シャーペイの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

シャーペイって犬、聞いたことある方いますか?世界的に見ても、その数は本当に少なく、最も珍しい犬として、ギネスにも登録されています。今回は、そんな珍しくミステリアスなシャーペイという犬種をご紹介します。

シャーペイの基本情報

シャーペイという名前から推測できるように、中国出身の犬になります。

特徴はなんといっても、顔含め、体全体がシワシワとたるんだ皮膚に覆われているところではないでしょうか。

一生のうちにお目にかかれるかどうかというくらい、珍しいシャーペイです。

ずっしりとした体格や表情から、無表情な犬?と思われがちですが、実際は大きなハートの持ち主で、飼い主さんをとても深く愛する優しい犬なのです。

シャーペイの歴史

希少な犬種のシャーペイの歴史は紀元前から

シャーペイは、中国で誕生しました。昔の書物から紀元前200年ごろにはもう存在していたとされる、かなり古い歴史を持つ犬種です。

ただ、正式な起源が定かではないのは、中国が今の共産主義国家になった時に、犬に関する記録が破棄されてしまい、詳細がわからなくなってしまいました。

チャウチャウと同様、紫色の舌を持つため、チャウチャウの血統も引いていると見られています。

シャーペイは長い歴史の中、いろんな役目を果たしてきました

シャーペイは、人々と寄り添い時代時代で、いろんな役割をしてきました。

主には、猟犬や番犬、使役犬として人々を助け、ある時代には闘犬にもなったりしました。

特に、シャーペイの身体中のシワは、シャーペイ自身、自身の体を守るのに良かったといいます。

また、中国では犬を食べる文化があることは知られていますが、このシャーペイも、食肉用に繁殖されていたこともあります。

シャーペイの危機! 1949年中国の思想統制と共に大量殺処分に

中国が、共産主義国になった当時、ペットとして飼われていた犬が大量に処分されてしまいました。

そのため、シャーペイは一気にその数を減らしてしまい、その数は60頭ほどしか残らなかったといいます。

それでもその生き残ったシャーペイは、香港や台湾で新たに繁殖され、愛犬家たちがこの危機的状況を世界に発信し、その後、アメリカの愛犬家の手によっても、繁殖が促されました。

シャーペイの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:20〜25kg
  • 体高:46〜51cm
  • 被毛の長さ:ホースコート(1番短い被毛)ブラッシュコート(2.5cmくらいの長さ)ベアコート(2.5cm以上ある長さ)
  • 被毛の色:体の皮膚がシワシワなのが特徴で、成犬にナルト、ややシワは伸びますが、やはり、引っ張ると伸びます。また、皮膚はザラザラしています。
  • 皮膚:ブラック、ブラウン、フォーン、クリーム、サンド、レッド、ライラック

シャーペイの性格・気質

シャーペイの性格・気質① 自信家で、冷静沈着

ずっしりとした体は、見た目から自信に満ち溢れています。

実際、シャーペイの行動も見ていると、プライドの高さがわかります。

少々頑固な面もあるので、早いうちから信頼関係をうまく築き、しつけトレーニングをする必要があります。

飼い主さんに対して、感情的に怒りを露わにすることはあまりなく、冷静沈着な性格ではありますが、納得いかないことに関しては、頑なに言うことを聞かず、無視を決め込むなど、難しい性格の一面もあります。

シャーペイの性格・気質② あまり感情を顔に出しませんが、ハートは熱い!

シャーペイは、他の犬たちと違い、どうも感情表現が苦手な犬種になるようです。

嬉しい時や、甘えたい時にでも、うまく飼い主さんの膝に乗ったり、遊びに誘ったりとできません。

それでも、よーくシャーペイを観察すればわかります。

大切に飼われているシャーペイは、感情こそ大きく態度で表しませんが、のんびり飼い主さんのそばに寝そべる姿や、飼い主さんを見つめる眼差しから、飼い主さんを信頼している、本当に深い愛情を感じるとることができます。

シャーペイは普段はおとなしく穏やかですが、闘犬の血が騒ぐことも…

ルックスから見ても、機敏に駆け回ったり、頒布したりというイメージがわかないシャーペイです。

普段は、見た目どおりのんびり行動することが多い犬ですが、やはり闘犬の血が騒ぐこともあるのです。

個体によって、何かの拍子に攻撃的になったりする場合があるので、早くから社交性を身につけさせることは重要になります。

シャーペイの飼い方・しつけ

シャーペイを飼う上で大事なこと

シャーペイを飼う時に、とにかく徹底したいのは、攻撃的な面が出ないように、小さい頃から社会性を身につけるトレーニングをすることです。

いろんな人や犬と触れ合うことで、どうやって人や他の犬と付き合えばいいかを学習します。

本来シャーペイが持つ、おとなしく優しいという性格の良さを、限界まで引き出してあげるようにしたいですね。

シャーペイのトイレトレーニング

子犬の頃から飼うとしても、将来、成犬になった時のことを考え、準備するトイレトレーは大きいものを用意しましょう。

紹介してきたように、シャーペイはプライドが高く、頑固な一面を持ちます。

なおかつ、あまり感情が表に出るタイプではないので、トレーニングに戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。

けれど、犬のトイレトレーニングの基本はまず、褒めることです。

表情が読めなくても、シャーペンも褒められると嬉しくて、また頑張ろうと思います。

まずは、犬の排泄のタイミングを見てトイレに促し、成功したら大騒ぎで褒めてあげます。失敗したら、絶対に叱らずに無言で片付けます。

(トイレの失敗後は、完全に臭いが残らないように掃除することがポイントです)

シャーペイの散歩の仕方と頻度

シャーペイはある程度の運動量が必要になります。

運動不足が続くと、ストレスが溜まり、問題行動の原因にもなります。

もし、飼っている環境が、自由に家の中と庭を行き来できるようであれば、シャーペイにとってベストかもしれません。

シャーペイに必要な散歩の頻度:1日2回1回につき30〜60分

月に何回かはドッグランや、広場で好きなように、ノーリードやロングリードで遊ばせてあげることをおすすめします。

ただしその場合、犬の性質上、他にも犬がいるときなど、その犬たちとうまくその場にいられるかどうかを、きちんと見定める必要があります。

シャーペイのお手入れ

シワシワな体が特徴なシャーペイは、毎日どんなケアをしてあげたら良いでしょうか。

ちょっとした一手間で、シャーペイを清潔に保ち、病気から守ることができます。

シャーペイにトリミング必要?

基本的に、シャーペイはトリミングが必要ない犬種になりますので、ドッグサロンへ行く必要もありません。

ただ、シワシワの皮膚のケアとして、最近よくある犬用の泥パックや、ハーブパックをしにドッグサロンを利用してみるのもいいですよね。

シャーペイの臭いは、シワのせい?シャンプーと日々のケアで臭い対策

シャーペイのシャンプーは、基本的に2〜3週間に1回で十分です。

もしかしたら、夏など湿気の多い時期は、それより少し、回数を増やしてもいいかもしれませんが、洗いすぎも皮膚へ負担がかかるので、注意が必要です。

また、しばらくシャンプーをしていないと臭ってくることがありますが、ほとんどは「シワ」が原因です。

2日に1回は、シワの間を濡れタオルなどで優しく拭いて、清潔を保つようにしましょう。シワには汚れが溜まりやすく、放置することで、臭いだけではなく、皮膚疾患にもつながります。

シャーペイのブラッシング

シャーペイは、抜け毛は多い犬種ではありませんが、ゼロではありません。

抜け毛対策のためにも、ラバーブラシでブラッシングをしてあげましょう。

仕上げに獣毛ブラシでブラッシングすることで、被毛にツヤが出ます。

ブラッシングは、皮膚へのマッサージにもなりますので、血行促進のためにも、極力毎日してあげることをおすすめします。

シャーペイの歯磨きは大事な日課です

一般的に、3歳以上の犬の約半数以上が、何かしら口内トラブルを抱えているといわれます。

昔はそれほど気にされてきませんでしたが、近年、口内をキレイに保つことと、健康でいることが比例するということがわかってきました。

シャーペイもそれに例外ではなく、小さい頃から、歯磨きを癖づけておくことが大切になります。

もともと犬は、マズルを触られたり、口の中を触られるのは大嫌いです。

最初から歯磨きをできると思わず、マズルを触ることから始め、少しずつ慣らしていきましょう。

シャーペイの注意する病気

近年、犬の寿命は、着々と伸びつつあり、現在での平均は15歳くらいといわれる中、シャーペイの平均寿命は8〜10歳とされています。

もちろん、個体によって15歳以上頑張って生きてくれるシャーペイもいますが、平均年齢は、他の犬種に比べればやはり低いので、健康管理にかなり気を遣ってあげたいですね。

シャーペイの注意する病気 その① 目の病気

目に関する病気になりやすいようです。

緑内障、眼瞼内反症、乱生まつげ、チェリーアイが主な病気です。

それぞれの病気の度合いにより、内科的治療になるか、外科治療になります。

目に関しては、何の症状がなくても、定期的に検診をすることで早期発見でき、薬で進行を抑えることもできます。

シャーペイの注意する病気 その② 皮膚の疾患

シャーペイのシワのせいで、どうしても皮膚炎になりやすいところがあります。

いくら清潔を心がけていても、シワの間が蒸れて炎症を起こしたり、場合によっては、アレルギーの炎症を起こしたりします。

多いのは、アトピー性皮膚炎や、膿皮症などです。

シャーペイがよく体を掻いていたりするときは、いつもより念入りに皮膚のチェックをするようにしましょう。

内服薬と塗り薬で治療します。

シャーペイの注意する病気 その③  家族性シャーペイ熱

シャーペイ特有の病気になります。自己炎症性疾患で、多くはストレスが溜まって起こるようです。

症状は様々で、微熱に始まり、関節やかかとが腫れたり、食欲不振、嘔吐、下痢、不整脈などで、ひどい場合は、呼吸困難になります。

悪化すると、アミロイドーシスという、命に関わる病気に進展してしまうことがあるので、いつもとシャーペイの様子が違うと思うときは、迷わず病院へ急ぎましょう。

シャーペイはどんな人向けの犬種?

シャーペイは、私たちが知るどの犬種とも違う、独自の世界観を持つ、本当にミステリアスな犬です。

もちろん、飼い主さんが愛情を持って生活を共にすることが、1番大切なことですが、シャーペイの場合は、それプラス、ある程度この犬種について、しっかりした知識を持って飼ってあげないと、後々、お互いが不幸になってしまうかもしれないことを、考えなければなりません。

犬と向き合い、じっくり時間をかけて、一緒に成長していけるという方なら、きっとシャーペイは安心してあなたに心を開き、良きパートナーであろうと努めてくれるはずです。

シャーペイのさいごに

いざ、シャーペイに魅力を感じ、飼ってみたい!と思っても、実際はなかなか探せないのがシャーペイです。

運良くブリーダーさんが見つかっても、子犬が生まれる時期と、タイミングが合わなかったりするかもしれませんね。

ただ、だからこそ、出会った時が運命の時なのかもしれませんよ。

ちょっと堅物で、他の犬のように要領よく愛想よくできない、不器用でシャイなシャーペイですが、心から信頼した人には、本当に深い愛を見せてくれる不思議な犬です。

もし、一緒に暮らすチャンスがあれば、どうぞありったけの愛情をいっぱいあげてください。

手のかかる子ほどかわいいといいます。

きっと最高のパートナーになることでしょう。