ワイヤーフォックステリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ワイヤーフォックステリアの基本情報

ワイヤーフォックステリアはイギリス原産の犬種です。

元々は穴に潜む小型害獣の駆除犬でしたが、キツネ狩りを得意としていたことから名前の由来ともなりました。

当時、キツネ狩りで活躍していたテリア種を「フォックステリア」と総称されており、ワイヤーのような固い毛質をしたフォックステリアを「ワイヤーフォックステリア」と名付けられたのです。

現役の猟犬としても活躍していますが、スタイリッシュな見た目からショードッグとして、頭の賢さから映画やサーカスへの出演や、家族の一員である家庭犬としてなど、幅広く人と共生してきた犬種です。

ワイヤーフォックステリアの歴史

ワイヤーフォックステリアはとても古くから存在する犬種だと言われていますが、詳しい起源は定かとなっていません。

イギリスのウェールズ地方の地犬で硬い毛質のブラックアンドタンテリアが基礎になっていると言われています。

初期のころは、害獣となる小動物を追い払う駆除犬として仕事をしていましたが、キツネ狩りに使われるようになりました。

当時のワイヤーフォックステリアは、ブラックやブラック&タンをベースにした毛色だったため、猟の最中に誤って撃たれることがありました。
そのため、白い毛色を持った犬種との交配によって現在の白い毛色が優勢になるように改良されたとされています。

1885年にはアメリカで渡り、第二次世界大戦後には世界的に人気犬種となり、現在の日本においても一定の人気を維持し続けています。

ワイヤーフォックステリアの特徴

  • 体重6~9kgの小型犬
  • スクエア型のスタイリッシュな体型
  • ワイヤーのような硬い被毛
  • 毛色は白をベースにブラックやタン、ブラック&タンのマーキング

 

ワイヤーフォックステリアの特徴①

~大きさと身体的特徴~

ワイヤーフォックステリアは体高33~41cm、体重6~9kgの体重の小型犬です。

体長と体高がほぼ同じくらいのスクエア型で、前脚は真っすぐで後脚が長くスタイリッシュな体型をしています。

筋肉質な体に長くて太い首、バランス良い頭に幅広の長めのマズルを持っています。

耳はV字型の少し前方に倒れた垂れ耳ですが、成長するたびに立ち耳になる個体も少なくはないようです。

ワイヤーフォックステリアの特徴②

~断尾について~

ワイヤーフォックステリアの尻尾は、本来真っすぐ伸びた尻尾をしています。

現在でも猟犬として活躍している犬種ですが、狩りの最中、尻尾がキツネと間違われやすいという理由などから断尾されることが一般的でした。

しかし、近年では動物愛護の観点から断尾されることは減りつつあります。

ワイヤーフォックステリアの特徴③

~毛質と毛色~

ワイヤーフォックステリアの最大の特徴である毛質は針金(ワイヤー)のように硬い短毛です。

毛色は、白をベースにブラックやタン、ブラック&タンのマーキングが入ります。
背中には茶や黒色のサドルや大きめの斑点があります。

ワイヤーフォックステリアの価格相場

子犬の価格相場

ワイヤーフォックステリアの子犬の販売価格は15~25万円程です。

ショードッグとしても人気が高い犬種のため、犬種標準(スタンダード)に近い容姿を持っている場合などにはショータイプとして価格が高額になることがあります。
また、親犬がチャンピオン犬である場合などにも、その子犬も価格が上がる傾向があり、価格は30万円を超えることも少なくないようです。

子犬を迎え入れるならブリーダーから。里親制度も。

ワイヤーフォックステリアの子犬を迎え入れるならペットショップやブリーダーから購入することになります。
それでも、ペットショップではあまり取り扱われていることがありません。

典型的なテリア気質を持ったワイヤーフォックステリアにとってペットショップのような狭いケージに入れられることは、強いストレスとなり激しい性格になることがあるようです。

そのため、ワイヤーフォックステリアはブリーダーから迎え入れることをおすすめします。

激しい性格にならないよう社会化にも取り組んでくれているブリーダーさんを探してみましょう。

また、ワイヤーフォックステリアを迎え入れる方法として、里親制度もあります。

しかし、テリア気質などを考慮しながら面会を重ねて見極めた方が良いでしょう。
強い気質をしている場合には飼育するのもかなり大変になることが考えられます。

最後まで責任もって飼うことができるかを慎重に考えた上で迎え入れるようにした方が良いでしょう。

ワイヤーフォックステリアの性格・気質

  • 典型的なテリア気質
  • 元気いっぱい、いたずら好き
  • 賢く覚えはいいがテリア気質が強いのでしつけは簡単ではない
  • 興奮しやすい

ワイヤーフォックステリアの性格①
~いたずら好きなやんちゃな犬~

ワイヤーフォックステリアは、元気いっぱいで好奇心旺盛、いたずらが好きな一面も持っています。

興奮しやすく神経質なところもあり、見知らぬ人には懐きにくい気の強い性格をしている典型的なテリア気質です。

そのため、他の犬に対してケンカを仕掛けることや無駄吠えなどの懸念されることがあるので、トレーニングは十分に行う必要があります。

ワイヤーフォックステリアの性格②
~賢さが仇になることも~

サーカスや映画などで使われるほどとても賢い犬種でとても覚えはいいですが、賢すぎることや頑固な性格が邪魔をしてしまうためしつけは簡単ではなく根気強く行っていく必要があります。

また運動することが大好きで、運動不足になることでストレスを溜めやすい性格でもあります。

ワイヤーフォックステリアの性格③
~オスとメスの違い~

典型的なテリア気質を持ったワイヤーフォックステリアですが、このテリア気質はメスよりもオスの方が強い傾向にあるようです。

社会化で和らげることができますが、比較的メスの方が扱いやすいと言われているようです。

ワイヤーフォックステリアの飼い方・しつけ

ワイヤーフォックステリアの飼い方①
~飼育環境~

ワイヤーフォックステリアは、寒さに弱い犬種のため屋内での飼育がおすすめです。

屋外で飼うこともできますが、屋外で飼う場合には、過ごしやすいよう快適な環境を整えてあげましょう。

特に防寒対策はしっかりしてあげましょう。

ワイヤーフォックステリアの飼い方②
~気を付けるべき習性~

狐狩りをしていたワイヤーフォックステリアは、強靭な脚力とあごの力を持っています。

特に脚力が強く高くジャンプすることがあるので、室内飼いの場合は足に負担がかからないようフローリングで滑らないように注意しておきましょう。

また、一度噛むと離さない習性があるので噛まれたくない物は、届かない場所に置くように気を付けておきましょう。

ワイヤーフォックステリアの飼い方③
~散歩や運動~

元気いっぱいで体力豊富なワイヤーフォックステリアは、運動不足になることでストレスを溜めやすく、ストレスを溜めることで問題行動が増えることがあります。

小型犬でありながら運動は多めに必要なので、しっかりと運動をさせてあげるようにしましょう。

毎日の散歩時間の目安は、1日2回それぞれ30分を目安に行いましょう。

それ以外にも、自由に駆け回ることができる時間を設けてあげましょう。
ドッグランやボール遊びなどでたくさん運動させてあげるようにしましょう。

ワイヤーフォックステリアのしつけのコツ

  • メリハリを持って根気強くしつけていくこと
  • ワイヤーフォックステリアの習性を理解し接する
  • 飼い主がリーダーとなること
  • 褒めながらしつけていく

ワイヤーフォックステリアは元気いっぱいのテンションが高い性格をしている一方で、飽きっぽい性格でもあります。

さらに賢さを持ち合わせているものの、頑固な一面がしつけを邪魔してしまうでしょう。

そんなワイヤーフォックステリアのしつけは短時間でメリハリを持ち、毎日少しずつしつけていくことがしつけのコツです。

また、犬種特有の性質を理解しておくことも必要です。

狩猟気質が強いため、散歩中に他の犬や動物を追いかけたり攻撃的になったりすることや、警戒心の強さから無駄吠えや噛み癖がつきやすい犬種でもあるので、飼い主の言うことを聞けるようにコントロールしておきましょう。

飼い主がリーダーシップを発揮して、褒めてしつけていきましょう。

ワイヤーフォックステリアの注意したいしつけ①
「社会性を身に付けること」

ワイヤーフォックステリアは、子犬期に社会性を身に付けることは欠かせません。

警戒心の強さから無駄吠えや噛み癖が付きやすく、狩猟気質から他の動物への敵対など懸念されることがあります。

それを防ぐためには、社会性を身に付けさせて社交的に育てていくことが必要です。

様々な生活音や、自動車や工事の音、知らない人や子供、他の犬、猫などの動物にも積極的に慣れさせておきましょう。

ワイヤーフォックステリアの注意したいしつけ②
「噛み癖」

噛むことが好きなワイヤーフォックステリアは、噛み癖がついてしまうととても厄介です。

子犬期の甘噛みでも矯正せずに成犬になってしまうと、顎の力も強いため破壊行動や人にケガをさせる心配が出てきます。

噛む状況に合わせて対処を変えながら噛み癖をしつけていきましょう。

  • おもちゃなど噛んでもいいものを与え、噛まれて困るものは片づける。
  • 甘噛みには、遊んでいる時に興奮して歯を当ててきた時に遊ぶのを中断して無視をする
  • 破壊行動には、噛み癖防止スプレーや大きな音で驚かせて噛むのを止めさせる

ワイヤーフォックステリアの注意したいしつけ③
「吠え癖」

ワイヤーフォックステリアは警戒心が強く他人に懐きにくい性格をしているため、チャイムの音や外の物音などに警戒心して吠え癖がつきやすいと言われる犬種です。

もちろん社会性を身に着けることで和らげることができますが、ワイヤーフォックステリアの吠え癖に悩まされている飼い主さんは少なくないようです。

吠えている時に厳しく叱りつけたりするのは逆効果となるので、しないように気をつけましょう。
「ハウス」「おすわり」の指示でワイヤーフォックステリアが落ち着きを取り戻せるような関係性を築いておくことが理想的です。

ワイヤーフォックステリアのお手入れ

ワイヤーフォックステリアのお手入れは、比較的簡単ですが必要ないというわけではありません。

口周りの毛とヒゲが長いので、毎日の食事の後には口周りを拭き清潔に保ってあげましょう。

ワイヤーフォックステリアのお手入れ①

~抜け毛~

ワイヤーフォックステリアの被毛は、ダブルコートといわれる上毛と下毛の二重構造になっているため、換毛期には抜け毛が目立つようになります。

日々のブラッシングや定期的なシャンプーで死毛を取り除き、飼育環境に抜け落ちた抜け毛は掃除をして清潔な環境を整えてあげましょう。

ワイヤーフォックステリアのお手入れ②

~ブラッシング~

抜け毛の多いワイヤーフォックステリアのために、ブラッシングは少なくても週3~4回を目安に行ってあげましょう。

ワイヤーのような硬い被毛のワイヤーフォックステリアのブラッシングには、硬い被毛にも負けずに抜け毛を取り除いてくれるスリッカーブラシを使うと良いでしょう。

ワイヤーフォックステリアのお手入れ③

~トリミング~

カットスタイルが楽しめるのもワイヤーフォックステリアの魅力の1つです。

また、ワイヤーフォックステリアの最大の特徴であるワイヤーのような被毛を保つためには、「プラッキング」と呼ばれる処理が必要になることがあります。

「プラッキング」とは、余分な毛を専用ナイフや指で抜いていく処理のことです。

プラッキングを行うことで、不要なアンダーコートがなくなりワイヤー状の被毛の美しさが強調され、皮膚の健康を保つことができます。

初めは毛を抜かれる刺激に驚く犬もいますが、上手にすれば慣れていくので痛みの心配をすることはなくなります。

「プラッキング」以外にも、「クリッピング」と呼ばれるバリカンやハサミでムダ毛を取り除く処理で十分なこともあるため、必要に応じていずれかの手入れをしてあげると良いでしょう。

ワイヤーフォックステリアのお手入れ③

~耳のケア~

立ち耳のワイヤーフォックステリアもいますが、基本的にはV字型の垂れ耳をしています。

垂れ耳の犬種は、耳の中の通気性が悪く菌が繁殖しやすく不衛生になりがちです。

定期的な耳掃除で清潔にしてあげましょう。

できれば毎日耳の中のチェックをして、汚れていれば乾いたタオルなどで拭き取ってあげましょう。

定期的にイヤークリーナーを使った耳掃除もしてあげましょう。

イヤークリーナーを使った耳掃除の仕方
  • 耳の中にイヤークリーナーを垂らす
  • 耳の根本のコリコリとした部分をクチュクチュと音がするようにマッサージする
  • 手を放してワイヤーフォックステリアに頭をブルブルさせる
  • カット綿で拭き取る
  • これを2回繰り返す

ワイヤーフォックステリアの注意する病気

病院

ワイヤーフォックステリアの注意する病気①

「皮膚疾患」

ワイヤーフォックステリアは脂性で皮膚が弱く、更に日本の高温多湿の気候は皮膚疾患を招きやすい環境にあります。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などに注意して皮膚の異常をこまめに確認してあげましょう。

皮膚に赤みがある、しきりに掻く、舐める、噛むなどの症状が見られたら早めに動物病院で受診してもらいましょう。

こまめなブラッシングと定期的なトリミングで清潔を保つことで予防することができます。

ワイヤーフォックステリアの注意する病気②

「チェリーアイ」

チェリーアイとは第三眼瞼が外に飛び出してしまう病気のことです。

炎症によって腫れあがった第三眼瞼がサクランボのように見える事から「チェリーアイ」と呼ばれています。

症状は、第三眼瞼が飛び出る為異常を確認することができる他、目を擦ったり眩しそうに眼を細めたり、充血といった症状が見えます。

治療方法は、飛び出し加減によって抗炎症薬の点眼や外科手術による整復手術が必要となります。

予防することはできない病気のため、早期発見と早期治療が大切です。

ワイヤーフォックステリアの注意する病気③

「二重睫毛」

本来は外側に伸びているはずの睫毛が、眼球に向かって伸びている「逆まつげ」のことです。

遺伝によるものや、ケガや病気から二重睫毛になることもあります。

眼球と睫毛が接触するためかゆみを伴い、涙や目やにが増え、目をこするなどの症状がでてきます。

これによって目の病気を併発することもあるため、早めの処置が必要となります。

治療には、睫毛をカット、永久脱毛、まぶたの矯正手術や切除手術などがあります。

ワイヤーフォックステリアの注意する病気④

「肩脱臼」

肩脱臼とは、肩関節が脱臼(外れる)病気のことです。

ワイヤーフォックステリアは、一見すると筋肉質で脱臼とは無縁と思えるような体つきをしていますが、肩脱臼が起きやすい犬種です。

高いところから飛び降りたり、走りまわったりすることで発症しやすくなります。

ワイヤーフォックステリアは、我慢強く痛みを訴えることは少ないため見逃さないよう 、歩き方に違和感を感じたり、様子がおかしい場合には早めに受診しましょう。

症状が軽い場合には、テーピングなどで固定することで自然治癒を待ちますが、重度の場合には外科手術が必要となります。

予防方法としては、肩への負担を軽減することです。

室内飼いの場合には、段差の軽減やフローリングは滑らないようにカーペットや滑り止めマットを敷くなどをして予防してあげましょう。

ワイヤーフォックステリアのミックス犬

ミックス犬①『ワイヤーフォックステリア×レークランドテリア』

イギリスを原産とするテリア犬種同士のミックス犬です。

似た点が多い犬種のため、どちらに似てもやはりテリアの姿形と性格を持ったテリアとなりますが、毛色はレークランド譲りの豊富なカラーバリエーションを引き継ぐ可能性もあるでしょう。

ミックス犬②『ワイヤーフォックステリア×マルチーズ』

純白の被毛が美しい「マルチーズ」とのミックス犬です。

どちらに似るかによっても異なる印象を持ちますが、ワイヤーフォックステリアの毛色を持つマルチーズといった雰囲気の子が多いかもしれません。

優しく甘えん坊のマルチーズの性格が入ることで、ワイヤーフォックステリアのテリア気質が和らいでくるでしょう。

ミックス犬③『ワイヤーフォックステリア×トイプードル』

大人気犬種「トイプードル」とのミックス犬です。

体型は共通してスクエア型の体型を持った犬種同士ですが、どちらに似てもどこかお洒落な雰囲気をした愛らしい容姿をしています。

いずれの毛質を引き継いでも抜け毛の少ないミックス犬となるでしょう。

ワイヤーフォックステリアを飼うのに向いている飼い主は?

ワイヤーフォックステリアは人気のある容姿を持った犬種ですが、扱いにくいテリア気質やしつけの面から初心者向きの犬種とは言えません。
運動をしっかりさせてあげられる人、しつけを行える人に向いている犬種です。

非常にタフな小型犬でもあるので、社会性さえ身に着ければ、一緒におでかけするにも最適の相手となってくれるでしょう。

マンションでも飼育できる?

ワイヤーフォックステリアは小型犬なのでマンションでも飼育することはできますが、無駄吠えをしないよう徹底してしつけることが条件となります。

隣住人や上の階の住人の生活音にも反応して吠える事もあるため、そのことを考慮して迎え入れるようにしましょう。

一人暮らしでも飼育できる?

ワイヤーフォックステリアは小型犬でお手入れも比較的簡単な犬種です。
そのため、一人暮らしでも飼育できないことはありませんが、運動の時間を確保できること、しつけが行える人に向いている犬種です。

さらに社会性を養うために積極的に外に連れ出してあげてほしい犬種でもあります。
その点から考えると、犬のための時間を多く確保しにくい一人暮らしでの飼育は難しいと言えるかもしれません。

小さな子どもがいる家庭や高齢者でも飼育できる?

ワイヤーフォックステリアは激しいテリア気質を持っているため、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭にはあまりおすすめできない犬種です。

また、運動面が負担とならなければ、犬の飼育経験のある高齢者には飼育することはできる犬種と言えるでしょう。

ワイヤーフォックステリアの寿命

ワイヤーフォックステリアの平均的な寿命は、13~14歳と言われています。
同じ小型犬のレークランドテリアが12~16歳、ジャックラッセルテリアは13~16歳と言われているので平均的な寿命だと言えるでしょう。

ただしこの寿命年齢はあくまでも目安となり、個体によっても大きく異なります。
犬の寿命は、生まれ持った体質もありますが環境や生活によっても大きく影響してきます。

ワイヤーフォックステリアに長生きしてもらえるためにも、適切な環境を与え、良質な食事と適度な運動を心掛けて健康的な体作りをサポートしてあげましょう。
また、定期的な健康診断を受け、病気の早期発見・早期治療にも努めていきましょう。

この記事のまとめ


ワイヤーフォックステリアはこんな犬
  • 体重6~9kgの小型犬
  • 性格:典型的なテリア気質。元気いっぱいでイタズラ好き
  • ワイヤー状で短い被毛が特徴的
  • 毛色は白をベースにブラックやタン、ブラック&タンのマーキング
  • 気を付けたいしつけ:しつけには根気が必要。噛み癖・吠え癖に注意。社会化も必須。
  • 注意したい病気:「皮膚疾患」「チェリーアイ」「二重睫毛」「肩脱臼」など
  • 子犬の販売価格:15~25万円程度
  • 平均寿命:13~14歳

ワイヤーフォックステリアについて さいごに

テリア気質が懸念されるワイヤーフォックステリアを飼うために重要なことは、「しつけ」「運動」です。
また、皮膚疾患にならないためにも「お手入れ」にも注意してあげたいものです。
そういった点から初心者にはおすすめできない犬種ですが、一度飼うと他の犬種では物足りなく感じる飼い主さんも多いと言われるほど個性的な性格をしています。
飼い主さんだからこそ知っている魅力も多い犬種です。