犬の鳴き声に込められた意味。困った鳴き声対策までご紹介します


犬の鳴き声から気持ちを読み取ろう

犬が吠えるのは本能的なことで、自分の要求を伝えたり、周囲の危険を飼い主に知らせるために鳴いたりします。

つまり、犬にとって鳴くという行為は、言葉のようなものと言えるでしょう。

犬の鳴き方は感情によってそれぞれ異なります。

では、気持ちによってどのような鳴き方の違いがあるのか、みていきましょう。

要求しているときの犬の鳴き声

遊んでもらいたかったり、ごはんが欲しかったりしたときなどは、高めの澄んだ声で「ワンッ、ワンッ」と元気よく鳴きます。

非常に勢いよく鳴くのが特徴です。

不安や寂しさがあるときの犬の鳴き声

飼い主の姿が見えず不安で寂しいときなど、高めの弱々しい声で、「クーン、クーン」と鳴きます。

また、犬の種類によっては、「ヒーン、ヒーン」と聞こえることもあります。

攻撃的な気持ちになっているときの犬の鳴き声

攻撃的な気持ちになっているときは、「ウーッ、ウーッ」と低く濁った声で鳴きます。

このような状態のときに、むやみやたらに手を出すと噛まれることもあるので注意が必要です。

警戒しているときの犬の鳴き声

例えば、知らない人が家に来たときなど、自分のテリトリーを守るために、警戒して吠えることも少なくありません。

このような状態のときは、唸り声とともに「ワンッ、ワンッ」と連続して鳴く姿が見られます。

痛がっているときの犬の鳴き声

体のどこかを痛がっているときは、「キャン、キャン」と高い声で鳴きます。

このようなときの鳴き方は明らかにいつもと違うため、異変があることにすぐに気がつくでしょう。

犬が甘えて鳴いているときの対処法

飼い主のそばにいたかったり、構ってもらいたかったりするときなど、甲高い声で「クゥーン、クゥーン」や「キュン、キュン」といったように鳴いてくることがあります。

そんな姿はなんともかわいいのですが、甘え鳴きをエスカレートさせないようにするためには、以下の方法で防いでいきましょう。

犬がどんなときに甘えて鳴くのか理解する

甘えて鳴くとひと口に言っても、さまざまな状況が考えられます。

また、その状況に応じて対処の仕方も異なります。

そのため、まずはどのようなときに鳴くのかを観察するようにしましょう。

そうすることによって、事前に鳴くことを防ぐことができます。

例えば、犬が退屈で構ってほしくて鳴いている場合は、フードを詰めたコングや、ロープのおもちゃを与えることによって気が紛れて、無駄吠えが抑えられます。

また、犬が留守番をするときに鳴くのであれば、出掛けるのを犬に察知されないようにすることで、無駄吠えを防ぐことが可能です。

鳴く行為を直させることも大切ですが、それ以前に鳴かない環境を作る必要があります。

犬の甘え鳴きの対策

犬がずっと甘えて鳴き続けていると、ついつい構ってしまいがちですが、鳴くたびに反応してしまうと、甘え鳴きが直るばかりか、ますますエスカレートしてしまいます。

といのも、鳴けば飼い主が相手にしてくれると学習してしまうからです。

これを直すには、鳴いていても無視するのが最も効果的な方法です。

そして、鳴かなくなり落ち着いたらご褒美をあげる、という一連の流れを繰り返し行っていきましょう。

これをひたすら続けていくと、犬は「鳴いても何も起こらない。
鳴かなければいいことがある」と認識していき、甘え鳴きが改善されていきます。

犬の無駄吠えのしつけの仕方と注意点

犬にとって鳴くことは気持ちを表す手段のため、全く鳴かないようにすることはできません。

しかし、しつけによって必要最小限に抑えることは可能です。

無駄吠えはその状況に合ったしつけを行い、改善するようにしていきましょう。

ストレスによる犬の無駄吠え

退屈でエネルギーが発散されないままでいると、ストレスを感じ吠え続けることも少なくありません。

毎日散歩に連れて行き十分に運動をさせたり、家の中でも遊んであげたりすると、適度に疲れて寝てしまうため、無駄吠えが軽減されていきます。

来客やインターホンに対する犬の無駄吠え

来客がいるときやインターホンが鳴ったときなどは、ハウスに入るように教えるのがよいでしょう。

最初はハウスになかなか行きたがらないかもしれませんが、ハウスに入って大人しくできたら、ご褒美をあげるようにしていくとよいでしょう。

そうすることで、インターホンが鳴ったら吠えるのではなく、ハウスに入ればいいことがあると学習し、無駄吠えが改善されていきます。

犬の無駄吠えのしつけで気をつけることは?

無駄吠えのしつけは1回で直るほど簡単ではありません。

これはどんな飼い主でも苦労することなので、「最初からうまくいかなくても当たり前」くらいの大らかさを持って行うようにしましょう。

また、しつけでやってはいけないことは、

  • 叩いたり、蹴ったりして体罰を与える
  • 大きな声で怒鳴り、長々と叱る
  • 仰向けにさせて、じっと目をみて叱る
  • マズルをつかむ

などの行為です。
恐怖感を与えてしまうと、信頼関係が崩れてしまい全く逆効果です。

犬がさまざまなことを学習するうえでは、嬉しいことや楽しいことがモチベーションになります。

指示した通りにできたことに対しては、大袈裟なぐらいに褒めてあげるようにしましょう。

犬の夜鳴きのしつけや対策方法

寝静まった夜中に愛犬の夜鳴きが続くようでは、飼い主が睡眠不足になるほか、近所迷惑にもなってしまします。

夜鳴きを改善するには、どのようなしつけを行えばよいのでしょうか。

犬の夜鳴きのしつけや対策方法① 犬と同じ部屋で寝る

飼い主と犬が違う部屋で寝ていたりする場合は、飼い主と離れている寂しさから、夜鳴きをしてしまうことがあります。

そのため、ハウスを飼い主の寝ているベッドの隣りに置いて、すぐ近くで寝るようにするのがよいでしょう。

飼い主のそばにいることで安心できれば、犬の夜鳴きが改善されることも少なくありません。

また、寂しそうだからといって犬を撫でたり、抱っこしたりするのは控えるようにしましょう。

犬派鳴けば構ってもらえると思ってしまい、夜鳴き改善にならないので気をつけてください。

犬の夜鳴きのしつけや対策方法② 昼間たっぷりと運動をさせる

運動量が足りていないのも夜鳴きの原因のひとつに挙げられます。

毎日散歩に連れて行くほか、夜寝る前に十分に遊んであげるのも夜鳴きの改善に効果的です。

疲れてしまえばぐっすりと寝てくれるので、日頃から運動をさせるようにしましょう。

犬の夜鳴きのしつけや対策方法③ 犬の認知症が原因かも?

犬が高齢の場合は、認知症が原因で夜鳴きをしている可能性があります。

とくに今まで夜鳴きをしなかったのに最近になって急に始まった場合は、認知症が疑われるでしょう。

もし認知症だった場合は、認知症の改善に効果的な成分が含まれたフードや、サプリメントを与えることで症状が改善されることもあります。

早めに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

犬の鳴き声に込められた意味 まとめ

犬が鳴くことはごく自然なことですが、犬の感情に任せてそのままにすると近所迷惑になってしまうので、しつけをしっかり行っておきましょう。

また、鳴き声に込められた気持ちも理解しながら愛犬とコミュニケーションをとっていってくださいね。