日本スピッツの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

日本スピッツはかつて日本で大ブームを起こした白い犬です。白いふわふわとした被毛が魅力的な美しい犬なのですが、いろいろな理由でブームは短期間で過ぎ去ってしまいました。ペットブームの今でもスピッツとはどういう犬なのかを知らない人も多いですが、スピッツがどんな犬なのか、飼う上で気をつけたいところは何なのかを紹介します。

日本スピッツの基本情報

日本スピッツの基本情報① 原産国

  日本

日本スピッツの基本情報② 被毛

白の長毛 ダブルコート

日本スピッツの基本情報③ 大きさ

体高 30~38cm 平均体重9~11kg

日本スピッツの基本情報④ 平均寿命

11~13歳

日本スピッツの基本情報⑤ 価格相場

9万円~27万円

日本スピッツの歴史

日本スピッツは数少ない日本原産の犬

日本スピッツの由来については明確ではないことが多く、1920年代に国内に入ってきた「ホワイトスピッツ」と呼ばれていた犬が祖先犬だと言われています。

白いジャーマンスピッツやアメリカン・エスキモー・ドッグなどの白いスピッツ種の犬を掛け合わせて白い小型の犬に固定化したものとされています。

サモエドも交配されているという説がありますが、定かではありません。

一時は爆破的なブームに!

戦争中は一時的な飼育数・繁殖数が激減するものの、日本スピッツ愛好家による繁殖は続けられ後に洋犬がルーツの日本原産の犬として大ブームを起こす基盤が出来上がっていきます。

日本スピッツは戦後の高度成長期には爆発的なブームとなり、一躍人気犬となり、あちこちの家庭でスピッツの姿を見るようになりました。

日本原産の犬では小型犬の狆(ちん)も人気でしたが、狆が室内で飼われることがほとんどであったのに対し、日本スピッツは屋外で番犬として飼われることがほとんどでした。

スピッツブームの終焉

大ブームとなることで乱繁殖が始まり、日本スピッツの数が急激に増加していきました。

しかし繊細な日本スピッツの性質の知識不足で飼育することにより「よく吠えてうるさい犬」というレッテルを貼られ、日本スピッツのブームは短期間で終焉を迎えることになりました。

現在も日本スピッツ愛好家の間では根強い人気

しかし現在も日本スピッツがいなくなったわけではなく、愛好家の間では根強い人気があり、今は無駄吠えが少ない穏やかな性格になっています。

日本スピッツの特徴

日本スピッツの特徴① 毛色は白一色

日本スピッツの特徴は何と言っても純白のもこもこの毛並みでしょう。

尻尾はくるりと巻かれていて飾り毛があります。

毛の長さは長毛で、走った時などに風に揺れる様子が美しく魅力的です。

日本スピッツの特徴② 耳は立ち耳

耳はピンと立った三角の立ち耳をしています。

目は黒くて大きくアーモンド形をしていて、とても愛嬌のある表情を作っています。

日本スピッツの特徴③ 体の大きさ

小型の犬ではありますが、昔の日本では外飼いをされていたことがほとんどで、当時の家庭犬としては小型ということであり、今の小型犬と比べると大きめです。

体重は9~11kg位、体高は35cm前後のことが多く、個体差はありますが現在の基準では中型犬に分類されます。

日本スピッツの性格や気質

無駄吠えが多いって本当?

日本スピッツはかつて日本で大ブームを起こしたほどの人気犬でしたが、いつしか「よく吠えてうるさい犬」という悪い評判が広まってしまい、人気がなくなってしまいました。

日本スピッツは警戒心が強く、大きい音などに敏感に反応することがあります。

昔は日本スピッツを飼育する環境はほとんどが屋外でした。

繊細な日本スピッツが一日中屋外で暮らすのはかなりのストレスで、大きな音がすることがあると、どうしても吠えてしまうことが多くなります。

しかし飼育環境さえ繊細な日本スピッツに合っていれば、それほど無駄吠えをすることはありません。

最近では特に穏やかな犬へと改良が進んでいます。

活発で人懐っこい性格

本来の日本スピッツは活発で遊び好き、好奇心旺盛で人懐っこい性格をしています。

騒がしい屋外で一日中番犬として飼育するということでなければ、とても飼いやすい犬と言えるでしょう。

物覚えは良いのですが、甘やかしすぎるとわがままな性格になってしまうことがあるので、注意しましょう。

日本スピッツの飼い方・しつけ

日本スピッツの飼い方・しつけ① 無駄吠えをする犬にならないように

日本スピッツは物覚えが良いので、しつけはしやすい犬ですが、甘やかしすぎるとわがままになってしまう面があります。

甘やかすことによって、本来の無駄吠えをしやすいという面が出てしまうことがあるので、無駄吠えをしないようにしっかりとしつける必要があります。

無駄吠えをしてしまった時は、うるさいからと要求に応えないようにすることが大切です。

吠えると要求に応えてもらえることがわかると、ますます吠えてしまうようになります。

日本スピッツの飼い方・しつけ② トイレのしつけは?

もともと外で飼われていることが多かった犬なので、散歩の時にトイレも済ましてしまうようにしつけるのなら、それでもいいですが、天候が良くない時や高齢になった時、体調が良くないときのために部屋のトイレで用が足せるようにしつけておくことは大切です。

物覚えが良いので、場所さえしっかりと固定しておけば、トイレの場所を覚えてくれることでしょう。

排泄の素振りを見せたら、トイレに誘導してあげて場所を覚えさせましょう。

初めのうちはトイレに自分の臭いをつけておくと、わかりやすいかもしれません。

失敗しても叱らないで、うまくできたら、思い切りほめてあげましょう。

日本スピッツの飼い方・しつけ③ 散歩はどうすれば良い?

日本スピッツは活発で遊び好きな犬なので、毎日の散歩は欠かせません。

毎日2回、30分ほど散歩で運動させてあげるようにしましょう。

運動することで肥満防止になるだけでなく、ストレス解消にもなるので無駄吠えを防ぐこともできます。

暑さに弱いので、暑い時期の散歩は時間帯を涼しい時にするようにしましょう。

日本スピッツの飼い方・しつけ④ できるだけ室内飼いで!

ブームの頃の日本スピッツは屋外で飼われていたことが多く、警戒心が強く神経質な日本スピッツはどうしても吠えることが多くなってしまいます。

現在の日本スピッツは穏やかになり、無駄吠えも少なくなっていますが、繊細な犬であることには変わりはありませんので、できるだけ室内で飼育するようにしてあげましょう。

室内飼いにすることによって、日本スピッツのトレードマークである白くて美しい被毛が汚れることを防ぐこともできます。

活発で甘えん坊の面もあるので、室内にいてもスキンシップの時間は多く取ってあげるようにしたいですね。

日本スピッツのお手入れ

日本スピッツのお手入れ① 抜け毛のケア

日本スピッツの被毛はダブルコートです。

ダブルコートの犬の特徴は抜け毛が多いということです。

日本スピッツは抜け毛もかなり多いですので、特に春と秋の換毛期の抜け毛のケアは念入りに行う必要があります。

抜け毛を放置していると皮膚炎を起こすことがありますので、毎日のブラッシングは必須になります。

日本スピッツのお手入れ③ 白い毛を守るためのシャンプー

日本スピッツの最大の特徴である白くて美しい被毛は、手入れをしないとなかなか守ることはできません。

日本スピッツは体臭がそれほど強くありませんが、定期的にシャンプーをしないと白い毛も徐々に汚れが目立ってきます。

日本スピッツは体が少し大きいので、暴れん坊の犬の場合はシャンプーをするのも大変になることがあります。

子犬の時から慣らしておくと暴れずにシャンプーできることも多いのですが、どうしても手こずる場合は、ペットサロンなどプロに任せるのもいいでしょう。

日本スピッツのお手入れ④ 爪切りは?

日本スピッツは運動が大好きなので、毎日外を歩き回っている犬であれば、あまり爪が伸びないこともあります。

伸びていない場合は、無理に切る必要はありませんが、伸びていれば犬用の爪切りで切ってあげましょう。

伸びてきた目安は、フローリングの床を歩いた時などに爪の音が目立ってきたときです。

日本スピッツは体が大きいので、爪を切るのが苦手な犬の場合は、なかなかうまく切れないことがあります。

爪切りが苦手な犬の場合は、無理に切ろうとするよりも動物病院やペットサロンで切ってもらうといいでしょう。

日本スピッツのお手入れ⑤ 歯磨きはどうすれば良い?

犬は歯垢が溜まりやすく歯石がつきやすいので、子犬の時から歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。

放置していると歯周病や口臭の原因になることがあります。

子犬の時に口の周りを触らせることから慣らしていくようにしましょう。

最初はガーゼで汚れを拭き取ることから始め、歯ブラシで奥歯まで磨くことができるようにしていきましょう。

日本スピッツの注意する病気

日本スピッツの注意する病気① 小眼症

生まれつき眼球が小さい状態のことを言います。

眼球が小さいことで涙の量が少なくなりドライアイになってしまうことがあります。

症状が重い場合は、手術で眼球を大きくすることもあります。

日本スピッツの注意する病気② 流涙症

本来、鼻へ抜けていくはずの涙が、目からあふれてしまう症状です。

涙がどんどんと流れていくことによって、目の周りの毛が赤茶色に変色する「涙やけ」を起こしてしまいます。

純白の毛を持つ日本スピッツは涙やけを起こすと、とても目立ってしまうので、こまめに涙を拭いてあげることが必要です。

日本スピッツの注意する病気③ 気管虚脱

気管が押しつぶされることによって呼吸困難を引き起こしてしまう病気です。

肥満が原因になることもあります。

日本スピッツの注意する病気④ 膝蓋骨脱臼

膝のお皿が正常な位置からずれてしまう病気です。

初期にはほとんど症状が現れませんが、進行していくと歩行が困難になり手術が必要になる場合があります。

日本スピッツの注意する病気⑤ 血友病

出血時に血を止める成分が不足している先天的な病気です。

大きなけがや病気をした場合には、危険な状態になることがありますので、注意が必要です。

日本スピッツの注意する病気⑥ 皮膚病

日本スピッツは、とても皮膚がデリケートですので、皮膚病にかかりやすいです。

皮膚は長い毛で覆われている部分が多いので、常に清潔を保つようにして、毎日のブラッシングの際に皮膚の状態をチェックするようにしましょう。

日本スピッツの入手方法

日本スピッツは以前でしたら、あちこちの家庭で見かけたものですが、最近はチワワやトイプードルなど小型犬の人気で、見かけることが少なくなりました。

しかし最近は以前より穏やかになり無駄吠えも少なくなった日本原産のスピッツを飼ってみたいと思う人も多いでしょう。

日本スピッツを飼いたい場合、どこで入手すれば良いのか考えてみましょう。

日本スピッツの入手方法① ペットショップ

ペットの頭数が多く、たくさんの種類の犬種を取り扱っている大型のペットショップには、日本スピッツを展示販売しているお店も多いです。

ペットショップは一番身近であり、直接犬を見ることができるので、入手方法としては一番手軽だと言えるでしょう。

価格の幅は9万円位~20万円を超える犬まで、とても幅広いですが、価格にはそれなりの理由がありますので、なぜその価格になっているのかを納得してから購入するようにしましょう。

一般的にメスよりもオスが安く、月齢が高くなってくると安くなっていく傾向があります。

毛並みはどうなのか、元気はあるかなどもきちんとチェックしておくようにしましょう。

一旦迎えたなら、一生家族として一緒に暮らしていく覚悟で、衝動買いは避けるようにしたいですね。

日本スピッツの入手方法② ブリーダー

純血の日本スピッツを手に入れたい場合は、やはりブリーダーを訪ねるのが一番です。

日本スピッツのブリーダーは、それほど多いとは言えませんが、日本国産のスピッツを大切に育てているブリーダーのところにいる犬は元気で人懐っこい犬が多いです。

わからないことも、いろいろと教えてもらえるので、安心して迎えることができます。

事前に必ず犬舎を見学して、子犬だけでなく親犬の様子もチェックするようにしたいですね。

日本スピッツの入手方法③ 里親として引き取る

飼い主と離れざるを得ない状況になり、新しい飼い主を探している犬たちが全国にはたくさんいます。

日本スピッツも決して数は多くはありませんが、新しい飼い主を探している犬たちがいます。

里親として日本スピッツを引き取りたい場合は、しっかりとした決意を持って、日本スピッツを迎えてください。

購入費用は発生しないことがほとんどですが、里親として迎える場合には子犬はほとんどいないということを覚悟しておきましょう。

それでも日本スピッツを里親として引き取るということは、一匹でも行き場をなくして犬を救うという大きな意味がある行動です。

日本スピッツの基本情報~さいごに

日本スピッツのことについて、いろいろと紹介してみましたが、いかがでしたか?

日本スピッツは室内飼いが向いている犬にもかかわらず、屋外で飼われるこが多く、そのために繊細な日本スピッツは「吠えてうるさい犬」というレッテルを貼られてしまうという悲しい歴史がありました。

今後は、適切な環境で室内飼いにすることにより、間違ったレッテルを貼られないで、全ての日本スピッツが幸せになれればいいですね。