トイプードルの歯磨きはいつからする?歯周病を防ぐために

トイプードルに歯磨きは必要なのでしょうか。実は犬も、歯磨きを怠ると歯石が付いたり歯周病になったりします。では歯磨きはいつから始めれば良いのでしょうか。トイプードルの歯磨きのポイントをまとめました。犬の歯磨きでお困りの方はぜひ参考にして下さい。

トイプードルの歯磨きのタイミングと頻度

トイプードルの歯磨きはいつから?

犬の乳歯は生後4か月ぐらいから抜け始め、生後7か月までに永久歯が生えそろいます。
永久歯がそろうのを待っていては、何か月のもの間、口の中を汚いままで放置することになってしまいます。
口のお手入れを嫌がらないトイプードルにするためにも、子犬の頃からお手入れに慣れさせていきましょう。

トイプードルの歯磨きの頻度は?

トイプードルの歯磨きは、できれば毎日行うのが理想です。
人間同様に歯磨きするタイミングを「夕食後すぐ」等と決めておいて、習慣化するとやりやすくなります。
トイプードルの歯についた歯垢(しこう)は、2日ほど歯石になってしまいます。
歯石は歯磨きでは落とすことができません。そのためにもあまり感覚を空けずに歯磨きすることが大切です。

トイプードルが歯磨きをしなければどうなるの?

歯磨きをしないトイプードルは歯周病になる確率が高まります。
歯周病になると、歯が抜けたり溶けたりして、ものを噛むことができなくなってしまいます。
人間も同じですが、ものを噛まなくなると一気に老化が進みます。
また、口臭の原因にもなりますので、しっかり歯磨きして防ぎたいですね。

トイプードルの歯磨きのやり方

トイプードルの歯磨きのやり方 1.歯磨きの道具

トイプードルには小ぶりの歯ブラシを用意します。
犬用のものもありますし、人間の子供用の歯ブラシでも大丈夫です。
ブラシは硬めよりもやわらかめを選んで下さい。
歯ブラシが難しい場合は歯磨きガーゼも売っています。
指にガーゼをかぶせて磨きます。
使いやすさは人によって異なりますので、いろいろ試すことをおすすめします。

トイプードルの歯磨きのやり方 2.歯磨きのやり方

トイプードルの口を開けてみると、汚れやすい歯とそうでもない歯があるのが分かります。
汚れている歯を中心にやさしく円を描くようにクルクルと磨いていきましょう。
歯と歯の間も忘れずに磨きましょう。
口を開けるのを嫌がる犬は、犬の好きな匂いがする歯磨き粉を使うとやりやすくなります。
マズル周辺を触られるのを嫌がるトイプードルは多いです。
初めは口周りを触らせてくれたらご褒美をあげて、徐々に慣らしていって下さい。

トイプードルの歯磨きはいつからする?歯周病を防ぐために まとめ

トイプードルの歯磨きは最初は歯1本からでもいいので、毎日続けましょう。
そうすればトイプードルも慣れてきますよ。 歯磨きは、愛犬の健康のために不可欠なことです。しかし毎日続けるのは億劫な時もあります。そんな時は、犬用の歯ブラシをかわいいものにしたりするのがおすすめです。
また苦手なマズルを触らせてもらうことは、犬との信頼関係をアップするチャンスでもあります。
楽しみながら歯磨き続けて、愛犬といつまでも若々しく元気で暮らしていきましょう。