ケアンテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ケアンテリアという犬種をご存知でしょうか? テリア系の犬種はたくさんありますが、その中の1つがケアンテリアになります。 まだまだ日本では馴染みがない犬種ですが、歴史はかなり古く、海外ではメジャーな人気犬です。 今回はそんなケアンテリアをご紹介していきたいと思います。

ケアンテリアの基本情報

名前だけ聞いてもピンとこない、ケアンテリアですが、「オズの魔法使い」に出ていた犬といえば、あー!!とわかる人も多いのではないでしょうか?

小さな体で、短い足がとても愛らしく、何よりも、まさにテリア系の犬と言える、明るく活発で、好奇心旺盛な犬がケアンテリアです。

ケアンテリアの歴史

ケアンテリアはテリア系の犬の大先輩

⚪︎⚪︎テリアと名前がつく犬種は数多くありますが、ケアンテリアは、その中でもかなり古い歴史を持ち、ご先祖は、スカイテリアというスコットランド原産の犬と考えられています。

そしてそのスカイテリアがさらに、4種類のテリアに分かれ、その1つがケアンテリアになりました。

またこのケアンテリアは、数多いテリア犬の中で、1番ご先祖のテリアのルックスに近いとも言われています。

「ケアンテリア」名前の由来

テリア系の犬といえば、ヨークシャテリアやスコティッシュテリアなどのように、出身の土地にちなんだ名前がほとんどですが、このケアンテリアは違うのです。

ケアンとは、スコットランドでは「石積み」を意味します。

なぜ、ケアンという名前がつけられたかというと、ケアンテリアは当時、人とともに住み、私たちのために、石の隙間に隠れたネズミなどを追い出して、捕獲していたことからつけられたそうです。

働く犬から愛らしいベストパートナーへ

時代とともにケアンテリアは、ドッグショーへ登場したりと使役犬から家庭犬へシフトしていきました。

何よりも、テリアらしい性格が人々を虜にし、特にイギリスやアメリカでは人気の室内犬です。

その証拠に「オズの魔法使い」の映画に出演したり、今でも、アメリカ国内でのドラマや映画などで数々活躍しています。

ケアンテリアの特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:6〜7.5kg
  • 体高:28〜31cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:ミディアムロング
  • 被毛の毛色:クリーム、ブルー、レッド、サンディ、グレー、ウィートン、ブリンドル

ケアンテリアは、子犬から成犬、シニア犬になるまでに何度も毛色が変わるため、同じ色のケアンテリアはいないとまで言われるほど、毛色は豊富です。

ケアンテリアの性格・気質

ケアンテリアの性格・気質① 元気いっぱいなテリアらしい性格

ケアンテリアは、テリアらしく元気で活動的です。

体は小さいですが、行動的で何に対しても、物怖じしないところがあります。

それは、たくましく見えますが、飼い主さんが注意してあげないと、問題行動の原因になることもあるので、注意が必要です。

また、ケアンテリアは、吠えるのが好きな(吠えて、意思表示をする)傾向があるので、きちんとしつけないと吠えグセがついてしまい、近所迷惑になってしまうことも。

ケアンテリアの性格・気質② もともと猟犬だった血は、時々飼い主を困らせます

ケアンテリアは元は猟犬です。動くものを見かけると、その血がうずいてしまうのでしょう。

ボール遊びに夢中になるレベルならかわいいですが、散歩中、よその犬を追いかけようとしたり、カラスを追いかけたりなどと、野生本能が戻ることがあるので、子犬の時からのトレーニングが大事です。

ケアンテリアの性格・気質③ 心を開けば、頼もしいパートナー

警戒心が強く、独立心があるケアンテリアですが、一度心を開くと、驚くほど飼い主さんに忠実で、とにかく飼い主さんを喜ばせようと頑張る性格です。

とても愛情深く優しい犬なので、そこが人気のヒミツなのかもしれません。

ケアンテリアの性格・気質④ 頑固な性格で強そうに見えて、寂しがり屋

何を隠そう、このケアンテリア、少々頑固な一面もあり、自分が納得するまで、頑として言うことを聞いてくれないことがあります。

それでも順を追って、何度もトレーニングを繰り返すことで、理解してくれるので、根気よく物事を教えることが必要です。

また、性格的に強いから留守番も割とできるのかといえば、そこは常に家族といたい甘えん坊で、寂しがり屋なので、長時間留守番をさせることには向きません。

ケアンテリアの飼い方・しつけ

さて、典型的なテリア気質のケアンテリアは、どのような飼い方をして、しつけトレーニングをしたら良いでしょうか?

ケアンテリアは賢く、飼い主さんを観察しています

ケアンテリアは、愛らしく素直な犬種です。

とても賢いので、常に飼い主さんの言動を観察して、いろんなことを学習しようとします。

少し頑固な性格の一面があるので、子犬の頃から一貫したしつけをすることがとても大切になります。

ケアンテリアのトイレトレーニング

室内で犬を飼う場合、1番先に覚えてもらいたいのがトイレですよね。

ケアンテリアのトイレトレーニングは、家に迎えたその日から始めましょう。

まずは、トイレトレーを準備し、サークルの中に配置します。

子犬の場合は成犬よりも、おしっこやウンチの回数が多いので、その分、トイレに行く回数も増えるため、早くにトイレを覚えるいい時間です。

基本的に、起床時、ご飯後、遊んだ後に犬はよく排泄をします。

床の匂いを嗅ぎ始めたり、その場で回り始めたら排泄のサインなので、トイレに連れて行きましょう。

そこで、ちゃんとトイレをできたら思い切り褒める。

その繰り返しです。

ポイントは、とにかく褒めることと、失敗をさせないことです。

失敗を重ねてしまうと、当然褒める回数も減り、「正しい所でトイレをすると褒められる」という風に学習しない分、トイレを覚えるのに時間がかかってしまいます。

ケアンテリアの散歩の仕方と頻度

小型犬に分類されるケアンテリアは、体が小さいので、チワワよりは運動量は必要だとしても、そんなにハードに必要ないのでは?と見かけで判断しがちですが、運動量を結構必要とする犬種になります。

ケアンテリアに必要な散歩時間は、1日2回 1回につき30分です。

また、ケアンテリアは走ることが大好きなので、たまにドッグランや広い、犬が走れるような場所に連れて行き、ノーリード、もしくはロングリードで思い切り走らせてあげましょう。

きちんと運動をさせてあげないと、運動不足からのストレスで、無駄吠えや破壊行動などの問題が起きますので、運動は欠かさずするようにしましょう。

ケアンテリアの縄張り意識の強さはスゴイ

とても自分の縄張りを大事にするケアンテリアは、自分のテリトリーに虫1匹が入り込んでも、許せません。

そのため、家族にとっては大変頼もしい番犬にも思えますが、近所迷惑になってしまう可能性もあるので、無駄吠えがクセにならないように、子犬の頃からきちんといろんなものに慣れさせ、無駄に吠えることはいけないことを教えてあげましょう。

ケアンテリアのお手入れ

ケアンテリアの被毛はダブルコートになります。アンダーコートは柔らかく、トップコートは硬めの毛質です。

ダブルコートなので、季節の変わり目などの換毛期は、抜け毛が多くなります。

また、ケアンテリアは、ストリッピング(プラッキング)というケア方法で、犬の被毛を引き抜かなければなりません。

少し、特殊なケアが必要なケアンテリアのお手入れ方法をご紹介します。

ケアンテリアのブラッシング

ケアンテリアのブラッシングについては、できれば毎日することに越したことはありませんが、ブラッシングは2〜3日に1回は、スリッカーブラシやピンブラシでブラッシングします。

毛玉がある場合は、無理に梳かそうとせず、毛玉の部分を持ち、被毛が引っ張られないように優しく梳かします。

また、ブラッシングは皮膚のマッサージにもなりますので、ぜひ頻繁にしてあげるようにおすすめします。

ケアンテリアのトリミング、どうしますか?

まず、ケアンテリアの被毛は、トップコートの被毛が硬くて強く、水も弾くという毛質がいいとされています。

そうするために、子犬の頃から、ストリッピング(プラッキング)をすることが基本になります。

ただし、それは被毛を抜く行為なので、いずれ慣れるといっても、犬は痛がります。

そのため、飼い主さん次第ですが、無理にストリッピング(プラッキング)はせず、定期的にドッグサロンでトリミングしてもらうという方法もあります。

クリッパーやハサミを使ってカットすることで、被毛は柔らかくなって行きますので、ケアンテリアらしい毛質ではなくなります。

いずれにしろ、ケアンテリアにどういうケアを選択するかは飼い主さん次第です。

人によっては、子犬から成犬の頃まではストリッピング(プラッキング)をしていたけど、シニアになってからは、普通のクリッパーでのカットに切り替えるという飼い主さんもいます。

ケアンテリアのトリミング 飼い主さんがセルフストリッピング(プラッキング)

あまり馴染みがありませんが、犬の被毛ケアアイテムの中に、トリミングナイフというものがあります。

これは、被毛を切るためではなく、ストリッピング(プラッキング)するために使うものになります。

無理にやると、皮膚を傷つけてしまう可能性があるので、犬が嫌がる場合は、無理に自分でやるのは危険ですが、ある程度ストリッピング(プラッキング)に慣れている犬であれば、ご自宅でケアしてあげることも可能です。

ケアンテリアって臭いはどうなの?

犬種によっては、頻繁に気をつけてあげないと、臭いが気になる犬もいますが、ケアンテリアは、そう臭いが気になる犬種ではありません。

ただそれでも、定期的にシャンプーはする必要があります。また、ケアンテリアは皮膚が弱く、皮膚疾患を患うことが多いので、その面からも定期的なシャンプーは大切です。

ケアンテリアのシャンプーの頻度:3〜4週間に1回。夏場は2〜3週間に1回

ケアンテリアの歯磨き

最近は、当たり前のように定着し始めてきた、犬の歯磨きですが、もちろん、ケアンテリアにも必要です。

歯磨きをすることで歯周病を防ぎ、口臭だけではなく、歯垢や歯石に潜んでいる細菌やバクテリアが原因でなると言われている、全身疾患から犬を守ることができます。

ただ、犬は口を触られること自体、大嫌いです。

それに、ケアンテリアの頑固さが加われば、最初はそう簡単に、歯磨きをさせてくれはしないかもしれません。

口を触ることから始め、ゆっくり歯磨きトレーニングを始めていってください。

時間がかかっても、歯磨きは犬の健康を守る上で、本当に大切なので、諦めることなく続けることをお願いします。

ケアンテリアの注意する病気

比較的丈夫と言われ、多少の無理もきくといわれるケアンテリアですが、気をつけたい病気がいくつかあります。

ケアンテリアの注意する病気 その① 皮膚疾患

ケアンテリアが良くなりやすい病気が皮膚疾患になります。もともと、皮膚が弱い犬種なので、住んでいる環境や食べている食べ物など様々なことが要因して、アトピー性皮膚炎などになりやすいです。

皮膚を痒がるような仕草や、湿疹が出るようなことがあれば、慢性化する前に、病院へ行くことをおすすめします。

ケアンテリアの注意する病気 その② 進行性網膜萎縮

遺伝的な病気になります。特に暗いところで、目が見えにくくなり、進行すると失明してしまう病気です。

進行過程で痛みはありませんが、現在でも治療法が確立されていません。

徐々に進行して行くので、万が一の時は、家族みんなのサポートが大切です。

ケアンテリアはどんな人向けの犬種?

ご紹介してきた通り、ケアンテリアはとても陽気で、活発なので、一緒に生活するのに飽きるということはない犬です。

ただ、ある程度運動量が必要なので、あまり体力に自信がない方には、ハードルが高いかもしれません。

また、しつけも賢い分学習するのは早いですが、頑固な面などもあるので、犬を飼うことが初めてであれば、場合によっては苦労するかもしれません。

ケアンテリアのさいごに

室内で飼いやすい犬を〜と考えると、ついつい運動量の少なくて、飼いやすい犬がいいかなと思いがちですが、ケアンテリアのようなテリア犬は、多少手はかかりますが、一緒に生活してみればすぐにわかります。

「最高に楽しいパートナーだということが」

常にポジティブで陽気に動く姿は、どっと疲れて帰ってきた飼い主さんを、笑顔にしてくれ、明日も頑張ろう!と思わせてくれるでしょう。