毛の手入れです。
この被毛の手入れを怠ってしまうと、毛の絡まりや毛玉、また風通しの悪さから皮膚病になってしまう可能性があります。
スタンダードプードルを飼育しようというほとんどのきっかけはその被毛の美しさがきっかけだと思います。
そのため被毛が毛玉だらけだったり、皮膚病がきっかけで毛が抜け落ちてしまったようなスタンダードプードルは見たくないはずです。
大切な愛犬のためにも手入れは怠らずしっかりと行ってあげましょう。

スタンダードプードルのお手入れ

スタンダードプードルのお手入れ その① ブラッシング

スタンダードプードルの毛は絡みやすく毛玉にもなりやすいため、可能であれば毎日朝夕に2回行うことを心掛けましょう。
最低でも週に2,3回は行ってください。
ブラッシングはスリッカーブラシとコームを使って行います。
初めにスリッカーブラシで毛の絡まりを優しくほどきます。
皮膚にはあてないように気を付けながら、根元から毛並みに沿って溶かします。
そのあとコームで毛の流れに沿って丁寧にとかして完成です。

スタンダードプードルのお手入れ その② トリミング

スタンダードプードルはシングルコートで抜け毛が少ないですが、毛は一生伸び続けます。
そのためトリミングは必須になってきます。
頻度は月に1回ほどで、自分でもできますが、とても時間がかかってしまったり失敗してしまう可能性もあるので、プロに頼みましょう。
カット料金は大体2万円~というところが多いようです。
またスタンダードプードルは様々なカットが楽しめる犬種ですので、色々なスタイルを試してみるのも楽しみの1つになります。

スタンダードプードルのお手入れ その③ 足(パット)

体のトリミングやカットは素人では難しいですが、パットのカットであれば簡単に行うことができます。
はさみは使用せず、バリカンを使います。
パットに対して平行にゆっくりとバリカンの刃を進めます。
はさみほどの危険はありませんが、バリカンを使用する際には電源を入れっぱなしにしてしまうことは避けましょう。
パットは犬が嫌がり動かしやすい部分です。
毛を刈る瞬間だけ電源を入れます。
また常に電源を入れているとバリカンの刃が熱を持ち、火傷をしてしまうことがあるので注意しましょう。

スタンダードプードルの注意する病気

スタンダードプードルの注意する病気① 皮膚病

スタンダードプードルの毛はカールしているため通気性が悪く、皮膚に汚れが溜まりやすいです。
その影響により細菌の繁殖や寄生虫の活動が活発になりやすく、皮膚に炎症が起こることがあります。
特に被毛の手入れを怠り絡まりや毛玉が多くある場合には皮膚病になりやすいため注意が必要です。
予防としては毎日のブラッシング、夏場には毛を短くカットするなどの方法があります。

スタンダードプードルの注意する病気② 胃捻転

スタンダードプードルは胃捻転になりやすいと言われている犬種です。
胃捻転とは胃にガスや食べ物が溜まり膨らんで、さらに胃が捻じれてしまうという病気です。
捻じれたことにより血管や他の内臓を圧迫してしまい、最悪の場合死につながります。
食症状としては腹部の膨れ、食欲の低下、嘔吐などが挙げられます。
胃捻転になった場合は緊急性の高い病気ですので、あてはまる症状が現れたらすぐに病院に連れていきましょう。

スタンダードプードルの注意する病気③ アジソン病

副腎皮質機能低下症とも言います。
アジソン病は腎臓の上にある副腎から分泌される副腎皮質ホルモンが低下すること

で起こる病気です。
食欲不振、多飲多尿、下痢、嘔吐、体重減少などの症状がみられます。
治療は主に投薬治療ですが、急性副腎不全という重度の症状のものになってくると、入院しての治療が必要となってきます。
中高年齢の犬に多く見られる病気ですが、時に若い個体でも発症します。
アジソン病になってしまった場合にはストレスを与えない環境での飼育を心掛けましょう。

スタンダードプードルの注意する病気④ てんかん

スタンダードプードルのみならず、プードル種で多く見られる脳の病気です。
完治は非常に難しく、一生をかけて治療を行う必要があります。
主な症状は神経細胞が異常に活発になることで痙攣、失神などの発作を突発的に起こします。
発作自体は数分で落ち着き、何事もなかったかのように通常通り振る舞い出すのが特徴です。
この発作の際に体や頭を打ち付けることがあるため、発作後には怪我がないかのチェックをしっかりと行いましょう。
あまりにも発作の時間が長い場合は重度のてんかんの可能性があります。
早急に病院に連れていきましょう。

スタンダードプードルのカット

標準プードル,白プードル,

スタンダードプードルを飼ううえで何よりも楽しみなのが様々なカットです。
カットには様々な種類や方法がありますが、その中でもプードルの仲間は種類が豊富です。
いくつかご紹介します。

  • コンチネンタルクリップ

  • ラムクリップ

  • ショークリップ

  • テディベアカット

  • アフロカット

  • ライオンカット

  • ピーナッツカット

  • デザインカット

  • サマーカット

この他にもいろいろな種類が存在します。
中でもスタンダードプードルのポピュラーなカットは、ラムクリップカットです。
またデザインカットでは飼い主自身でカットの仕方、デザインを決めることができたり、トリマーのオリジナルのデザインを楽しむことができます。

スタンダードプードルのさいごに

いかがだったでしょうか。
スタンダードプードルはそのサイズ感、見た目、性格からも独特の上品さ、気品さを感じることができます。
様々なカットの仕方で違った姿を見ることができるというのも魅力の1つです。
もし興味があればショーなどに参加させてみるのもいいかもしれませんね。