エアデールテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

エアデールテリアの基本情報

エアデールテリアは、ディズニー映画「わんわん物語」に登場するトランプのモデルになったことでも知られ、犬の名前を知らなくても、写真を見れば「あ〜」とわかることが多い犬種です。

テリア犬というと、落ち着きがないとか、気が強く、人の言うことを聞くのに時間がかかるなんて先入観がありますが、このエアデールテリアは、テリア犬の中で唯一、警察犬になれると認められた犬種になります。

それくらい賢く、順応性があるというわけです。

エアデールテリアの歴史

エアデールテリアは19世紀、イギリスで誕生

エアデールテリアはイギリスのエアデールにあるエア川渓谷で誕生しました。

当時、狩猟に犬を使うということが多く、人々は狩猟能力の高い猟犬を作ろうと、あの手この手で、新しい犬種を作り出そうとしました。

その中で、カワウソ猟で活躍していたオッターハウンドの血統を引き継いで生まれたのがエアデールテリアになります。

このエアデールテリアは、テリア犬にしては大きく、穴に入り込んだ動物を捕らえることは得意とはしませんでしたが、カワウソや水鳥、小動物はもちろん、時に凶暴なアナグマまで狩猟することができ、大変優れた猟犬になりました。

エアデールテリアの活躍

エアデールテリアの賢さと順応力の高さは、当初からすぐに評価され、猟犬としてだけではなく、イギリスでは早くも警察犬としても仕事をするようになりました。

また、世界大戦時は軍用犬として、食料などの配給や伝令犬として活躍しました。
エアデールテリアは、昭和初期に日本にもイギリスから引っ越してきて、軍用犬として活躍する他、のちに、警察犬としても立派な働きをしてくれました。

エアデールテリアの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:18〜27kg
  • 体高:56〜61cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の質:ゴワゴワしたワイヤー状の硬い被毛が理想
  • 被毛の色:ブラック&タン

エアデールテリアの体格

エアデールテリアは、テリア犬の中で1番大きいです。

体の作りがとても丈夫で、しっかりした骨格で長い足を持っています。

全体的にスクエアな形の体つきで、耳は垂れ耳です。

昔はエアデールテリアのシッポを断尾する習慣もあったようですが、最近では愛護の観点からも、断尾の必要はないとの見方で、断尾はほとんどされなくなりました。

エアデールテリアの性格・気質

「エアデールテリア」大きくても、テリアはテリア

大きく貫禄があるエアデールテリアですが、それでもテリアはテリアなので、テリア特有の好奇心旺盛で、負けん気の強さは健在です。

とても勇敢で、飼い主や家族を守るんだという使命に燃えるタイプですので、頼もしい番犬になれることは間違いありませんが、攻撃的になったり、無駄吠えが多くならないように、子犬の頃からのしつけトレーニングはとても大切になります。

エアデールテリアは知育玩具など、頭を使う遊びが大好き

エアデールテリアは、警察犬にもなれるくらい賢い犬です。

犬の習性上、走り回ったり、ボールで遊んだりという遊びも大好きなのですが、このエアデールテリア、頭を使う遊びをしたがることが多いのです。

家のどこかに隠されたオヤツを探すとか、お気に入りのおもちゃを探し出すなど、自分で考えることを好み、いろいろしたがります。

また、賢さ故、飼い主さんの頭脳を試そうとすることもあるくらいです。

エアデールテリアは辛抱強いですが…

テリア犬といえば、ちょこちょこ常に動いていたり、我慢が苦手な犬が多いですが、さすがテリア犬のキングと言われるエアデールテリアは、落ち着きがあります。

冷静に行動でき、我慢強くもあるので、子供がいる家でも、子供の相手さえもしてくれることがあります。

ただし、それは飼い主さんのしつけトレーニングありきのお話なので、注意してください。

子供が執拗にエアデールテリアを触り続けるなど、我慢の限界でエアデールテリアが怒り出すこともあります。

エアデールテリアの飼い方・しつけ

エアデールテリアは成犬になると体も大きく、力も強くなります。

また、エアデールテリアは賢い上に頑固なので、飼い始めからきちんとしつけトレーニングをしていかないと、力で押さえつけることさえできない問題犬になってしまうことがありますので、家に迎える前には、エアデールテリアについてきっちり勉強して、一緒に成長する思いで、根気強くしつけトレーニングをしていきましょう。

ご紹介したとおり、基本は賢く順応性があり、飼い主さん絶対ですので、一貫したトレーニングをすることで、学習するのはとても早い犬種です。

エアデールテリアのトイレトレーニング

エアデールテリアのトイレトレーニングは、他のどの犬種とも変わりません。

まず、犬に「トイレ」というものの認識はありませんので、排泄はトイレでするものだということから、覚えてもらいます。

基本的には、食事後、起床時、遊んだ後など、トイレをよくするタイミングで、トイレトレーに連れて行き、オシッコやウンチをしたら、オーバーに褒める
この繰り返しです。

失敗を避けるために、トイレトレー以外広範囲にトイレシートを敷き詰め、どこで排泄をしても成功としてあげるのも、トイレを覚える早道です。

足でトイレシートの感触を覚えるのと同時に、そこで排泄すると褒められることを、エアデールテリアは学習していきます。

成功するたびトイレシートを減らし、失敗したら増やすの繰り返しで、とにかく成功させるように導き、エアデールテリアに自信をつけてあげます。

エアデールテリアの散歩の仕方と頻度

エアデールテリアはかなり体力もあり、相当運動量を必要とします。

エアデールテリアの散歩は、1日2回 1回につき、60分〜散歩が必要です。

また、毎日の散歩以外に、月に何回かは、思い切り体を動かせるようなドッグランや、広場に連れて行ってあげることをおすすめします。

その際には、エアデールテリアのしつけトレーニングが、どこまでできているかによりますが、エアデールテリアの性質上、犬の相性次第ではケンカになってしまうこともありますので、周りに他の犬もいるような場所では、いつも以上に注意が必要です。

エアデールテリアのしつけ時間

エアデールテリアは、集中していろんなことを学習できる犬ではありますが、1日何時間もしつけトレーニングはできません。

犬がしっかり集中してトレーニングできるのは、犬にもよりますが、だいたい5〜30分といいます。

集中力が切れている中でのトレーニングは全く意味がないので、毎日根気よくしつけトレーニングをしましょう。

エアデールテリアとの信頼関係はとても重要

少し気難しい性格の犬との生活は、必ず信頼関係というものが出来上がっていないと、しつけトレーニングはなかなかうまくいきません。

主従関係が大事といわれますが、それは、信頼関係が築けて初めて成り立ちます。

まずはしつけ以上に、エアデールテリアに対して愛情を持って、世話をすることから始まります。

毎日のブラッシングやご飯の世話、スキンシップ。

そして、甘やかすことと愛情を持って世話をすることを混同せず、エアデールテリアに尊敬してもらえるリーダーになってください。

エアデールテリアのお手入れ

エアデールテリアの被毛は、ダブルコートで、アンダーコートは柔らかく、トップコートがワイヤー状に硬い被毛なのが特徴です。

ダブルコートなので、抜け毛が多そうに感じますが、実際は心配するほど抜け毛は多くありません。

ただ、被毛の性質上、通常のトリミングと違い、エアデールテリアらしさを出すために、プラッキングという方法でお手入れをします。

プラッキングとは…

プラッキングという方法は、通常の犬のカット(ハサミやクリッパーを用いたカット)と違い、簡単にいうと、定期的に不必要な被毛を抜く(間引き)お手入れのことをいいます。

そうすることにより、最初は痛がりますし、皮膚が赤くなってしまうこともありますが、繰り返すことで、強い被毛が生えてくるようになり、皮膚も丈夫になっていきます。

何よりもエアデールテリアらしいルックスになるのです。

エアデールテリアのトリミング

ご紹介したように、エアデールテリアはプラッキングという方法でのお手入れが必要なので、基本的にはプロのトリマーさんにお任せしてやってもらうのが、キレイに仕上がりますし、犬の皮膚への負担も少ないでしょう。

ただ、プラッキングは、通常のクリッパーやハサミを使うカットに比べると、時間もかかるので、エアデールテリアがシニア犬になってくる頃には、通常のカットへ切り替えを考えましょう。

また、最初から痛い思いをさせたくないという飼い主さんの思いで、プラッキングを選ばない方もいます。

それはそれで、間違いではありません。

ただ、プラッキングをしないことで、皮膚が強くなれず、皮膚疾患にかかりやすくなることがあるので、注意が必要です。

エアデールテリアのシャンプーとブラッシング

エアデールテリアはもともと、犬独特の臭いが強い犬種ではありません。

それでも定期的にシャンプーをしないと、不衛生から臭ってきてしまいます。

シャンプーの頻度は、月に1回を目安とし、夏は皮膚の状況を見て2回くらいにします。

そして、できれば毎日ブラッシングをしてあげることをおすすめします。

ブラッシングにはピンブラシやコームを使って、優しくブラッシングします。

そうすることにより、皮膚へのマッサージ効果もあるので、皮膚疾患予防にもなります。

エアデールテリアの歯磨き

犬の歯磨きは、将来シニアになった時に、健康でいられるかどうか左右するくらい重要ですので、ぜひ、子犬の頃から歯磨きには慣れさせてください。

よく、歯磨きガムや歯石を取るおもちゃなどありますが、それらはあくまでも補助的と考え、基本は、ちゃんと歯ブラシに犬用の歯磨きペーストをつけて、ブラッシングすることを目指しましょう。

犬の歯周病は、人のものより深刻で、全身麻酔をした上での口内治療になりますので、予防歯科をぜひ意識してください。

エアデールテリアの注意する病気

エアデールテリアの注意する病気 その① 皮膚疾患

皮膚の病気には色々種類がありますが、多いのは、アレルギー性皮膚炎や膿皮症などになります。

どの皮膚炎も、一度なると再発することが多く、治りにくいので、体をしきりに掻くなどの仕草や、少量でも湿疹があるなどという時は、初期のうちに病院での診察を受けましょう。

慢性化してしまうと、治療が長期化してしまいます。

エアデールテリアの注意する病気 その②  胃捻転

胃捻転とは、胃が何かしらの原因で、膨れてねじれる状態になることをいいます。

空気や胃の中でガスが異常発生することで起きることがあります。

飼い主の私たちが注意すべきことは、食後すぐに運動させないことと、1日の食事を2〜3回に分け、一気に大量食いすることがないようにします。

万が一、お腹が膨れてきて、大量のヨダレを出し始めたり、えずくような仕草がある時は、迷わず緊急で病院へ急いでください。

エアデールテリアの注意する病気 その③  股関節形成不全

股関節形成不全とは、先天的に股関節の形が正常ではないことで起こります。
また、稀に後天的な原因でも起こります。

グレードは7段階あり、犬の成長と共に、骨盤の骨の成長が追いつかず、歩き方がおかしくなっていきます。

基本的には内服薬で痛みをコントロールする治療になりますが、薬の効果があまりなく、明らかに歩行が困難な場合、外科的治療もあり得ますが、大掛かりな手術になります。

エアデールテリアはどんな人向けの犬種?

エアデールテリア自体、本当に愛らしいテリアの気質を持ちながら、大きな犬ならではの、どっしりとした落ち着きを持ち合わせ、他の犬種にはない良さをたくさん持っています。

ただ、エアデールテリアの性格上、しつけをちゃんとしてあげないと、本能的な動きの制止が難しく、短気な問題犬にも発展しやすい犬種でもあります。

そのため、エアデールテリアがどんなに見た目がかわいく、飼ってみたいと思う犬種でも、初心者の人が飼うには、かなりハードルが高い犬になります。

また、きちんと運動をさせてあげられる時間に余裕がある人じゃないと、エアデールテリアがストレスを溜め、本来は順応でいたいけど、ストレスが溜まりすぎて破壊行動に〜なんてこともありますので、エアデールテリアを飼うには、安易にみんなが飼えるという犬種ではなさそうです。

エアデールテリアについて さいごに

エアデールテリアは、日本ではなかなか見かけない犬ですが、欧米では人気がある犬で、きちんとしつけがされているエアデールテリアは自信に溢れ、飼い主さんと歩く姿自体、絵になるくらい美しいです。

エアデールテリアは、お手入れやしつけトレーニング共に、簡単ではありませんが、犬との絆がしっかり構築できれば、これ以上ない良きパートナーになってくれるでしょう。