ウィペットの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ウィペットという犬をご存知ですか? ドッグレースといえば、グレーハウンドというイメージですが、ウィペットもまた、かつてはドッグレースで活躍した犬種になります。 見た目はイタリアングレーハウンドを思わせますが、よく見るといたるところに違いがあるのです。 今回はまだまだ認知度は低いですが、根強いファンを持つウィペットの魅力をご紹介します。

ウィペットの基本情報

よく、イタリアングレーハウンドと間違われることがあるくらい、似ている2匹の犬ですが、実際は大きさだけでは無く、骨格も、頭の形も違うのです。ウィペットの方が、基本的にはイタリアングレーハウンドより、やや大きいことが多いです。

どの犬種もそれぞれ個体で性格は様々ですが、ウィペットの場合、基本的にどの個体も順応で、無駄吠えが無く、とても飼いやすいのが最大な特徴です。

見た目はスレンダーで、バンビのような長い足がとても美しく、瞬発力と足の速さの能力はずば抜けています。

ウィペットの歴史

庶民の娯楽、レース犬として活躍

ウィペットは、想像の通り、グレーハウンドが元になって生まれた犬種になります。

19世紀、イギリスで畑の作物を荒らす、小動物を追い払うためにグレーハウンドを小型化したことに始まります。

当時、イギリスではドッグレースが大流行りで、富裕層のイギリス人たちはグレーハウンドを競争に使っていましたが、一般庶民は、ウィペットを使ってレースを楽しんでいたといわれます。

レース犬からショードック。家庭犬へ

長い間、ウィペットはレース犬としてイギリス始め、その他のヨーロッパ、遠くはアメリカでも活躍をしていました。

時代は過ぎ、ウィペットの見た目の美しさや、愛情深い優しい性格は、確実に人々を虜にし、家庭犬として飼う人が増えていきました。

そして1888年。ドッグショーに登場するようになり、1891年には、イギリスケンネルクラブに登録されることになりました。

2度の世界大戦でも足の速さは活躍しました

2度の世界大戦では、国によっては、犬も戦いに参加させられ、今考えると残酷と思えることがたくさん、当たり前のように行われました。

その中でウィペットも、戦争に駆り出されましたが、仕事の内容は戦士のための食料の配達でした。

ウィペットの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:9〜14kg
  • 体高:40〜50cm
  • 被毛の種類:シングルコート
  • 被毛の長さ:短毛種(スムースヘア)
  • 被毛の色:ブルーブリンドル&ホワイト、ブラック&ホワイト、ブリンドル、ブルー、フォーン、フォーン&ホワイト、レッド、レッドブリンドル&ホワイト、レモン&ホワイト etc… ウィペットは、色や柄のパターンがかなり多様で、制限がないのが特徴です。

ウィペットの最高速度は時速55km(世界最速記録約65km)になります。

しかも走り出してすぐにトップスピードに達する走りのプロです。

50m走るのに、このウィペットは4秒切って走ることができます。

ダブルサスペンションギャロップといって、前足と後ろ足を揃えて走ることで、早く走ることができるようです。

ウィペットの性格・気質

ウィペットの性格・気質① 見かけと違い、本当に穏やか

ウィペットは、走らせればとてつもなく速いですし、ジャンプ力も相当あるスポーツ万能なウィペットなので、どれほどやんちゃなんだろうと思いますが、一緒に生活すればわかりますが、本当に穏やかなんです。

室内では比較的落ち着いています。

何か要求があるときも、あまり出しゃばることもなく、静かに飼い主さんを見つめ続けるという、要求の仕方が多いようです。

寂しがり屋で、飼い主さんに甘えるのが大好きなウィペットは、長時間のお留守番は不向きです。

ウィペットの性格・気質① めったに吠えません。そして、繊細なんです

ウィペットは、マンションなどで生活していても、無駄吠えがないので飼いやすい犬種です。

そして、警戒心は強いですが、攻撃的ではないので、他の犬とケンカをするということもありません。

ただ、ウィペットは繊細な心の持ち主で、良くいえば、人の気持ちに敏感で、常に寄り添ってくれる優しさに溢れていますが、あまりに繊細で、しつけトレーニングで、つい叱り過ぎてしまうと、心が折れて、必要以上に塞ぎ込んでしまうことがあります。

ウィペットの性格・気質③ それでも元はウサギを追っていたので…

ウィペットは物静かで、飼い主さんにも順応なので、絵に描いたような、飼いやすい犬種ですが、もともと、狩猟をしていた経験がある犬なので、動くものが目の前にあると、血が騒ぐのでしょう。

追いかけずにいられないということがありますので、散歩のトレーニングはとても大切です。

ウィペットの飼い方・しつけ

ウィペットは、シングルコートでスムースヘアなのと、スレンダーな体のため、寒さにはとても弱いです。室内飼いが絶対になります。

ウィペットは物静かで、落ち着きがあり、飼い主さんの話をよく聞くことができるので、比較的しつけトレーニングも簡単といわれていますが、どんな風にしたらいいか、ご紹介していきます。

ウィペットの飼い方・しつけポイント 室内の温度設定に気をつけましょう

家の中にいるんだし、外じゃないから大丈夫!と、何の温度管理もしないのは危険です。

ウィペットはとても寒さに弱く、家の中でも寒い冬場は洋服が必要なこともあります。

また、就寝時に暖房を切って寝るという場合は、犬が寒くないように、犬の寝床には暖かいブランケットや湯たんぽを使うなどの対策をしましょう。

そして、逆に暑さに強いのかといえば、基本的にどんな犬も、暑さには弱いので、ウィペットも夏は夏で、暑さ対策が必要になります。

日中はエアコンを入れて温度管理をし、必要があれば、接触冷感素材のベッドなどを使うことも有効です。

ウィペットのトイレトレーニング

家にウィペットが来たその日から、トイレトレーニング開始です。

まずは、トイレトレーを準備し、サークルの中に設置します。

家に迎えてすぐに、家中を自由に歩けるようにしてしまうと、やはり家のルールを理解していないウィペットは、当然、至る所でおしっこをしてしまいます。

まずは、ある程度行動範囲を限定して、家に慣れさせることと、トイレを覚えてもらうことに集中させます。

犬が排泄をする前の仕草

  • 床の匂いをせわしなく嗅ぎだす。
  • その場をクルクル回りだす。

ウィペットがこれらの仕草を見せ始めたら、トイレトレーの上に連れて行き、排泄が上手にできたら、大喜びで褒めまくります。基本はその繰り返しです。

ウィペットは、かなり神経質でデリケートなので、間違っても、排泄を失敗したからといって叱ったり、大きなため息はやめましょう。

裏技として…

なかなかトイレを覚えない犬のために、トイレトレーに、犬がトイレをしたくなるスプレーを撒くという方法もあります。

また、トイレトレー以外の場所、サークル内全てにトイレシートを敷くことで、どこで排泄をしても成功という状態にしてあげるのも、ウィペットの自信に繋がり、トイレを覚える早道になります。

ウィペットの散歩の仕方と頻度

家の中では穏やかで、騒ぐことのないウィペットも、外に出たらウキウキで歩きます。

ご紹介したとおり、走ることが大好きなのと、それ相当の体力を持っていますので、毎日一定の運動量は必要になります。

1日2回1回につき、30〜60分

ウィペットには普段の散歩に加え、最低月に何回かは、ドッグランや広い広場で、思い切り走らせてあげることが、運動不足にならず、ストレス解消になります。

ウィペットの首輪・ハーネスがきちんとされているか確認

首輪の方が、散歩のしつけトレーニングには最適といわれていますが、ケースバイケースです。

最近では、引っ張りぐせを矯正できるハーネスもありますので、飼い主さん次第で、お好きな方を選べばいいでしょう。

ただ1つ、首輪を利用するときに注意したいのが、ウィペットのように、顔が小さい犬は、ちゃんと装着しないと、首から抜けてしまうことがあるのです。

ウィペットの足は相当早いです。呼び戻しのトレーニングができてない犬が、ノーリードで走ってしまったら、捕まえることは、かなり大変ですし、犬自身、交通事故に合うことも考えられます。

ウィペットのお手入れ

ウィペットの手入れは、とても簡単です。

とはいえ、どんなことを日々やってあげたら良いでしょうか?

ウィペットのお手入れ① トリミングは必要ありませんが…

ウィペットはスムースヘアなので、ドッグサロンで、定期的なカットなどは必要ありません。

ただ、犬を飼うのが初めての飼い主さんなどは、ウィペットのシャンプーを自己流でやってみて、失敗して犬がシャンプー=怖いと学習する前に、シャンプーに慣らすため、プロのトリマーさんにやってもらうという手もあります。

また、皮膚の保護のために、たまにドッグサロンでヘアパックなどを利用してもいいかもしれません。

ウィペットのお手入れ② ブラッシングは?

ウィペットは抜け毛が多い犬種ではありませんが、ゼロではありません。

抜け毛予防には、ブラッシングが1番です。

ただ、ウィペットの被毛は短毛なので、スリッカーやコームは意味がありません。獣毛ブラシが、被毛の艶も出るのでおすすめです。

また、ブラシングすることで、皮膚のマッサージにもなり、血行が良くなるので一石二鳥ですね。

ウィペットの臭いは?シャンプーはどうする?

ウィペットは、ほぼ無臭です。それでも定期的にシャンプーしないと、独特の獣臭はしてきます。

ただ、他の犬種に比べたら、シャンプーの頻度は少なくて済むでしょう。

シャンプーの頻度として、1ヶ月に1回を基本とし、それ以外の気になる時などは、濡れタオルで体を拭いてあげる程度で大丈夫です。

ウィペットのお手入れ③ 歯磨き

犬にとっての歯磨きは、もしかしたら人の歯磨きよりも、深刻で大事なことになります。

まず、犬が歯周病になってしまうと、その菌は全身に影響するといわれており、特に、心臓病の原因に関係するという研究結果もあります。

また、犬の虫歯や歯周病治療は、人のように、口をアーンと開けて治療というわけには行かず、全身麻酔になります。愛犬を長生きさせてあげるためにも、早くから歯磨きトレーニングをし、毎日歯磨きすることを日課にしてください。

ウィペットの注意する病気

華奢な体のウィペットですが、他の犬種に比べ、遺伝性の病気などは少ないのが特徴です。ではどんな病気に注意したらいいでしょうか。

ウィペットの注意する病気 その① 皮膚疾患

シングルコートで短毛なこともあり、皮膚疾患には注意が必要です。

特に最近では、会えるギー持ちの犬も多く、特にウィペットはアトピー性皮膚炎になりやすいです。

皮膚疾患は一度なると、再発を繰り返す場合が多いので、早いうちに治療をし、慢性化しないようにすることが大切です。

ウィペットの注意する病気 その② 耳介脱毛症

原因ははっきりしていませんが、ウィペットのオスに多い疾患で、耳の被毛が脱毛してきます。特に痒みはないようで、内服薬で治療します。

ウィペットの注意する病気 その③ ケガ

ウィペット特有の病気というのは、あまりないのですが、運動能力が高いがために、気をつけたいのが骨折などのケガです。

家の中でジャンプした結果、外で思い切り走って、どこかにぶつかった結果、いろんな理由で骨折してしまいます。

室内環境を整えることはもちろんですが、外で走らせる時も、周りに危険な障害物がないかなど、確認することをクセにしましょう。

ウィペットはどんな人向けの犬種?

ウィペットは、どんな人にも適応する心優しく、扱いやすい犬種になります。

ただ、少し神経質なところがあるので、そういう繊細な性格に、付き合ってあげられる方にぴったりかもしれません。

また、運動量がある程度必要なので、間違いなく外に出て運動するのが苦手という方には不向きです。

ある程度散歩ができて、のんびりと犬と向き合える方なら、子供とも仲良くできるウィペットなので、楽しいペットライフを送れることでしょう。

ウィペットについて さいごに

ウィペットは、みなさんが想像するよりも更に、愛情深く優しい犬種です。

個々の性格もありますが、基本的に、吠えたり怒ったりすることがない犬で、家族を心から愛し、従順でいつも、家族に寄り添っていてくれます。

一度一緒に生活したら、そのウィペットの温かさに虜になる人が多いです。ぜひ、みなさんも、そんなウィペットに癒されてみませんか?